野菜

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

生き物が借 > 植物 > 野菜

  • 追加する際はあいうえお順になるようにお願いします。

独立項目[編集]

葉菜・茎菜・花菜[編集]

アスパラガス[編集]

観葉アスパラガス
  1. ガスではない。
    • 略するとむしろ「ガス」が取れてしまう。
    • 岡山県民にとってはガスでもある。
  2. アスパラギンが採れる。
    • アミノ酸の一つであるアスパラギン酸になる。
    • 田辺製薬
  3. 白と緑、結局のところ育て方が違うだけ。
    • 紫のがあり、それは品種がちがう。
  4. 育て続けるとどんどん幹が太くなっていく・・・
    • そしてその部分は固くて食べられなくなる。
    • やがてフサフサと枝も出来、赤い実をつけ…
  5. 缶詰にすると他の缶詰とは違って缶が細長い。
  6. 観葉アスパラガスは葉が枯れると、とても細かい上にかなり散らばり片付けに困る。
  7. 芽は出ると成長が早い。一日で15cm近く伸びるそうな。
  8. 実は収穫するには二年間位成長させて根に養分を貯めさせないといけないらしい。三年目にポコポコ出る芽を収穫する。意外と時間と手間のかかる作物だとか。
  9. 種がこぼれたのか、たまに荒地やアスファルトの隙間に生えているものがある。
    • こう云うのは綺麗に伸びているのを見たことがない。きっと通り掛かる人や近所の人が収穫している。
  10. ブロリーの親父ィではない。
  11. 花月金融の方
  12. ドイツでは6月24日の「聖ヨハネ生誕の祝日」を過ぎるとアスパラガスの季節はお終いだそうな。市場からもレストランからも一斉にアスパラガス料理が無くなるとか。

アルファルファ[編集]

  1. 別名「ムラサキウマゴヤシ」。
  2. 人間はこれをモヤシの状態で食べるのがデフォ。
    • 大きくなったら家畜用。
      • 漢字では「馬肥やし」。とても分かりやすい。
        • ヤシの一種じゃなかったんですね(ウマゴ椰子)。
  3. 2009年はこの言葉でが色めき立ったらしい。
  4. 東京03の飯塚と豊本が結成していたコンビ。
  5. 道路の舗装に使われたり物同士を瞬間的に接着したりはしない。
  6. ギリシャ語では、やっぱり「αα」と書くのだろうか?

エンサイ[編集]

空心菜炒め
  1. 別名「アサガオナ」(朝顔菜)、「クウシンサイ」(空心菜)など。
    • その名の通り、茎が空洞で、朝顔のような花が咲く。
    • 沖縄では「ウンチェーバー」としておなじみ。
    • なぜかウィキペディアではヨウサイとなっている。要塞?
    • 空芯菜、クウシンサイが商標登録されているせいでパリパリ菜だの色んな名前で出回る。
  2. 中国東南アジアでは野菜炒めの材料。
    • タイ人はこれを空高く放り投げるらしい。
      • ちなみにタイ語では「パックブン」。
  3. 1%のひらめきと99%の汗でできている…、わけではないらしい。
    • 忘れた頃にやってくるかも知れない。
  4. エンサイクロペィディアの略。

かいわれ大根[編集]

  1. 大根の発芽野菜。
  2. 名前はが割れたような双葉の形から。
  3. ピリッとした辛みがある。
    • 薬味や添え物としても使われる。
  4. 大根より栄養価が高いらしい。
  5. 室内で栽培するため気候の影響を受けないので、価格が安定している。
  6. キーボードやバイクのシートでも栽培できる。
  7. か~いわれ巻き巻き

キャベツ[編集]

