連続テレビ小説

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

NHK > NHKの番組 > 連続テレビ小説

連続テレビ小説の噂[編集]

  1. 公式略称は「朝ドラ」。しかし正式名称の「連続テレビ小説」には「朝」も「ドラ」も含まれていない。
    • 公式略称であるというリリースはないが、NHK公式サイトの連続テレビ小説一覧のアドレスがwww9.nhk.or.jp/asadoraだったり、ニュースリリースでもしばしば“朝ドラ”と言っているので公式とみなしていいだろう。
      • 本編のナレーションで使ってしまった以上、そう考えて間違いないと思われる。
        • ついでに、広辞苑でもこれで載ってしまったので、もうこれで良いと思う。
  2. ついつい「朝の」ってつけてしまう。
  3. NHK自ら積極的にネタバレする傾向がある。
    • 最も典型的かつ確認しやすいのはEPGで、1週間先のあらすじが常に読める状態。
      • 東海テレビの昼ドラでは、その日の放送が終わってから翌日のあらすじが読めるようになる。対照的。
      • 珍しく「まれ」では一徹(ヒロインの弟)の結婚相手が明かされていなかった。結婚相手が明かされた回の放送後も、EPGでは「結婚相手」とボカしたまま。
    • 毎回、放送中にノベライズ版が発売されるので、前半or後半の最終回までの内容を読むことができる。
      • ただし「あまちゃん」「ごちそうさん」では代わりにシナリオ集が発売された。
        • 「ごちそうさん」にはノベライズもあったりする。
      • シナリオ集やノベライズと併せて見ると、カットされてしまった部分が分かって楽しい。
    • NHK出版が出すガイドブックはかつては1冊だったが、最近の作品は2冊に分けて出されるようになった(ちなみに大河ドラマは前後編+完結編の3冊)。
  4. 総放送時間は大河に匹敵し、放送期間は半年。そのため、撮影は過酷を極めることになる。
    • 朝ドラ:15分×150回(25週)~156回(26週)=37時間30分~39時間
      • さらにスピンオフ(90分×1回または60分×2回)があることも多い
        • 実はこれよりも回数が多かったり、少なかったりする作品が存在するらしい。(前者は162回、後者は148や149回の作品が存在する。)。
    • 大河:60分×2回(初回、最終回)+45分×48回=38時間
    • NHKの働き方改革の一環で大河の放送回数は削減されるらしいが、こちらは撮影期間の延長で対応する模様。
  5. 何回も再放送されるため正確な視聴率は算出不能らしい。
  6. 放送開始年月日は、みんなのうたと一緒。ただしコラボしたのは1回だけである。
  7. 上記の通り、この度広辞苑にこの単語が載ることになった。ただし、「朝ドラ」だが。
    • 実は既に「おはなはん」と「おしん」は載っていたりする。
    • 「大河ドラマ」も既に掲載済み。
  8. 需要の問題なのか権利上の問題なのかは不明だが、大河ドラマと比べると2000年代以前の作品は完全版DVDが未発売の作品がかなり多い。
    • 2009年に放送されたウェルかめでさえ総集編DVDしか発売されていなかったりする始末。
      • 近年の作品でも朝ドラの総集編は大河ドラマの総集編に比べてDVD化されることが少ない。

作品年代別[編集]

関連項目[編集]

連続テレビ小説
作品別:1980年代以前1990年代2000年代
2010年代前半2010年代後半以降
ファンの噂 偽モノの特徴 ベタの法則
もしwiki:民放制作だったら アニメだったら
大ヒットしていなかったら 大ヒットしていたら



関連記事