花巻市

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本東北 > 岩手内陸南部花巻


雫石 紫 波  
西

花  巻
北 上  
  金ケ崎  
奥   州 住田
  平泉   陸前
高田
一   関
 

花巻市の噂[編集]

台地上に立つ花巻城
関連項目
  1. 駅から西に車を走らせると、必ずどこかの温泉地に着いてしまう。
    • 立っていないと溺れるほど深い温泉がある。
      • 新鉛温泉「愛隣館」ですね。
        • それは愛隣館じゃなくて藤三旅館の白猿の湯。
          • 愛隣館の「南部の湯」にも立ち湯あり。
    • 混浴&自炊というジジババ御用達な温泉がある。
      • 宮沢賢治も入ったという大沢温泉の大沢の湯(露天混浴)。
        • 自炊できるので地元の人と湯治客も多い。
          • もちろん男女別の露天風呂もあるし、料理も出してくれる宿泊プランもある。
            • 花巻市の同人誌即売会「TRIP」の時期になると必ず自炊部で合宿する参加者がいる。
      • 志戸平温泉の「久保田旅館」も混浴&自炊があるよ。
        • 今は、「湯せん志だて(漢字あやふや)」という全室露天風呂付きの高級旅館にグレードアップした。
          • 「游泉(ゆうせん)志だて」。
        • 昔は志戸平温泉の周辺に志戸平遊楽園という遊園地があった。
          • 動物園もあったね。猿とかいた。今は駐車場と化している。
    • 花巻温泉は温泉ファンによる評価が極めて低い。「どうせ行くなら台温泉(源泉が同じ)に行った方がいい」らしい。
      • 花巻温泉は利用客が多すぎてお湯が足りないので、沸かし湯も混ぜて使ってる。
      • 台温泉は源泉に近いし、マイナーな温泉なので、湯質は良いよ。
        • 特に、温泉街の最深部にある「中嶋旅館」は宮大工による木造4階建ての建物で風情がある。日帰り温泉の「精華の湯」ではそばが食える。
      • 2015年、花巻温泉88周年記念で誕生したキャラクターである「フクロー」が割りとかわいい。
    • 薬湯として知る人ぞ知る「トロン温泉」がある。
      • 確か、一度潰れて復活したような…。
    • 安くて食事付き800円で気軽に温泉が楽しめる「渡り温泉」がオススメです。
  2. 自転車で温泉に行け。と言わんばかりに伸びているサイクリングロードがある。
    • ゴルフ場の中を走り抜けるのは若干怖い。
      • ゴルフ場は潰れました。
      • 北上の展勝地まで伸びてます。
      • 星が丘や野田地区の宅地化で、以前からあったサイクリングロードの面影が消えつつある。
  3. 昭和天皇が花巻温泉に来た時に浸かったお湯が万病に効くといって、保存していた人がいたらしい。
    • 佳松園(かしょうえん)ですね。
    • 花巻温泉の中で一番グレードが高い。
      • というか県内No.1の高級旅館だと思う。最近は中国、台湾の観光客が多い。
  4. 宮沢賢治生誕地なので関係施設が多い。
    • そろそろ、これ以上作らなくとも良いんじゃないかと思う。
      • でも修学旅行先に選ばれたり、ファンではない旅行客も楽しめるシステムが組み込まれている施設が多く思った以上に効果は大きい。
    • 何が何でも「イーハトーブ」であるが他県の人はその意味すら知らない。
      • イーハトーブは東武歯科医院のキャッチフレーズではない。
        • 意味を知らない市民の方が多いと思う。
    • 「イーハトーブ」とはエスペラント語(世界共通語)で「理想郷」という意味です。
      • 岩手をエスペラント語風にしただけだった気がする。
  5. 「わんこそば」発祥の地としては、勝手に「わんこそば」で観光客をもてなす盛岡に対抗心を持たざるをえない。
    • 元祖わんこそばの店、そば処 やぶや 本店がある。しかし、地元民はなかなか行かない。
    • 戸隠や大畠屋の方が美味いからである。
      • やぶやじゃなく大畠屋が発祥じゃなかったっけ?
        • 違います。発祥は嘉司屋です。
  6. 18葉のクローバーでギネス記録を持っている在野研究家がいる。
  7. 「漬け物ソフト」なる微妙なモノが存在する。
  8. 高校生の間では、もっぱらアルテがナンパ場所。デートコースもしかり。
    • 花巻には特に遊ぶところがなく、地元の中高校生の殆どは北上のさくら野、アメリカンワールドや盛岡の大通り商店街で遊ぶ。
      • 花巻市は観光客向けの施設は必要以上に充実しているが、市民向けの娯楽施設はほとんど少ない。
    • 本家の「マルカン本店」を圧倒するアルテの売り上げに、経営者もビックリである。
      • 上町の本店を撤退させて、アルテを本店にしたい…(-。-)ボソッ
  9. メイン通りの「桜台」。桜の並木はあるがソメイヨシノではないので、桜満開シーズンで盛り上がる時期をかなり過ぎた5月下旬ころにピークを迎える。
  10. マルカンデパートのソフトクリームの量に唖然とする。
    • 量のことよりもそのソフトを割箸でそぐようにして食べる地元民に呆然とする。
      • 箸を使わないと、溶けてしまうスピードに対応出来ないからである。
        • めざましテレビでも紹介されました。
        • 県民ショーでも紹介されました。
        • ドォーモでも紹介されました。
    • 昼食に注文するラーメンとマルカンソフトの組み合わせが、生粋の花巻人が愛する組み合わせである。
      • しかも、その組み合わせ、500円でお釣りがくるのが素晴らしい。
        • 老若男女問わず、皆ソフトを頼んでいる光景にも驚く。
