提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

生き物が借 > 動物 > 甲殻類 >

総論[編集]

カニカニどこカニ?
  1. 第一印象はハサミ。
    • よく動かすため肉が詰まって美味なことが多い。
  2. 泡を吹く。
    • ハサミと泡から床屋のイメージに。
    • の耳を切り落として追われて穴へと逃げました。
  3. 横歩き。
    • と見せかけて、縦に歩けるのもいる。
      • 横に歩くヤツもレコードのターンテーブルとかで目を回してやったり、何かに追われたら前に歩く種類がいた気がする。
  4. 鍋とミソの材料。
    • おいしいけど食べる苦労に比べて食べられる量がやたら少ない、詐欺くさいw
      • その少ない具を口にするためには、沈黙をもってあたらねばならない魔性の食物。
        • 甲羅酒ウマーHeart.gif
    • 焼カニも美味いよ。
    • 蟹工船では缶詰製造に関りがないミソは捨てられていたという。
  5. うるさい奴には茹でたのを渡すと静かになる。
    • 営業でカニ料理は絶対やっちゃダメ。ほじるのに夢中になり、双方押し黙って接待にならない。
  6. カマボコ以外にも偽者が存在する。
  7. やっぱりここの外貨獲得手段。
  8. 電源車。
    • 24が有名。
    • ブルートレインの一番後ろにくっついてる、うるさい車両。
      • マニで間に合っていたこともある。
      • 荷物室がないカヤとか、ラウンジが同居したカハフもある。
      • 援急車に搭載しているものもある。
  9. PCのマザーボードにいることが結構ある。
    • その場合サウンドブラスターorNICで用無しにされる嫌われ者。
  10. ヒップホップ系ファッションブランド。
    • え?あれ「カナイ」って読むの?
  11. 道頓堀巨大なカニがいる。ある意味日本一有名かも。
    • 都市伝説とは異なり人力で動かしているわけではない。
  12. 山陰あたりの名物。
    • 鳥取ア○堂。
  13. 北陸土産?
    • 日本海沿岸の県がそれぞれ産地として競っている。
      • スベスベマンジュウガニで満足している人は多分いない。
  14. その他、毛ガニ、ワタリガニ、上海ガニ、サワガニなどがいる。
  15. 恐ろしい病気。
    • 昔は「悪性新生物」とも呼ばれた。
  16. 泣いてない、泣いてないもんね!
  17. 鎌田吾作の夢である。
  18. 岐阜中濃愛知に近い。
    • 関ヶ原合戦の時に討ち取った首にをくわえさせるカニもいました。
  19. ドアラとバック転勝負(?)をする女性。
  20. フェイスハガー。
  21. 蟹をモチーフにしたキャラは噛ませ、雑魚になる傾向が強い(某刑事ライダー、ゴールドセイント他)
    • 蟹ライダー「・・・しまった、契約が!!」
    • おっと、先々代の教皇とマニゴルド兄貴は頼りになったぞ。
  22. 戦場ヶ原の体重を奪った元凶。
  23. かにかに、どこかに?
  24. 市ヶ谷に行ってしまったあの小説家は、生き物どころか「蟹」の字も嫌いだったとか。
  25. パーカッションが出来るカニが存在するらしい。
  26. カニの漁でドキュメンタリーが出来るらしい。
    • カニ抗戦。
  27. 何故かアサリの中に潜りこんでたりする。
  28. アレルギー源になる人もいる。
    • 食べても平気だが殻を掴むと湿疹が出来るタイプもある。
  29. 無謀にもヘラクレスに戦いを挑み、その無鉄砲さが評価されて星座になったのもいる。
    • 中の星雲は古代中国では「死者の魂」と思われていた。
    • でも明るい星がないので、目立たない。
  30. じゃんけんが弱い。
    • ただしバルタン星人とはいい勝負をする。
      • 勝負がつくことはない。
  31. 天敵に襲われたりして、足やハサミを千切り取られた場合でも次の脱皮の時には再生した小さい足が生えている。数回脱皮を繰り返すと元の大きさに戻る。
  32. 怪我をしたカニがいたらそれを抱えてゆくカニがいるらしい。「カニの友情だ!」と西洋の学者は感動したらしいが、実は後で共食いするためだったそうだ。
  33. かつては夏場に北海道などに渡り、放浪するものがいた。ただし最近ではキスリングを使う人間がいないし、そもそもバックパッカー的な旅行者が減っている。
  34. ソフト・シェル・クラブは脱皮したてのカニを揚げたもの。どちらかというと歯ごたえを楽しむものらしい。
  35. 陸ガニの中には落ち葉が主食というものもいるらしい。
    • 日本でも海沿いなら稀にカニが道路を歩き車に踏みつぶされているのを見かける。
  36. カニの子供によるへの報復は兎によるへの報復と並び日本の有名な仇討ち物語の一つ。曾我兄弟?赤穂浪士?何それ?
  37. これの道楽があるらしい。
  38. 遊戯王5D'sの主人公。機械いじりが得意な「メ蟹ック」。
  39. 2013年に値上がり予定。
    • 密漁の多さに手を焼いたが、「密漁密輸分を許可分に加える」と言い出した。
    • 偽者も同様の措置を取るらしい。
  40. このアニメのことである。
  41. Welcome to the サマーカーニバル!!
  42. 缶詰は戦前から戦後しばらくまで日本の有力な外貨獲得源の一つだった。
    • アメリカではロブスターの代用品として重宝されたという。
  43. マリオブラザーズにも登場した。
    • 下から叩かれると興奮する。

