阪急阪神ホールディングス関連路線延長

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
SelfishMark00.jpg このページは、「勝手」に鉄道を敷設したり、関連施設の建設を考えているページです。
実在するものとはなんら関係がありません。

阪急阪神ホールディングスを近鉄に匹敵する近畿圏巨大私鉄に…ということで、 勝手に鉄道建設の阪急阪神、大阪モノレール、山陽電鉄、神戸電鉄、能勢電鉄バージョン。

  • 駅名標テンプレートは相応の記事量を満たした場合にご使用下さい。

阪急電鉄[編集]

伊丹線延長[編集]

  • (南方面)塚口-尾浜-阪神尼崎
    • 阪神なんば線と直通運転。もちろん大阪難波や近鉄奈良へも直通。
  • (北方面)伊丹-大鹿-瑞ヶ丘-鴻池-安倉-小浜-宝塚歌劇場前-宝塚
  • (東方面)伊丹-猪名寺-食満-園田
    • 神戸線と直通運転。梅田と宝塚を16分で結ぶ。宝塚は、再び阪急と三田方面の乗換駅に戻る。
  • (西方面)塚口-大西-立花-大島-甲子園

京都線延長[編集]

1案[編集]

  • 河原町-四条阪急-清水寺-山科-追分-大津中央
    • とりあえず大津まで延伸するのはいいかもな
      • 更に延伸して大津中央-富士見台-石山唐橋-神領-一里山(龍谷大学前)-月の輪-若草(立命館大学前)-志津-草津市へ。駅数多かったら減らして下さい。(太字は特急停車希望駅)
    • 京都線は西院からずっと四条通の下を通っているので「四条阪急」だとどこにあるか判別できない。
      • おそらく「四条大橋」あたりになりそう。
    • あと「大津中央」も「神戸三宮」のように所在地の地名と組み合わせた駅名の方がありそう。

2案[編集]

  • 河原町-祇園-比叡平-滋賀里-下阪本-雄琴大正寺川
    • 桂-雄琴大正寺川は終夜運転。
    • ルートを見ると東天王町辺りに駅があっても不思議ではない。
  • 比叡山越えの急勾配に対処するため新型車が投入される。
  • さらに雄琴大正寺川ー苗鹿ー雄琴中央ー衣川ー堅田ー琵琶湖大橋ー速野ー洲本法竜川ー荒見ー小島ー野洲。

宝塚線延長[編集]

  • 宝塚-生瀬-名塩-武田尾-道場-阪急三田(JR・神鉄三田駅より1km北)-西三田-ウッディタウン中央-吉川-細川-志染-さつき台-阪急三木
    • むしろ、国道176号沿いに名塩-山口-道場から西に入っていくか、生瀬-有馬温泉-山口-道場を通るかした方が面白そう。
    • 三田駅周辺も北側を通すよりは三田本町あたりにつないだ方がいいかも。そのあと天神-深田-貴志あたりを通ってウッディ-カルチャに入っていくとか?
  • 宝塚-三田-篠山口
  • 宝塚-南生瀬-西宮山口-有馬温泉-新有馬総合駅(神戸電鉄と接続)
    • このルートが実現した場合は「阪急100年の悲願達成」などと報道されるのは確実。
  • (南方面)十三-新中津-梅田(地下)-地下鉄御堂筋新線天王寺まで乗り入れ

甲陽線延長[編集]

  • (南方面)夙川-南夙川-香櫨園-西宮浜
  • (北方面)甲陽園-鷲林寺-甲山-蔵戸-船坂-西宮山口-有馬温泉
  • 涼宮・長門ラインを新設する(夙川ー甲陽園は甲陽線乗り入れ区間で甲陽園ー北高校が涼宮・長門ライン区間)。

千里線延長[編集]

  • とりあえず循環器病センターまでは延伸してくれ。後は昔の計画通り今宮-萱野-桜井でも彩都延伸でもどこでもいいから。
    • 後述の彩都線接続のために循環器病センター経由で外院まで延長する。

嵐山線延長[編集]

1案[編集]

  • 嵐山口(現嵐山)-嵐山天龍寺前-大覚寺-鳥居本-清滝-高雄-山城中川-小野郷-周山-下弓削-丹波上川-美山-静原-鶴ヶ岡-名田庄-小屋-南本郷-加斗-勢浜-小浜
    • 大阪・京都と小浜を直結。
  • JRバスの高雄・京北線はかなりの減便を強いられる。
    • 有料特急列車を新設あるいは一部指定席特急を運転。北陸新幹線小浜・京都ルートにも一矢報いる(?)