    • マルカンの社内会議で毎年ソフトの値上が議論されるが、「看板メニューなので値上できない」と却下。マルカンの台所事情も苦しいのだ。
    • 閉店間際に頼むと更にその量が恐ろしいことになる。
    • 中心商店街に位置するマルカンデパートはご多分に漏れず閑散としているが、なぜか食堂フロアだけはやたらと客が多い。
    • 駐車場は停めづらい。
    • 100円ショップも中に入り、そこそこ売り上げに貢献している。
    • ついにマルカンデパートが閉店。しかし、花巻北高の生徒らによる働きかけで食堂だけは復活。どうなることやら。
  11. 花巻の商店街はシャッター通りと呼ばれている。
    • 誠山房という半世紀にわたり親しまれていた書店が経営難で閉店し、花巻商店街の深刻さを伺える。
    • エセナという商業ビルがあったが閉店し、今は花巻市が、宮沢賢治の作品などを展示するためにビルを公開し運営している。
      • エセナの前世は「花巻デパート(通称:花デパ)」だった。
      • 地下にカラオケボックスがあったが潰れた。
        • 駅前にあったカラオケボックス「小鳥の学校」も潰れた。
    • 様々なシャッターの展示販売をしている。
  12. 富士大学のメインキャンパスは富士山の近くにあると思っていた。
    • 富士大には廃墟校舎、廃墟部屋があり、使用している校舎に掲示物がほとんどなく、学生があまり歩いていない。盛岡大と合併するのではないか。
      • 偏見です。確かに、使用されていない部屋はありますが、廃墟と表現するにはちょっと。学生があまり歩いていないというのもどうかと。ちなみ、盛岡大学との合併はありません。
    • 俗に言う大学全入時代のど真ん中にあたる大学。中国人留学生が多い
    • 富士大大学院生の就職先があるかどうか心配。4年生は進学などせず、就職活動した方が良い。
    • 高速道路から見える体育館はどことなく「Meiji チョコレート」。
  13. 無人販売所なみに安い「フレッシュたもり」なるスーパーがある。
    • 手作り感と言うか素人感あふれるテレビCMは超有名。
      • ふれっしゅー、たもりー
  14. 主要国道から花巻駅への道が入り組んでいる。案内板もあるのだが、初回はたどり着けないと思ったほうが良い。
    • 蒸気機関車が走っていたころの名残で、市内を走らせると火の粉で火事になるから外れに作られたとの話。
  15. 昔、花巻軽便鉄道が親会社で花巻温泉を経営していたが、国際興業が花巻温泉を欲しくて、親会社の花巻軽便鉄道を買収し、用済みの鉄道会社を潰した。
    • 国際興業は経営難の花巻温泉からも撤退したいみたい。でも地元経済への影響が多大ということもあって、引くに引けないとか。
      • 「市民の家」に行くと、当時の電車が保存されていて、市民の憩いの広場となっている。
  16. 在来線の花巻駅から新幹線の新花巻駅までは遠い。
    • 新花巻で、必ず新在連絡をして欲しい。
    • 盛岡までのドアtoドアなら、駅が郊外の新幹線よりも在来線で行く方が早いケースがある。
  17. その代わり花巻空港はJR在来線まで徒歩15分。
    • もっと遠いのではないか。
    • 花巻空港駅という駅があるが実際は花巻空港ターミナルから1.5km位あるため不便であり、タクシーを使うしかない。
      • 一応バスは通っているが、生活路線の性質が強いため、飛行機の発着時刻とはあまり関係がない。
      • 昔は「二枚橋駅」といった。
    • 一応市街地の筈なのに、滑走路に熊が出て飛行機が離陸出来なくなったことがある。
      • 強風で着陸失敗した事もある。
        • パイロットの間では、国内でも指折りで離着陸の難しい空港として有名らしい。
    • 新ターミナル開業でさらに遠のいた。もはや空港の最寄駅ですらない。(似内駅の方がターミナルに近くなった)
  18. 花巻空港は県内人以外には岩手県の空港であると認知されない。
    • 公募で募集して決定した愛称は「いわて花巻空港」。
      • 愛称といったら「セントレア」のように呼びやすく親しみやすい名前を付けるものなのに、何故か正式名称より長く呼びづらい愛称が付いてしまった。
    • 名称変更されたことを知る人は少ない。
    • 以前、テレビ東京に「いわき花巻空港」と紹介された。所詮こんなものだ。
    • 新しい空港が開業したのを記念して、ユーミンが花巻空港のテーマソングを作ってくれた。
  19. 桜台小学校前の道路は冬になると凍結して車が坂道を登れないくらい急勾配。
    • 現在工事中。終われば幅広の道路に変わる予定。
      • あそこの道路が広くなれば、駅前からずーっと伸びて、アルテマルカンまで行くんだね。便利になるなー。
    • 桜台小学校はかつての花巻北高校の跡地に設立。花巻北高校は市内唯一の進学校。
  20. なにかと北上市と比較される。
    • あと5年で人口が逆転しそう。
      • いや、5年持たないかもw
    • 花巻はチェーン店などの出店も遅く、産業の多く若い世代の多い北上市にお店を奪われている。
    • 北上のヨーカドーは潰れたが、花巻のヨーカドーは未だに健在。
    • 花巻には裁判所があるけど、北上には裁判所が無い。
    • 花巻には税務署があるけど、北上には税務署が無い。
    • 花巻には空港があるけど、北上には空港が無い。
      • あたりまえだってwそんなムダなw
    • 花巻には大学があるけど、北上には大学が無い。
    • 戦国時代、花巻は南部氏、北上は葛西氏(後、伊達氏)の領土だったので、文化の違いで絶対に合併する事は無い。
      • 相去という地名が、その歴史を物語ってますね。
      • 花巻にあった鳥谷ヶ崎(とやがさき)城は、南部藩にとっては、対伊達氏対策の最前線基地だった。だから良いライバルとして切磋琢磨することはあっても、合併なんぞ絶対有り得ない。
