関西独立リーグ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

関西独立リーグ(2代目)の噂[編集]

  • 旧名称:ベースボール・ファースト・リーグ
  1. (初代)関西独立リーグの方向性の違いにより作られた新リーグ。
    • この分裂劇の影響で古くからの常連客がかなり見限って離れている。
  2. 芦屋学園高校に「甲子園を目指さない高校野球部」を作るらしい。
    • 2014年発足。2017年現在、教育リーグと称してBFL内で戦う以上の目新しい話は聞かれない。
    • 2018年から大阪の向陽台高校が兵庫BSと、鹿児島の神村学園高校(通信過程)が和歌山FBと提携。
  3. 独立リーグ機構に加盟していない為なのか、新聞で取り上げられる事は四国やBCリーグ以上に少ない。
    • 朝日新聞のとある記事では、「機構に加盟していないリーグも1つある」と名前すら出されない有様だった。
    • 週刊ベースボールからも記事が消えている。
  4. また「関西独立リーグ」に改名することに。

兵庫ブルーサンダーズ[編集]

  1. 三田市に拠点があるから「サンダーズ」らしい。
    • スペルもよく見たら「Sandars」。
  2. 2014年現在、ウガンダ国籍の選手が2名もいる。

06BULLS[編集]

  1. チーム名は市外局番から。所在地の東大阪市も「06」エリアである。
  2. 毎年9月になると、ここと野球対決を開催している。

和歌山ファイティングバーズ[編集]

  1. 「和歌山」とチーム名にあるが、本拠地は田辺市
  2. チーム名は田辺市の闘鶏神社に由来している。

堺シュライクス[編集]

  1. チーム名は堺市の鳥であるモズの英名にちなんで命名。
  2. 2019年の時点で堺市内に試合の出来る球場は無いので、南港中央や住之江で主催試合を行う。
  3. 初代監督は大西宏明(近鉄→オリックス→横浜→ソフトバンク)。

活動休止[編集]

姫路Go To WORLD
  1. 正直、スポーツチームの名前に見えない。
  2. 2016年にひっそりと解散…。

関西独立リーグ(初代)の噂[編集]

  1. 第3の独立リーグ。
    • 初めての都市型リーグということで、どうなるか・・・。
  2. リーグ運営会社が資金難を理由に撤退。各チームへの分配金が未払いに・・・。
  3. 脱毛宣言。
  4. トラブル続出。はっきり言って失敗だな。
    • このままいけば潰れかねない・・・。
    • 潰れたも同然じゃないか?ILやBCのような目的も見えてこないし。
  5. あげく国外からチーム丸ごとつれてくるような雰囲気。
  6. 探偵!ナイトスクープでは結構お世話になっている
  7. 観客動員数がおかしい。リーグ開始年から1000人以下、最初の優勝決定戦では7・80人、2010年に入り、遂に1ケタになったようである。
  8. 毎年チームが入れ替わっている。
  9. 事実上アマチュアリーグである。
  10. 結局解散してしまった。

神戸9クルーズ[編集]

  1. 吉田えりが所属。
    • しかし1年で退団。
      • そしてJFBLの三重へ。
        • その後渡米して・・・
    • 結構かわいい。
  2. 監督は元阪神・中田良弘。
    • が、辞任。その後も一部選手のボイコットなどグダグダな状況に。
  3. 結局つぶれて、選手はここが引き取ることになった。

明石レッドソルジャース[編集]

  1. 元々は「播磨」にするつもりだったんだが・・・
  2. チーム名を聞いた時、どうしても赤ダルマの人を想像した。
  3. 山陽電鉄の車両内でこのチームのホームゲームの日程を告知する中吊り広告が掲載されることがある。
  4. リーグ初のプロ指名者が出た。
  5. たった一人の専任職員であった社長がお亡くなりになり、解散。

ソウル・ヘチ[編集]

  1. その名の通り韓国人だけで構成されたチーム。
    • いろんな意味で火種ではないか?
    • ま、日韓両国の連携はアジア野球界にとってはプラスになるだろうが。
  2. 本拠地は大阪。
  3. 当初、タートルシップス(亀甲船)だったが、改名。
    • ソウル市のマスコットのことらしい。
  4. 新聞のスポーツ面では一時期「韓国」と表記されていた。ストレートすぎないか?
    • とうとう本当に「韓国」に改名されてしまった。
    • また改名。

大阪ホークスドリーム[編集]

  1. 元・南海の主砲、門田博光が総監督。
    • 2011年6月に前任が×××したようで、門田氏自らが指揮を執ることになった。
  2. 運営会社は高石市にある。
  3. ネパール人選手がいる。

紀州レンジャーズ[編集]

  1. 元々四国アイランドリーグに所属する計画があった。
  2. こちらの初代監督は、元ここの監督である
  3. チームの入れ替わりが激しい中、唯一ずっと残っている球団。
  4. リーグ解散後は他のチームと袂を分かち、アマチュアクラブチームに戻る予定。

神戸サンズ[編集]

  1. 選手の半分ぐらいがアメリカ人。

大和侍レッズ[編集]

  1. チーム名に「大和」とあるが、三重県でもホームゲームを開催していた。

ジャパンフューチャーベースボールリーグの噂[編集]

  1. 関西独立リーグのあまりのひどさに業を煮やした三重スリーアローズの代表が同リーグを見捨てて作った新リーグ。
    • ついでに1チーム引き抜きに成功。
  2. 略称「JFL」・・・日本フットボールリーグではない。
    • 結局「ベースボール」を追加した。
    • でも結局ロゴはJFLのまま。
  3. 事実上、リーグ発足から僅か1年で消滅決定。
    • ただでさえ経営難だった大阪で選手の野球賭博関与問題が発覚し、選手8名解雇&スポンサー大量離脱という非常事態に。三重はそんな大阪をあっさり見限り、アイランドリーグへの参入を表明した。
      • これで2011年以降の遠征費が更に嵩むことは必至。現状で経営難のチームにしてみればいい迷惑であろう。

大阪ゴールドビリケーンズ[編集]

  1. ものすごいチーム名。
    • 通天閣の神様に因んだ名前であるが。
    • たぶんここと双璧をなすだろう。
  2. 負けるたびに「ゴールドビリケツズ」とでも揶揄されるんじゃないか?
  3. 監督は元読売ジャイアンツ阪神タイガースにもいた石毛博史。
  4. 関西独立リーグの他チームを裏切ってこっちについた。
  5. ビリとチーム名に付くので縁起が悪い。

三重スリーアローズ[編集]

四国アイランドリーグplus#三重スリーアローズを参照。

関連項目[編集]


プロ野球
パシフィック・リーグ セントラル・リーグ
消滅球団:西鉄ライオンズ | フライヤーズ
阪急ブレーブス | 大阪近鉄バファローズ
独立リーグ:四国IL | BCリーグ | 関西独立 | マスターズリーグ
メジャーリーグアメリカン・リーグ | ナショナル・リーグ
プロ野球ファン | 球団に言いたい
歴史のif | もしも借箱 | ベタの法則 | 勝手チーム



関連記事