航空会社/台湾

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

チャイナエアライン[編集]

チャイナエアライン(中華航空)の噂[編集]

愛されて(!?)50年
  1. 成田国際空港の暫定滑走路ができるまで羽田空港発着だった
    • 支那がやかましくいったのも理由のひとつ。
      • 中国当局が「中華民国の国旗をつけた航空機と同じ空港に乗り入れたくない」と要請したためだが、羽田発着の方がかえって東京都心とのアクセスが良かったため、チャイナエアラインの乗客数は伸びた。
    • 羽田~ホノルル線は安くて便利な穴場路線として知られていたな。
      • 俳優の勝新太郎は、生前、ハワイへ行くのに羽田~ホノルル線を好んで利用していた。もちろん「ホノルルでもうパンツ穿かない事件」の時も。
  2. 台湾でもライバル・エバー航空(長栄航空)にいつの間にか圧されっぱなし。
    • だって、チャイナエアラインが文字通り自爆しちゃってるもん。
  3. スカイチームに入りたがっているらしい。
    • 大韓航空とお仲間になれるからいいんじゃない?
    • 入れたところで、後に安全基準を満たせなくなって脱退とかにならないかしらん?
      • 他の会社もクセモノ揃いだから無問題。
    • 状況によっては日本航空も入る可能性がある。ある意味最強。
      • 日本航空はここに残留。
    • ついにスカイチーム入りが決定した。
  4. エアチャイナ(中国国際航空ではない
    • 今はマイレージの提携を行っている。
  5. かつてのカラーリングには青天白日旗が書かれていたが、香港返還時に中共の圧力により消された。
    • 尾翼には梅の花が描かれている。
    • 更に最近は機体の下半分を青くして、社名ロゴを小さくしたカラーリングのものもある。
      • 下半分を青くって、ボーイングカラーの特別塗装機B-18210のことか
  6. マンダリン航空(華信航空)という子会社を持っている。
    • 昨今は台湾高速鉄道開業もあって下り坂。
    • 元々はカナダやオーストラリア、EU域内にも飛んでいたそうです。
      • そもそもは中共の圧力でチャイナエアラインがこれらの国に飛ばせられなかったために作った会社だった。
  7. 嘗てあった民航空公司(CAT)の凋落と前後してチャイナエアラインが発展した。
    • 事故の伝統までフラッグキャリアとして受け継がなくてもいいのに……
  8. 再国際化で羽田から松山へ行けるようになった。
    • 羽田から松山ってのを見て、CIが日本国内線の以遠権を獲得したのかと勘違いしてしまった……
      • そういえばJLNHも東京羽田・台北松山線を運航しているけど、紛らわしくないんだろうか?
        • 羽田での乗り場が違うから無問題。
    • そしてついに松山(TSA)-松山(MYJ)のチャーター便就航。(2013年10月11日)

チャイナエアライン事故列伝[編集]

  1. 過去2回、日本で機体を燃やしている(小牧那覇
    • どちらもライブ映像で全国に配信。
    • どちらも着陸時に炎上。
    • 小牧のときは補償でもめた。
      • 2003年末に名古屋地裁で賠償命令判決(ここまで9年8ヶ月)。2007年4月に調停成立(丸13年)。
        • 調停成立4ヵ月後に那覇で…。
      • 日本の航空会社みたいな謝罪の精神すらなかったらしい。日本と台湾・中国の文化相違かもしれないが。
    • 那覇のときは奇跡的に死傷者0
      • 初期消火を試みた整備士1名が爆風で負傷、2人の乗客が気分が悪くなって病院に運ばれた。
    • 小牧の事故は、パイロットが運航中に飲酒をしていたとニュースで聴いたことがあったけど?
      • 体内からエタノールは検出されたが、遺体の腐敗の過程での発生という可能性も捨てきれなく断定はしていないらしいです。
  2. 空中分解したこともある
    • 台湾海峡上空(2002年)
    • 原因が日本航空123便(1985年8月12日)とかなり同じ。教訓とはしないのか。
      • 何分、よその国のことですので。 by チャイナエアライン
  3. 住宅街に突っ込んだこともある。
    • '98 華航大園空難
    • これも名古屋空港の140便(1994年4月26日)と同原因で……もう事故に関する感覚が麻痺しているとしか言いようのない。
      • 何分、昔のことですので。 by チャイナエアライン
        • 4年後は普通は「昔」といえない……
          • ネタ殺しwwwwwwww
  4. 香港ではオーバーランしたり、台風で横転したこともある。
    • オーバーラン(&入水)は啓徳空港のとき、横転(&炎上)は新空港になってから。
    • しかもオーバーランは新車をおじゃんにした。
    • 横転は新空港で初めての死亡事故。
      • 横転(&炎上)の時はマンダリン航空の機材をチャイナエアラインが運行していた時に起こった。
  5. エアバスとボーイング双方の評判を落としてくれる会社。
    • 一人のパイロットがボーイングもエアバスも操縦する。
  6. 悪名高い大韓航空より×××
    • 今は中華<日航<大韓だと思う。大韓はここんとこは事故はない。
      • 事故の履歴を調べてみな。中華<大韓<<<<JALだから。あ、どっちにしても最下位は・・・
    • どっかの会社発表の航空会社事故死亡率。全日空-1.23(少ない方から11位)、日航-0.79(15位)、アシアナ0.17(62位)、大韓1.59(81位)、中華4.48(90位)
      • 下に書いてある欧州締め出しキャンペーン中の某社だって、1.3(79位)なのに・・・ 
  7. 那覇の事故のとき、機体の社名を白ペンキで塗ったら無知のマスゴミに叩かれた。
    • 海外ではこのようなことは一般的に行われていること。
  8. 台湾の高官は、絶対に乗らないらしい。
    • フラッグキャリアなのに・・・
  9. このような書き込みも在りました。
  10. 佐賀空港で過走帯灯をぶっ壊しながら離陸したこともある
    • つまり、オーバーランしながら離陸した。
    • 佐賀では着陸時にもなんかやった。「立つ鳥あとを濁して」台湾に去った。
  11. 「4年に1回大事故を起こす」ってオリンピックかいな。
    • それでも高麗航空みたいに欧州乗り入れ禁止とかにはなっていない。上には上がある
    • ガルーダも欧州締め出しキャンペーン中。
    • その名も、華航四年大限
      • つまり、今度の厄年は2011年。また日本でやらかしたら・・・。
    • 冬のオリンピック(FIFAワールドカップ)の年に事故が起きている
      • 86年 澎湖諸島
      • 90年 ※89年と91年に死亡事故発生
      • 94年 小牧
      • 98年 中正国際空港近く
      • 02年 台湾海峡上空
      • 06年 ※07年那覇で炎上事故
        • と言う事は、来年も何か起こすんじゃないのか・・・?(2009年11月)
          • 今のところ、何もやらかしてはいないようです。(10/9/13現在)