    • 新幹線の駅建設の際にも、北上や一関に遅れ、水沢江刺と共に出来た。
      • はやて停車数で負けている。やはり北上には叶わないのか…。
      • 在来線の花巻駅と新花巻駅を合わせた利用客数は、北上駅を上回っている。
    • 県立の花巻厚生病院と北上病院が統合された新しい病院は、北上に建設された。
      • 花巻の南側の笹間や太田はあまり影響が無いが、北の湯本や宮野目からは遠くて不便になった。
        • 旧花巻厚生病院出身の勤務態度悪い看護士達が旧北上病院出身の看護士達の士気に悪影響を与えているらしい。
          • 曰く、昇給の近道は勤務内容の良し悪しではなく医師に媚びて印象を良くする、だそうな。
  21. 光る壁画はもちろん「銀河鉄道の夜」である。
    • 駅東口から左折して坂を下ると、向かって左側の壁面にあります。
    • 昼行っても分かんないよ。夜に行きましょう。
  22. 「(目的地)まであと~㎞」の表示を信じてはいけない。
    • 新渡戸稲造記念館へ行こうとして、えらい目にあった。
      • 新渡戸記念館は青森県十和田市にある。十和田市と花巻市は姉妹都市。
        • 神奈川県平塚市とも姉妹都市だよ。
        • アメリカのホットスプリング市(クリントンの母親の出身地)とも姉妹都市だよ。
  23. 新花巻駅には全国から新駅を嘆願中の自治体の人が来た。
  24. 合併時に出た新市名案には「イーハトーヴ市」「銀河市」などの恐ろしい案が含まれていた。
    • うへっ、やだなそんな市名…。
    • 市名がカタカナなんて最悪…。あっ名古屋方面に1つあったなw
  25. 東北自動車道の花巻ICよりも花巻南ICの方が中心地に近い。
    • 花巻の中心にあった花巻南高校が、花巻南ICのすぐ近くに移転したことから、付近に住宅が建ち始めた。
  26. 花巻市の経済は宮沢賢治の子孫が牛耳っている。当主の奥さんが亡くなった時は「旦那がくたばればよかったのに」と陰口を叩く人が大勢いたw
    • 自分の土地を歩いて釜石まで行けた程、広大な土地を所有していたらしい。
    • その子孫のせいで、東北新幹線は花巻駅を通らずに、釜石線「矢沢駅(現:新花巻駅)」を通過することに。
    • 北上線も当初は花巻から横手方面に線路を通す計画だったらしい。それが、某子孫が反対し、先見の明がある北上に取られた。
      • 自分の土地を国鉄に譲りたくなかったんだろうね。
      • 北上の人は「釜石線も本当は北上から通す予定だった」と言う。
    • 賢治の子孫ではなく、賢治の母方の祖父の子孫。賢治は生涯独身で子はない。
  27. 岩手県で、というか東北で唯一のエアガンメーカー「KTW」は花巻市に存在する。
  28. 「もっすカード」と言う花巻商店街共通のポイントカードがある。
    • 市鳥「ふくろう」を描いた黄色いカードです。
  29. 戦時中、高村光太郎が花巻に住んでいた。当時の居住地が「高村光太郎記念館」に現存する。
    • 売店にある「光太郎そば」は、納豆と生卵が入っている。350円です。
  30. 毎年9月に開催される「花巻まつり」は400年の歴史があり、京都祇園祭りの流れをくむ伝統の祭りである。
    • 花巻ばやし、風流山車、樽神輿、しし踊りが有名ですね。
    • なぜか毎年、雨が降るw
    • ちなみに2015年、神輿の数でギネス世界記録認定。ただ、そもそも神輿というものが日本特有のものなので実質的には日本記録である。
  31. 清水寺がある。京都の清水寺と並び、日本に3つある清水寺の1つ。だが地元花巻市民ですら、その場所を知る者は少ない。
  32. 案山子という産直がある。ここのプリン大福が口コミで静かなブーム。
    • 抹茶ババロアも美味しいよ。
    • ローソンにパクられたw
  33. 白金豚というブランドの豚肉が出来た。
    • 花巻温泉の売店で売ってます。
    • 首都圏でもけっこう有名。
    • 白金豚を扱う居酒屋が花城町に誕生。いつも込んでいる。
      • 高かった。。。
    • ポパイというレストランでも扱っています。
    • 大阪の「カドヤ食堂」というラーメン店がこれを使ってスープを作っているらしい。しかも今や有名店だとか。
    • 正確に言うと、白金豚ブランドの豚を生産・肥育している花巻市内の「高源製麦」がレストラン「ポパイ」を経営している。
      • 某有名旅行ガイドブックでは、なぜか盛岡の店だけが紹介される。
  34. 大相撲で花巻出身の四ツ車が十両に昇進。岩手県出身久々の関取が誕生した。
    • 湯本出身らしいです。
      • 幕下に落ちた…。
      • 2013年5月場所で引退しました。
  35. 東北唯一のフットサルプロチーム、「ステラミーゴいわて花巻」が誕生。
    • なんで花巻に?
    • やっぱり最下位だったw
    • グルージャ盛岡と相乗効果でサッカーが活発になると良いですね(^^)
    • 後にFリーグから干されることになる。
  36. 宮沢賢治が命名した「イギリス海岸」なる観光地がある。
    • 普段は北上川の川底にあるので、滅多にお目にかかれない。
      • 水不足で水位が下がると見れます。
      • 毎年宮沢賢治の命日にダムの放流を調整し、川底を出現させる取り組みがあるが、前日に大雨があり増水した場合はどう足掻いても見ることが出来ない。今年(2017年)はまさしくそうだった。
    • 念のため言っておくが、"海"岸じゃないからな。
  37. 花巻のネカフェやバーミヤン等の共同駐車場?は古い線の上に新しい線を引いた為にとても使い辛い。
    • あそこは宮沢とマルカンの共同出資で始めたのだがどちらもケチな為に駐車場には金を掛けなかったらしい。
