能勢電鉄

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

能勢電の噂[編集]

見た目は阪急と変わらない
  1. 数年前までクリームとオレンジの塗装だったが、阪急色のマルーンに塗り替えられた。
    • もっと昔は阪急マルーンだった。というか阪急から引き取った古い電車を塗り替えずにそのまま使っていた。
      • 更に昔はぼろい電車だった。 上り坂では車内灯が暗くなったり、電線が盗まれて運行が止まったりしていた。
    • 色の移り変わりはマルーン→オレンジ&グリーン(かぼちゃ色)→クリーム&オレンジ→マルーン。
      • いろいろ試行錯誤があったものの、結局元に戻ったことになる。
      • マルーンとかぼちゃ色の間にマルーンに窓まわりがクリームという塗装の時期があった。
      • オレンジとグリーンのツートンは湘南色にも見えた。
    • 創業100周年を機に1500系1500Fはブルーグリーンに、1510Fはクリーム&ブルーに塗り替えられた。
      • ブルーグリーンは1型、クリーム&ブルーは50型の塗色だった。
  2. ほとんど阪急宝塚線の支線と化している。
    • 阪急線と区別される沿線住民もいる。
    • 阪急に買収される予定はない。
      • これまでも阪急の路線だったことはない。
    • 能勢電沿線は、阪急沿線を称している
      • 能勢電沿線でバス事業を行っているのは阪急バス。能勢電自体はバス事業を行っていない。
        • かつては妙見口から妙見ケーブル(黒川)まで京都交通バスが走っていた。
  3. 能勢電のロゴは「人が側転しようとしている」ように見える。改めて車両が古い
    • そしてその下に平仮名で「のせでん」の文字。脱力系ですな。
      • かつての社章は、能勢妙見山の紋章を電光で囲ったデザインだった。
        • そのためかぱっと見た感じが阪神のそれと似ていた。
  4. 39年ぐらい前までポールで電気を取っていた。
    • 古いですね。
    • その電車は川西能勢口駅と川西池田駅の間を行ったり来たりだった。
      • 川西能勢口~川西池田は徒歩5分くらい。
  5. 阪急の子会社なので、車両も昔から阪急からのお下がり。
  6. ゲーセンにあったゲームの中で「能勢電は客が待ってくれと叫べば、バックして戻ってくるという噂を聞いたことがある」という質問があった。
    • 噂とはなっているが、1970年代前半まではそれを本当にしていたような感じの路線だった模様。
    • 駅を発車して電車が動き出してるのに、また停車してドアをあけてくれるというのは前ときわ台で見たよ。
    • 1975年頃に平野駅付近に住んでいた吾輩の経験だが、実際、電車に向かって「おーい、待ってくれ」と叫ぶと、ドアを開けて待ってくれるのは日常茶飯事。ただし動き出した電車が止まるというのは一度も経験したことはない。
  7. 中小私鉄では珍しく、タダの特急が走っている。
    • でも平日の朝夕だけ(急行も)。平日昼間と休日は普通しか走ってない。
      • 急行はなくなってしまった。
  8. メタルギアシリーズに登場する。
    • メタルギアの監督が元々沿線住民だったから出れたらしいけど、駅名の羅列にとどまっている。
  9. 「畦野」はとても読めない。普通に読むと「あぜの」だ。
    • 因みに「うねの」と読みます。
  10. 地図を見るとわかるが、鼓滝のあたりでほんの少しだけ大阪府池田市を通っている。
