長野/長野

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本甲信越 > 長野長野

長野・長野
富山 新潟

安曇




松本 上小


伊那



伊那
山梨
愛知 静岡

長野地方の噂[編集]

新  潟 飯山
長  野 信濃
山ノ
飯綱
小川 小布施
   
千曲 須坂
麻績 筑北   坂城 上 田
  1. 長野県長野地方である。
  2. 飯綱ってイタチのことだ。
    • なんで飯綱がイタチなんだ?あの辺にイタチが多いから?
      • たぶん地元の山岳信仰のなごり。飯綱権現といって狐を使う神仏を祀っている。飯綱の由来も色々あるみたいですが、この場合は動物のイヅナというより妖怪のイヅナと解釈した方が妥当かと思われる。
  3. 松本方面の人間から認知されない。信州と見なされてない。
    • どうしてそうなるのか、長野地方の住民は頭を傾げるばかりである。
  4. 別名空中都市。文明は数千年遅れてるという。
    • 遅れているのではない、進みすぎて理解できないだけだ。
    • 松本市は長野より更に標高の高い場所に位置している。空中市である。
      • むしろ長野市は長野県の市の中では標高は低い方である。
  5. 冬場、女子中高生は制服のスカート+ジャージを普通に着用。寒いから。
    • いかにも田舎の純朴な女の子って感じで、俺は嫌いでない。
    • ジャージの上に短いスカート、スカートが意味をなしていないし、格好悪いと思うのは俺だけか?
  6. 漠然というとここも北信の一部に。
    • やはり中野飯山地方が北信なんだろうか?中野飯山は奥信濃と言った方が風情がある気もする。
    • 長野市の影響が強いので北信。
  7. コタツが無いのは6月から10月までのたった4ヶ月だけである。
  8. コンビニは圧倒的にセブンイレブンが強い
    • ローソンは大出店攻勢のあと閉店撤退が続いた・・・そしてローソンの空き店舗はエロ本屋になってゆく
    • 第三勢力としてサークルKの出店も著しい。だが閉店する店舗もまた後を絶たない
    • セブン以外のコンビニはあまりにも見ない。ファミマなんぞ存在を知らない。
      • 松本にあるのが悔しい。
    • ファミマが長野市内に初出店、圧倒的な従業員で他店を威嚇する。
      • 長野地方のみならず北信地区全域にも積極出店予定
      • 近くのローソンが心配
  9. 北信、長野市の記事共に、松本の人がユーモアの欠片も無いただの悪言でまず埋めてしまったのが悔しい。まともな噂話(?)が書けない。長野市の記事はもう書き込めないし。まぁ一々反論するのもユーモアが無いしな。

主な市の噂[編集]

須坂市の噂[編集]

須坂の最奥、四阿山の一角
  1. 猿が人間を支配している。
    • 野生の猿を見たことがある人は少ない。
    • 猿が人間を支配していたら、観光客がもっと増えるのにね。
    • 米子大瀑布に行く途中で野生のサルを見た!可愛かったよ。すぐ逃げちゃったけど。
  2. すべてのご家庭の庭にりんごの木がある。
    • 庭にはリンゴは植えない。
    • 須坂市の大抵の家では、半径100メートル以内のところに林檎畑がある。故に「庭に林檎の木がある」という表現は的を得ている。
  3. あの「天才志村動物園」で有名なカンガルーのハッチがいる。
    • ハッチを見に行くと大抵ごろ寝していて残念だ。
    • 永眠してしまって残念だ。
    • 目玉がいなくなって経営が不安。
  4. 臥竜山は竜が横たわっている姿に似ているところからその名がつけられた須坂を代表する山である。
    • 臥竜山には、「日本の名松100選」に選ばれた松がある。
    • その臥竜山がある臥竜公園の桜は「日本さくら名所100選」に選ばれている。
  5. もともと上高井郡(北信)だった。
  6. 立派な県立病院がある。
  7. 蔵の町並みが素敵だ。
    • しかし小布施に負けている。
  8. 須坂藩の城下町。陣屋の周りは特に雰囲気がいい。
  9. 菅平の一番奥の峰の原高原スキー場だけが須坂市のスキー場
    • 一番奥なので人は少ないし、雪質が飯綱・戸隠よりいいので長野市東部の人もよくいる。
  10. 富士通の工場城下町だったが移転してしまったので小布施町より寂れていっている。
  11. 過去に周囲の町や村へ合併申請をするも、何の魅力やメリットも無いことからあっさり拒否されてしまった。
  12. 道が複雑で、地元民には必ず迷子になる町と恐れられている。
  13. 腹が減ったらとら食堂。
    • あそこは地域の宝です。須坂の皆さん、大事にしてくださいよ。by他県人
  14. ニコニコ町会議の第一回が行われた町なのだが、肝心の町会議の知名度が・・・