2案[編集]

3案[編集]

  • 嵐山南口(現嵐山)-嵐山(嵐電の所)-常寂光寺-阪急保津峡-見晴-阪急亀岡
    • (※複線化)
    • 阪急の嵐山が本来の嵐山らしいので、嵐電の嵐山にあたる駅は嵯峨とすべき。
    • 阪急電鉄(含前身)が直接建設した路線で「阪急○○」という正式駅名になることはないはず。

4案[編集]

  • 嵐山-見晴台-野条-浄法寺-丹波矢田-亀岡市-佐伯-温泉口-湯の花温泉
    • 嵐山、亀岡市、湯の花温泉は2面4線。桂は3面6線だが、再開発を行い新京阪開業当初と同じ嵐山線が中央に来る構造に。その他は既設区間も含めて相対式2面2線。
    • 京都線淡路〜茨木市間を複々線化し特急「さがの」を新設。19メートル車4連の特急車を2-30分ヘッドで梅田〜湯の花温泉間に走行させる。停車駅:梅田-十三-淡路-桂-嵐山-亀岡市-湯の花温泉
    • さらに延伸して、湯の花温泉ー猪倉三ツ口ー宮川ー外鳥居ー埴生ー西本梅ー天引ー西野々ー本明谷ー小野新ー畑井ー八上ー篠山中央ー篠山口

阪急名古屋線[編集]

かめやまし
亀山市
KAMEYAMA-SHI
のむら
NOMURA
かめやまこうこう
KAMEYAMA-KOUKOU
  • 大津中央-新膳所-石山寺-関ノ津-往生寺-信楽口-信楽-南信楽-桜峠-伊賀諏訪-伊賀上野-上野市-伊賀一ノ宮-壬生野-西柘植-東柘植-伊賀中央-南在家-加太-新関-野村-亀山市-亀山高校-西鈴鹿-鈴鹿サーキット-モートピア-石垣池-鈴鹿中央-鈴鹿-鈴鹿一ノ宮-川尻町-海山道-中央緑地-阪急四日市-橋北-四日市競輪場-富田浜-東富田-川越町-湾岸桑名-湾岸長島-鍋田木曽岬-湾岸弥富-飛島-金城埠頭-名港潮見-神宝町-上野-名古屋南-大高緑地-緑区役所-鳴海-星崎-笠寺-千竃通-堀田-高辻-金山-山王-笹島-阪急名古屋
    • 梅田~名古屋直通の特急は20分間隔。残りの特急と急行は大津中央折り返しにする。普通は大津中央~亀山市と亀山市~名古屋に分離。前者は20~40分間隔、後者は20分間隔。名古屋口の急行(亀山市まで)は20分間隔。
      • 梅田~名古屋直通特急は、新種別の快速特急として設定。停車駅は梅田・十三・高槻市・烏丸・河原町・大津中央・石山寺・信楽・伊賀上野・上野市・亀山市・鈴鹿中央・鈴鹿・阪急四日市・湾岸桑名・金山・阪急名古屋と、イベント開催時鈴鹿サーキットに臨時停車というところでしょうか。
    • 快速特急には新開発の指定席車両と、9300系ベースの自由席車両の混結とし、トイレ付きの専用車両による限定運用とする。
      • 指定席は阪急らしくない。快速特急「京とれいん」も全車自由席だし。
    • ここに沿って建設するのはどうでしょうか?
    • 元々の阪急名古屋線構想は、西向日-山科-八日市-石榑峠-名古屋。
      • 石榑峠って当時の土木技術で鈴鹿山脈に長大トンネル作れたんだろうか。実際の計画線より妄想のほうが現実的という
  • 阪急百貨店はこの路線の開業を機に名古屋へも進出する。

阪急大阪空港線[編集]

  • 豊中-大阪空港
  • 梅田-大阪空港間の急行を新設。
    • 名称:急行エアポート
  • この開業に従い、大阪モノレールがライバルとなるため、急行は蛍池を通過。
  • リアルに、宝塚線曽根駅からの分岐で伊丹空港まで乗り入れる構想が浮上しました。

