Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

絶対条件/鹿児島/初心者心得

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

鹿児島に初めて住む人へ忠告![編集]

鹿児島県の住み心地を単刀直入にいうと。総合評価すると「住み辛い土地」でしょうか?

そのせいか県出身者の多くは、仕事をリタイヤしても余程の理由がない限り郷里へUターンする人は少ないです。 (鹿児島にUターンせずに全然関係ない土地で第二の人生をスタートされる出身者も多いと聞きます)

少ないかと思いますが他都道府県から進学などで移り住む方、結婚などで嫁がれる方、転勤などで一時期を過ごす方を含めて、鹿児島初心者へいろいろとポイントを押さえて独断と偏見に基ずく簡単な忠告したいと思います。忠告というよりこれから未知の世界に飛び込む前に激励のエールと考えてください。

独断と偏見で分かりやすいように 住んで感じるメリットとデメリットに箇条書きで分類してみました。少しでもお役に立てれば幸いです。

意見などに偏りがあると思います。まだ未完成ですので永遠の完成に向けて皆さんでこのページを作り上げていきましょう!

異論がある方はご自由にコメントや加筆などをされて下さい。

メリット[編集]

  1. 肉も野菜も魚も果物も地物でまあおいしい食べものも多い。鹿児島ラーメンは店や種類が豊富で奥深い。素朴な郷土菓子も美味しい。
    • お勧めな素朴な郷土菓子は、ふくれ菓子、かからん団子、いこ餅、じゃんぼ餅、げたんは、芋飴、加治木饅頭、雀の卵、がじゃ豆。。みんな県外では無名なものばかり(笑)。
      • 「あくまき」「ボンタンアメ」「兵六餅」も旨い。
    • 枕崎のかつお料理は絶品、スーパーで売ってる鰹のたたきですら激旨。
    • 首折れ鯖(採った後で首を折り生き〆したもの)の刺身、トビウオの刺身、鰹の腹側の一夜干しは鹿児島の夜の街では3大グルメの魚料理
    • 枕崎、長島、串木野、志布志、垂水などは魚を美味しく食べさせてくれるお店や旅館が多い。
    • 鹿児島市魚類中央卸売市場の構内食堂、魚市場の構内食堂は一般客でも新鮮な魚をふんだんに使った定食や丼ものが食べられる隠れスポット。
    • 鹿児島ラーメンはガイドブック等で紹介されてるのはごく一部、一概にスタイルも千差万別で店巡りだけでも充分楽しい。老舗から新店までいつどこがブレークするか目が離せない。
    • 天文館にあるJAのアンテナショップ華連では黒豚、黒牛、薩摩地鶏を割安なお値段で食することが可能。
    • 鹿児島市内の若い男性限定だと思うが、鹿児島餃子の王将の天津飯は安くて他にない旨さとのこと。全国チェーンの京都王将と味付け等が大きく異なるらしい。
    • みかんは出水の温州みかん、桜島の小みかん、屋久島や坊津のポンカンなどが有名。お茶は玉露のようなコクがある深蒸茶が安価にふんだんにあるため、普段使いでも家庭で普通に飲んでいる場合が多い。
    • ただ地元の醤油や味噌の甘さ加減には、最初のうちは人により激しい戸惑いを感じるかもしれない。心配な方はキッコーマンなら丸大豆醤油などはよくスーパーの棚の隅に佇んでいるしイオンやダイエーなどでは信州味噌や八丁味噌などは入手できる。
      • 基本的に近畿以東の醤油・味噌とは別物と考えたほうがいい。家庭で使用するのは上記全国区のほうが最初は無難。取り入れるのは地元の料理になじんだ後でも遅くないと思う。
      • なお味噌の場合、中四国以西出身者の場合は共通点も多いのでさほど苦労はないはず。醤油の場合は意外に遠方でも似たような甘口があったりする(富山の一部など)。
    • ピーナッツ豆腐という見た目は胡麻豆腐もどきの商品は絶品!もちもちして喉越しが良く病みつきになる旨さ。鹿児島と沖縄ではおなじみの逸品。
  2. 地域差は多少ありますが、温泉好きなお方は毎日楽しめるかも?温泉銭湯やスーパー銭湯風の温泉が多くあるので安価に手軽に入れます。
  3. 釣り好きな人は場所により朝から近場で出来ます。勿論、鹿児島市でも。今夜のおかずも調達可能かも?
    • 鹿児島市の海つり公園は釣堀感覚で安価に海釣りが楽しめる。豆に魚を放流するのでボウズになる可能性が低い。
  4. 芋焼酎は当然、絶品で安価に呑めます。鹿児島市なら地方都市にしては天文館や騎射場に呑み処がバラエティーに富んで多くいて楽しい。
    • 鹿児島市内で若者や女性向けのセンスがあり居心地がよい飲み屋街は天文館ではなく、鹿児島大学近くの騎射場(きしゃば)。
    • 鹿児島市役所向かいの名山堀飲食街は、長屋風の店並が続く大衆的な雰囲気と思いきや中心部に負けないほど絶品の酒やツマミや料理を出す店がけっこうある。某大物タレントが来鹿するとお忍びで来店する店もあるほど。
    • 奄美大島の奄美市名瀬地区も人口1人あたりの呑み屋の軒数は日本有数らしい。夜は家で軽く飯を食べて唱や踊りをしに馴染みの店へ出かけるそうです。島唱が盛んなのもこのような土壌があるから?

