茨城の鉄道

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

茨城 > 茨城の交通 > 茨城の鉄道

テーマ別[編集]

「茨城の鉄道」の噂[編集]

  1. 関東一都六県で千葉県と並び新幹線の駅が無い。
    • 古河市を東北新幹線がかすめている。
      • 東武線の新古河駅は渡良瀬川をはさんだ対岸の埼玉県内に。
    • そもそも千葉県には新幹線が通っていない。
    • 新幹線が通っているけど駅のない全国唯一の県では?そうならもっと自慢してよい。
  2. 水郡線は大雨とは呼べない程度の雨でも止まる。
    • 東京ではまったく雨が降ってないときでも遅れてたりする。あの辺はそんなに雨が多く降るのか?
    • 雪が降ったら必ず止まる。量にかかわらず。
      • 雪は降らないと言う前提で線路が作られている?!対策が取れない。降ったらお手上げ。
    • 雨というよりは風に弱い。しかし大雪の時はなぜか止まらない。
      • 那珂川の橋を渡る気動車を見れば、あの危なっかしさは、余部橋梁を通過する山陰本線の列車と同等である。
      • 大げさだよ、いくらなんでも。
      • そうでもないよ。山陰本線は、線路の両側にガードレールが付いているが、水郡線は何にも無し、線路だけで、強風に逢ったら、直接那珂川に真っ逆さまに転げ落ちる他ないから。那珂川は意外にも何時も水を満々とたたえているのだよ。
      • つい、最近(2006年10月)の台風16、17号の影響でたちまち運行停止になってしまった。風が強かったから。
      • 土砂崩れが怖いのでは?
    • 運休区間がよく分からない。大体水戸・上菅谷・常陸太田・常陸大子・郡山。一昨日だか3日前だか山方宿~東館で止めた事があった。
  3. 関東地方で唯一大手私鉄が走っていない。
    • 日立電鉄の廃止で、電化の私鉄が消滅した。(TXは第三セクターなので除外)
    • 茨城交通が第三セクターひたちなか海浜鉄道となり、ついに純然たる民鉄は関東鉄道だけになった。
    • 関東一都六県の中で、唯一東武鉄道の車両が乗り入れていない。
      • 東武バスなら、かつて水戸辺りまで乗り入れてたんだけどね。
      • 神奈川は?
      • ただし古河市民(特に三国橋付近の住人)の場合、橋を渡って新古河駅を使えない事も無い。
    • 大手私鉄の「車両」だけなら、2016年3月から走るようになった。
      • 小田急の車両がJR常磐線乗り入れに対応したため。
      • ただ、茨城県内まで来る列車は朝晩のごくわずかだが(小田急線・千代田線直通列車は、日中は我孫子折り返しのみ)。
  4. TXはつくばエクスプレスなのに秋葉のせいでその筋では「萌電」と呼ばれている。その「萌電」のせいで日本一高い鉄道「関鉄」常総線はバス化される恐れあり(車両はすでに10年程前からバスのリサイクル)
    • 新潟NDCで完全バリバリの新車だけど……それを言ったらJR西日本なんかもっとケチやんけ。
      • バス転換はありえんね。
    • 関鉄は発進すると体に悪そうな黒煙をモクモクと出して走るバスをなんとかしてくれ
      • 東京圏に乗り入れるコトが多い高速バスや観光バスは、八都県市認定のDPF(PM減少装置)を装着していますが、東京乗り入れがまずあり得ないローカル路線バスまでは手が回っていないようです。
    • TXの計画はもともと筑波万博より以前にリニアモーターカーのような新しい交通手段のようなものをイメージしていたらしい。しかも土浦までくる予定だった。土浦駅東口から出ている高架道がその名残。
    • それどころか第二常磐線(常磐新線)として計画されていて、開通後の運営はJRになる筈だったのが、JRが土壇場でトンヅラして結局TX社が運営する事となった。そのお蔭でJRは常磐線の梃入れが必要になったのだが…。