千曲市の噂[編集]

ノート:長野/長野に、この項目に関連する画像があります。
  1. 松本市方面の地名が「筑摩」(ちくま)なのでややこしい。
    • 松本市の地名は本当は「つかま」
    • むしろ地名としてはそっちからの盗用?
    • 千曲川が流れているから千曲って名前に決まった。更級って昔の名前の方がいいのに・・・
  2. 大まかに、川東と川西の二つの地区に分かれている。その深くて暗い川の名は千曲川。
    • 川を渡る通学も稀じゃない。
  3. 日本歴史館と県立歴史館は名称がまぎらわしいが別物である。
    • 歴代天皇を奉ってある方が日本歴史館。
    • ダグラス・マッカーサーが「諾楽摩訶薩」として鎮座する方が日本歴史館。
    • 小学校の社会科見学に使われる方が県立歴史館。
    • 要約すると、右や左に思想の傾斜が大きいのが日本歴史館、傾きが無く、まともなのが県立歴史館。名前からも、「日本」と「県立」という時点で、なんとなく伝わってくる。(ちなみに、俺はどちらも行った事が無い。)
    • 日本歴史館&電飾寺の上にある荒砥城で2007年大河ドラマの収録が行われ、その模様は麗々しく市報に掲載されたが、メインキャストの誰もがその下にある建物に触れようとはしなかった。
    • 日本歴史館は閉館した。なんでも佐久にお移りあそばしたらしい。
  4. 難読地名が多い。
    • よく考えれば「千曲」も難読だよなあ
  5. とにかく鉄道の新駅を建設しようと頑張っている。
    • 屋代高校前と戸倉~屋代間と長野新幹線更埴駅とかなり積極的。
    • 2つ目の駅だが、「千曲駅」なんて名乗らせて良かったのだろうか?
  6. 更級郡と埴科郡の町村が合併したために更埴市になったが、戸倉町と上山田町も更級郡と埴科郡だったため千曲市に市名を変えた理由がよくわからない。
    • 更埴はいい加減な市名だった。千曲の方がまし。
    • 合併の際の新市名として「千曲市」と「更科市」が上がったが、「更科市」は住民投票によって否決された。
      • 俺は更科の方が好きだったな。
  7. 旧戸倉町の温泉地と旧上山田町の温泉地は妙に至近距離だった。
    • 纏めて戸倉上山田温泉と云われることが多い。
  8. 有力県会議員下崎保の地元
    • 国道18号バイパスを曲げて、下崎建設の目の前を通した。
    • 千曲川の川幅が狭いとはいえ千曲市の橋の多さは異常。そして下崎議員からの年賀状には、やたら立派に作られた千曲橋が印刷されている。
    • 篠ノ井橋、粟佐橋、千曲橋・・・3㌔弱ほどの間にこれだけの橋がある。ここに更に18号バイパスの橋も掛けられる予定。
    • 県立歴史館の誘致にも下崎議員の力が遺憾なく発揮されている。
  9. 千曲川に掛かる冠着橋は、TVにも紹介された4段階に幅員が変わる橋である。
    • 上流に新橋が既に建設中。きっと2011年の下崎議員の年賀状の図柄は、新冠着橋になる事でしょう。
  10. 森のアンズが有名である
    • 森地区の一番奥に、怪しい車屋がある。近づいてはいけないらしい。
    • 新日本紀行で取り上げられたことがある。
      • 今ではあんずの里アグリパークができ綺麗に畑が整備され昔ののどかな農村の風景は失われてしまったが、整備された杏が一面に咲き誇る姿もそれはそれでとても美しい。
    • お隣の倉科地区もあんずをたくさん作ってるが、有名じゃない。森にばかり観光地が集中している。
  11. 森将軍塚という東日本屈指の巨大古墳がある。
    • 竪穴式の石室は、日本最大規模だとも。
    • 大昔の条理制の名残のある広大な田がある。昔はかなり栄えていたらしい。
  12. 御柱で人が死んだ。山から落とすときにではなく社で御柱を立てるときに倒れてきた御柱の下になって死んだ。
  13. R403の姨捨を過ぎ聖高原に向かう最初のヘアピンカーブはアラレちゃんカーブ(あるいはコーナー)として有名。ポイ捨てを注意喚起する内容で、缶を捨てる車を怒った表情のアラレが追いかける構図の巨大看板が目を引く。
  14. 屋代の道端に、そこそこ大きい24時間稼働のたまご自動販売機がある。
    • サイズも種類も数も豊富、エサにこだわってるとの事で美味く栄養価の高いたまごだそう。