阪急中之島線[編集]

  • 西宮北口-南武庫之荘-錦橋-尼崎市-加島-御幣島-野田-中之島-以降京阪中之島線直通
    • 出町柳-新開地間直通特急を運転。

阪急御堂筋線[編集]

  • 梅田-大江橋-淀屋橋-本町-心斎橋-難波-南難波-恵美須町-四天王寺前夕陽ヶ丘-勝山-大池橋-北巽-阪急長瀬-弥刀
    • 近鉄大阪線と相互直通運転
      • このルートで御堂筋線を名乗れるかいささか疑問。「大阪線」ではないだろうか?
  • 阪神なんば線と同じように上下分離方式が採用されそう。

阪急亀岡線[編集]

  • 桂-千代原口-洛西三ノ宮-大枝芋峠(洛西-桂坂線接続)-沓掛-老ノ坂-篠-亀岡

阪急洛西-桂坂線[編集]

  • 西向日-大原野口-東山-竹の里福西-福西公園口-境谷大橋-洛西中山(亀岡線接続)-京大桂キャンパス前-峰ヶ堂町-桂坂中央-大枝北沓掛-老ノ坂(亀岡線接続)

阪急新大阪線[編集]

  • 淡路-東淀川-新大阪-十八条-庄内
  • 地下鉄堺筋線天下茶屋駅のホームを南海と共有。大阪空港線・千里線(淡路~天神橋筋六丁目)・地下鉄堺筋線と直通。
  • 空港急行・ラピートと接続。
  • (四つ橋線から) - 北梅田 - 中津 - 十三(京・宝・神本線に接続) - 新大阪(JR・地下鉄御堂筋線に接続) - 淡路(京都線・千里線に接続) - 都島(地下鉄谷町線に接続) - 京橋(JR・京阪に接続) - 森之宮[阪急的には"森宮"表記か?](JR環状線に接続)
    • 新大阪連絡線を延伸して森之宮まで。地下鉄検車場の再開発で森之宮が伸びる!はず。

阪急北摂線[編集]

かやの
萱野
KAYANO
まきおち
MAKIOCHI
おのはら
ONOHARA
  • 夙川 - 門戸厄神(阪急今津線と接続) - 武庫川 - 昆陽池 - 北伊丹(JR福知山線・阪急伊丹線と接続) - 豊島 - 石橋(阪急宝塚本線と接続) - 桜井 - 牧落 - 萱野(北大阪急行と接続) - 小野原(阪急千里線と接続) - 豊川(大阪モノレール彩都線と接続) - 中河原 - 富田 - 高槻市
    • 河原町-新開地を直通させ、京神特急を走らす。通称イナイチ線。
    • 昆陽池-石橋間は伊丹(JR福知山線・阪急伊丹線と接続)-西桑津-伊丹空港(大阪モノレール本線に接続)に。
      • 京神特急は快速急行「高神北摂ライナー」(停車駅は新神戸までの各駅・六甲・夙川・門戸厄神・伊丹・伊丹空港・萱野・高槻市)にしてとりあえず、西神中央~高槻市で運行する。
  • 京都方面は上牧から直通させればお手軽。直通区間も含めて京神北摂ライン
  • かやの中央には北大阪急行の延伸が具体化しつつあり、千里線も乗り入れ可能と思われる。
  • かやの中央・石橋等が郊外拠点として発達すれば、川西方面などさらに北側の宅地開発が円滑に進み、沿線圏となる西都周辺の開発も進む。
  • 神戸京都も発展、すなわち東播湖南の宅地開発にも影響、つまり採算の前提となる関西全体の人口増加とこの路線の建設は、表裏一体。

阪急日本橋線[編集]

  • 中津 - 梅田 - 天神橋 - 農人橋 - 松屋町 - 下寺町 - 新日本橋
    • 神宝線系統をミナミへ延伸。直京都線については地下鉄堺筋線が存在するので定期運用は無いが臨時運用に配慮して規格を合わせる。
    • 難波まで延伸してはどうかな
  • 「開業○周年」などの際に車両に取り付けられるヘッドマークに一回は萌え系のイラストが採用される。

阪急梅田線[編集]