      • 宮沢とマルカンのどちらも我が強くてがめついので中断するに違いないと思われていた。ところが出店に漕ぎ付けたので地元の人達は驚いたらしいw
    • バーミヤンが撤退してしまった。残念…
  38. 高木にある銀河モール花巻にTSUTAYAができてから、地元企業経営のエムズビデオやゲオの三つ巴合戦になり、レンタル100円セールなど競争が激しくなった。
    • 花巻東バイパスの開通で、高木地区の住民は便利になった。
      • 宮野目の分岐点がガラリと変わり、花巻で一番巨大な交差点となった。
        • 片側4車線はあるんじゃない?
    • コナカの近くのエムズビデオ(小舟渡店)は閉店しました。
  39. 怪しい雰囲気をかもし出すカラオケ屋「ドリーム」がある。
    • 昔ラブホだったが、店内改装してカラオケ屋にした。
      • そのためか、カラオケ室内なのに、違和感のあるものが…w
    • そーいえば、カウンターもどことなく怪しいかもw
      • たこやきのマズイこと…。
    • 入口から怪しいです。
  40. 東京ヤクルトスワローズの畠山和洋は花巻市出身(高校は北上市の私立 専大北上高校)。2008年ついに一軍で四番を打つ。
    • また推定年俸900万円の、12球団で最安値の四番打者としても注目を集めた。
  41. 2009年春の選抜高校野球で、花巻東高校が何と準優勝した。
    • スタメンが全員岩手の中学校出身なのが嬉しい。
    • ピッチャーが、ノーヒットノーラン達成寸前でファーボールを出してしまったが、これも岩手人。
      • 西武ライオンズにドラフト1位で指名。花巻市民を中心に、岩手県人のライオンズファンが増える事間違いなし。
    • 花巻出身はいなかった。殆ど盛岡。
    • 移転したので、市の中心部から見ると、明らかに「花巻西高校」だ。
    • レフトの選手は花巻市出身。花巻市に中学硬式野球チームがないので、花巻市出身の選手が少ないのは仕方がありませんね。
  42. コンビニはローソン、サンクス、ファミリーマート、セブンイレブンが進出している。
    • 西南地区(太田・笹間)には、まだコンビニが出店していない。
      • なので、地元住民は劣等感を感じている。
    • 花巻南インターを出ると、ローソンが1店舗あって、それを過ぎると…もう無い。
    • そーいやー、湯口のスケート場近くに、キャメルマートがあったな。あれも一応コンビニだ(笑)
    • 松倉温泉の手前に、ファミリーマートはあるよ。
    • 北上にはミニストップも出店。しかも盛岡より先に。やはり北上には敵わないのか…
  43. 花巻市の礎を築いた名君は、北松斎(きたしょうさい)である。
    • 花巻市は400年以上の歴史がある、れっきとした城下町である。
      • そのためか、鳥谷ヶ崎城跡地にある神社や市役所を中心に、坂が多い。
        • 花巻の坂の多さは異常。冬になると路面が凍結するためか主要道路の急勾配区間に札幌によくある道路ヒーターがある。
  44. 花巻空港利用客をターゲットにしたビジネスホテル「東横イン」がオープン。
    • あんな中途半端なトコに立地して、客来るのかねぇ。
      • 駅前のグランシェールでさえ経営に必死こいてるんだから、あんな4号のど真ん中じゃぁ客来ないって。
        • まぁ、5年で撤退だなw
          • 「ルートイン」の間違い。さすがに東横インは花巻には進出しないだろう。
    • ちなみにグランシェールは宮沢某が税金対策で始めたホテルだそうな。オープンしてから数年の評判は酷いもんだったw
  45. 一昔前まで閑散としていた花巻駅前に、洒落た居酒屋が次々とオープン。夜の活気が少しづつ戻ってきた。
    • なはんプラザやタケダスポーツ裏通りにも小洒落た店が立ち並ぶ。
    • ちなみに2016年も、駅の少し奥にある殺風景だったビルに多くのテナントが入った。その1階にあるカフェが割りと好評。
  46. お笑いタレント「ジョーダンズ」の三又は花巻市出身である。
    • 実家は開業医である。
    • 最近見ないね…。
  47. 郊外にある豊沢ダムは、花巻市民の水瓶であり、花巻の農業を支える命の源泉である。
    • 豊沢ダム上流に山菜がいっぱい採れるよ♪
  48. みちのくコカコーラボトリングの本社が、かつて花巻にあった。が、盛岡に奪われた。
    • かつての本社は見るも無残な姿。かろうじて笹間地区に缶工場がある。
    • もりおかさんさ踊りに出場する「コカコーラチーム」を見ると複雑な気分。
  49. 「かあちゃんハウスだあすこ」なる産直がある。
    • 無農薬野菜が人気で、県内から多くの買い物客が集まる。
    • 年間売り上げが1億円を超えるらしい。
  50. 花巻駅西口に、かつて「エンドーチェーン」という有名なデパートがあった。
    • 日曜日になると子供達が集まって、じゃんけん大会を開催してくれて、鉛筆が貰えた。
    • 今は建物は取壊され、マンションとなっている。
  51. 中心部の地名「小舟渡」は大船渡市とは関係ない。
    • 地元民は「こぶなと」と読むが、それ以外の人は「こふなと」と読む。
  52. 花巻には「毒ヶ森」や「毒沢」といった「毒」のつく地名がある。
  53. 銀河モールの駐車場のど真ん中の空地は、地主が最後まで売らなかった田んぼらしい。
    • 国道沿いにあるビニールハウスのトラクター置き場も同じ地主のものらしい。
    • 銀河モール開店当時は初出店のスシローがあったのだが、すぐに潰れてしまった。
  54. 近年、花巻からドラフトでプロ野球に入団する選手が増えているらしい。しかもパ・リーグ。
  55. 花巻空港のすぐ近くの田園地帯に、一見ごく普通の農家の建物を構えた体験施設「花巻文化村」がある。どこか懐かしい雰囲気に満ちた隠れた名所。

