近鉄の列車種別

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

<近畿日本鉄道

種別の噂[編集]

2012年3月のダイヤ変更で廃止された区間快速急行の方向幕
乗り入れ先で字体やカラーが変わるシリーズ21の種別幕
  1. 「快速急行」だが、あまり快速ではない。
    • 奈良線快速急行の花園付近での減速は異常。ほとんど停まるんじゃないかと思うほど。
      • 実際、前の各停が遅れていると停まってしまう。
      • 山陽電鉄の須磨・垂水界隈より遅いと思う。
      • 2009年10月現在、東花園構内の高架化工事の関係で、70km/hの速度制限があるから、河内花園~瓢箪山では先行電車がなくても、大幅に減速する。
        • 正確に言うと若江岩田まで70km/h制限。高架化完成までの辛抱です。
    • 名張までは速いが、名張で10分近く停まる。しかも伊賀の山中は各駅に停まる。急ぐなら有料特急に乗れ!って意味。
      • 鶴橋から名張まで途中に停まる駅は快速急行だと5駅、区間快速急行だと7駅、急行だと10駅、準急だと....。
        1. 快速急行=五位堂・大和高田・大和八木・桜井・榛原
        2. 区間快速急行=(快速急行の5駅)+室生口大野・赤目口
        3. 急行=(区間快速急行の7駅)+布施・河内国分・三本松。さらに大和朝倉、長谷寺。桜井から榊原温泉口まで各駅停車。急行なのに準急には負けないくらいの停車数の多さ。
          • 昔の急行は上本町を出ると鶴橋・大和八木・名張・伊賀神戸ぐらいしか止まらなかったのにねえ。
        4. 準急は布施・近鉄八尾・河内山本・高安、そして河内国分から延々各駅停車。その数33駅中24駅もある。通過する駅を数えた方が早い。
          • 準急はどこもそんなもんかと。快速急行だって新快速が近江舞子北で各駅停車になるのと同じような感じがするが。
            • そうか?名鉄各務原線なんかは急行(運転されていないが快速急行も)と停車駅が全く同じだが。
              • というか国分以東は普通列車の本数が減るので、準急に普通列車の役割をさせているだけ。たとえばJR神戸線だと普通列車が西明石までしか行かないから、そこから先は快速が各駅停車になるのと同じこと。名鉄各務原線は普通列車の種別が途中から急行に変わることが多いので結局同じ。(種別を変えずに各駅に止まるか、種別を変えて各駅に止まるかの違いだけ)
            • 昔(70年代くらい)の名古屋線の準急はもっと停車駅数が少なかった覚えがあるなあ。
              • 名古屋・蟹江・富吉・弥富・長島・桑名・益生・朝日・富洲原・富田・阿倉川・四日市(以下、鳥羽まで急行と同じ)だったかな?
      • 途中で特急に追いつかれてしまうから、特急が止まる名張で緩急接続を行うのは当たり前かと・・・
    • 観桜期、阿部野橋~吉野間の快速急行はもれなく急行より10分以上遅い
      • 観桜期、橿原神宮前~吉野間の快速急行はもれなく急行より3分ほど速い
        • さて、そのカラクリは??
          • 吉野線内の行き違いのための停車時間(だと思う)
          • 正解は、1・橿原神宮前駅で特急を退避する 2・吉野線内の行き違い時間が長い 3・南大阪線あべの橋駅~古市駅間の10分サイクルのパターンダイヤに合わせるため。この3つのカラクリが絡み合っている。
          • まず臨時快速急行はあべの橋駅を特急より10分早く出て、橿原神宮前駅に7分早く着く。が、ここで後続の特急を退避するため10分以上の長時間停車を行う。
          • 吉野線内も臨時列車ということで行き違い時間が定期列車優先で組まれているため、線内は特急と同じ停車駅であるにもかかわらず、橿原神宮前で抜かれた特急より15分以上も遅く吉野駅に到着する。
          • 上りはこの逆。橿原神宮前駅で後続のあべの橋駅行き特急に抜かれた後、あべの橋口のパターンダイヤに合わせるため7分間律儀に停車し続ける(あべの橋駅に到着するのは特急の10分後)。
    • 奈良線の快速急行は三宮まで乗り入れるが、大阪線の快速急行は大阪上本町止まりで近鉄難波線にも乗り入れない。
    • 近鉄の快速急行は奈良線よりもむしろ大阪線が速いと思う。鶴橋~五位堂間26kmをノンストップで走る。
    • 大阪線快速急行の一部は急行より遅い便がある。伊勢中川~上本町で急行(最速1時間48~49分)よりも5駅少ないのに1時間50~51分かかる。
      • 朝は過密ダイヤで名張増結もあるからしょうがないが、夜は大和八木で無意味な8分停車をやらかす。
    • 停車駅だけ見れば速そうなんだけどな・・・。
  2. 「名阪特急」「特急」「快速急行」「区間快速急行」「急行」「区間急行」「準急」「区間準急」「各停」これらの列車種別を、なんと一本の路線で運転している。
    • 区間快速急行は大阪線朝・夕方以降。区間急行は南大阪線の朝と終電間際の一部。区間準急は奈良線の昼間のみで、1路線に全部走るわけではない。
    • 同じ時間帯で一番多くの種別が走るのは大阪線朝夕の6種別。(但し特急を甲乙の2種とした場合)
      • これは間違い実際には上本町~布施は大阪線なので全時間帯だと普通・区間準急・準急・急行・区間快速急行・快速急行・乙特急・(奈良線の)特急・甲特急・鮮魚で10(見方によっては9or8種別)
