関口宏の東京フレンドパークIIファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. ゲーセンでは必ずエアホッケーをやる。
    • エアホッケーはこれが始まるまで今ほど人気があるようなものではなかったが、この番組で人気が出た途端にゲーセンでも稼ぎ頭になって今や大きなゲーセンや家族向けのゲーセンになくてはならない存在になった。
  2. 視聴者プレゼントにも応募した。
    • 勿論欲しい商品は「全部」。
    • 当選して、出演者が的を外したときにはショック。
      • 当たった品が自分には全く役に立たない物だと複雑。
        • ザキヤマが当てたワイシャツ100枚セットだとか・・・。
  3. ホンジャマカのコスチュームデザインにも応募した。
    • そしてビッグチャレンジの時の石塚のギャグを毎週楽しみにしている。
  4. エアポンプがあれば上下したくなる。
    • 一時期第3アトラクションがフラッシュザウルスに半固定されていた時には「いい加減他のアトラクションやれよ」と思った。
  5. ランニングマシンがあれば走りながらクイズに答えたくなる。
  6. 壁があったらジャンプして張り付きたくなる。
  7. ざるそばを手に持つと原付・バイクなど二輪車の後ろに乗りたくなる。
    • 関越自動車道にはゴリラの乗ったトラックが走っていると思っている。
      • 軽井沢辺りで牛にぶつかるとキレられると思っている。
      • 長野から赤坂まで3~4分で行けると思っている。
  8. 名探偵コナン、怪傑!えみちゃんねるを嫌う。
    • ネプリーグも同様。
      • 裏番組でなくなった時期に、あっちにホンジャマカさんが出演したときは見た。
    • 若者や男性に不人気で評判の悪い上沼なんて問題外。
    • 「愛す○ふたり 別○るふたり」は打ち切りになってほっとした。
    • 今度はぐるナイとアンビリバボーが敵。
  9. 勿論、タイトルに「II」が付いている理由は知っている。
  10. 今までに出てきたアトラクションの名前を全て言える。
  11. 実際にアトラクションで遊んでみたい。
    • 体感ゲームがあったが、本物でやってみたい人が大多数。
    • 実は一回だけ視聴者参加回があったのだが、マイナーなのかいまいち知られていない。
    • ハイパーホッケーは、ホンジャマカが全国ドサ周りしていたことを覚えている人はいるんだろうか。
    • 初回から数回のハイパーホッケーは、完全防備のシールド付きヘルメット姿でホンジャマカは専用ジャージ姿をTBSチャンネルの再放送で見て驚いた人もいるのではないだろうか(上半身まで影響ないと判断されて、それ以降は今の形)。
  12. ゲストがグランドスラムにリーチでハイパーホッケーに挑戦する時は応援したくなる。
  13. ホンジャマカの恵はハイパーホッケーの時、本気で戦っている。
    • 歳で能力が落ちたとはいえ、斜め打ちなど攻撃力が高いのは本当で「プロハイパーホッケープレイヤー」と言われたのも納得。
  14. 友達いなくても出たいと思ってる。
  15. 放送時間が変更になったことにショックを受けた。
    • そのあおりを受けて「うたばん」が日曜8時台に。NHKの大河ドラマと放送時間がまともにかぶってしまった。
    • また元に戻るらしい。
      • 一応、6:55だったのが7:00になってしまった。フライングスタートとは何だったのか。
  16. クルマはもちろん、アレ。
    • フリーランダーやパッソなど邪道である。
  17. ダーツを投げるときは、何か掛け声が必要だ。
    • もちろんアレか「全部」。
      • 「フリーランダー」や「ぱぴぷぺパッソ」は邪道である。
        • 「クルマ」はもってのほか。
  18. タメちゃんがウォールクラッシュでデモンストレーションをやらなくなった辺りからつまらなくなった。
    • 「縁起もの」といえばウォールクラッシュのタメちゃんが思い浮かぶ。
    • ウォールクラッシュで松村邦洋が得点ボードにくっついた後、着ていたジャンプスーツの上半身が破れて落下し、得点ボードにジャンプスーツの上半身がバンザイした状態で残ってしまったことが忘れられない。
  19. 金貨を持ち帰ることが出来たというのは周知の事実?
    • 確か高田純次が前に獲った金貨を持ち帰って、次の出演でその金貨と矢を交換しようとしたんだっけ?
      • 持ち帰ったのは高田純次さんと一緒に来園していたベンガルさん。
  20. 番組が終了した今、フジテレビの「VS嵐」を見ると懐かしさを感じる。
    • 26時間テレビでヘキサゴンファミリーとして出演した渡辺正行が「さぁそれでは次のアトラクションに参りましょう~!」って言ったんだっけ。
  21. 番組終了の遠因となった「総力報道!THE NEWS」を恨んでいる。
  22. オールスター感謝祭で一部のアトラクションが復活したのは嬉しかった。
  23. 2017年の正月特番で完全復活した日には、泣いて喜んだ!
    • しかし、木村拓哉が空気を読まずにハイパーホッケーで本気を出しすぎてホンジャマカの恵すら相手にしなかったのは否定論者がわんさか。
    • その後も半年後に番宣目的でまた「特別営業」。どうやら好評なので、改編期の4月と10月はオールスター感謝祭、1月と7月はこの特別営業になるらしい。
  24. 番組が始まることを「開園」、終わることを「閉園」、特番の事を「特別営業」、番組ゲストを「来園者」、司会者を「支配人」、アシスタントを「従業員」などとつい言ってしまう。
  25. ナインティナインの夢である「関口宏の東京フレンドパークII」出演を叶えてほしいと思っている。

関連項目[編集]




関連記事