大迫[編集]

  1. 大迫町と言えばワインの生産地。
    • 岩手県内のコンビニで見かけるエーデルワインは大迫にあります
    • 「五月長根葡萄園」は隠れた銘酒。
    • 早池峰ダムの道の駅にワイン蔵を併設した販売店があったが当然ながら辺鄙な場所にあるので潰れてしまった。
  2. 大迫町は、盛岡、花巻、遠野の中間に位置し、中世からの交通の要所、市場の町。
    • その昔、毎年2月末には「あねっこ市」が開かれ、集団見合い状態だったらしい。
    • 2017年は、開町400周年。
  3. 冬に滝が凍って巨大な氷柱ができる。
    • それは、大迫ではなく石鳥谷の「たろし滝」。
  4. 「おおさこ」じゃなくて「おおはさま」。
  5. ミルク工房ボン・ディアの「飲むヨーグルト」は絶品。東和のハヤチネフーズと合併してから、東北・北関東各地のスーパーでも見かけるようになった。
  6. 8月14・16日はあんどん祭りが行われる。200年以上の伝統を誇り、5メートルの紙あんどんの山車、「ヤーレ、ヤーレ」の掛け声が特徴的。
  7. 早池峰神楽はユネスコの無形文化遺産に登録されている
    • 岳と大償の二種類があるが、岳神楽の本場である岳はかなり奥まった秘境にある集落である。
  8. オーストリアのベルンドルフ市と姉妹都市
  9. 町内唯一の高校・大迫高等学校
    • 早池峰山の麓にあり登山部と自転車部が強い
    • 例年ベルンドルフ市のギムナジウム校から交流で生徒が来日する
  10. 「宿場のひな祭り」では300年以上昔の雛人形が展示される
  11. 早池峰山は早池峰薄雪草(エーデルワイスっぽい花)のような珍しい花が多く特殊な植生を持つことで全国的に有名で、過去に世界自然遺産の検討対象ともなったほど。大迫側を通る河原坊ルートの奇岩は必見。