デメリット[編集]

  1. 地方の割りに物価が総じて高い。朝市や道の駅以外では安価で気軽に買える店が少ない。
    • 最近、大都市圏でみられるような街の中心部にあるような食品スーパーはまだ少ない。
    • スーパーの特売日や値引き率はあまり良くないようだ。
    • 生協系やJA系の食品スーパーが鹿児島市内でも意外と大きな顔をしている。
    • 100円ショップはそこそこ有るがディスカウント大型店はニシムタ以外は殆ど存在しないと思っても間違えではない。
    • 家賃の高さも異常。1Kで5万とか、3LDKで6万(駐車場別)とか。
  2. 大型店や郊外にロードサイド店はまだ充実していません。全国でおなじみの流通チェーン店も少なくポイントなども使えない場合もあり。
    • 噂どおりセブンイレブンはありません。コンビニのATMは地元銀行の対応機。
      • 遂にセブン出店攻勢にでます。
        • 今では逆にセブンイレブンの数の方が多い。
    • 牛丼店の頻度が大都市圏に比べて少ない。
    • 古いロードサイド店には駐車スペースが極端に少ないところも目立つ。
      • 上記1、2に関しては、基本的に量販・小売業者が典型的な同族企業である所以である。ちなみに県内でも有名な「赤色矮星・ありがとう」(←という意味の屋号)というスーパーは同族企業で、あの某県内インフラ企業と同様、個人商店気質が酷いことで有名。
        • その某スーパーのパート時給は630円。
  3. 気候は平均すると温暖だが実は冬は案外寒い。ご存知の台風銀座であり梅雨期の豪雨や風もキツイといった自然が厳しく激しい面がある。
    • 今はあんまり桜島の激しい降灰はありません。たとえ噴火して薩摩半島へ飛ぶのは夏だけでそれも鹿児島市の鴨池以南と伊敷以北ではあまり被害が少ないです。
    • 鹿児島の冬にコートやジャンパーやマフラーが全然要らないというのは大嘘です。本土で在住する場合は年に短い場合でも1月程度は寒さが厳しい場合もあります。
    • 古い借家などに住む場合は夏向きに出来ており断熱効果など考慮されていない場合が多いので相当対策しないと屋内でも寒い思いをするハメに。。
    • 台風が来た時や集中豪雨の時はなるべく外へ出ない。慣れない道路での車の運転は極力避ける。当たり前のようですが自力以外の移動手段が多くないもんで(汗)。
    • 夏場のお出かけの場合、女性は日傘をさした方がいいかも?日焼け対策しても紫外線が強いから日焼けの可能性大。
  4. 道路の線形悪く険しい峠越が多く高速のICまで遠いところが多い。もちろん鉄道インフラも九州新幹線と鹿児島市電以外は最悪。
    • 指宿スカイラインは谷山IC以南は有料道路なのに線形が勾配が劣悪なので出来れば利用しない方が無難かも?
    • 今のところ大隅半島はごく一部以外は高速道路はありません。
    • 道路ネットワークは不便でも半島同志を渡るフェリーは便利で頻繁に出ているので上手に活用すれば時間を有効に使える。桜島フェリーは24時間運行。
    • 指宿枕崎線の鹿児島中央~坂之上間の各駅は使いやすいと思う。それ以外は(ry
  5. 一番問題なのは人付き合い。一度外へ出た人は色眼鏡で見られる。配偶者の片方が他県人だと孤独になる場合もある。
  6. 鹿児島に嫁いだり、Uターンなどで初めて在住する人にとって大きな壁は、親戚付き合いや法事への儀礼的な習慣が歪だということ。
    • 血縁関係があるというだけで外野からイビリが激しい場合がある。平成でも「おしん」の世界。。
    • 義母などの考え方は結構古い場合が多く耳に痛いかもしれないが、なるべく耳を傾けるようにすること。敵に回すと生きていけない。悪い評価は瞬く間に広がるから(怖)
    • 自分が話した覚えがない近親者の生まれた死んだをアカの他人が面白おかしく茶のみ話にしている場合もあるが気にしないように。深い意味はない。
    • 他県人で鹿児島人と結婚する人は、その超下向きなメンタリティーも覚悟しておかなければならない。
  7. 土着の鹿児島人は他所者とのお付き合いがどちらかといえば苦手意識が強い。転勤者や学生さんはこの点でいろいろ苦労するかも?
    • 標準語で話しかけられるのも話すのも苦手な人は結構多い。九州内でも福岡弁や熊本弁で親しみをもって話しかけても反応は結構渋いかも?