  • 梅田-扇町
  • 地下鉄堺筋線から阪急神戸線に直通。
    • つまり京都方面から神戸方面への直通が容易になる。
  • 阪急神戸線梅田駅は地下化。
    • むしろ大阪市営地下鉄梅田線の方がいいのかも。

阪急京田辺線[編集]

  • 高槻市―大山崎―八幡市―下奈良―上津屋―新大住―新田辺
    • 北摂線と直通して西宮―京田辺間の環状路線を形成。さらに西宮から阪神・山陽電鉄、新田辺から近鉄京都線に乗り入れて古代の山陽道を再現する。
    • 高槻から京田辺の鉄道ルートは普通に需要ありそうだからね。何しろ電車でアクセスしようと思ったら、まず京都か大阪まで行かなきゃいけないし。
      • というわけで、自分も別案を考えてみた↓↓↓
  • 高槻市─桧尾川─牧野阪─招提─松美ケ丘─長尾田辺口─杉─氷室台─西田辺─田辺中央(路線マップ
    • 高槻市と京田辺市を結び、田辺中央駅で学研都市線「京田辺駅」と近鉄京都線「新田辺駅」との連絡を行う。
    • 全区間を地下に通す。

阪急野田線[編集]

  • [箕面線直通] - 石橋 - 北伊丹(JR福知山線接続) - 伊丹 - [伊丹線直通]- 塚口(神戸線接続) - 尼崎(JR神戸線接続) - 御幣島 - 野田阪神 - [千日前線直通]
    • つまり、お荷物路線の箕面・伊丹・千日前線を直通させて擬似阪急なんば線を作ろうという話。
    • 箕面線はそこそこ利益が出てる気がする

阪急亀岡線[編集]

  • 高槻市 - 成合 - 高見台 - 摂津峡 - 萩谷 - 出灰 - 田能 - 南つつじヶ丘 - 矢田町 - 亀岡
  • 高槻市ー日吉台ー樫田ー亀岡市

阪急彩都線[編集]

  • (←阪急宝塚線宝塚まで直通) - 川西能勢口 - 新稲 - 箕面 - 外院 - 彩都西 - 東福井 - 東安威 - 氷室町 - 高槻市 - (阪急京都線河原町まで直通→)
  • (←阪急宝塚線梅田まで直通) - 石橋 - 箕面 - 外院 - 彩都西 - 東福井 - 三咲町 - 茨木市
    • 十三-石橋間を中心軸として宝塚線半分&今津線と箕面線&彩都線が線対称になる感じ(宝塚と彩都西、西宮北口と茨木市が対称)。御堂筋線と大阪モノレールに喧嘩を売ることになるが…
すもと
洲本
SUMOTO
さと
SATO
ひろた
HIROTA


阪急徳島線[編集]