日本の古典的な観賞用キャベツ(もしくはケール)
  1. 菜の花の仲間。
  2. 普通は緑色だが、紫色の品種もある。
    • 画像の植物のことを指しているんじゃないぞ。
  3. 千切りにしてサラダに入れても、そのまま鍋に入れて煮込んでも、ひき肉に巻いて煮込んでも美味しい。
    • なんとなく「今日は野菜をきちんと食べたぞ」と思わせる食べ物である。
      • お弁当に添えられてるキャベツはショボい・・・
  4. 切ってしばらく空気に晒しておくと苦くなる。
  5. モンシロチョウの幼虫の食草として有名。
    • キャー、別にしてー!
    • 時期によってはモンシロ幼虫よりナメクジの方が良く見る。稀にミミズも…。
  6. キャ○ジンのある意味主原料。
  7. 「太郎」をつけると駄菓子に早替わり。
  8. 別名「甘藍(かんらん)」。
  9. ヒトの赤ちゃんが、キャベツ畑で生まれる国もある。
    • そのハナシを利用した「キャベツ畑人形」なるものが、日本でも発売された。
      • 日本人の感覚で、人形がかわいいかどうかは、今ならきっと「ビミョー」と言われるだろう。
  10. 残念な出来のアニメのこと。
  11. バストアップの効果があるらしい。
  12. 愛知の主要な農産物。
  13. 『お料理行進曲』で忘れられた物。
    • 別に無くてもコロッケには何ら関係ないが、何か物足りない。
      • どちらかと言えば豚カツに欲しい。
  14. 丸いボールのような球形をしていて、切ると年輪のようなわっかができる謎の野菜。
  15. 原種が世界各地に持ち込まれ、ケール、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、コールラビ、芽キャベツなどに改良された。
    • しかしなぜか日本は観賞用に改良してしまい、結果完成したのが葉ボタン。
  16. 家で調理するときは一番表の葉は使わないことが多い。
  17. 収獲した後下の方の茎を残しておくと、脇芽がポコポコ生えてくる。時期によっては小玉のキャベツがもう一度収穫できる。
  18. トンカツ屋の生命線を握っていると言われている。
    • 豚肉は価格が安定しているが、キャベツは高騰することがあるからだとか。
      • もともとトンカツも人参のコンポート等が付け合せにされていたが、戦争で料理人が召集されたため、手伝いの小母さん達でも出来るキャベツのみじん切りが付け合せになったらしい。
  19. ドイツポーランドでは塩漬けにして食べる。漬けている最中に発酵してザワークラウトになる。
    • WWⅡでイギリス兵がドイツ兵を「このキャベツ野郎!!」と罵る元ネタ。
  20. BEMYBABY

コマツナ[編集]

  1. ほうれん草の代用になる。
    • 比較的くせがないので、ホウレン草嫌いの子どもにも食べさせやすい。
  2. 別に小松市の特産というわけではない。
  3. プランターでも育つので、家庭菜園に適している。

ショクヨウダイオウ[編集]

  1. 別名「ルバーブ」。
    • 夢色パティシエールでは「リュバーブ」と紹介された。
    • むしろ、「ショクヨウダイオウ」なんて和名が付いているとは知らなかった。
  2. 「大王」ではなく生薬・漢方薬の「大黄」の一種。
    • なぜか「大黄の一種」というより「イタドリの親類」という印象が強い。
  3. 一見すると赤いフキの茎に見えるが、実はリンゴや杏に近い酸味と風味を持っている。
    • よって砂糖を加えてジャムに加工するなど、「野菜」ではなく「果物」として扱われるケース多し。
    • 上記作品ではトウモロコシ粉とともに起死回生の起爆剤となった。
  4. 本家「大黄」には及ばないが下剤効果もあるため、食べ過ぎは厳禁。

セロリ[編集]

  1. 匂いで好みが大きく分かれる野菜。
    • 山崎まさよしやSMAPの曲「セロリ」も好き嫌いが分かれるということから。
    • パンチの効いた匂いが鼻腔を突き抜ける。
  2. 「育ってきた環境が違うから」と言って、好き嫌いの代表格とされた野菜。
  3. サラダはまずセロリから食べるのがセオリーらしい。
    • それ本当らしい。古代ギリシャではサラダとはセロリに塩振って齧ることだったとか。
  4. サラダできゅうりだと思って食べると撃沈する。(逆も同様)
  5. 漬物もあるが嫌いな人も多い。こちらも大根と間違って食べて轟沈する人多数。