更埴[編集]

  1. 元・更埴市。中年層にこの市の名前を言うと「好色市?」と聞き返された。
    • インター近くのホテル「アプリ」はいいよ!好色でないヒトにもオススメです。
    • 更埴インター付近はラブホテルが乱立している。
    • 昔、更埴中央病院(現千曲中央病院)に入院した時、東京から来る見舞いの友達が病院名を聞いて無駄に興奮した。
  2. 更埴ジャンクションで長野道が上信越道に合流するが、構造はむしろ上信越道が長野道に合流する形状である。(長野道から来るとそのまま真っ直ぐで上信越道となる。)こんな事なら藤岡JCT~更埴JCTを「上信道」、岡谷JCT~上越JCTを「信越道」とした方が良かったのではないか?
    • 更埴ジャンクションはその構造的欠陥から頻繁に事故が起きて、車やトラックが時々空から降ってきていた。
  3. 稲荷山は明治時代、北信で一番でっかい商都だったらしい。
    • とうとう重要伝統的建造物群保存地区に指定されたのだが、気づいていない住民もいるとかいないとか。
  4. 郡制施行の際に更級郡と埴科郡が統合されていたらこんな名前になっていそう。

戸倉[編集]

  1. 戸倉宿キティパークという公園がある。
    • 某人気キャラクターとは全く関係ない。
    • 千曲天狗という大きな天狗の像がある。
    • 戸倉上山田中学校には20年近く前に生徒用の喫煙室が設置されており、全国版の社会面に掲載されるニュースになったことがある。
      • これだけだと誤解されそうなので書いておくと、ただ喫煙は体に悪いと指導しても不良生徒は聞く耳持たないので、それならいっそ喫煙室を設置して不良生徒を集め語り合って家庭の問題など含め指導をしようという話。

上山田[編集]

大河ドラマロケ地・荒砥城
  1. 力石はいったん分離するもその後再び編入。
  2. 上山田温泉は、善光寺で身に付けた徳を洗い流してしまう「精進落しの湯」として知られている。
    • 大分寂れているが、飲み屋の数はやっぱり多い。
    • 山側に巨大な廃墟ホテルがある。
    • 千曲市内だが、最寄りICは坂城町の坂城IC。
    • 精進落としって精進の期間を終えるってだけで徳を洗い流す訳ではないのでないのでは?いずれにせよ良い温泉ですけど。
  3. 上山田支所から登ってゆく四十八曲峠。頂上のお化けトンネルには、夜本気で近づかない方がいい。
    • 新トンネル(坂上トンネル)ができて通る必要も無くなった。
  4. 上記にも記載のある廃墟になった日本歴史館と荒砥城はここ。荒砥城は歴史的に重要なわけではないが、ふるさと創生1億円事業で戦国時代の砦が再現され、大河ドラマのロケにも使われた。
  5. 夜の山に戸倉上山田温泉の文字がライトアップ。(したはず)

