提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

空の噂[編集]

どこまでも碧い~碧い風になれ~♪
空に架かる橋
  1. 日本人は天と地が一直線に結ばれたラインを「地平線」と大地を基準にして呼ぶが、モンゴル人は天を基準にして「天境線」というらしい。
    • 天境線は昔国語の教科書で見た造語。
      • 外国語を無理やり訳すとどうしてもそうなるんだろうが、「天平線」のほうがいい気がする。
  2. 大空を飛ぶことは人類の憧れであった。
    • いまでも小型プロペラを頭に付けた飛行とかは夢だろ(笑)
  3. 秋の空は女心らしい。
    • つるべ落としでもあるらしい。
      • 鶴瓶師匠が井戸に落ちたら大騒ぎになる。
  4. 大きく広がるイメージなのになにもない状態のことも「空」と表す。
    • 虚無感のことを「空しい」と書く。
      • 嘘っぱちのことを「架空」と言う。
      • 妄想のことを「空想」「絵空事」と言う。
      • 仏教では「色即是空」と言う。
      • そのまま「空虚」とも言いますね。
      • 間違っても{{空テーマ}}を貼らないように。
  5. 上空に行けば行くほど青くなる。
    • オゾンの色でもあるからね。
    • 空色と言うと、水色より青い色という印象。
  6. ロンドンは基本灰色らしい。
    • 死神は晴天を見たことがないらしい。
  7. 作品のタイトルに使われることが多い。
    • 基本的に希望の意味で。
  8. 愛知では好天のときの色を地元球団の帽子の色に例えられる。
  9. ミファとシドの間…、ではない。
    • しかし「ソ」は青いコレである。
  10. 芭蕉の弟子…、でもない。
    • でも芭蕉の弟子ではあいつが一番有名だろうな。
  11. うにゅ?
  12. 空と海は広いもののたとえ。
    • 大陸だって広いけど、空と海のほうがよく使われる。
      • ときどき「バカヤロウ」呼ばわりされる。
  13. 幸が無い。
  14. 東京にはないらしい。(高村智恵子さん・談)
    • 安達太良山の上にあると案内してくれている。
  15. 大海原を知らない井戸の中のも、空の青さだか深さだかは知っているらしい。
  16. どうも洋の東西を問わず、神様なんかがいるっぽい。高天が原とか天上界とか。
    • それは「天」で、「空」のさらに上じゃないの?
  17. 昔の西洋人は星は空に開いた穴で、雨もそこから降ってくると考えたんだそうな。
  18. ソーラーパネルは、空に向ける。
  19. 綺麗な空を清掃圏というらしい。(間違い)
  20. オーロラは太陽風が上空の大気とぶつかって発光している状態。
  21. 空は高く~風は歌う~♪



関連記事