高菜[編集]

  1. カラシナは親戚。
  2. 高菜の漬物は、熊本・阿蘇福岡・筑後地方の名産品。

ニラ[編集]

可憐な花を咲かせる野生のニラ
  1. 中華料理や韓国料理での活躍が多い。
    • レバニラ炒めやチヂミがその代表格。
      • レバニラかニラレバかで混乱する。
        • バカボンパパのせいだ。
  2. 匂いの原因は硫黄の化合物。
  3. 噛んでいるうちに日が暮れる。
  4. 漢字(韮)にすると縦横の線ばかり。
    • 山の様に積み上げると江川太郎左衛門が現れる。
    • なんとなくジェンガを連想してしまった。
  5. 結構生命力が強く、こぼれた種から畑の近くに沢山というほどじゃないが発生する。雑草に混じっても健気に生きている。
    • というか、野生化してる。
  6. 黄ニラという柔らかい種類もある。日光にあてないでシートをかけて栽培する。
  7. ハナニラは観賞用のやつと食用のやつで全然別物なのでとても紛らわしい。
  8. たまにスイセンをニラだと勘違いして中毒事故が起こる。

ネギ[編集]

ネギの花、いわゆるネギ坊主。
  1. どちらかと言うと薬味に使われるため、メインとしては出てこない。
    • ラーメン、蕎麦、うどんなどなど…パスタを除いた大抵の麺類の薬味。
    • 味噌汁や鍋の重要な具材の一つでもある。
      • ザクと呼ぶ。
    • ねぎまではマグロとともに主役を張る。
    • 鶏肉が主役じゃないの?
  2. 風邪に効くと言われているが、その使用方法はさまざま。
    • *につっこんでみたり…
      • マジレスすると、ショウガと共に胡麻油で炒めて鶏がらスープを入れて熱々のスープにすると、汗が大量に出て風邪に効くそうな。
  3. タマネギやワケギやアサツキはもとより、ラッキョウやニンニク、ニラやノビルも仲間。
    • ユリ科ですな。
      • ユリ科ネギ属っす。学名ではアリウムなので秋植え球根として馴染み深いかも。
  4. 萌黄色萌葱色の2色の元となった。
    • 浅葱色もあるでな。
  5. 神職の職名の一つ。宮司を補佐する役割。
    • 葱と間違えられて不憫な目に遭ったという民話が各地にある。
  6. ここの市ここの町の生命線。
    • 下仁田ネギは地元では「殿様ネギ」と呼ぶそうな。
  7. 犬猫にとって毒。
    • ユリ科は全部毒。
  8. を背負ってやってくる。
    • 逆、逆!
  9. 手に持って振り回すのが最近の流行らしい。
    • 正統派アイドルでも頭が弱い子扱いになる。
    • 元祖はこれ
  10. 意外なことに、これの日本での生産量トップ3は
  11. これに関係したローカルアイドルがいる。
    • しかし何故新潟でなのか。
  12. 黒部ダムのふもと、安曇野はワサビ田と葱畑だらけなので、窓を開けると葱の臭いがする。
  13. 実はイチゴ並みの糖度がある。
  14. スペインのバスク地方では切らずに丸焼きにして、焦げた皮を剥いて根の部分をちょっと切ってそのまま一本を一気に食べる。汁が甘くて美味しいので切って焼くと美味しさが逃げてしまうとか。
  15. 鍋のネギはめちゃくちゃ熱い。特に下手に口の中で潰すと火傷をする。
    • それを「鉄砲」と称する人もいる。熱いネギの中心部が噛んだ勢いで咽の奥に命中するからだとか。
      • それが出てくる落語噺として「ねぎまの殿様」(「目黒のさんま」と同工異曲の噺)が有名。
  16. 白髭ネギを作るときには、ネギの白い所をフォークで縦にこそぐと良いって知ってた?
    • 100円ショップで専用の道具を売り出した。驚いた。
  17. 頭が良くなる野菜って昔どっかで聞いたことある。
  18. 西洋ではウェールズの特産品。
    • 英語で「ネギ」に相当する単語はなく、「Welsh Onion(ウェールズの玉ねぎ)」としか表現できない。