石鳥谷[編集]

  1. 石鳥谷町は日本三大杜氏のひとつ「南部杜氏」発祥の地。
    • 毎年「酒まつり」なるものが開催される。
    • 道の駅の外観は、限りなく「酒蔵」。
      • 酒粕の入ったラーメンは酒好きにはたまらない。
        • やってみます。
      • 道の駅の休憩所に常時インターネットが繋がったPCがあったが、地元の中学生の遊び場になり撤去された。
    • 売れ筋のお土産は一升マスに入った酒ケーキ
    • 岩手の酒は旨いのだろうか。
  2. スーパーベルズの曲『MOTER MAN Vol.6 東北新幹線はやて』の中で「石鳥谷方面へのお客様は」を「エビドリヤ方面へのお客様は」とネタにされる。
  3. 5歳デビューの書道家がいる。
  4. 石鳥谷の石沢火葬場は4号線からよく見える場所にあるが、火葬場には見えず、「教会」などと勘違いしてる人が結構いる。
  5. テレビアニメにもなった人気漫画「ときめきトウナイト」の作者の池野恋は、石鳥谷の出身である。
    • ウィキペディアでは少女マンガの大御所として紹介されているので、花巻では宮沢賢治に次ぐ著名な作家である。
  6. 町内唯一の中学校、石鳥谷中学校に半世紀ぶりにやっと新しい校舎ができた。
  7. 石鳥谷中学校はまだ絶賛工事中。たまに違う中学校に入ったと思われる中学生が顔を出す。(詳細不明)
    • 体操着が新しいデザインになったそうだ それで勘違いしたんじゃ?
  8. 石鳥谷は昔は「ひえぬき郡」であった。
  9. 石鳥谷小学校には謎の森林の内部に謎の石のテーブル&椅子がある。その下にはアリ地獄が住む。
  10. 一歩間違えた道を進むと一面田んぼ景色になる。それはそれで凄い。
  11. 石鳥谷駅には「早池峰の庭」と呼ばれる小さい庭がある。

