野岩鉄道

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

野岩鉄道の噂[編集]

  1. 実質、東武野岩線。
    • そして地下鉄野岩線。
    • 会津鉄道の田島以南を合わせて東武会津線でもいい気がする。
  2. 路線名は正式には野岩鉄道会津鬼怒川線。
  3. 自社の車両をほとんど見れない。
    • 仮に走ってても気付かない。
      • 野岩鉄道も6050系を使用しているため。ちなみに会津鉄道も同型の電車を保有している。
    • 東武線内だけで運転してることもあるしね。
    • 車両番号の横に入っているマークで見分けられる。
    • 1986年の開業当時には、何と吊り掛け駆動の旧型更新車の東武3000系が会津高原(現会津高原尾瀬口)まで乗り入れていた。
  4. 直通相手の東武鬼怒川線とは線形が雲泥の差。どっちが大手の路線かわからない。
    • でもこないだ乗ったら線路脇に猿がいた。
    • さすが鉄建公団。
      • 旧国鉄の路線として計画されていたが、民営化により東武と乗り入れるように計画変更された。
        • 本来は国鉄日光線の今市まで乗り入れる予定で、現在乗り入れている鬼怒川線は競合路線になる予定だった。
    • 鬼怒川線は昔下野電鉄というローカル私鉄だった。
      • それ以前はダム工事のための軌道線だった。
      • 軌道線と国鉄線だったのが、時を経て大手私鉄と中小私鉄になりすっかり逆転した。
  5. のいわ鉄道、じゃあないらしいぜ?
    • やがん鉄道ですよ
    • すまん、”野猿”に見えたorz
    • 平成に近くなって敷き設された路線のため、東武や会津鉄道線より線路が新しく、尚且つカーブや勾配を少なくするため、線形が真直ぐでトンネルが多いのにはそのため。男鹿高原駅や湯西川温泉駅はその特徴を反映した作りになっている。
  6. かつて急行「南会津」が隔駅停車とはいえ通過運転していたが、現在は「AIZUマウント(尾瀬)エクスプレス」が男鹿高原を通過するのみで、ほとんど全部鈍行になってしまった。
    • 特急を延伸運転するつもりは全然無いらしい。
      • 急行南会津だって需要が無いから廃止されたわけで、今更特急を運転したって…
      • 臨時だが、スカイツリートレインが乗り入れている
      • 特急が乗り入れることになりましたが、男鹿高原に停車するやつがある。
  7. 「なかみよりおんせん」を変換したら、「中身より温泉」ってなった。
  8. 東武特急「スペーシア」の乗り入れは変電所容量の関係でできないらしい。
    • それもあるが、スペーシアはホームに入りきらない気が…
  9. PRをかねて一部の駅名を長ったらしいものに改称している。
  10. 会津高原尾瀬口から登山口まではバスで2時間かかる (尾瀬そのものに到達するには登山口から1時間ほどのぼらなければならない) 。
  11. ほっと・スパラインという路線愛称があるが定着していない。
  12. 東武鉄道の新型特急500系が乗り入れることが決定した。急行南会津の二の舞にならなければいいが…

東武鬼怒川線/下今市方面←)新藤原 - 龍王峡 - 川治温泉 - 川治湯元 - 湯西川温泉 - 中三依温泉 - 上三依塩原温泉口 - 男鹿高原 - 会津高原尾瀬口(→会津鉄道/会津田島・喜多方方面)

  • 小文字:快速AIZUマウントエクスプレス通過駅



関連記事