野沢菜[編集]

  1. スキー場の食事に大量に出される。
  2. 細かく切ったやつは味が違うように感じる。
  3. 「おやき」という長野名産の饅頭のような食べ物に入っていることがある。
  4. 野沢菜漬けは他の地域で漬けるとスッパくなる。なんでだ?
    • 気温が高い地域では発酵が進み過ぎてしまうらしい。

白菜[編集]

  1. タモリが作る餃子の具はこれと肉と調味料だけらしい。
  2. 「菜」をカタカナにすると、これになってしまう。
  3. 韓国にとってはキムチのために重要な野菜。
    • 英語では「チャイニーズ・キャベツ」とも言うが、韓国では勝手に「キムチ・キャベツ」という呼称に変えやがった。
      • 英語圏では「Napa cabbage」のほうが一般的ですけど。つまりは宗主様である原産国に対してまで"Uriginal"を主張している訳ですね。
  4. サッ○ロ一番塩ラーメンに入れると良いらしい。
  5. 鍋物では名脇役。
    • いろんな鍋物にオールマイティーに出てくるので、むしろ主役かもしれない。
  6. テニミュの登場人物。信者も多数。
  7. 訓読みすると某チャンピオンに…。
  8. 晩秋の頃、霜にあたると甘くなると言われている。
  9. 2010年は猛暑のため、韓国で大不作。キムチの危機が囁かれているそうな。
    • 2015年の冬は強いエルニーニョの影響で暖冬が続き、日本で大根とともに大豊作・・・・・・過ぎて値が付かず、大量に廃棄されるという事態に。
  10. 別に食べても歯が臭くなることはない。
  11. 「鍋用カット野菜パック」では主役である。
  12. 2014年に台湾の「国立故宮博物館の至宝」として初の海外展示が日本で行われるらしい。
  13. 今でこそ日本の鍋料理に欠かせない存在となっているが、実は日本で本格的に栽培されたのは20世紀(明治時代後期)以降と比較的新しい存在。
    • 江戸時代以前にも中国(当時は明 - 清王朝か?)から種を取り寄せて何度か定着化が試みられたが悉く失敗している。
    • もし時代劇で庶民が食べている鍋料理に大量の白菜が入っていると、時代考証で「ダウト」判定されかねないらしい。

パセリ[編集]

  1. 数ある野菜の中で日本での自給率が100%らしい。
    • まあもっとも需要が少ないと言ってしまえばそれまでだが。
  2. セリ科である。
  3. カラオケ屋ではない。
  4. 天麩羅にして食すると意外といける食材でもある。
    • 本当に食べる価値があるよ!!。ほろ苦くて大人の味です。
  5. パリーグ・セリーグ。
    • 読売新聞でやってる「猫ピッチャー」では本当に「セロリーグ」と「パセリーグ」。
  6. 子供どころか大人でも残す人がよくいる。
    • 飾りというイメージがあるからだろうか。
  7. KONAMIのアーケードゲーム用の電子マネー。
  8. 韓国の女子プロゴルファー。

ブロッコリー[編集]

  1. 都道府県別で日本一の生産量を誇るのは埼玉県。
  2. カリフラワーはブロッコリーから派生した品種。
    • 「ブロッコリーの白いの」(by所ジョージ)
      • マジカル頭脳パワー」より…懐かしいw
      • なんでカリフラワーの方が高いのかと思ったら一株から一つしか採れないらしい。ブロッコリーは横ちょからポコポコ生えるのにな。
  3. 十分に茹でられないせいもあり茎の部分がやたら固いため、給食ではあまり好まれない。
  4. ドラクエ4の女勇者。
  5. ブッシュの父ちゃんが苦手なモノ。
  6. アニメイトのライバル
  7. シムシティーの住民の主な主食。
  8. 別名ブッコロリ。
  9. 最近自転車のサドル代わりにするのが流行らしい。
    • 大学生が捕まりました。
  10. 新鮮なブロッコリーは、蕾が紫色っぽいのを選ぶと良いらしい。
  11. 最近は発芽したばかりの芽も売ってます。(洗ってサラダにどうぞ。)
  12. 電子レンジで加熱するときには、細かく切り離さないで束ごとラップを軽くかけて加熱すると良いそうな。