  11. 「ときわ台」駅というこの人が好みそうな駅がある。お姉様はときわ台のエースですの!(ときわ台中学はないけどね)
  12. 日生中央駅はひなせ中央ではない。
  13. 中小私鉄なのに平成初期には全駅に自動改札、券売機が設置されるなど、無駄に設備が充実している。
    • やはり、阪急とほぼ一体に運用されていることも関係しているのだろうか。
    • 全駅の自動改札化は何と京阪より早かった。
      • 京阪の全駅自動改札化は東福寺駅で連絡する奈良線のせいで遅れた。
    • 阪神に至っては、武庫川線のせいで未だに全駅自動改札化になっていない。
    • 平野、山下以外の有人駅を一気に無人化した上で、駅集中管理システムを導入したのも1990年台前半とこれまた早い。
    • IC化も阪急と合わせて早かったが、全国IC相互利用サービスは機械の関係かで未だ実現していない上に今後もやらない可能性が・・・?
  14. 山下‐日生中央間に新駅設置構想があったみたいだけど、どうなった?
  15. 絹延橋駅の昭和感は異常。暗いトイレ、構内踏切、狭い駅舎・・・
  16. 国道173号との並走区間に軌道時代の名残臭が
  17. 山下駅で妙見口行きの電車から日生中央行きの電車に乗り換えると一旦逆方向に動き出すのでびっくりする。駅の川西能勢口寄りで方向転換して再び山下駅の日生中央方面のホームに入る。山下駅の配線の都合上こうなっているらしい。
  18. 日生エクスプレスは普段は平日の朝晩のみの運転だが、春秋の行楽シーズンには休日にも走る。
    梅田まで直通する日生エクスプレス
    • 午前中に梅田方面行きが運転され、十三で嵐山方面の直通特急と接続する。
    • 特に4月の「つるやオープンゴルフ」開催時には午前中の日生中央方面行きが運転される。能勢電鉄線内では「日生エクスプレス」のすれ違いも見られる。
    • 日生エクスプレスが運転開始したのは川西能勢口駅が高架化され、架線電圧が600→1500Vに昇圧された1997年。それまでは意外にも阪急との直通はなかった。
    • 平野駅に待避用ホームがあるので、日生エクスプレスの様な速達電車が走る事が出来る。
  19. 妙見口駅のさらに奥にある妙見の森ケーブルは日本では珍しい標準軌のケーブルカーである。
    • 起点の黒川駅は妙見口駅から結構距離がある。その間にバスもあるが本数は少ない。徒歩で20分くらいだとか。
    • 戦前には山上駅からさらに上にもあったが戦後は復活せず、今はチェアリフトが能勢妙見山との間を結んでいる。
  20. 2015年6月のダイヤ改正で朝ラッシュ終了後能勢電の車両が川西能勢口から阪急の線路を通り、阪急平井車庫に入庫する運用が生まれた。そのため短区間ながら能勢電の車両が古巣阪急の線路を走る風景が毎日見られる。
  21. 日中は東側の車窓からよく虹が見える。
    • ただ、川西能勢口行の電車に乗っていると民家やマンションにジャマされて見られない事がある。
  22. 公式には妙見線の複線区間は山下駅までだが、実際には笹部駅のすぐ手前まである。
    • とはいえ山下⇔妙見口の折り返し電車があるので下り線に関しては逆方向の電車も走れるようになっている。
  23. 妙見線の山下以北は山間部を単線・急カーブで抜ける区間だが、実際には電車から見えない所に新興住宅地が多数広がっている。
  24. 1960年代に、西武グループに買収されそうになった。
  25. 阪急は最近になって前照灯を常時点灯するようになったが、能勢電は今もやっていない。