  • (←阪急神戸線梅田まで直通)-三宮-名谷-つつじヶ丘-潮見が丘-舞子-淡路岩屋-明石海峡公園-東浦-仁井-北淡室津-遠田-津名一宮-里-洲本-広田-淡路三原-賀集-福良-鳴門公園-北鳴門-鳴門-池谷-徳島
    • つまりこれを阪急の路線として実現。
    • 三宮-名谷間は神戸市営地下鉄西神・山手線と、鳴門-徳島間はJR鳴門・高徳線と線路を共用。つまり阪急が第二種鉄道事業者となる。
      • 鳴門線区間は電化及び改軌(1067mm→1435mm)、高徳線区間は標準軌・電化の単線を増設。
        • 高徳線は4線軌道(複線)・鳴門線は標準軌の複線に
    • 阪急梅田・新神戸~徳島間に座席指定特急を最高160km/hで運転。
      • 阪急が座席指定をやるかどうかは不透明
      • 梅田~徳島間系統「あい」(停車駅:十三・西宮北口・三宮・洲本・鳴門・池谷)/新神戸~徳島間系統「すだち」(停車駅:三宮・舞子・洲本・鳴門)をそれぞれ1時間ごとに運転。
    • 料金不要の特急については梅田~鳴門・徳島間にそれぞれ1時間ごとに運転。(停車駅:十三・西宮北口・夙川・岡本・三宮・湊川公園・新長田・板宿・名谷・舞子・淡路岩屋・明石海峡公園・津名一宮・洲本・福良・鳴門公園・北鳴門・鳴門・池谷・勝瑞。鳴門系統は洲本~鳴門間各駅停車)。
      • ほかに梅田~洲本間に区間特急を30分間隔で運転。(名谷までは特急と同じ停車駅、名谷~洲本間各駅停車)
    • このダイヤはいかがでしょうか?
      • 快速特急(20分間隔・停車駅:十三・西宮北口・夙川・岡本・新神戸・三宮・湊川公園・板宿・名谷・舞子・淡路岩屋・明石海峡公園・津名一宮・洲本・福良・鳴門公園・北鳴門・鳴門・池谷・勝瑞・佐古)/特急(梅田~鳴門間に運行20分間隔・停車駅:十三・西宮北口・夙川・岡本・新神戸・三宮・湊川公園・板宿・名谷・舞子・淡路岩屋から鳴門まで各駅)/普通(10分間隔・谷上~淡路岩屋と三宮~阪急梅田)/ワンマン普通(淡路岩屋~徳島・20分間隔、淡路岩屋~鳴門間の快速特急通過駅でも、快特からの淡路岩屋での乗り換えで、10分に1回は梅田や三宮へ行けるようにという意味もある・2両の3000系?か何かで・節電ダイヤ等で鳴門~徳島の間引きもあり)/北摂線直通の西神中央~高槻市間の快速急行(地下鉄内各駅停車で10分間隔)/「あい」や「すだち(フリーケージトレインで谷上・有馬口停車で有馬温泉まで延長)」
      • 川島令三氏の案と同じで阪急は新神戸経由に(ただし新神戸~三宮は阪急が第2種事業者となり、阪急用の複線を増設して、複々線に)

阪急枚方線[編集]

  • 高槻市 - 辻子 - 大塚 - 枚方公園 - 枚方市
    • 今津線のような大手私鉄同士を結ぶ路線を高槻~枚方間に建設。
    • ほぼ国道170号線沿い。
  • 戦後も京阪が分離されていなかったら本当に計画されていた気がする。
    • 交野線の延伸という形であったかもしれない。時代が時代なら生駒~JR高槻まであったかも?
    • これ、上にある北摂線とつなげば郊外環状線としてなかなかいいんじゃない?

阪急松屋町筋線[編集]

  • (神戸・宝塚線直通)梅田-南森町-農人橋-松屋町-日本橋東口-動物園口-天王寺

阪急特急線[編集]

京都特急線[編集]

阪 急きょうと
京都
HANKYU-KYOTO
ひがしたかつき
HIGASHI-TAKATSUKI
かわらまち
KAWARAMACHI
  • 参考
    • 梅田-東高槻(京都線にも新駅設置)-京都-河原町
    • 快速特急を設ける。(停車駅:梅田-京都-河原町)特急線開業により従来の特急は快速急行に統合。快速特急は準特急に格下げ。
      • 現在の快速特急は廃止し、上の案の快速特急は東高槻に停車する。また西側では阪急神戸本線に、東側では大津などへの延長線へ乗り入れし、京都特急線内では160キロ運転する。
        • 京阪間を20分で結ぶため新快速は衰退するかも。
          • ただし「山科-尼崎」などという区間の利用客は奪えないと思われる。
      • 京都線の東高槻駅は勝手に鉄道建設の萩之庄駅(イオン高槻前)の位置に。

神戸特急線[編集]

  • 参考
    • 梅田-西宮北口-芦屋-神戸
    • 快速特急を設ける。(停車駅:梅田-西宮北口-神戸)特急線開業により従来の特急は快速急行に統合。
    • 京都特急線にも直通し、新快速に対抗。

阪急丹里線[編集]

にしだばし
西田橋
NISHIDA-BASHI
とよの
TOYONO
おのはら
ONOHARA
  • 天神橋筋六丁目-(現在の千里線を改名)-北千里-小野原(北摂線接続)-西田橋(折返し可)-豊能(豊能町役場前)-亀岡市(亀岡市役所前)-阪急亀岡(JR嵯峨野・山陰線接続)
    • 梅田から(一部は天下茶屋から)亀岡行き特急を運行。
    • もう少し駅を増やすかもしれません。
      • 梅田~亀岡間の特急は西武新宿線の拝島快速みたく「亀岡特急」に。停車駅は梅田-(阪急梅田線)-天神橋筋六丁目-淡路-山田-北千里-西田橋-(この間各駅)-阪急亀岡(昼間時10分間隔)。小野原の通過は、京神北摂ラインの快速急行が速達化のために通過するため。
      • 現在の千里線内での退避駅の設置(準備構造のある南千里など)も行う。また、普通電車は一部を除き西田橋行。
くさつし
草津市
KUSATSU-CATY
みくらちょう
MIKURA-CYO
はんきゅうもりやま
HANKYU-MORIYAMA


