近畿の遊園地・テーマパーク

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

遊園地・テーマパーク > 近畿

滋賀[編集]

びわ湖タワー[編集]

所在地:大津市

  1. かつて「世界最大」と呼ばれていた観覧車が存在していた。
    • その名は「イーゴス108」。名前の由来は「イーゴス」を逆さ読みすればわかるかと。
    • この観覧車、なんとベトナムで再利用されているとか。長い間放置されてたのに大丈夫かと思ったら、意外と綺麗にお色直しされたようで。

びわ湖わんわん王国[編集]

所在地:守山市

  1. びわ湖タワーの対岸で、琵琶湖大橋の麓にあった遊園地。
  2. その名の通り、犬がメインの遊園地だったのだが、予想通りそれだけではうまくいかず10年もたたずしてあっけなく閉園。
    • これがなくなった後に「ピエリ守山」という商業施設が建ったが、これもイオンモール草津などに負けてうまくいかず「生きる廃墟」「呪われた地」とまで言われる始末。

京都[編集]

東映太秦映画村[編集]

所在地:京都市右京区太秦

  1. もともと東映の撮影所の一部だった。
    • 現在でもドラマや映画の撮影でよく使われる。
  2. 京都という土地柄から修学旅行生もよく来る。
  3. もともと時代劇の撮影を想定して作った場所のため雰囲気は大体江戸時代風。
    • ただし一部明治時代の町並みを再現したところもある。
      • なおその部分に置いてあるチンチン電車はおそらくレプリカ。
  4. 園内のとある池からはなぜか怪獣の首が出てきて水を吹き出す。
  5. 2011年にリニューアルされ施設だけでなく入口も増えた。
  6. 横を通るJR嵯峨野線から園内が見える。
  7. 時代劇だけかと思いきや、東映が経営しているだけあってプリキュアなどのアニメや仮面ライダースーパー戦隊シリーズなどの特撮関係の展示も充実している。
    • 劇場版が公開される時期になったら出演陣によるトークショーも行われる。
      • ヒーローショーも。というかこちらがメイン。
  8. 「太秦」という難読地名を読める人が多いのはここのおかげ。
  9. 撮影所側にもゲートが出来て、さらにその名もズバリ「撮影所前」という嵐電の停留所が出来てしまった。

伏見桃山城キャッスルランド[編集]

所在地:京都市伏見区桃山町

  1. 伏見城の跡地に近鉄がつくった遊園地。
    • 但し伏見城の天守のあった場所は明治天皇陵になっているので、遊園地は城内でも端の方にある花畑の跡にできた。
  2. シンボルはかつての伏見城天守を模した模擬天守。
  3. 近鉄の経営悪化のため、2003年で閉園。
    • それに伴い模擬天守も解体される予定だったが、市民の要望で存続。但し耐震性に難があるため内部には入れなくなった。
    • 跡地は京都市により運動公園が整備された。
    • 天守はイベント時に1階のみ入城出来る場合もあるが、書き方に時代を感じるエレベータを使って上へ上がることは出来ない。トイレも古臭いままで、時代を感じさせる。

森のゆうえんち[編集]

所在地:京都市左京区八瀬

  1. かつて「八瀬遊園」「スポーツバレー京都」と名前の変遷が激しかった。
  2. 八瀬遊園時代には京都市内でも珍しい水族館があった。
    • 周りは山に挟まれているのに、何で水族館を…?
  3. 閉園の決定的な理由は親会社の京福のあの事故。
  4. 跡地はリゾートホテルとなり、当時の面影は殆ど残っていない。叡電の駅名も変わっている。

大阪[編集]

ひらかたパーク[編集]