      • JRは常磐新線の運営と建設を当初から嫌がってたよ。
  5. 古河を通っている東北新幹線に駅を設置して欲しいと思っている。
    • 最近はその熱意が薄れている。
      • それ言ってるの利権がらみの人間だけ。
    • 近くに小山駅があるじゃない。別にいらないでしょ。
  6. 梅の時期だけ偕楽園臨時駅が開業するが、下りホームしかない。
    • 帰りの手段はたいてい水戸駅まで出るしかない
      • 水戸駅までの店で何か買っていって欲しいという策略だが、最近は店が潰れていて、無い。
        • 特急で帰る人は特急ホームにあるフレッシュひたち型の売店にでも寄ってくかな。
        • 偕楽園駅は千波公園周辺の親水谷地エリア、水戸市街地は馬の背台地の上であり、歩いて登っていくには距離もあり少々しんどい。偕楽園周辺のバス停からは水戸市内各方面行きのバスが出てるので素直に乗りましょう。
  7. 実は日本初の電車のワンマン運転は日立電鉄だった。
    • 岩手県の三陸鉄道がJRから3セクになる際に、日立電鉄に研修に来ていた。
  8. 鹿島鉄道のことは今でも「鉾田線」と呼ぶ。
    • 関鉄路線だった名残。
    • 百里基地の共用化までがんばればよかったのに。残念。
    • 高飛車な運転士がいた当線、廃線万歳!もっとも、価値のない茨城空港に鉄道アクセスは不要。飛行機が離発着する道の駅。
  9. これだけの話題が出ていながら、「鹿島臨海鉄道」に関して何一つ触れられていないあたりが茨城県民クオリティ。
    • 残念ですが、話題出しときましたw
    • そういえば「茨城交通」の話題が出てない。
  10. 古河市民にとっては電車とは湘南色の宇都宮線。従って直流→交流の真っ暗体験をしない。早朝の水戸線でびびっている人がいたら高確率で水戸に免許を取りに行く古河市民である。
    • よく考えたら、同じ茨城県の街に行くのに栃木県を経由しなければならないってのはねえ…。
      • っていうか、東京の試験場で取れるようにしてくれ、頼むから。
  11. ダイヤ改正は大抵が常磐線の特急本数増加、特急停車駅増加である。
    • 普通電車を乗り損ねたら次は…
  12. 水戸線なのに日中はほとんど水戸まで行かない。
    • 横浜線も同じく横浜まであんまり行かない。
    • 奈良線(JR)は正式には木津駅(奈良県ではなく京都府にある)が起点だが多くの列車が奈良発着だ。
  13. 茨城・栃木・群馬の北関東3県で唯一東京周辺の電車特定区間に組み込まれている。但し取手駅だけ。
    • 運行上の都合だっぺよ。
    • 天王台でぶった切る訳にもいかんがな。
      • しかもメトロ車が来るし、直流、交流の境でもある
      • 我孫子まででいいような気がする。
  14. よその県では電車が線路上の落ち葉やムカデを踏んで走行に支障をきたすことがある(車輪の空転という)が、茨城県では納豆が原因で空転することがあるらしい。
    • 「そんなバカをするものはいない」と聞いたが。
      • 食い物を粗末に(以下略
  15. 北関東で唯一電車特定区間に組み込まれている、但し取手駅だけ。
    • 上に書いてありますが…
  16. 水郡線常陸大子以北は運転士や車掌までもが福島の訛り方になる。それで「福島に来たんだな」と感じられる。
    • そんなバカな。
    • 友部の作業員まで訛ってた
  17. 上野から常磐線普通電車に乗ると「取手まで快速、その先は各駅停車」というアナウンスがあるが、実は「我孫子から各駅停車」。
    • しかし気づいていても誰も言わない。それが沈黙の掟・・・なのか?
      • 天王台が快速通過になればうまくいったのに・・・
    • いやいや、総武快速線で東京からは各駅に止まります。よりはいいでしょう。(実際聞いたことある人)
  18. 水郡線唯一の橋上駅・瓜連駅。だが近隣住民(特に年寄り)には評判が良くない。