民航空運公司[編集]

  1. 通称はCAT。かつての台湾の航空会社。
    • 中華航空が生まれる前は当然、フラッグキャリア。
  2. 実はCIA航空だった。
  3. 日本では東京のほか、岩国に乗り入れていた。
    • 米軍統治下の沖縄も。もちろん理由は共に米軍基地。
    • 立川市の米軍基地内にも営業所が設けられていた。
  4. 上官が資格もないのに最新鋭の旅客機を操縦して墜落させたことがある。
    • しかもそれが倒産の引き金となった。
  5. 「マンダリン・ジェット」で名をはせたこともある。
    • 日本の時刻表には「キャット航空」なる名前で記載されていた。猫かよ。

エバー航空[編集]

成田を出発するエバー航空機
トーイングカーにもキティちゃん
エバー航空(日本語版)
  1. 同じく台湾を地盤とするチャイナエアラインがあらゆる意味で派手なので、いまいち目立てないでいる。
    • しかし安全性の面ではチャイナエアラインを遥かに上回る。ネタ殺し
    • 航空はいまいち目立たないが、親会社は世界最大の海運会社・エバーグリーン(長栄海運)。
    • 名前だけ聞いてフィンランド辺りの航空会社だと思っていた。
  2. EVA航空
    • 江波航空
    • 漢字では長栄航空。尚、エヴァンゲリオンとは無関係。
      • 台湾の海運会社「エバーグリーン」の子会社。エバー航空という社名になったのはアメリカに似た社名の航空会社があるため。
      • 逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ...
        • 本当に逃げたい気分になるのはチャイナエアライン
    • ちなみに、英語圏では「エヴァ」ではなく「イー・ヴィ・エー」と読む。
  3. エアーニッポンとコードシェア。貨物はBAさんやルフトハンザと提携。
    • ただし、どこのアライアンスにも加盟してない(提携会社一覧
    • 日本の日航に対する全日空、韓国の大韓に対するアシアナ、そして台湾の中華に対するエバー。どうも前者3つのイメージが墜落とか撃墜なので……
    • チャイナが大韓のいるここに入りたがっていて、日航も移籍決定。となると全日空とアシアナのいるここに入るのかな。
      • 日航の移籍はなくなりました。
      • スターアライアンスに加盟することが決まりました。…妥当な流れだったのかなぁと考えされられたり。
        • 平成25年6月18日正式にスタアラに加盟しました。
  4. キティジェット
    • 「サンリオ航空」とも揶揄された。
    • 機内食にもキティが登場するらしい。
    • キティどころかぐでたまジェットまで登場したので、いよいよガチで「サンリオ航空」である。
    • 台北桃園国際空港にはサンリオの内装で固めたエリアがあり、そこにチェックイン機がある。
  5. キャッチコピーは「台湾の翼」
    • 高官が中華航空に乗らないんでは実質もそうだろう。
    • 長栄グループの会長(創業者)はかつて民進党(台湾独立派)陳政権の支援者として名を馳せた。つまり外省人系の好む「中華」に対抗して「台湾」を謳うことで、本省人志向を強調するコピーでもある。
  6. 立栄航空(Uni Air)という子会社を持っている。
  7. かつて日本アジア航空のCMに出ていた金城武が、スタアラ加盟を機に当社のCMに。しかも、彼の語学力もあって日台中各国で一斉放映。



関連記事