西武百貨店

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

セブン&アイ・ホールディングス > そごう・西武 > 西武百貨店

西武百貨店の噂[編集]

  1. 鉄道系では日本最大規模の百貨店。
    なぜか八尾市にもあった(2017年2月に閉店済み)
    • 今は西武鉄道と全く以って無関係です。
      • しかし後述の通り西武ライオンズ(西武鉄道系列)の優勝セールはここが行う。
    • ただし本店は西武池袋駅に直結。かつて系列だった名残か。
      • 今でも一部の店舗は西武グループの物件を借りて営業してるらしい。
    • 今はセブン&アイの子会社だから、セイブ百貨店というよりセブン百貨店だな。
  2. 当然、堤一族の経営「だった」が、捕まった弟ではなくお兄ちゃんの方が事業を拡大した。
    • 作家でもあったらしい。
      • 辻井喬ね。
  3. ライオンズが優勝すると、松崎しげるの「おうおうおうおうらーいおーんず♪」が店内に響き渡る。
    • ライオンズ黄金期には、主に東日本の主婦層の秋の風物詩に「西武か西友の優勝バーゲンに行く」というのがあった。
    • 関西在住ですが、かつて西友でも流れていました。
  4. 札幌と秋田と福井は地場の百貨店を買収して出店。
    • 未だに「五番館」と呼んでしまう。(20年前まで札幌市民でした)
      • 五番館こと札幌西武は2009年9月に閉店。
        • 長らく跡地は廃墟だったが、めでたくヨドバシカメラが札幌駅北口から移転し入居決定。
          • と思ったら旧西武の建物は取り壊される事になり、新たにヨドバシの建物を建てて営業する事になった模様。
      • 余談ながら即席ラーメンの「サッポロ一番」というブランドはこの五番館に由来しているらしい。
    • やっぱり「だるまや西武」(現在は福井西武)
      • だるまや西武(当時)は、旧パルビルを買い取ってくれたネ申
  5. 渋谷が今の街に発展したのは西武のお陰。西武グループが西武百貨店、パルコロフトを相次いで出店しそれに応戦するかのように東急東急本店の拡大移転、109、東急ハンズ、Bunkamuraを作ったから。
    • 「渋谷の流行の最先端」と聞いて、パルコを連想するか109を連想するかでジェネレーションギャップが存在する。前者はもう40代以上か。
  6. 東海道エリアからは、徐々に撤退しつつある。沼津西武だけぽつんと残された感じ。
    • 小田原(志澤)、浜松豊橋静岡・・・と、順に閉店。沼津も駅前再開発を機に撤退しそうな予感。
      • 東戸塚は大丈夫かしら.....?
      • 川崎を忘れないでください.....
      • 小田原に復活決定。といってもロビンソン百貨店を西武百貨店に業態転換するため、現在のロビンソンの場所に出店する。
        • ちなみに春日部のロビンソンも西武に転換する。
    • 藤沢駅前のはとっくになくなり、現在は1階がドラッグストアのマンションとなった。
      • 藤沢の西武は西武百貨店経営じゃなくて西友経営。いわゆる西武店(現:LIVIN)
    • 何でも沼津西武は外商が優秀らしい。イズッパコがある限り、なくならない・・・?
    • ここにきて有楽町西武が閉店決定。
    • 遂に沼津西武も2013年1月を持って閉店しました
  7. 冬と夏は「おっかいっもの、おっかいっもの、おっかいっもの・・・」
    • 沼津西武の店員は、何故かあのCMのキャラを「クマではないです!」と言い張る。オフィシャルで「おかいものグマ」つってなかったっけ?
  8. ダイハツミラパルコスズキワゴンRロフトセルボモードロフトを作らせた。
  9. 岡崎ではあのイオンに飲み込まれた。他の地区では争っているのに…
    • 福井は逆にイオン系のジャスコを飲み込んだ。数年前の話だが…
  10. 千葉県で一番最初にできた船橋西武は、船場駅北口東武百貨店があるので経営競争が激しい。
    • それでも西武に限れば3番目の売り上げらしい
  11. かつて神戸ハーバーランドにも店舗があったが数年で撤退した。一体何のために出店したのだろう。
    • その後テナントが次々と入れ替わっているけどどれも長続きしていないような。
    • ちなみに神戸撤退で、出店を進めたその時の社長が引責辞任。
    • やはりダイエーのお膝元だけに店舗展開は厳しかったようだ(その後ハーバーランドからはダイエーも撤退した)。
    • 神戸店の閉店はあの阪神大震災よりも前。もしその時生きながらえていても震災がきっかけで潰れていただろうな…。
      • 実際には震災の1ヶ月ほど前に閉店。今から思えばまさにあの地震を知っていたかと思わせるほどのタイミングだった。
    • 神戸店は「SEIBU」のロゴも他と異なっていた。出店に際しかなり気合が入っていたことがわかる。
  12. 関西にも店舗があるが、主要ターミナルではなく八尾大津高槻など周辺都市ばかり出店している。
    • 関西に店舗があるのは創業者の堤家が滋賀県出身だったため。
      • ついでに言うと大津西武は近江鉄道が主体でやっている。
    • つかしんからは撤退してしまった。
    • 関西地区の店舗は子会社の「西武百貨店関西」が運営していた。
    • そのためか、関西地区の西武百貨店は百貨店とスーパーとの中間的な店舗構成となっている。
  13. セブン&アイホールディングスの井阪隆一社長が主導する「100日プラン」の影響で最近閉店が相次いでいる。
    • 2016年の閉店した(する予定)店舗「旭川西武」「春日部西武」「柏そごう」「筑波西武」「八尾西武」
    • さらに阪急阪神のH2Oリテイリングとの業務提携に伴い、高槻西武がH2O側に譲渡されることになった。ということは「高槻阪急」になるのだろうか?
      • 関西で残るは大津西武だが、譲渡の話を聞かないのは西武王国滋賀県だからか?それとも上記のごとく近江鉄道が関わっているからか?
      • 仮にそうなったら「阪急百貨店」なのに阪急ではなくJRの駅前にあるということになる(似たようなケースとしてはあまがさき阪神がある)。
        • 京阪百貨店住道店もお忘れなく。
  14. 南海難波駅に併設の「なんばCITY」は西武百貨店・セゾングループの全面的な支援により開業にこぎつけた。
    • これまで南海電鉄は百貨店などといった流通業を手掛けたことがなく、なんばCITYが初の本格的な商業施設で流通業のノウハウを持っていなかったため。