日立製じゃない「ひたち」の噂[編集]

  1. 特急「ひたち」を日立が社運をかけて受注に臨んだものの、失敗して担当者のクビが飛んだらしい。
    • 「スーパーひたち」651系ね。国鉄時代はキハ80系にしろ485系にしろいろんなメーカーで作って全国規模で転配してたから関係なし。
  2. クビが飛んだかどうかはともかく、最初の車両を受注できなかったのは問題だった。
  3. が、どうやらJR東が、かなりの安値でふっかけてきて、日立側がそんな金額じゃ作れないと断ったらしい。
  4. その後のE653系「フレッシュひたち」では川崎重工の排除に成功した。
    • でも東急と近畿も選ばれ3社製作になってしまった。651系は川崎単独。

ひたちなか海浜鉄道の噂[編集]

湊線(勝田駅にて)
  1. 鉄道部門は実質湊鉄道
    • 今潰そうとしてる。
      • 第三セクターになるんだよね?
        • そうだね。何とか命拾いをしたけど、先が…。
    • 結果、「ひたちなか海浜鉄道」に改名へ。
  2. 茨城交通は鉄道の廃止の延期を決定した。
    • 財政支援を県と市が行うことを表明したからだそうだが、赤字を税金で補填するのはどうかと思う。
      • 理由はほとんどの市民が利用しない物のために税金補填?なんか変じゃないか?この論法だったら『俺の家にもタクシーを迎えによこしてほしい税金使って』というのと同様だ。
        • 限られた地域の人間しか利用しない鉄道のために税金投入は逆差別だ。
          • こういう理屈はサッパリわからん。
            • 確かに。「限られた年齢の人間しか利用しない小中学校のために税金投入は逆差別だ。」とか言われてもねえ。
  3. DMV導入も検討中だとか。
    • ドメスティックバイオレンスの略ですか?
      • 線路の上も走れるバスのことです。確かに、導入されたら勝田→那珂湊→阿字ヶ浦→ジョイフル本田とかが可能になるね
    • 頓挫したため、阿字ヶ浦から延伸するらしい。
  4. 年俸700万円で社長を募集という行動に走った。
  5. 最近CMに出てくるようになった。古いディーゼルカーというのが魅力なのだろうか。
    • もしかして保険のCM?地井さんが出てる
      • 阿字ヶ浦のホームで、じいちゃんばあちゃんが孫たちを見送ってるやつ。ディーゼルカーは横須賀線色。
    • 菅野美穂が出演してるチオビタドリンクのCMにも出てる。
  6. 昔の国鉄で走っていたディーゼルカーが走っている。
    • しかも、国鉄準急色の車両もある。国鉄の準急と言われてもさっぱり。
      • その車両は留萠鉄道から来たらしい。廃車後、九州の業者に買い取られた。
  7. 那珂湊の街自体は結構活気があるのに、駅はものすごくローカル臭が漂っている。
  8. 2008年3月にに廃止された兵庫県三木鉄道の車両がこれからここで頑張りますので大切に使ってください兵庫県三木市民からのお願いです。地元に愛され愛着があります。
  9. 一般市民に鉄道業務を体験させる催しを行った。
  10. 中根駅は秘境駅の1つ。
    • 夜になると、駅の照明以外に明かりがまったく見当たらず真っ暗。
  11. 那珂湊駅ではこの路線唯一と思われる接近放送が流れる。しかし、音程が早いせいか、声が気持ち悪い。
  12. 2012年7月、まさかの「バニーガール」とコラボ!?こんなぶっ飛んだ発想よく許可したな。
    • 地方の路線が生き残るには固定観念をかなぐり捨てなければならないと言う事か…
  13. 例の横須賀色のやつは、日本最古級の気動車。
  14. 鉄道がテーマとなったbeatmaniaIIDX Copulaの新曲、「シュッパツシンコウ・シサカンコ」のムービーに登場した。提供のテロップも入っている。
  15. なんと、あのJR東海の車両を購入!
  16. ここの線路脇のケーブルがアメリカまで繋がっている。
  17. 殿山~平磯間にある沢メキ踏切では、気動車しか走らないのに電車が描かれた標識が置かれている。
  18. JR駅から海の方に伸びるミニ私鉄で、一度潰れかけたが持ち直しつつある。というところに銚子電気鉄道との共通点を感じた。
  19. 途中にある日工前駅は通過している列車のほうが多かった。今でも年末年始の臨時列車は通過する場合がある。
  20. 那珂湊駅構内で倉庫になっている湘南顔のケハ601は日本初のステンレス製気動車で現在も銀ぴか。
  21. 駅名標は、漢字の中に各駅の名物や特徴を示したイラストが描かれている。ちなみにグッドデザイン賞を受賞した。
  22. 勝田駅が勝太駅になったことがある。
  23. 海浜公園までの延伸を検討中。伸びればロッキンジャパンのときに便利になりそうだが…