    • 特急の種別は、厳密には甲特急(ノンストップ)と乙特急(主要駅停車)。名阪特急しか甲特急がほとんど残っていないので、そう誤解されている節もあるが。
  3. 区間快速急行、区間急行に加え、区間準急も登場。ややこしそうだが、それぞれ走る線が異なるので混乱はない。
    • 2012年のダイヤ変更で、大阪線にも区間準急が設定されるが、同時に区間快速急行快速急行に統合される。
      • 区間準急の停車駅は、大阪上本町・鶴橋・布施・八尾以南各駅となる。
      • 統合された後の快速急行の停車駅は、大阪上本町・鶴橋・五位堂・大和高田・大和八木・桜井・榛原・室生口大野・赤目口・名張・桔梗が丘・美旗・伊賀神戸・青山町・榊原温泉口・伊勢中川・松阪・伊勢市・宇治山田・五十鈴川・朝熊・池の浦・鳥羽となる。
  4. 京都線の準急は止まらない駅を覚えたほうが早い(通過駅:十条・上鳥羽口・伏見)
    • 小田急の「区間準急」も同様である。
      • 近鉄の「区間準急」も同様である。
    • 阪急宝塚線の準急もそういえる(通過駅:服部・庄内・三国だけ)
      • 神戸電鉄の準急はさらに通過駅が少ない(鵯越と丸山だけ)。
    • 近鉄名古屋線東武東上線の準急も同様というより、一番わかりやすい。
    • 阪神も。ここの準急は急行車(赤胴)で普通と平行ダイヤを組むためという目的があるからとか。
      • 阪神の準急は阪神線内各停となりました(全て近鉄からの直通準急で鶴橋以遠各停となる為)。
  5. 4文字種別(快速急行や区間準急など)の方向幕の書き方が「縦書き+横書き」と特殊である。
    • シリーズ21車輛でも、行き先はLED表示だが、種別だけは幕で残った。
      • 前面だけは大きくすれば見やすいのに部品融通のためかちょこんと側面と同じ小さいのが付いているが、色で感覚的に分かるので幕なのは得策ではある。
        • ついでに言うともう絶対使わないだろう「区間快速急行」や辺境の地にある志摩線へでも飛ばされない限り使われないであろう「ワンマン普通」や永遠に使われないであろう「区間急行」の幕がある。
    • 東武でも、最近そうなっている。(浅草発の列車にはすべて区間がつくため。)
      • 東武のよりは近鉄の方が見やすいと思う。近鉄は「区間」が縦書きで、その部分が小文字で白ヌキ+色文字(快速急行の場合「急行」の部分が該当)。 区間準急 快速急行 ←本物は小文字の部分は縦書き、下に英語。
    • 行き先表示幕の場合新たに行き先が増えたときに幕を作り直すとコストと手間がかかる。
    • LEDは変更は容易にできるが細かい文字は見づらい上に1回分だけなら幕より高価なのでしょうね。
    • ならばあまり作り替えない種別表示は幕の方が有利なのでしょうか。
    • ホーローサボで良いような気がする。
      • うん、近鉄マルーン単色にそれなら一番味わい深い…、ってこんどは乗務員から文句が出そうですな。
      • 最近、ヘッドマークの盗難があるらしく、「建国号」「大台号」とかの掲示がなくなった。
    • 特急の方向幕もLEDになりつつある。噂では「尼崎」「阪神三宮」も表示できるとか。
    • シリーズ21車だと、「大和西大寺」って表示されるものが「尼崎」「阪神三宮」対応との噂。
    • 近鉄では快速急行は赤だが、阪神では青。直通する時どうするんだろう。
      • 阪神に入った途端に「特急」(その逆は「快速急行」)に変えたりして。
        • 近鉄車にも青い快速急行幕設置。だけど書き方が近鉄内とは違い快速急行。字体も阪神にあわせて丸ゴシック。
          • 近鉄車の阪神快急幕は水色じゃなくて藍色に見えてしまう。
        • 2009年4月デビューの新型特急は「阪神三宮」表示確認済。
  6. 一番インパクトのある“種別”は鮮魚
    • もっとも駅での表示は"貸切"ですけどね、朝のラッシュ時に貸切とはなんぞと思えば鮮魚列車だと
      • 駅の表示も鮮魚です。
        • LCDに取り替えられた駅では貸切…だったような…(前に上六で貸切…て言ってて見たら真っ赤の鮮魚車両だった)
  7. 南大阪線に正月と建国記念の日に走る「臨時急行」は他社にもあるが、英語で「EXP.(EXTRA)」とまで表示するのは近鉄だけ?
    • いちおう小田急が駅では「Extra Express」と出すけど。
  8. 名古屋線の準急は名古屋から蟹江までは急行と同じだが蟹江以西(以南?)は各駅に停まる。だったら準急じゃなくて区間急行にした方がいいと思う。
    • 2002年3月以前の急行は蟹江駅を通過していた。さらに遡ると1983年3月以前は準急も全区間で通過運転していた(停車駅は名古屋・蟹江・富吉・弥富-富田間各駅・阿倉川・四日市と、四日市以南は現在の急行と同じ)。
  9. 更に準急の大半が四日市で普通に種別変更する。準急7で運転すればいいのに。
  10. 「高速」という種別は名鉄が有名だがかつて近鉄にもあった。
    • 最も、運行されていたのは1982年~1987年の五年間だけ、しかも臨時列車だが。
    • 使用されていたのは一般車両(もちろんトイレ付き)だが、停車駅は特急と同等。いわば料金不要の特急という位置づけだった。しかも乙特急が停まる名張や伊勢中川・松阪まで通過していた。

近畿日本鉄道
路線/奈良線系列(京都線/けいはんな線)
大阪線系列名古屋線系列南大阪線系列
車両形式別特急型大阪線・名古屋線用‎)
列車種別特急(アーバンライナー)球団 偽モノの特徴



関連記事