ほうれん草[編集]

  1. ポパイ。
    • 缶詰なんてものがあるのか。
      • めちゃ不味い。ポパイは、子供達にホウレンソウ(の缶詰)を食べさせるためのキャンペーンキャラクター。
  2. おひたしや胡麻和えなど、一度茹でてから使われることが多い。
    • アク抜きのため。そうしないとえぐみで食べられない。
    • 又は油炒め。これとベーコンの油炒めは某レストランの定番メニュー。
  3. 鉄分が多い。但し、小松菜の方が多いらしい。
    • 日本テレビの「所さんの目がテン!」で、コレから本当に鉄を取り出した。
    • 小松菜はほうれん草にそっくり。岡田眞澄がスターリンにそっくりなのと同じ位似ている。
  4. 実は生食のホウレンソウはほぼ日本で自給できている。
  5. 社会人として重要なことの一つ。
    • 漢字で「報連相」。
      • 報告も連絡も同じだと思う。
        • マジレスすると、概ね報は上下方向、連は左右方向である。
  6. 南無妙法蓮草。
  7. アカザ科の植物。
    • 仲間にはビートやオカヒジキが居る。花の付き方は何となく似てる。
  8. きんどーちゃん
    • ちょーっ!
    • いいかげんにしてください!!
  9. どーでもいーけど~
  10. 漢字だと「法蓮草」「鳳蓮草」「菠薐草」などと書くらしい。
    • 菠薐とは今のイラン・イラク辺りの地名らしい。

モヤシ[編集]

  1. THE IDOLM@STERファンにとっては大切な野菜。
  2. 安い。
  3. タンメンなどの野菜系ラーメンにはよく入る。
    • 片栗粉でとろみを付けてあるので何時までも熱々のままになる。
      • 二日酔いの上司が「今夜も飲むんだ」と言いながら昼食時に汗だくになって食ってた。そこまでして酒を飲まなきゃいけないのかと疑問に思った。
  4. イタリアンには欠かせない。
  5. 日野の中型バス。
  6. 漢字で書くと「萌やし」
  7. 世界の破壊者の事。
  8. インドア派で体を鍛えてない細くて白い人のこと。
  9. 炒め物に使うと水分がたくさん出るので味が薄まってしまう。気を付けなければいけない。
    • 中華料理では一回湯通ししてから炒める。こうすると水分が余り出なくなるらしい。
  10. 最近、中国から輸入しているモヤシ用の豆が減少しているらしい。
    • 他の作物の方が儲かるから転作してしまう農家が増えているらしい。
  11. 昔所さんの目がテンか何かで車を持ち上げていた。意味があるのかは覚えてない。
  12. 小学生の夏休みの自由研究用にモヤシ発芽観察セットが売っている。1週間でOkだそうな。
  13. 密閉状態で発芽させると圧力が凄いらしい。モヤシの圧力で工場のタンクが爆発した事故があった。

モロヘイヤ[編集]

  1. エジプト原産。
    • そのせいかスーパーで美肌効果とクレオパトラを絡めた宣伝をよく見かける。
  2. 茹でて食べると粘り気がある。
  3. 食べられるのは葉と茎。
    • 意外にも種には心臓毒がある。
  4. アオイ科だって。
  5. ほうれんそうのおひたしだと思ってこれのおひたしを食べると…
  6. わが胸も 夏の野菜も もろ平野

レタス[編集]