勝田 - 日工前 - 金上 - 中根 - 高田の鉄橋 - 那珂湊 - 殿山 - 平磯 - 磯崎 - 阿字ヶ浦

日立電鉄の噂[編集]

  1. まだあったんだ。
    • 名前だけですけど。
    • 水木、河原子、などの海水浴場が懐かしい。
  2. 社名は「日立電鉄交通サービス」…正直長い。
    • 日立市内すべての路線バスを統轄してる。
      • 中里のほうに茨城交通が走ってたような気がする。
        • R349を里美方面へ走るバスが茨交だから。その途中にある中里ももちろん茨交のエリア。
  3. 電鉄プラザは過去のもの。
    • 取り壊されて更地になっちゃいました。
    • 大甕駅も更地になった。あそこに駅があったとは今は信じられない。
  4. 日立駅まで線路が通っていたら廃止を免れたかもしれない。
    • 資金難さえなければ…
  5. 実はバスカードなるものを売っている。
    • もちろん、パスネット非対応。
      • そんなの対応する金があったら廃止してないよ…
  6. 大甕駅ではジリリリリリという発車ベルが聞けた。
  7. 営団マークのついた扇風機つきの車輌が結構あった。
    • 銀座線から来た電車にパンタグラフをつけて走っていた。
  8. 廃止当日の夕方から社長や役員が大甕のホームに立って、乗客にお礼を言っていた。
  9. 日本最初のワンマン電車。
  10. 電車くんという模型店に一両置いてある
  11. おばちゃんの駅員さんが結構いた。
  12. 廃止後、多くの職員がTXに携わることになった。
  13. 自動車製造会社であるトヨタ自動車は、「マイカー通勤転換プロジェクト」と称して愛知環状鉄道を支援したにもかかわらず、「鉄道に関わるもの全てを作ることが出来る世界で唯一の会社」と言われている会社の傘下の日立電鉄はあっさり廃止された。皮肉な結果である。
  14. 平成25年、廃線敷をバス専用道に転用した「ひたちBRT」が誕生。旧鹿島鉄道(かしてつバス)に続いて茨城県で二番目のバス専用道システムに。
    • 車両の側面と後ろに滅茶苦茶デカい文字で「BRT」と書かれている。ここまで身も蓋もないデザインも珍しい。

常北太田 - 小沢 - 常陸岡田 - 川中子 - 大橋 - 茂宮 - 南高野 - 久慈浜 - 大甕 - 水木 - 大沼 - 河原子 - 桜川 - 鮎川




関連記事