車両の噂[編集]

100周年記念復刻塗装車両
阪急線で運用されている6000系
里山号ラッピング車
  1. 1700系は車両がぼろい。
    • ワンマンの青い表記が妙に目立つ。運転台が古臭い。シートも化粧板も阪急のまま。 
    • 運転台も古そう。また、3100系は、車両更新、前面更新を受けているが、車内や、運転台は古くさい。シートは、阪急のままで、なぜか高級感がある。
      • 最後の片開き扉の1000系を駆逐した。
      • 他の車両よりも徹底的にリニューアルされている割にはコンプレッサーは古いまま。
    • 阪急神戸線の六甲事故の当事車両が未だに健在。実は元阪急2000系のトップナンバー(旧2000号車・現1734)だったりする。
      • 先頭車(2050号車)は事故廃車されて2代目(現1754)だけどね。
      • 2代目2050号車は元を正せば2100系。つまり1500系の大半と生まれは同じ。
        • 1500系にも元2000系の車両がある。
  2. 車両は阪急からとひと目でわかる。
    • 1500・1700系はマルーン一色への塗装変更により冷房改造前の阪急3300系に近い前面スタイルになった。
  3. 48年前(昭和35年)製造の車両がいまだに走っていたりする。
    • また、運転台には味がある。
      • 京阪にも同じくらい古い車両がある。2600系は名目こそ昭和53年登場だが、実質2000系の改造車であり、最も古い車両は昭和34年製造である。
      • 意外にも東武野田線唯一の形式である東武8000系(昭和38年製造開始)よりも古い。しかし、こちらの方が新しく感じる。
  4. 親会社の阪急が車両の置き換えに消極的なので、能勢電に中古車両が回ってこない。
    • 経営統合した阪神電鉄がなんば線開業と同時に新車を大量に投入したことから旧型車両に余剰が出るので、それを譲り受ける手がありそうだが難しそう。
      • 阪急は9300系の増備進んでるけど、置き換え対象は6300系や2300系だし。3300系はいつ廃車になるんだろう?
        • 2300系は有り得るけど6300系は嵐山線に行くし、3300系は同世代の3000系が廃車するまで待っただろう。
    • 車両限界の関係上、京都線系統や阪神線の車両は持って行くことは出来なかったと思う。
    • 最近阪急5100系を譲り受けました。改造工事のため阪神の線路を走って話題になったことは記憶に新しい。
      • 2015年3月に改造が完了し営業開始。「オールド・ルーキー」というキャッチフレーズが与えられた。
        • 「新車」とは言え1970年代前半の製造だからもう40年落ち…。
        • これにより1500・1700系は先が見えてきた。
        • 3120Fとは異なり外観・内装は大きく変化していない。前照灯と行先表示器のLED化と車内の日除けの変更が主だった変化。特に日除けには能勢電沿線の山里の風景が描かれている。
          • 阪急時代に行なわれたリニューアルの時期の関係で5136・5138Fと5146・5147Fでは内装が異なる。後者は阪急5000系リニューアル車とほぼ同じ内装でドアの窓も大きいのが特徴。
          • 2016年に5108Fが能勢電入りしたが、行先表示器は幕式のまま。
  5. 3100系(3120F)は他の車両と内装が異なり、白っぽい壁面に青色の座席である。
  6. 2100系を導入した後に、何故か1010系を導入した。順番逆だろ。
    • サヨナラ運転後、阪急正雀工場のイベントで里帰り展示を実現させている。
    • 2100系は阪急時代に冷房改造が行われなかったので早くに能勢電へ移籍した。それに対し1010系は阪急時代に冷房改造を終えていたことから2100系より長く阪急に在籍した。
      • 2100系に関しては阪急よりも能勢電に在籍した期間のほうが長くなっている。阪急には約20年しか在籍しなかったのに能勢電にきてからもう30年近くになる。
  7. なんとびっくり!ひろでんと同じ形式の電車が走ってたらしい。それも1980年代まで。
  8. 1500系には山下以北の折り返し運転用に2連×2編成がある。このうち1510-1560は能勢電移籍に伴い中間車化されていた車両を再度先頭車化したもの。そのため前面が他の1500系と異なり3120Fと同一。