ams西武の噂[編集]

  1. 緑屋と関係がある。
    • 緑屋は全て閉店した。
  2. 店舗は、仙台宇都宮旭川などにあったが、現在は全て閉店。
    • 仙台店は、旧緑屋。1982~3年頃に開店。2003年に閉店。跡地はロフト
    • 宇都宮店は、旧山崎百貨店→緑屋。2000年に閉店。跡地は109になったが閉店。現在は建物解体で広場になっている。
    • 旭川店は、現在は西武百貨店。
      • ちなみに「ams」の元々の意味は「旭川緑屋ショッピングセンター」
    • 緑屋創業地の三軒茶屋にもあったが、ここは西友運営店舗だったので、お間違い無く(現在は西友)。
  3. 因みに読みは「アムスせいぶ」。

店舗[編集]

  • 本店:西武池袋本店
  • 支店:渋谷船橋所沢東戸塚福井秋田岡崎高槻大津
  • 店名には西武池袋本店以外は「シブヤ西武」「有楽町西武」のように後ろに西武と付く。
    • 後に西武○○店の表記に改められた。
  • かつて宇都宮にも店舗が存在したが、現在はなんか長崎屋っぽいのが入ってる。
    • そのおかげで宇都宮はロフトが撤退した唯一の町になっていた。インターパークに再出店したけど。

関連項目[編集]




関連記事