所在地:枚方市枚方公園

ひらパー兄さんも、乗ってるんだ…。
  1. ひらパー ひらピー ひらポー
    • なんだそりゃ?
      • 「枚方パーク」が「ひらかたパーク」にリニューアルオープンした頃のキャッチフレーズですな。
    • ゆるキャラブームに乗ってか最近マスコットのピピンは妙な方向(三角座りをして「ファンクラブとかできないかなぁ」などとのたまったり)でキャラ立てに余念が無い。
      • 緑のトロールは子供のトラウマになりやすい。怖かった
  2. 京阪のひらかたパーク、他の鉄道会社の遊園地が潰れていく(小田急の向ヶ丘遊園、阪急の宝塚ファミリーランドなど)なか、しぶとく生き残っている。
    • でも、名物だった菊人形展は数年前にポシャってしまった。
      • ぽしゃった理由は経営難じゃなくて人材難
        • 今その人材を育成中ですね。さすがにイベントが大々的に出来るほどは無理だと思いますが……。
      • でも、今でも市役所前でやってるよね(もちろん規模は小さいけど)
    • 近畿地方の遊園地としてはUSJに次いで人気、かつ知名度抜群。高槻駅から京阪バスでも行ける。
    • ちなみに近郊の遊園地は・・
      • エキスポランド(吹田市)、奈良ドリームランド(奈良市)、宝塚ファミリーランド(宝塚市)、伏見キャッスルランド(京都市)、ポートピアランド(神戸市) … 閉園しちゃいましたぁ
        • 八瀬遊園地→森のゆうえんち(京都市)は…、市外じゃマイナー過ぎるか。
      • まだ何気にがんばっている遊園地 … もちろん、ひらパー(枚方市)、何気に生駒山上遊園地(生駒市)、
      • 狭山遊園、玉手山遊園地も潰れたしな。みさき公園も鉄道系としては頑張っているのに何故載せない、って近郊じゃないか。
    • ひらパーの知名度向上に、まちがいなく「ブラックマヨネーズ
      • そのひらパーのCMに出ていたひらパー兄さんことブラックマヨネーズ小杉だが、「USJ大好き」発言をしていたことが発覚…
        • また、その当時、相方の吉田と「ひらパー兄さん」を争う選挙を行った。その際、吉田が上記のようなことを暴露したものの、結果はもちろん小杉の勝ち。
      • ひらパー兄さんは枚方出身であるV6岡田くんになりました
        • V6の岡田准一と、大阪弁丸出しの2代目ひらぱー兄さんとのギャップが。
          • 年間入場者100万人のノルマ課せられて、達成出来なかったらクビ、と言うミッションも無事成功。
            • 岡田くんにコスプレさせて「園長、延長」と言う広告見た時は噴きかけた。
              • させる方もさせるほうだが、それに乗る方も大概だと思う。
          • 出演映画の便乗企画もやっている。
        • 流石に東京での生活が長いせいか、(昔は関西弁キャラだったのに)方言が凄くぎこちなくなっているのに時代を感じた。
  3. 今、火山になっているところは、昔「モンキーランド」だった。
    • 建物は、やっぱり山の形をしていた。
    • いろんながいて、いわば猿だけの動物園。
    • 「モンキーランド」だった。←違います。
      • 猿山があったのはバチャンガがある場所だったと記憶してる。猿タワーはエルフかカワウソとかがいるプチ動物園がある辺り
  4. 昔は枚方公園駅から「ひらパー」までの道には出店が所狭しと並んでおり大盛況だった。
  5. 2008年まで、正面入り口横にセガワールドがあった。外部にも自動扉はあったが、常に閉じられていた(非常用?)。この為、必ず入場料を支払わないと中に入ることは出来なかった。
  6. 「レッドファルコン」なるこの人達の喜びそうな名前のジェットコースターがある。
    • これとは関係ないだろうが、戦隊・ライダーショーの脚本の練られっぷりは全国の遊園地でもトップクラス。関東でいうとよみうりランドのショーくらい凝っている。
  7. 京アニ作品「空を見上げる少女の瞳の映る世界」の舞台になった。
    • 作中では「モンタローパーク」となってたので略称は「もんパー」ですか?
      • 最近になって期間限定で沿線ゆかりのアニメの展示コーナーを設けたりする。流石オタに優しいおけいはん。
        • 2015年夏はボーカロイドに手を出した。
  8. 最近では、不景気に押されて、「枚方市といえば?」と聞かれた枚方市民がひらパーの名を口にする事が無い。
    • しかし、枚方に縁のない他市民からはそのイメージしかなかったりする。
  9. しかし今でもUSJよりオトクな存在として大阪府民(特に心斎橋以北)は行楽に出かける。
  10. 昔は走る窓から眺めると、ローラーコースターが雲の上まで伸びている風景が見れたらしい。
  11. 京阪沿線の中高生はひらパーで初デートするのが定番と言われている。
  12. 実は長年赤字経営だったらしい。
    • 上記のひらパー兄さんが黒字転換のきっかけになったとか。
    • 赤字でも維持し続けてきたのは本業である鉄道の利用客を確保するため。遊園地の赤字も事業全体では大した額ではないのかもしれない。
  13. 目下のライバルは間違いなくとしまえん(CMのセンス的な意味で)。
    • 親会社同士(京阪西武)からして、どんどん似たもの同士になりつつあるからなぁ。
      • そのうちとしまえんとのコラボやっても驚かない(「東京出たならとしまえん」「大阪出たならひらパー」みたいな感じ)。