各論[編集]

アサヒガニ[編集]

  1. カニの癖に尻尾がある。
    • 独特の体型故に縦にしか歩かない珍しいカニ。

カクレイワガニ[編集]

  1. 新元号「令和」のおかげで一躍脚光を浴びることに。
    • カク「令和」ガニ。

ガザミ[編集]

  1. ガザミ類は良く泳ぐ。
    • だからワタリガニと言われる。
      • それをミズダコが追跡して捕食しようとする。
  2. ワタリガニは9月に岸和田市で大量消費される。だんぢり祭りの時のごちそうだそうな。

カラッパ[編集]

  1. 巨大な前腕を合わせて移動する。昔の中国の人のようだ。
  2. 腕は巨大だがハサミが小さく、餌を小さくちぎって食べる。巻貝を与えると、逆さにして缶切りのように食べる習性を持つ。可愛い。

クリスマスアカガニ[編集]

  1. 年に一回、産卵のために海に産みに行く大行進が見られる地域があるそうな。
    • 産卵された卵は海の中で孵化して子ガニまで育つ。
      • 海流に乗って一年後に島に帰還する。その数、数億匹。
        • 今度は上陸して山に向かう子ガニの絨毯で街が赤く染まる。
    • クリスマス島

サワガニ[編集]

  1. 日本固有種。
  2. とても綺麗な川に生息する「指標動物」の一種。
  3. 猿蟹合戦のカニはこれがモデルらしい。モクズガニは卵から孵るが、サワガニは直接孵化する卵胎生。
  4. 生きたサワガニを臼に入れて杵で叩き潰してグチャグチャにしたものに塩を入れて漬け込むと「サワガニの残酷漬け」になる。
    • 大変美味いそうだがジストマに罹る可能性が高いので現在は生産・取引が禁止されている。

ズワイガニ[編集]

  1. 標準和名ズワイガニ(京都・金沢)が山陰では松葉ガニ、福井では越前ガニになる。石川でも最近は旧国名を取って「加能ガニ」と銘打っている。
    • 富山県民はケチなので安価なベニズワイガニで満足している。
  2. 海底でズワイガニがガスの噴出する近辺に集まっているのが確認された。ガスで増殖する微生物を食べているらしい。

チュウゴクモクズガニ(上海ガニ)[編集]

  1. 上海ガニは淡水産。
    • 日本のモズクガニと近縁種らしい。
      • なので、生食厳禁。加熱してから美味しく頂く。

スナガニ[編集]

  1. スナガニの仲間は、横歩きのくせにめちゃくちゃ早く砂浜を疾走する。

コメツキガニ[編集]

  1. よく海岸の砂や泥の上でペコペコハサミを振っている奴ら。
    • あの動作が米搗きに似ているからコメツキガニと呼ぶらしい。
  2. 数が多いためクロダイの生き餌にされたりする。小さすぎて食用に向かないし。

シオマネキ[編集]

  1. 砂浜で大きなハサミで満ち潮を呼んでいる種類もいる。
    • だからシオマネキというらしいが、実際はこのハサミでメスをナンパし、巣穴に連れ込むというなんとも男の本能に正直なカニ。
  2. アビ~ッアビアビ~!

スベスベマンジュウガニ[編集]

  1. 体内に毒を溜め込むタイプもいる。
    • スベスベマンジュウガ二という滑稽な名前の毒ガニ。
      • 溜め込む毒はフグ毒と同じテトロドキシン。

タカアシガニ[編集]

  1. 体の2/3以上が足という世界最大のカニ。
    • 現存の節足動物では地球最大のサイズ。
  2. カニの中でも生きた化石レベルの古代種であり、深海に生息している。
  3. 水族館とかで「美味そう…」とか言ってる人をよく見かけるが、でかすぎて肉が少なくあまり美味しくないそうだ。

タスマニアオオガニ[編集]

  1. テラフォーマーズのアシモフ班長のM.O.手術ベースとなったとんでもなく巨大なカニ。
    • 甲羅の大きさならばタカアシガニをも凌ぐ。
  2. 非常に美味なハサミだけを切り落としてまた海に還すのがルールとのこと。
  3. そのハサミはビール瓶を割り潰すほどの威力。世界最強のカニである。

ヘイケガニ[編集]

  1. 平家の怨念が宿ったカニもいる。
    • と違って、平家ガニに対する源氏ガニというのは存在しない。
      • ベンケイガニはいるがな。



関連記事