  1. キャベツと似ているが仲間ではない。
  2. 煮ても意外と美味しい。
    • チャーハンに入っていることも。おいしい。
  3. これだけで作ったサラダは俗に「ハネムーンサラダ」。
    • 新鮮なレタスには弱いながらも催淫作用があるらしい。
    • 「レタスだけ」を英語にすると、意味が分かるとか。
  4. レタスは「金っ気を嫌う」と言われる程、金属の物との相性が悪い。
    • 生で食べるサラダにするときは金属製の包丁やボウル等は使うと変色が早くなるので禁止!
      • 包丁はセラミックならOK。ボウルはプラスチックか木のものを使いましょう。トングも木製の物が推奨です。

果菜[編集]

  1. 果物と野菜の中間だから果菜…というわけではない。

オクラ[編集]

花も実もあるオクラ
  1. ネバネバ系。
  2. 日本語っぽいが、オクラは英語。(okra)。
    • グラハム・カーさんも、これを調理するとき「オゥクラ」と言っていた。
    • 元々はガーナの言葉に由来するらしい。
  3. ここではないし、こことも違う。
  4. 山の上にあるやつはとても有名
  5. 最近は大きくなっても硬くならない丸オクラという品種もあるようだ。
  6. 実はなぜか上向きにつく。
  7. アメリカ南部料理で良く使う。

トマト[編集]

トマト
  1. こんなに赤いのに、ちよは美味しいと言った野菜。
  2. 意外と色々な点で分かれるポイントが多い野菜でもある。
    • 生の物はダメで加工品は食べれる人、その逆の人、両方大丈夫、両方ダメ、加工品も一部がダメなど。
    • 砂糖、マヨネーズ、塩、ドレッシング、そのまま…など生で食べるときの調味料。野菜は多くがそうだが、「砂糖」が入るのはこれくらいなもの。
    • 野菜か果物かでも分かれるよね??
      • トマトって野菜、果物どっち?
    • 殿方に嫌いな人が多い気がする。
  3. 赤系の野菜ジュースだと主役。
    • ジュースはドラキュラの飲み物?
  4. 逆から読んでもトマト。
  5. 日本に入ってきた当時は観賞用だったことは有名。
    • ヨーロッパでも毒があると信じられていたため、食用とされず専ら観賞用だった。
      • が、貧困のため空腹に耐えかねたナポリ人が食ってみたところ「これは美味い!」とヨーロッパ中に広まった。
      • 「赤い悪魔」とも呼ばれていた。
  6. スペインバレンシア州ブニョールにおいて行なわれる祭りの武器。
  7. ナス科。ナスとトマトの花をくらべると、色は違えど形はそっくり。
    • 漢字表記は「赤茄子」。
      • アカナスって標準和名の別の植物もある。ややこしい。
        • ちなみにこちらは全草が毒。実は真っ赤に色づくのでトマトに似てないこともないが…。
  8. 第二地方銀行。
    • なぜ岡山でトマトなのだろうか?
      • で、名産を元に、勝手に改名を考えてみる。
        1. マスカット銀行。よさそうだが、ここの首都名なので、彼の国の銀行と間違われるので、却下。
        2. 桃銀行。略して「桃銀」。パッと見「桃鉄」と間違われるので、却下。
        3. ままかり銀行。ご飯は借りられるが、お金は借りられないようなので却下。
        4. きびだんご銀行。不良債務者は退治されてしまうかも?
  9. 夏休みの食事は、これをおかずにしてご飯を食べてました。
    • 冷やし中華の麺の上にも乗せていました。
  10. 自家菜園でやろうとすると、難易度の高さに辟易する。
    • 雨に当てられないし、かといって日当たりの悪い所も嫌いという、気難しいコである。
      • 乾燥帯の作物なので、水をやりすぎてはいけない。
    • 逆に一番簡単なのは同じナス科のジャガイモ
      • だからって合成させることはないと思うが…(ポマト)
        • 創ってはみたものの、地上部のトマトにも、地下部のジャガイモにも養分が充分にはいきわたらない中途半端な作物になったと聞いた。
      • ミニトマトはすごく簡単だったりする。
  11. 2009年現在、北海道電力最大の出力を誇る発電所
  12. 2007年頃まで新潟日報に載っていた4コマ漫画。
  13. 料理人たちの間で「汗をかかせろ」といわれている野菜。
  14. 栄村にはトマトの国がある。
    • 子供の頃トマトが嫌いだった俺は、どれだけトマトを食わされるのかと終始ビビっていた。
  15. 常磐線各駅停車と快速の車両に「トマト」と書かれているところがあるらしい。
  16. トマトケチャップは労働者の栄養事情を改善しようとイギリスの医師が開発したもの。イギリスでは生のトマトの酸味が嫌がれたそうな。
  17. 科学博で「トマトの木」というのが展示されていた。水耕栽培で実が二万個もなったそうな。
  18. トマトジュースはアメリカの禁酒法時代に広まったという話がある。
    • ウォッカやジンを入れた「酔えるトマトジュース」がバーで出されていた。
      • ウォッカを入れたのが「ブラッディ・マリー」、ジンを入れたのが「ブラッディ・サム」というそうな。
  19. イタリアンメキシカン料理ではよく使われる。