フェスティバルゲート[編集]

所在地:大阪市浪速区恵美須東

  1. 今ではただの巨大な廃墟と化している。
    • パチンコでお馴染みのマルハンが、総合レジャー施設として再オープンさせる予定なのだが…上手くいくかどうか。
      • 韓流テーマパークを作ろうとしたが頓挫…。結局パチンコ店などができるみたい。
      • 最終的にはドン・キホーテも名乗り上げたのだが、治安が良くない地域ならではの組み合わせというか・・・。
  2. 昔ルナパークは、そのフェスティバルゲートの場所にあった。
    • それが車庫になってフェスティバルゲートになって、現在の廃墟。つまり、場所的にはあまりゲンが良くないかもしれない。
  3. 上の顛末を見ればわかると思うが、大阪市最大の負の遺産の一つである。
  4. 一時期プロレス団体が本拠地として使っていた覚えがある。
    • 大阪プロレスね。ほとんどが閉鎖された後もしぶとく使っていたが、解体が決まって道頓堀に追い出された。
  5. 倒産後に「大阪市交通記念館」というものに改装する予定もあったが市電や地下鉄の車両を置くと床が崩れる危険があったため中止された。
  6. ミナミの帝王に出た事がある。何故かクレヨンしんちゃんの映画にも出た事がある…

スパワールド[編集]

所在地:大阪市浪速区恵美須東

  1. フェスティバルゲートの隣だが、こちらは現在も営業中。
    • 一番上の流れるプールからジェットコースターのコースをよく眺めることができた。
    • フェスゲがあったころから別の施設(親は阪神住建なので純然たる民営)で、その当時から流行っていた。
  2. 「世界の大温泉」を名乗っている。
  3. 日によって女湯と男湯が入れ替わることがあるのだが、男湯になると使えなくなる場所が一箇所だけ存在する。
  4. 一部の日を除いて常にキャンペーン価格をやっていて、いつの間にかそれがデフォになってしまった。
    • スーパー銭湯よりは高いが、この価格でタオルも館内着もタダの取り放題状態なので結局は同じぐらいの値段帯になる。
    • このおかげで特に夏になると、芋の子を洗うような状態になる。もちろん、水質も・・・?
  5. あまり知られていないが、宿泊施設もあったりする(もちろん入館料サービス)。

大阪市立ゆとり健康創造館[編集]

所在地:東住吉区矢田/愛称:ラスパOSAKA

  1. フェスティバルゲートやなにわ海の時空館共々、大阪市の赤字を悪化させた負の遺産として槍玉に挙げられている。
    • 中心部にスパワールドがある以上観光客は望めない+地元民ももっと安いスーパー銭湯に行くだろうに、何故あんな無駄に豪華なものをこんなところに作ってしまったんだろうか…。
      • 実際閉館の要因の一つが100mも離れていない場所にあるスーパー銭湯(ふれ愛温泉矢田)の影響だから余計に呆れる。
  2. 大阪市の街外れ…と言うか松原市のすぐ隣にイタリア風の豪華な浴場と言うのも相当な場違い感が凄かった。

エキスポランド[編集]

所在地:吹田市千里万博公園

  1. 大阪万博の夢の跡。
    • もともと万博の一部分みたいなものだったらしく、当時からのアトラクションもいくらかあった。
      • つくば科学博や大阪花博から流用されたものもあったという。
  2. あの事故さえなければ今でも潰れずに残っていたんだろうか・・・?
    • 事故がなくてもどんどん潰れていった現状を見る限りは無理じゃないだろうか。特にここは古い遊具が多かった上に無駄に広かったしね。
    • おかげで2ちゃんねるでは「首スポランド」と縁起でもない蔑称で呼ばれることに…。
  3. 跡地はガンバ大阪が新スタジアムを作るという話もあったが、結局三井不動産が商業施設をつくることに。

みさき公園[編集]

所在地:岬町淡輪

  1. ひらかたパークとともに今も残る、数少なくなった関西における電鉄系の遊園地。
    • 遊園地ばかりでなく、動物園や水族館の施設もあるらしい。イルカショーは有名。
    • 生き残ったのは複合型だったのと近くに競合する遊園地がない(和歌山マリーナシティも離れている)、駅から近いことが功を奏した模様。
    • あとメンテにコストがかかる大型遊具などを廃止し、環境保存型・ファミリー型遊園地に特化。コラボ企画で集客を図るなど、コストミニマムな経営方針を貫いているのも生き残りに成功した要因だと思う。
  2. 伊東美咲の芸名の由来になったらしい。
  3. ここのゲームコーナーはひらパーよりもレゲーの宝庫で、任天堂のVS筐体もあったような気がする。
  4. ここへ来てけものフレンズとコラボ。何があった!?

