華僑

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
保護解除
このページは、保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

華僑の噂[編集]

  1. 世界に散らばっており、アメリカオセアニアヨーロッパ東南アジア、そしてアフリカにも生息。
    • 世界中に点在する中国の別荘。
  2. 中国人の海外進出で政府が海外の大学に孔子学院という中国語教室を設立。
    • 世界に漢字を普及させたいらしい。漢字なんて日本人以外の外国人には意味不明な文字だな。
  3. 中華料理が人気なので中華料理店を開店し、世界のあちこちで中華街が出来ている。
    • 実は中国と無関係なベルギーやイタリアにも中華街が出来ている。
      • トルコのイスタンブールにはチャイナタウンはなかった。中華料理店が数件あるだけで。
        • 韓国にもつい最近まで中華街はなかった。人為的に華僑を排斥、中華街はさびれたが、最近中国・華僑からの投資やビジネスチャンスを呼びこむため、これまた人為的に仁川に中華街を復活させる。しかしそこにいるのは韓国人、外国人観光客、中国朝鮮族・・・・かつての韓国華僑はいない。
    • 日本の横浜中華街は他国のそれらと比べて料理店がやたら多く、雰囲気がかなり違うらしい(生活の匂いがあまりしないとか)。他国の中華街と違って来訪者の9割が日本人などの非中国系で、どうやら世界最大規模の中華街だそうだ。
  4. 香港経由で華人が大英帝国のあちこちに散らばった。
  5. 実はイギリスにも中国系が50万人いるらしい。
    • DEATH NOTEのLの父は中国系イギリス人で華僑らしい。
      • 母はロシア人らしい。
    • ハリーポッターの初恋のチョウ・チャンも華僑。
      • しかしチャン役のリューングとハリー役のラドクリフのキスシーンがあったため、リューングはラドクリフのファンからネットで中傷されたらしい。ファンに不人気。
        • 主人公のGFが東洋人であるとなぜか愚痴をこぼす、ひょっとして白人至上主義?
    • しかしイギリス人=白人のイメージが強く、イギリス人と思われないかも。
  6. タイには中国系タイ人が14%もいて、タイの財閥を牛耳っている。
    • 王室も中国系の血がある。
      • そもそも現王朝チャクリー朝の始祖が鄭という姓の中国人だし。
  7. マレーシア、シンガポールではイスラム教のマレー系とヒンズー教のインド系と結構対立している。
    • 中華人民共和国とインドは超仲が悪い。
    • シンガポールとマレーシアは中国系が多く、チベット抗議の中、シンガポールは中国を支持、マレーシアは中国人がチベット支持派を襲う。
      • 正確に言うと、マレーシア在住の生粋の中国人(マレーシア華人ではない)が、マレーシアでフリーチベットを叫ぶ日本人を襲った。
    • 完全に政治も牛耳られている。
    • マレーシアは中国系のGDPは10000ドル以上でマレー系と大きく差がある。
    • 中国系マレーシア人は「敵の敵は味方」でインド系とタッグを組んでマレー系と対立することもあれば、中国系とインド系が対立するときもある。マレー系とインド系も然り。
  8. インドネシアにも多いが、結構折り合いが悪いらしい。
    • そりゃ中国系はインドネシアの富の8割を独占し、その金を中国と香港に送っているから……
      • インドネシア華僑の横暴にキレたプリブミ(土着インドネシア人)が、スハルト政権崩壊時に暴動起こして華僑の店を焼き討ちし華僑女性を暴行。
        • でも特権階級の大金持ち華僑はオーストラリアやシンガポールへとっとと逃亡。
          • で、プリブミに襲われ略奪されるのは特権階級でもない普通の庶民の華人。
    • 華人排斥運動は1998年に発生し、以後中国系と原住民は険悪化した[1]。しかしインドネシア政府は近年中国系に対する暴動事件を禁止する法令を制定した。
      • 日本で例えるなら400万人の中国人がやって来て、日本経済を支配してしまい、その一方で日本国内では30年以上も金を出して看板1枚書き換えようとせず、儲けたお金は片っ端から「祖国への恩返し」と中国・香港に持って行ってようなもの。
  9. 中国人移民にロシアがかなり神経を尖らせている。
    • ロシアのシベリアや沿海が過疎化が進む中、中国人が増加。2050年に1000万になりそうである。
    • 中国人排斥運動が進んでおり、中国人嫌いが多い。
    • ロシアが人口密度が低いため物価が高上昇の中、中国は安い物価。
    • 中国人がロシア人より多い村さえもあり、狭い日本よりも超過疎化のロシア極東に来たほうがまだ助かる。[2]
    • しかしロシアはイギリス、フランスよりはるかに移民に不寛容であるから、中露関係は悪化しそう。
      • 移民大国のフランスは白人と結婚不可能ほど墨色の黒人までもサッカー選手として受け入れるほど寛容的で、一緒にラ・マルセイエーズを歌っている。[3]
    • ロシアはあれだけの面積を持っているんだから、僻地でもいいから中国人を受け入れてやれよ!!
  10. フランスにもベトナム経由できた中国系フランス人が結構いるらしい。
    • フランスは、フランス料理以外にもベトナム料理や中華料理も楽しめそうである。
      • フランスを含め、米国やオーストラリアや日本などに逃亡したベトナム戦争難民にはベトナム華僑が多い。
  11. オーストラリアにも結構多い中国人。ラッド首相は中国語ぺらぺらの珍しいキャラで中国と関係が強くなってる。
    • ラッド政権は中国系オーストラリア人が作った(=オーストラリアは中国人移民に乗っ取られ、正真正銘のWhite Chinaに)。
    • ちょうど日本で帰化朝鮮人政党の社民党が政権取って、朝鮮人総理が誕生したのと同じ。
  12. キューバにも中国系がいる。胡錦寿のキューバ訪問時は中国系が歓迎。
  13. 南アやガボンにも中国系が多い。
  14. 商才な中国系はNIESの台湾、香港、シンガポールや新興国のマレーシア、東南アジアの努力家のタイなどでは活躍。
    • 中国が日本のGDP抜かして10年たてば、そのうち他の華人社会と中国本土の集まりである大中華圏が出来るだろうな。
      • どうせ華僑は中国ばっかに投資するだろう(誤字に非ず) 。
  15. 客家人が特に商売上手。シンガポール、マレーシアの華僑も彼ら。
    • ユダヤ人・アルメニア人・インド人とともに世界四大移民集団と呼ばれる。
      • アラブ商人・トルコ商人・ペルシャ商人は?
    • 客家人の日本での通称「中国のユダヤ人」。台湾の李登輝元総統、中国の鄧小平も客家人。
    • マレーシア華人に一番多いのは福建系(ペナン島やジョホールバルに多い)。その次が広東系(クアラルンプール、イポーなど)、客家系(ボルネオ島など)は3番目に多い。
    • シンガポール華人も福建系が一番多い。客家系はシンガポール華人全体の2%ほどだが、政治を牛耳るのは李光躍(初代首相)・李顕龍(現首相)親子を主とする客家人。
  16. フィリピンでは経済の50%が華僑に牛耳られている。
    • 故コラソン・アキノ元大統領、その従兄弟で実業家のダンディン・コファンコ(通称「フィリピンを乗っ取った男」)も客家人。
  17. モンゴルにも中国人は多い。チベットと同じように、中共政府が漢民族の内モンゴル・モンゴルへの入植を推進。
    • 当然モンゴル人は中国人を嫌う。モンゴル語の中国人を意味する蔑称は「ホジャー」。
  18. 商売上手で各国で大成功する華僑は日本人のよき友でライヴァル。
    • 華僑は金融が得意なのでユダヤ人に似ている。一方日本人はドイツ人のような技術を持つ。
  19. 日本にも横浜・神戸・長崎に存在する中華街。そこの華僑も貿易などで成功しているらしい。
    • 2008年は60万人に突破した在日中国人。1987年には12万人で、この20年間に約48万人も増加した。
      • このままだと100万人越えるかも。しかし日本じゃ排斥運動はないな。
  20. 外国に居ても、英語と中国語が話せれば最強。アメリカ・中国との商売で有利。
    • とくにシンガポールやマレーシア、香港は英語力が高い。当たり前だが。
  21. 華僑はゲルマン系の欧米諸国に多いのが特徴。ゲルマン系と華僑は勤勉だから相性がいいかも。
  22. 世界の華人国家は中華人民共和国香港マカオ台湾シンガポール。これらは『大中華圏』と称される。
    • 勤勉な華人は成功しやすい。ただし中国本土は人口過剰で国民全員が豊かにになれない。
    • 21世紀のアジアは日本と中華圏の二極体制になりそうだ。
      • 白人に負けない能力を持つ日本人と漢人はアジアでは別格。まるで東大生、京大生のように別格的。
      • ただし漢人は人口過剰で一人あたりが白人並みなのは都市国家のみで、結局は日本が東大生のように断トツ。
    • 中国が元祖文明大国、日本が脱亜入欧の先駆者。
  23. アロワナが福を呼ぶペットとして日本で言う所の犬的存在になっている。