埴科郡の噂[編集]

  1. 千曲川以東の松代から坂城にかけての地域が埴科郡だった。
  2. 坂城町しか残っていないのに、その坂城町の西半分(千曲川以西)は元更級郡。純然な埴科郡域は僅かしか残っていない。

坂城町の噂[編集]

  1. 長野市や千曲とかよりも上田との結びつきが濃い。
    • 北信でもあり、東信でもあるらしい。
      • 一応北信、でも生活圏、経済圏などの結びつきはほぼ完全に上田。
  2. 町内を横断する国道は渋滞が常である
  3. 有名な日本刀の鍛冶がいたことと、鉄製品関連の企業が集まるために「鉄の町」を標榜している。
    • 乾燥した気候が製鉄に良いそうです。
    • 小さい町なのに合併しなかったのは鉄関連企業の税収があるから?(根拠ない推測ですが)
  4. この町の英雄はかの武田信玄を2度も撃ち破った村上義清。武田信玄を破ったのは村上義清ただ1人!
    • 確か、北条も信玄から小田原城を守りぬいたことがあるはず。
      • 北条は籠城戦で守り勝ち(しかも武田軍撤退時の追撃戦・三増峠の戦いで北条方が負けてるし)っていうのと、野戦で撃破したのとの差は大きいのではなかろうか、地元の人にとって。
        • 籠城だと後世まで史跡が残って観光地になるけど、野戦じゃぁただの原っぱだから何もない。それこそ、教科書に乗る川中島の合戦レベルでないと客は来ない。
  5. 「ときめきメモリアル2」の登場人物「坂城匠」はこの町出身のスタッフがいた事にちなむ。
    • 鍛冶の匠がいたからですね。
  6. 中之条には御公儀の代官所があった。

上水内郡の噂[編集]

  1. 水内郡が上下に分割されて誕生。犀川以北・千曲川以西が水内郡だった。
  2. 信濃国にあった10郡のうち6郡が明治になって分割されたが、水内・高井・伊那は「上下」で、佐久・安曇・筑摩は「南北or東西」である。南水内郡・北水内郡ではいけなかったのだろうか。

小川村の噂[編集]

  1. 平吉さんの李平
  2. 全国各地の「小川さん」を村に集結させようとしたことがある。
  3. 村長選挙が2票差だった。
  4. おやき村という急な山道を登りきった先にある観光施設がある。近くにおやき神社というのもある。ここのそばがウマイ。ちなみに長野市にも系列店舗がある。
  5. オリンピック道路開通で県道が快適な道になった。旧道跡の敷地があっちこっちにある。

飯綱町の噂[編集]

  1. 飯綱山からついた町名だそうだが、その飯綱山は町域のかなり隅っこだ。
    • 合併前の牟礼村、三水村の小学生は進学するとほぼ全員、三水・牟礼の行政組合が建てた飯綱中学校へ進学する。合併する際にこの2村が合併する上で双方納得し易い名前が飯綱だったからと思われる。
    • もっともいいづなやまの正式表記は「飯縄山」である。
    • 飯縄山の山頂は長野市で飯綱町はその直前までしか町域がないのよね…
  2. 飯綱高原は長野市になる。
    • 飯綱高原スキー場は長野市だが、いいづなリゾートスキー場は飯綱町でややこしい。
    • 飯綱高原は既に長野市に使われてしまっているので、苦し紛れに「飯綱東高原」を自称している。
      • 似たような理由で、町の北側にある斑尾山の北斜面は、飯山市の斑尾高原があり、山の南斜面の飯綱町側は「斑尾南高原」と自称している。
      • 昔は「飯綱高原東山麓」って言っていたのよね。
    • まぁつまりこの地域の観光産業はかなり遅れて始まったことをあらわしている。
  3. 町民の殆が通わない高校が町内にある
    • その高校では生徒がタバコを吸うと、匂いに釣られて教師がタバコを貰いにくるらしい
    • 前出の飯綱中学校卒業生の約半数がその高校に進学する。
    • 駅から急坂。
  4. 牟礼村、三水村合併前、牟礼側の住人が三水側に「用水にカネ掛けすぎだろ」とケチをつけた。
    • 牟礼側のの住民が三水の用水を視察した際、旱魃で牟礼側が代掻きができなかったときに、三水の田では用水のおかげで余裕で代掻きをしている様子を見て、激しく嫉妬した。
    • この様子を視察したため、牟礼側が三水側の用水について表立って文句を言うことはなくなった。
    • しかし、合併後牟礼側飯綱リゾートにからむ不良債権問題が表面化。この一連の流れの中、牟礼と三水が一体化するのは100年は掛かると見られる。
    • そもそもこのあと100年飯綱町が存続するという保障はどこにもない。
  5. 合併直前にドラマがあった!
    • 合併前に協議会で滞り無くそのお膳立てをしたが、最後の最後に牟礼村議会が合併を否決した(賛否同数で最後は議長による決裁)。たまたまその直後にあった村長選で合併推進の現職(当時)が大差で再選したので、その後、議会も合併に賛成した。
      • 議会で賛否同数に至るには、ここには書けない画策があったらしい。
        • 元々牟礼村議会の定数は16人で、議長を除けば15人で奇数だったのにね…
      • ちなみに当時の議長は、「現状維持の原則」を持ち出したのね。