    • 地元民が話す「からいも普通語」のイントネーションに酷似しているような言葉ならまだ警戒されないかも?(栃木、茨城、南部弁など)
  8. 不動産も僻地以外は総じて平均すれば予想外の高止まり傾向。駐車場を借りるケースも。鹿児島市は勿論だが奄美市も予想外に高い。
    • 初めて鹿児島に来た人はあちこちに相当古いものから新しいものまでかなり広範囲に分譲マンションや高層団地群があるを見て予想外と吃驚するらしい。
    • もう一つ傾斜地の坂の斜面から頂上まで張り付くようにぎっしりとちまちました家並の群集があちこち点在するのにも呆れるらしい。
    • 鹿児島市内では平坦地は希少価値があるので、例えよく水害が起る狭い川の際の狭い地所であっても立派な家屋が密集しており不動産価値も決して安いものではない。
    • 過去に平坦の勾配がない宅地として田んぼを埋め立てた宅地や昔の古い墓地の跡が相当な高値で売買されていたようだが、引渡後に地盤沈下がおこったり宅地造成中に大量の墓石や人骨が出てきたりなどと奇怪な瑕疵が発生し裁判沙汰になった事例もあった。
  9. とにかくいろんなことで束縛が多い。自由きまま個人主義を通した都会生活が長い人間ほど窮屈かも。。
    • 良く言えば古き良き時代の考え方や秩序を未だに保とうとする傾向が強い。それが時には頑なに暴れるときもある。
    • 未だに個人主義は自分勝手、我がまま気ままと悪く決めつける傾向が根強い。
    • 地元にあえて残った人には都会のやり方や世間の大きな流れに嫌悪感を強く感じて拒絶する人も多くいる。
  10. 鹿児島のラーメンは基本的に不味い。スープは千差万別なのに、なぜか麺は茹で過ぎのチャンポンっぽい麺。しかも湯切りも適当で、丼の中に湯がドバドバはいります。ごく一部の店を除いて、何処も同じような状況です。
    • ラーメンの嗜好に関しては九州人同士で相手の食文化を罵倒し合い宗教戦争並みのバトルになることが多い。麺に関しては九州北部では固茹での芯が少しあるぐらいを好むな。福岡、熊本系人は自分たちの味以外は屑だと言い切るのには腹が立つ!
      • 申し訳ございません。「鹿児島」のラーメンが屑だと、重々心得ておりやす。(九州北系)
      • ↑いくら煽っても、なぜか(九州北系)の旨い店を挙げられないw 多分、鹿児島でもガイドブックに載せるようなたいしたことない店ばかり行ってるのだろう。
      • ↑俺は本州人だが、鹿児島のラーメンは断トツでマズかった。4~5件店に行ったけどいずれも伸びきったような麺を出された。店でラーメンを残したのは鹿児島ラーメンが初めてだよ。しかもそれで平気で¥600とかするのは何かの冗談ですかね
      • 鹿児島で生まれ育ったけど鹿児島のラーメンはマズい。特に鹿児島名物みたいになってる某ラーメン屋なんかは、鹿児島県民ですら「なんであんなマズいラーメン屋が潰れないんだ」と不思議に思っている。
      • 他県のラーメン屋少ないよね。だから進歩もなくまずい店が多いんだと思う。
  11. 道路交通マナーが独特(悪い意味で)。方向指示器をハザードランプだと思っている為、前方の車が左ウィンカーを出して路上駐車を始めるのは日常茶飯事。右折は対向車線の左折と同時に曲がればいいと思っている。右折した先の道路が2車線の場合、右車線が右折車両が入るレーン。左車線が対向車の左折車両が入るレーンだと思ってる人が多い。
    • 特におじさんおばさん世代の運転マナーの悪さは異常。自動車学校に通ったことがあるのかも怪しい。
  12. 関東から越してきましたが、交通事故件数ワースト上位で任意保険代が高くなりました。街を走ればあちこち凹んだ車も多く納得。
    • ウインカー無しで車線変更・車線はみ出し・信号無視など日常茶飯事、他県から来る方はぶつけられないよう注意が必要です。
    • 警察の取締もゆるゆるで検問も4年間遭遇無し。飲酒運転やケータイ使いながら運転多いですね。
  13. 労働条件も劣悪
    • 最低賃金ぎりぎりです。
    • サービス残業なんてざら。残業代出ない会社が多い。
    • 週休1日が多い。(年間休日50日前後)
    • 残業代出さない、休ませないブラック企業も多い。訴えも多いみたいですね。



関連記事