近鉄玉手山遊園地[編集]

所在地:柏原市玉手山町

  1. 近鉄が運営していた日本で二番目に古い遊園地。
    • ここが閉園したのを引き金に古い遊園地がどんどん潰れていき始めたという。

大阪府立大型児童館ビッグバン[編集]

ビッグバン

所在地:堺市南区茶山台

  1. どうも存在を知らなかった人が多かったらしく最近、客が多い。
  2. 漫画家の松本零士が館長を務めている。完全に松本零士作品のテーマパークにすればもっと流行ると思う。
  3. 児童館なのでこのページに入れるべきかは扱いが微妙だが、少なくとも子供が遊ぶための施設が中心なのは確か。
    • 大阪の小学生は大体ここに遠足に行っているはず。
  4. 大分SFじみたデザインをしている。
    • 館長が松本零士先生であるのも頷ける外観である。
  5. ビル1つを丸ごと利用したジャングルジムがある。
    • 入る場合は必ずヘルメットを着用しなければならない。
    • 実は階段でも上に上がることができる。
  6. 裏にある公園には泉北高速鉄道の旧型車両が1両保存されている。
  7. オープンの際には泉北高速鉄道に記念ラッピングが施された。

関西サイクルスポーツセンター[編集]

所在地:河内長野市

  1. 大阪南部民にとって遊園地系では最後の穴場スポット。
  2. 表口から入ると混雑している時でも裏口から入るとガラガラ。もっとも最近ではここが混むなんてことはめったにないけど……
  3. 今時珍しい入場料とアトラクション利用料の両方を取るシステム。
  4. サイクルコースターなる自走式のコースターがある。
    • 昔、ズームインの大阪ローカル枠で朝から関西のおばちゃん30人集めて漕がしたらどないなるかというアホみたいな実験をしていたのが、何故か未だに頭からはなれない。
  5. 1980年代のテレビCMでは所在地の表記などがなかったため、正確な場所がわからなかった。河内長野市にあると知るのは後年のこと。

城山オレンヂ園[編集]

所在地:富田林市

  1. 大阪人にとってテーマパークといえばここ。これぞまさしく究極のパラダイス。
    • 桂小枝ファンとナイスクファンにとっては聖地的な存在。
    • 「銭はないが夢はある」 これがここのキャッチフレーズ。その割にしっかり入場料もとるし、しっかり有料オプションも作ってたりする。
    • 正直、ここに惹かれてる来る人と引かれてる来る人、どっちが多いんだろ。
  2. 口答えの多い方はお断りという入場券売場の文言が気になるが……
    • その割に、園内の看板にはちょろちょろ「山のおやじのヘリクツ」とかいうのが書いたのが見られたりwww
  3. 園内の看板に描かれたドラ×もんやらア○パ○マ○などのキャラクター。許諾などは一切とってなさそうだがwww
  4. 設備がかなりチープなのはいいとしても、いかにも手作り感がありすぎて危険さえ感じることもある遊具があるのはどうなんだろ。
    • そんなものを使ってると、嫌でもホントの意味で大人が子どもに、人が自然に帰るというのはこういう事なのかと達観してしまう。というか達観した気にさせられている。

兵庫[編集]

宝塚ファミリーランド[編集]

所在地:宝塚市

  1. 今は閉園したが、関西を代表する遊園地の1つだった。
  2. ホワイトタイガーが有名だった。
  3. 鉄道ファンには園内にあった電車館が人気があった。
    • 最近鉄道博物館があちこちに作られているのをみると、せめて電車館だけでも残せなかったのか…と言いたい。
    • ここで保存されていた車両は正雀工場に移設された。
    • 展示されていた電車は、親会社・阪急のものが多い。
  4. 跡地は住宅街だったり商業施設に化けたりしたが、何故かメリーゴーランドだけはしばらく営業していた。

東条湖ランド[編集]

所在地:加東市黒谷

  1. 文字通り東条湖のすぐ傍にある。
  2. 現在はおもちゃ王国に乗っ取られている。
    • 本家本元は岡山にあるらしい。
    • それでも一時期ガイドブックで「東条湖おもちゃ王国」と「東条湖ランド」の表記が混在していたのは確か。

