衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。
カザハナ氏の管理者信任投票が行われています(~11/3)

金田一少年の事件簿 (ドラマ)

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

初代[編集]

  • 金田一:堂本剛、みゆき:ともさかりえ、剣持:古尾谷雅人
  1. 初代のドラマ版が一番好評。
    • OPの曲と自転車のシルエットが印象深く、金田一と言えばこれと言った人も。
      • 犯人の自白、自殺シーンで流れるBGMの雰囲気が素晴らしい。
    • だが、無駄にグロテスクな部分が多く、被害者が殺される場面が生々しい。いちいち殺される瞬間を回想するな。
      • ナイフでめった刺しや鉄の処女の殺害シーンなどは、当時の子供たちのトラウマ。冗談抜きで。BGMも怖い。
        • 「怪盗紳士の殺人」での気絶した被害者の目を潰すシーンも回想で映像化した。よくOAできたな。同局でOAされたアニメ版ではガムテープで目隠しするに改変されたというのに。
      • カッターナイフや斧であんなに血は飛ばないだろ……。
    • じっちゃんの名にかけて!の時の無駄に回るカメラアングルが好き。
  2. 原作ではただの容疑者の1人に過ぎなかった真壁と鷹島をなぜかやたらとプッシュしている。
    • 真壁は原作では屑だが、ドラマだと普通に良い奴。先輩から同級生に変更もされている。
      • 何かと損な役回りに立たされることが多い。
    • 反面鷹島はなぜか色んな役を兼任したせいで設定が滅茶苦茶になっている。改変した理由も不明。
  3. 剣持のおっさんもやたらと格好良い。
    • 俳優が自殺したと聞いた時のショックは大きかった。
  4. 反対に明智は最悪の部類。原作から嫌味な部分以外を取り除いた感じ。
    • 金田一少年の殺人回は、ただの悪役。警視と思えぬ失態である。
    • しかもこの明智が原因なのか、後の作品でも明智は封印される羽目となった。
      • 別に初代からキャラを原作に忠実に変えればいい話で、いつまでも過去を引きずる理由が謎。
    • 外見も変だ。
  5. 墓場島はグロさと改悪さが酷い。
    • というか、ある人の自殺の原因を作ったお前に復讐する権利はない。
    • 何のためにケイン・コスギを招待したのか。
      • 演技とは言えど、他の役の面目丸潰れである。
    • 初代屈指のグロシーンにして、最凶のトラウマ回。
      • 夜中に見たら間違いなく眠れなくなるレベル。
      • 動機は殺された家族の復讐だが、これではただのイカれた殺人鬼である。
  6. 異人館村殺人事件は、もはや闇に葬られた存在。
    • 盗作疑惑が発覚した回だし仕方ないね。
    • 本編の時点で歴代最グロなので、見ない方がいいです。
      • これと言い、制作側は悪趣味にもほどがあるだろ…
    • 何気に原作者がカメオ出演している。(当たり前だが初代の方である。)
  7. 美雪の出番がろくにない回もあれば、金田一がろくに出ない回もある。
    • スケジュールの都合だろうか。
    • 美雪が(唆されたとはいえ)金田一の依頼料を横領するのは流石にどうかと思う。

二代目[編集]

  • 金田一:松本潤、みゆき:鈴木杏、剣持:内藤剛志
  1. 2代目の金田一は金田一じゃない。
    • 金田一は三枚目であって決して二枚目ではない。
    • 妙にBGMが暗い。
    • 「3代目よりずっとマシ」との声も多し。
  2. 高遠は完全に黒歴史。
    • 高遠役は下手したら実兄よりも老けている。
  3. 無駄にMr.マリック指導の元で行われたマジックが凄い。
    • 作中では仕掛けが明かされなかった「生きたマリオネット」も完全再現している。
  4. 美雪が半ばフミ化している。
  5. 斑目揚羽の扱いは悪ふざけ。この名前のまま、男に化けた。

三代目[編集]

  • 金田一:亀梨和也、みゆき:上野樹里、剣持:加藤雅也
  1. 3代目は「じっちゃん嫌い」とか言う、コンセプト崩壊レベルの余計な設定が追加。
    • こんな設定でよく通したものである。
      • 結果的に連ドラ化ならず。
        • そして四代目まで8年程フランクが開いた。
  2. 放送されたのは「吸血鬼伝説殺人事件」
    • あのオリキャラは何のために用意したのだろうか。
    • 地味にももいろクローバーZの有安杏果が出ている。
  3. 終盤に差し掛かってもCMを挟み過ぎである。

四代目[編集]

  • 金田一:山田涼介、みゆき:川口春奈、剣持:山口智充
  1. ようやく戻った、ドラマ版金田一らしい金田一。
    • BGMも服装も初代に併せているという徹底ぶり。
    • 何気に金田一の髪型を再現したのは本作が初だったりする。
  2. 「今年の夏は、事件が多い」というキャッチコピーだが、嫌な夏である。
  3. なぜか左木が弟の方で登場。
  4. 「獄門塾殺人事件」の被害者役を台湾のキャラにしたのは何故なのか。
    • マレーシアとの共同作品とのことだが、何だって獄門塾にまで手を出したのか。
    • というか中屋敷を悪役に改悪するな。
      • 舞台が香港の事件は日本が舞台になっている。獄門塾じゃなくこっちを台湾と共同作品にすればよかったのでは。
  5. 国際指名手配犯の高遠。彼も偉くなったものである。
    • 残念ながらドラマ新作が出たとしても俳優が新規になることに。
  6. 「ゲームの館殺人事件」の犯人がある程度同情できるようになった。
    • どうでもいいが生馬のツイッターはフォロー数が3.8万人なのに、フォロワー数がたったの8人。不憫すぎる。
    • 何故梢の恋人役を上島竜兵にしたのか。
      • 年齢というかビジュアル的に無理がありすぎる。
  7. 探偵学園Qで主演だった神木君が登場。ただし容疑者扱い。
    • それに合わせたのかキャラ自体が改変されている。



関連記事