那覇空港

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

沖縄 > 沖縄ぬ交通 > 那覇空港

那覇空港ぬ噂[編集]

国内線ターミナル
本土行き大型機と離島行き小型機が顔を合わせる
  1. 国際線のターミナルがボロい。
    • やしが国内線ぬターミナルしったはばいやんにぃ。
      • 1999年まで、実は国内線もプレハブターミナルだった。当時の正式ターミナルは南西航空→JTAが使っていた第2ターミナルのほう(当然小さかった)。
        • 案の定両方とも消えた。貨物ターミナルに化ける。
    • これでもターミナル内部は意外ときれいになったよ(最近確認)。免税店もできたし、新しいターミナルの建設も決まった。
  2. 国内線の出発ロビー内に免税店がある。
    • そのため海外と勘違いされることがある。
      • 実際、沖縄は昭和47年の日本「復帰」までは、本土から沖縄に行くにも、沖縄から本土に行くにも旅券が必要な「海外」であった。沖縄人は「アメリカ合衆国」の旅券を所持していて、通貨は米ドルであったが、日本語は本土のように通じていた。
  3. 台風が来ると運行は壊滅状態に陥ってしまう。
  4. 台風が来たときの空港は半ば戦争状態になってしまう。
    • 台風が去った翌日は、カウンターなどがもっと大変なことになる。
  5. 東京・大阪などの主要空港以外にも地方空港路線が思いのほか多く存在する。
  6. 毎年10月から翌年6月末までの期間限定で那覇空港-千歳空港の便が運行される。
    • 日本の国内線では一番長い距離で運行距離は2200kmを超える。
      • 通年運航で最長はこちらも那覇空港-仙台空港の1700km程
    • 前は期間限定だったが、通年運航となった。名実ともに国内最長。
  7. 実は、航空自衛隊の管轄する空港である(航空自衛隊那覇基地に那覇空港が同居している形になっている)。
    • 第2種国管空港(国土交通大臣設置)なので立場が反対。自衛隊管理ではない(陸海空すべているが)。ただし、米空軍(嘉手納基地)の許可がないとアプローチ(接近)することも離着陸もできない。
      • 「嘉手納基地」→「嘉手納ラプコン」
      • でも近々、管理が国土交通省に移るらしい。
      • 海保や県警ヘリの飛行場も併設している。日本一いろいろな種類の航空機を見られる飛行場かも。
    • 年末に行われる自衛隊の航空祭、民間機の離着陸をぬってブルーインパルスの航過飛行のみ。他府県のように派手な展示飛行が出来ない。
      • だが、航空祭でもない日にスクランブルのF-15の離陸を間近で見れたりする。
      • 米軍機や自衛隊機の離発着が優先なので、那覇到着便は到着時刻のマージンをかなりとっている。よって、例えば東京→那覇便は那覇→東京便より時刻表上30分くらい時間がかかる。
        • 理科の試験問題で、これが偏西風の影響というのが正解とされてしまうことが多い。
        • いや、平時は民間機優先。
    • 海自のP-3C東シナ海(もちろん尖閣諸島を含む)を見張っているが、夜間は離発着できない。それでは夜間はどうするかというと・・・600kmも北に離れた、鹿児島鹿屋基地からP-3Cが飛ぶ。
      • 「沖縄の基地負担軽減を!」と言っている割には、鹿児島には既に負担させているのである(もっとも、鹿屋基地は地元の有力者が誘致した)。あ、米軍基地だけのことを指してるのね。
  8. ランウエイ36側は航空マニアにはたまらない瀬長島がある。(復帰前は核兵器の格納庫だったとの噂もあり)
  9. 航空機が着陸直後に×××
  10. 日本では7番目に利用者の多い空港。(年間約1500万人)
    • 離着陸の回数では第2種国管空港ではトップクラス。(適当に見ただけで長くても2,3分のペースで離着陸が)
    • 那覇市(単独32万、都市圏78万)や沖縄県の人口(141万、全国30位)を考えるとかなり多い。まあ長距離移動は航空機以外に選択肢が船しかないところだしねえ……
      • 700万都市圏の玄関口である中部国際空港(年1000万)や、県人口では沖縄より多い鹿児島の空港(年500万)よりも多い。共に新幹線に代表される鉄道や、高速道路があるからだろうけど。
      • 県内移動すら多くの場合で飛行機が必要だからという事情も。
  11. レストラン街フロアにあるものと品ぞろえは変わらない、空港関係者向けの食堂が到着ロビー階の某所にある。
    • 一般の人間も立ち入れるエリア内にある。価格はレストラン街よりも安めの設定。
  12. 実は都心にものすごく近い。だが、滑走路は両端とも海なので、南北大東島行き以外は市街地上空を通らない。
    • ちなみに南北大東島行きは短距離で離陸後、あのの上を飛ぶ。
    • モノレールも整備されているので、利便性では福岡空港に次ぐとか言われている。
  13. 福岡の次に逼迫は確実視されていて、滑走路が1.3km沖合いにもう1本(長さ4kmの案もある)引かれる予定。同じ県のあの空港みたいにプロ市民が引っ掻き回しそうで不安。
    • 目的はアメリカやシンガポール・チャンギとの直結らしい。
    • しかし「那覇空港 サンゴ」で検索しても特に反対運動はみられない(沖縄弁護士会が再検証を求めている程度)。同じ県で同じ島のあの拠点ではワーワー騒いでいるのに。
    • そのための土砂は沖縄県外から持ってくることになった。そして沖縄県議会は「県外からの土砂搬入を規制する条例」を成立させようとしている。同じ島の別の場所で規制して、こっちで規制しないということはしないだろうから、那覇空港の拡張もストップになるのかな。
      • 条例が施行される2015年11月の、直前までに土砂を搬入することにした。これなら二重基準にならずに…同じ島の別の場所でも同じ申請が行われたら、沖縄県はどうするのだろうか。
  14. ターミナル内で案内放送が流れるときのチャイムがなぜか成田空港と同じ(♪チャリラリランってやつ)なので、海外旅行気分が味わえる。
    • 普通のチャイムになってたぞ
  15. 成田・関西行全日空便では、案内表示上でユナイテッド航空の便名だけわざわざロゴ付きで表示される(スターアライアンス他社はシカト)。米軍関係者向けか?
  16. アナウンスチャイムに癒される人も少なくないはず。確か3種類。
    • 沖縄に初めて来たときあれを聞いて無駄にテンションが上がった。 めちゃくちゃ沖縄な曲。
  17. スターバックス北ウイング店があるが、ANA系利用客以外は立ち入れるのだろうか。
  18. ジェットスタージャパンを除くLCCはLCC専用ターミナルにて発着する。国内線ターミナルからのシャトルバスやレンタカー会社の送迎バス以外は乗り入れてないので注意。
    • それどころか徒歩や一般車で入ることが出来ない。倉庫を改造したところという事情がかいま見える。
  19. 本土復帰前にはTWAの世界一周便やCIA絡みの航空会社などが乗り入れていたこともある。
    • TWAは復帰の数年後まで乗り入れていた模様。
  20. 那覇空港の所在地こそ那覇市だが、管轄する警察署は、那覇警察署ではなく、豊見城警察署。



関連記事