甲子園阪神パーク[編集]

所在地:西宮市

  1. その名の通り、親会社は阪神電鉄。
  2. 冬には、スケート場があった。
  3. 動物園があったことでも有名。
    • ヒョウとライオンのハーフである「レオポン」という珍獣でもおなじみ。
  4. 跡地はららぽーととキッザニア甲子園になっているが、皮肉にも子供のための施設が跡地に入ることになった。
  5. 現役時代には廃止となった阪神国道線の路面電車が保存されていた。
  6. 阪神甲子園球場をドーム化してここに移転する計画もあったらしい。

淡路ワールドパークONOKORO[編集]

所在地:淡路市

  1. 東武ワールドスクエアよろしく、ピサの斜塔やタージ・マハルなど世界の有名建築物のミニチュアがある。
  2. TBS往年の番組『兼高かおる世界の旅』の写真やお土産品等々を集めた施設がある。
    • ちなみに、兼高かおるは兵庫県出身。
  3. 元は「おのころ愛ランド」という淡路島のさらに埋め立てた島にあったことと、「オノゴロ→おのころ」が古代の日本の礎となる島が淡路島という説からのダジャレ的ネーミングだった。

奈良[編集]

生駒山上遊園地[編集]

アトラクション

所在地:生駒市菜畑町

  1. 生駒山上にあるので絶景が売り。
    • 東京スカイツリーの頂上とほぼ同じ高さから大阪平野が一望できる。
    • 山頂の一等三角点の周りを機関車トーマスのアトラクションが回っている。職員さんに聞くと、アトラクションをやりに来る人よりも、三角点を見せてもらえますかと来るハイカーの方が圧倒的多数らしい……
  2. ここの飛行塔は昭和4年に作られた国内最古のもの。
    • 本当は戦時中に取り壊される予定だったが、防空監視所として生き延びた結果、こうなってしまった。
  3. 今や近鉄が運営する唯一の遊園地。
  4. 入場無料(昔は有料だった)なのだが、車でもロープウェイでも結局料金がかかるのでそれが入場料代わり。
  5. 在阪局の電波塔はこの園内近くにある。TVヲタは遊園地には目もくれず、真っ先に電波塔へ向かうらしい。
    • 地デジ化の計画が具体化してきた頃、近鉄主導で在阪局の送信所を集約した展望台付きの総合タワーを作る計画があったと聞いた事がある。それが実現していたらもう少し客が増えていて、冬季休園に追い込まれる事も無かっただろう。ここ、山頂にあるのに木々が邪魔して、飛行塔とかの遊具に乗らない限り見晴らしが悪い。

あやめ池遊園地[編集]

所在地:奈良市あやめ池北

  1. ここも近鉄の運営だったが、閉園。
    • 跡地には近畿大学の付属小学校などが開設された。
  2. 現在五位堂検修車庫に保存されている旧大軌デボ1形は元々ここに保存されていた。

奈良ドリームランド[編集]

かつての遊具が廃墟と化して残っている…

所在地:奈良市法蓮佐保山

  1. アメリカのディズニーランドを模して作られた。
    • とは言え千葉県浦安市本家公認の施設が出来てからは廃れてしまった。
      • さらにUSJの開園が追い打ちをかけ、あえなく閉園。
  2. 閉園後の跡地は遊具などが放置され、廃墟と化している。
  3. 他の近畿圏の遊園地と比べて最寄駅からバスに乗る必要があるなどアクセスも今ひとつだった。
  4. 一時期ダイエーが親会社だったことがある。
    • ここの運営会社は大阪の新歌舞伎座や横浜ドリームランドも運営していた。

和歌山[編集]

ポルトヨーロッパ[編集]

所在地:和歌山市

  1. 元々は、1994年の「世界リゾート博」のパビリオンのひとつだった。
  2. 埋め立てた博覧会会場だったこともあって、特に公共交通機関のアクセスが悪い。これが足を引っ張っているような。
  3. 地図をみると海南市と言ってもいい(アクセスのバスも海南駅の方が近い)のだが、実態は和歌山市内という変な立地。
  4. 全体としては「和歌山マリーナシティ」の一部分であるが、どうみても新鮮なものが食べられる「黒潮市場」とかの方が繁盛しているような気がする。
  5. 朝ドラ「あさがきた」の東京編ロケはここで行われた。



関連記事