東和[編集]

  1. 大迫と石鳥谷は稗貫郡だったが、東和は和賀郡だった。
    • 笹間も和賀郡だった。
    • 東和は「東和賀」の略。
    • 北上と合併したかった、とは口が裂けても言えない。
  2. JR釜石線の小山田駅は、東和の地名なのに合併前の花巻の矢沢にある。
  3. 東和インターチェンジは、高速道路の釜石自動道の発着点となっている。
  4. 画家で有名な萬鉄五郎の生誕の地である。
    • その他の著名人として、大日本帝国海軍大将で海軍大臣となった及川古志郎(旧制・盛岡中学校卒)の出身地でもある。しかし、第二次世界大戦の敗戦国であるため、地元民にもあまり知られていない。
      • 及川古志郎は生まれは新潟だった。
    • 1987年3月の参院補選で「売上税反対」を公約に掲げ、自民党候補を大差で破り売上税を廃案に追い込んだ社会党参議院議員の小川仁一は東和町出身。 
  5. 2009年の甲子園で活躍した花巻東高校の菊池雄星投手の父方の祖父は、東和町在住である。
    • 菊池雄星投手のルーツは東和町だ!
  6. 小さな町であるがイベントには熱心で岩手のローカル局では一時期「ネタに困ったら東和町に行け」と言われていたらしい。
  7. 岩手県最大の人造湖、田瀬湖(ダム湖百選のうちの一つ)がある。
  8. 小山田界隈は丘陵地帯で棚田が広がる隠れた名所。国道283号線を走っていると、雄大な棚田の景色が広がる。



憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive[PR]

関連記事