ミニトマト[編集]

  1. 小さいものを「ミニトマト」と言うか、「プチトマト」と言うか。
    • 更に小さい「マイクロトマト」なる品種も登場した。
    • 「チェリートマト」ともいう。
  2. 小さく彩り鮮やかなので、パセリ的な使われ方(お飾り)をすることもある。
  3. 赤はもちろんオレンジや黄色だけでなく、黒や緑のものもある。
  4. 普通のトマトと比べて栄養価が高いらしい。
  5. プチトマトを凍らせるとアイスの実になる。

ナス[編集]

  1. 那須の名産ではない。
    • でも某元女優はこの地で栽培しているらしい。
  2. 秋のこれは嫁に食べさせてはいけない。
    • 「~なーんてな事を申しますなぁ、ミスター!」
      • 嫁の体が冷えるので妊娠しにくくなるという言い伝えもある。
    • サバも同類らしい。
  3. スポンジのように油を吸うので油料理に向いているが、その分カロリーに注意する必要が出てくる食材。
    • 特にマーボーナスは注意。
    • 天ぷらが美味。と言うかナスのない天ぷらなんて(以下略
  4. トマトは同じナス科ナス属なのは実や花からも想像が付くが、実はジャガイモも同じナス科ナス属。
    • ナス科まで範囲を広げると、ピーマン唐辛子タバコ、チョウセンアサガオまでこれに属する。
      • 「なすか」と言ってもペルーの地上絵がある場所ではない。
      • この科は毒草の宝庫。
        • マンドラゴラもナスの仲間らしい。
  5. ゴルフボール大の小さいものからハンドボールくらい大きなもの、ズッキーニのような長いものまで本当にさまざま。
    • ナス農家で「水ナスの本当の美味しさを味わって欲しい」と漬物屋を始めちゃった人が京都にいるらしい。
  6. おたんこって何だろう?
    • 諸説いろいろあるけど、「おたんちん」が語源って話があるね。何のことかと言うと、つまり×××が短小・・・。
    • 「炭坑」の近くで育った、灰がかぶって売り物にならない出来損ないのナスって説も。
  7. ナス科はラテン語では「Solanaceae」、発音は「ソラナケアエ」、なんとも出家しそうな読み方だ。
  8. 一時期Q3とCS:Sで日本の頂点を取ったプレーヤー。
  9. キノコとくっつけると毒文章をはき出す。信者多数
    • ナスと毒キノコを合わせると大丈夫というのは迷信。
  10. 簡易ファイルサーバ内蔵ハードディスク。
  11. 長門有希
    • 少年エースの読者でなければ分からないネタを…今度、本当に景品になるらしいが。
  12. アメリカ英語ではeggplantだが、なぜそんな名前なのか日本人は理解できない。
  13. キュウリ同様、怪しい使われ方をされるイメージがある。
    • 嫁に食わすなというのは、決して「嫁に与えるとヘンな使い方をするから」ということではない。
  14. これがママならキュウリがパパ。
    • 精霊馬や浅漬など、セットで扱われることが多い。
      • 精霊馬がご先祖さまをおむかえする役なら、ナスの方はお送りする方。
  15. 高橋名人が嫌いな食べ物。
  16. 某男子寮漫画の作者。
  17. おたんこなーす
  18. 巫女巫女ナース
    • 正しくは、巫女みこナース!でした。
  19. 管楽器をつけると、ドイツの戦車駆逐車になる。
  20. 水ナスは元々は泉州貝塚近辺でしか栽培されず、水ナスの浅漬けもその辺でしか消費されなかったのにちょっとずつ有名になってきてる。
    • でも「じゃここうこ」なるエビと和えた郷土料理はまだまだマイナー。
      • あれ、郷土料理やったんや…… 余ったやつを卵と絡めて軽く火掛けてやったんをご飯にのっけると旨いのは秘密。
  21. 焼きナスや揚げナスの色は茄子紺と呼ばれる色になるのがベストなんだとか。
    • 加熱すると紫から色が抜けていき、丁度良い加熱状態のときに茄子紺に変るのだそうな。
      • でも白や茶のナスはどうすればいいのかは不明。
    • 焼きナスに関しては新潟市にその名も「やきなす」という品種がある。
      • それ以外も含めてナスの栽培面積のトップは実は新潟だったりする。
  22. 身近な野菜のため諺にも多く登場する。瓜の蔓に生ったりとか。
  23. 水ナスや賀茂ナス等の大きなナスは不要な実を剪定しないと大きくて美味しい実が成らないらしい。
  24. 色々な漬物があるが、カラシの中に直に漬け込まれるものは小ナスぐらいしか思い付かない。
  25. あだ花(ばな)が つく確率は、1000分の1未満らしい。
  26. ありがとナス!