牟礼[編集]

  1. 大昔、横手地区で映画「野菊の墓」のロケが行われた。
  2. 飯綱東高原の霊仙寺湖で、「いきなり!黄金伝説。」の極寒のワカサギ釣り対決のロケが数年間行われていた。
    • 霊仙寺湖畔は、韓国ドラマ「天国の樹」のロケにも使われたのよね。
  3. 道路だと長野市の中心街が近いこともあって、旧「村」ながら結構な住宅団地もある。

三水[編集]

  1. 国道18号線沿いに「普光寺」という地名がある。字面が似ているせいか、たまに「善光寺」を探す人に道を尋ねられることがある。
    • もちろん寺院としての普光寺は存在する。
    • だが普光寺は、一発で変換できないし、変換候補にも出てこない。
  2. 三水地区の旧役場跡周辺は地震がくると、いつも周辺より1段階高い震度を記録していた。だがそれを誰も疑問に思うことはなかった。
  3. 「さんすい」ではない。
  4. 鉄道が通っていないように見えて、実は通っていた。
    • 但し三水側に駅は無い。鉄道を利用したければ川向こうの牟礼に行く必要がある。

信濃町の噂[編集]

  1. 東京の信濃町と勘違いされる。
    • しかも、東京のほうの「信濃町」はろくでもない某新興宗教の町として全国的に有名なため、正真正銘、信濃国の信濃町まで変な勘違いをされる。(出身が信濃町だというと、某新興宗教の関係者や信者だと思われる、等)
    • もう、「黒姫町」とでも改名したほうがいいと思う。
      • あるいは「野尻湖町」か。
  2. ナウマン象が歩いている。
    • 国道18号を走っていると、「ナウマンゾウ発掘地」という奇妙な交差点名がある。
      ナウマンゾウ発掘地交差点
      • 国道18号沿いにナウマン像のモニュメントがある。
  3. 小林一茶・野尻湖・黒姫高原・ナウマンゾウと観光資源はそこそこあるが活かせていない…。
  4. 黒姫に火の玉が出たことがあるらしい。
  5. 実は戸隠に次ぐ蕎麦のメッカ。
    • ここのお蕎麦は霧下蕎麦と言われている。
  6. 野尻湖は県内第二の大きさの湖だ。
    お隣より望む野尻湖
    • 水質がよく保たれていて、透明度が高い。
    • バスフィッシングのメッカ、糸井重里が頻繁に来る。
    • 湖内の弁天島にカップルで行くと、弁天様のやきもちで別れるらしい。
      • カップルが野尻湖に入水自殺すると女性だけ助かるらしい。弁天様が助けてくれるとの事。
    • 貯水量は同県内の諏訪湖も上回る。
  7. お隣の妙高高原と合わせて新潟か長野だかよく分からん町。
    • 家の建ち方が新潟っぽい。(防雪対策の跡がはっきりと感じられる)
    • ところが、国道18号を走っていると県境あたりからいきなり走りやすくなるので新潟県を実感する。角栄マネー。
      • これを感じるのは、ズバリ冬の除雪頻度。
    • 隣の飯綱町に縦型信号が導入されたのはつい最近であるが、ここはかなり前から縦型信号がデフォであった(飯山や白馬も同様)
  8. 野尻湖のナウマン象博物館は建物の形がナウマン象の形を意識しているっぽい。
    • 中にはナウマン象の実物大模型がある。ただし注釈として「…その後研究が進み、足の形などは模型とは異なっていたことがわかってきました。」みたいなことが書いてある。作り直す予算はなかったらしい。
  9. 道の駅しなのが信濃町インターの隣にあるが、接続する国道バイパスが中途半端にしか作られていないため、ここの立地も中途半端になってしまっている。
  10. 黒姫山は標高2000メートル超の結構な山だが全域が信濃町。