    • 2013年現在、親会社の阪急では2両編成の営業運転列車は存在しない。
    • この折り返し用の2連は100周年記念復刻塗装に塗られている。車内も荷物棚が撤去され、その場所に能勢電の写真が飾られていたり、化粧板の木目の色調・模様が異なっていたりするスペシャル仕様?になっている。
      • これも2016年6月に1500系から5100系に交代する。
  9. 1500系と1700系の見分け方は屋上のクーラー。1500系の方が中央に寄っている。
    • 1700系は阪急時代に冷房改造されていたのに対し、1500系は能勢電移籍時に改造された。そのためスイープファンがついている。
  10. 現在、D-3-NHA型コンプレッサーの作動音(「モコモコ」という音)が聞けるのはここだけ。
    • ここに入る前は阪急でもこの音のモーターの車両が普通に走っていたが、モーター更新で今は鳴らない。
    • 某巨大掲示板などでは、「ホニョホニョ」モーターと言われているらしい。
      • 某同人誌ファンには「死ぬほど情けないコンプレッサー音」とも呼ばれているらしい。
  11. 全車両がワンマン化改造後に扉開閉予告ブザーが鳴る。京都市交神鉄(6000系等を除く)北神急行と神戸市交西神・山手線等と同じ。
  12. 今のマルーン1色塗装は、子供から見ると阪急との区別がつかないらしい。その上、噂によると阪急箕面線や今津北線と勘違いするアホもいるらしい。
    • 車体塗装をもう一回フルーツ牛乳色かマルーンとクリームのツートンカラーに戻ってほしい。
      • まず1700系をフルーツ牛乳に戻せばいい。
    • それか、「SLばんえつ物語」号みたいな色に変えてほしい。
      • 5100系の山下以北折返し用の2両編成にあります。
  13. 6000系が1本、「日生エクスプレス」専用編成として譲渡された。
    • 上部のアイボリー帯は撤去されないまま。
    • 意地でもマルーンにこだわっているみたい。
    • ただ実際の運用では、能勢電に入ることは「レア」らしい。
    • そのお陰でついに能勢電の車両が阪急梅田駅に入ることになった。
      • というか、阪急車と完全に共通運用なので宝塚駅や箕面駅に入ることもある。
  14. 1500・1700系は地上時代の川西能勢口駅にあった急カーブの関係で阪急時代よりも連結面間の距離を長くしていた。高架化でカーブが緩和されたため現在は阪急車両と同じになっている。
  15. 5100系が遂に運用開始!
    • 自動放送が従来の声から東武やつくばなどと同じ加藤純子さんに変更され、更に「プー」のブザーも阪急と同じチャイムになってしまった。
      • 自動放送を変更するなら、英語も追加していただきたいところだ。
        • 5100系からデビューして一年経過後、英語アナウンスが追加された。
          • その英語、何故か日本語訛りだ。
      • 自動放送は5100系導入を機に他の車両も変更されました。
  16. 2018年3月、7000系の先頭車と6000系の中間車を組み合わせて7200系が登場。譲渡に際し走行機器が阪急1000系と同じPMSMを使ったVVVF制御に変更された。
    7200系
    • 今まで自社車両に関しては抵抗制御の車両しかなかった能勢電だが一気に最新のPMSMを採用することに…。恐らく2階級特進以上の待遇だろう。
    • 車内には能勢電初のLCDが設置されたが、いかにも後から付けた感じがする…。
      • このLCD、どうもパッとビジョンで動いてるらしい。
      • 座席の袖仕切りには花柄が描かれている。
    • 外観は阪急時代のままと思いきや、アイボリーとマルーンの間に金色の細い帯が入り、しかも運転室後部で能勢電鉄の頭文字である「N」字形になっている。
    • 運転室後部には「N7200」のロゴが入っているがどうも新幹線のN700系を連想させる…。
  17. フルーツ牛乳は某大学の教授が考案した鮮やかな塗装であった。
  18. ワンマンに統一される前はラッシュを中心に6両編成(1700系は中間車代わりの先頭車も連結)の運用も存在していた。

[編集]

関連項目[編集]




関連記事