ピーマン[編集]

  1. ごめんねピーマン。(「にこ○こぷん」のポ○リの曲)
    • ピーマンだめですよ~♪(初期の空耳アワーより)
    • つまり人によって好き嫌いが激しい食べ物である。
      • 特に子供は嫌いな子が多い。苦味が問題であるようだ。
        • 「江川・ピーマン・北の湖」
    • 他のアニメキャラたちの間でもニンジンと並んで昔からよく嫌われている。
  2. 中が空洞。入っているのは空気と種。
    • その分、肉詰めなどがしやすい。
    • 輪切りにするとピザの上などで映える。
    • 死語ですが、ちょっとオツムが弱い人の例えで使われていた。「頭が――」
      • 稀に青虫が入り込んでいることがある。その場合はゴミ箱直行となる。
  3. 実はナス科
  4. 最初の「ピー」は別に伏字というわけではない。
  5. 「ピーマン」とはフランス語で「唐辛子」という意味だ。
    • 英語では「グリーンペッパー」
    • 植物学的には間違いなく唐辛子の一変種なのだが。
    • さらに違う色の仲間(パプリカ)がある。こちらはあまり苦くない。
  6. 生産日本一は宮崎
    • 赤ピーマンも生産している。輸入パプリカと比べると随分小ぶりで普通のピーマンと同じ大きさ。
  7. 半濁点をとったら…
  8. 青椒肉絲(チンジャオロース)の青椒はピーマンのこと、まさに主役の料理のはずなのだが…なぜか外食の青椒肉絲は、主役のピーマンの量が少なく、脇役のタケノコが大量に入っていることが多く、ピーマン好きには不満。
  9. 「料理の鉄人」のオープニングで鹿賀さんがかじってた。
    • 「私の記憶が正しければ~」。最初聞いたとき何事かと思った。
  10. マンが付くからって、特にヒーローとかではない。
    • 子供からは嫌われている。アンチヒーローである。
  11. ピーマンの中の空気を吸いながら潜水すると、10秒ほど長く潜れるらしい
    • それ、ピーマン嫌いな人が半分気を失っているからでは?
  12. ピーマンの細胞は縦長。なので縦に切ると細胞がそのまま残るので苦味が強くなる。横に切ると苦味が減る。



関連記事