上高井郡の噂[編集]

  1. 高井郡が上下に分割されて誕生。水内郡との境は千曲川。

小布施町の噂[編集]

  1. 栗ようかんが有名。
  2. 栗おこわが有名。
    • 小布施パーキングエリアの栗おこわがおいしい、個人的には有名店で頂くよりおいしいと思ってしまった・・・
    • 小布施町ではないが、小布施竹風堂の長野市の松代店で食べた栗おこわの定食は旨かった。
  3. 秋になると、町中に栗の香りが漂う。
    • こりわ、ウソ。
    • むしろ香ってほしい (笑
    • 『初夏及び梅雨時に、栗の花のニオイが充満する』が正しいと思われる。
      • 土手の下の河川敷からも強烈に匂ってくる。
      • 若者達も目立たない場所で、香りの拡散に一役買っているらしい。
  4. 桜井甘精堂の和菓子が有名だが、値段はボッタクリである。
    • 本店周辺は混むので18号線沿いの支店で買うとよろし。
    • 高いが、うまいから許す。
  5. その昔、葛飾北斎が遊びに来てた。
    • 今では観光資源に。
  6. 映画「羊のうた」のロケ地になった。
    • 上田市やお隣の須坂市もロケ地になったのだが、残念な事に公開当初長野県内で上映した映画館は無かった。
  7. 栗かのこも有名。栗落雁も有名。
    • なにせ上記の桜井甘精堂の他にも竹風堂、小布施堂と有名どころがあるので。
    • 長野県だからって、松本あたりに観光に行ってもおみやげで買っていったりする。
  8. 北斎美術館とか日本のあかり博物館とかがあり観光地化している。メインはその近隣でしのぎを削る上記の栗おこわ・栗鹿の子・栗落雁の「小布施道」「桜井甘精堂」「竹風堂」ですけど。
    • でも道は普通の2車線なので観光シーズンは渋滞するよ。
  9. レンタサイクルもある。観光用にどうぞ。…っていっても、観光地は上記北斎美術館近隣に固まっているのでそこまで行けばあとは徒歩で充分な気もする。
  10. 「一生に一度は行きたい世界の図書館」に選ばれた図書館がある。

高山村の噂[編集]

  1. 200年の歴史を持つ山田温泉大湯がある。
  2. 七味温泉の旅館群には番地が付与されていない。例:『長野県上高井郡高山村七味温泉紅葉館』など。。。
  3. 小林一茶の門人(本当はパトロン)が大勢いたので一茶館にある一茶のお宝の数は日本一。
  4. 2011年9月にサントリーから「ジャパンプレミアム 高山村シャルドネ 2009」というワインが発売された。希望小売価格3020円。
  5. 2011年10月JA須高から高山村産リンゴでつくったアイスワインが発売された。375ミリリットル3000円。
  6. リンゴを買うならJA須高高山共選所がおすすめ。
  7. 高山村役場の裏にある食堂「いちい」の堅焼きソバは美味しいと評判。
  8. 「賤ヶ岳の七本槍」で有名な戦国武将・福島正則が移封され晩年を迎えた地であり、屋敷跡地と火葬場跡が残っている。が、駐車場がないため行くには不便。



関連記事