華僑に似た者[編集]

  1. インド系移民を印僑と呼ぶ。
    • 大英帝国の植民地だったためにマレーシア、シンガポール、イギリス、カナダ、アメリカなどの英語圏に多い。
    • 南アフリカにも結構いる。両替商をやる人が多い。
    • アラブ諸国に多くのインド人が出稼ぎに行く。インド発アラブ諸国行きの航空券は高くてなかなか予約取れないけど、あっちで働けばすぐ元が取れるそうだ。でも一応イスラム教徒しか働けないことになっている(でも偽ムスリムの出稼ぎインド人もいる)。
    • アラブ諸国、東南アジア、北米、オセアニアでもインド人のいる所ボリウッド映画が人気。国際映画祭などで一回しか見られない日本と違い、一般映画館で公開。
    • アメリカ人は200万人以上、イギリスには100万人以上いる。やはり英語圏がベスト。
  2. ベトナム系移民を越僑と呼ぶ。
    • 親米政権の南ベトナムが崩壊して、そこからボートピープルとして移民。アメリカにはかなり多く、カナダ、オーストラリア、フランスにもいる。
    • 最大の引き取り主はアメリカ。160万人もおり、カナダ、オーストラリア、フランスに比べれば断トツ!!
    • 台湾はベトナム系移民が多いアジア諸国。しかし摩擦もあり。
  3. 韓国系移民を韓僑と呼ぶ。
    • 親米政権なのでアメリカと日本にかなり多く、オーストラリア、カナダにもいる。
      • 韓国人移民がアメリカに多いのは、韓国政府がベトナム戦争で援軍を師団単位で出し「成果」を上げたおかげで、多数の韓国人による米国移民を許可されたから。
    • コリアタウンを中国語で韓人街と呼ぶ。ちなみに中華街は唐人街、華埠。



関連記事

スポンサーリンク