阪急草津線[編集]

  • 河原町-清水寺-阪急山科-追分-大津中央-膳所-草津東-御倉町-草津市-阪急守山-野洲市-近江八幡市立総合医療センター前-近江八幡(JR・近江鉄道接続)
    • 昼間時は、急行が草津市まで(10分間隔)、特急が近江八幡まで10分間隔。梅田~近江八幡の特急の停車駅は、十三・高槻市・長岡天神・桂・西院・烏丸・河原町・大津中央・草津市以東各駅停車。さらに、通勤特急は大宮に、快速急行は淡路・茨木市・阪急山科に追加停車。快速特急は十三・桂・烏丸・河原町・清水寺・大津中央・草津市に停車して、快速は十三・淡路・上新庄・南茨木・高槻市・長岡天神・桂・西院以東各駅停車で、急行は十三・淡路・南茨木・茨木市・高槻市以東各駅停車。
      • 河原町~草津市は「京都線延長」と同じであるものの、河原町から近すぎる四条阪急には駅を設けません。予め、ご了承下さい。
      • ガチャコンの八日市線を改軌・複線化・高速化などを行い、特急などの約半分を6+2両(2両は都市型ワンマン運転機能付)にして、2両を直通。

茨木線[編集]

  • 駅/亀岡‐茨木台‐サニー北‐安威‐西河原‐庄‐茨木市

曽根崎線[編集]

きょうばし
京橋
KYOBASHI
みやこじま
MIYAKOJIMA
おおさかじょうきたづめ
OSAKAJO-KITAZUME
  • 上新庄から京橋へ南下して、そこから大きく回って、東天満付近から国一の下を通って、USJまで行く新線を建設。
  • 上新庄-菅原(東淀川区役所)-赤川-都島-京橋-大阪城北詰-南森町-阪神梅田-福島-野田-千鳥橋-梅香春日出-ユニバーサルシティー
    • 阪神電車との直通運転は行わないが、阪神梅田駅には連絡線を設置。また、阪神梅田、福島、野田、千鳥橋で改札内乗換を可能にする。
      • 草津線と山陽網干線岡山延伸が完成した時に大改正を行い、直通快速特急を運転。
        • その時の停車駅:山陽岡山・山陽西大寺・備前市・日生・赤穂市・相生・飾磨・明石・新開地・高速神戸・阪神三宮・甲子園・尼崎・阪神梅田・京橋・高槻市・大宮・烏丸・河原町・大津中央・草津市
    • 千鳥橋〜野田間は、昔計画されていた第二阪神線のルートと同じか。
運行形態
  • 急行と普通を設定。
    • 急行
      • 停車駅:(河原町~上新庄は京都線快速(2013年1月現在)に同じ)上新庄、京橋、南森町、阪神梅田、野田、ユニバーサルシティー
      • 本数:データイム毎時3本。ラッシュ時は、乗降者数に応じて改変。
    • 普通
      • 高槻市直通:毎時3本、線内折返し:毎時3本の計6本。
設備
  • 将来を見越して、都島~阪神梅田は複々線で設計。その他は複線。京橋~ユニバーサルシティーは地下。それ以外は高架。
  • 京橋、南森町を2面6線化。阪神梅田を3面6線化。都島、千鳥橋、ユニバーサルシティーを2面4線化。

今津線中之島延伸[編集]

  • 今津-浜甲子園-武庫川団地中央-浜尼崎-高洲-中島-伝法-西九条-中央市場前-中之島
    • 伝法で阪神なんば線、中之島で京阪中之島線と相互乗り入れ。宝塚~近鉄奈良に急行、宝塚~出町柳間に特急を運転。

阪急摂丹線[編集]

とよのきぼうがおか
豊能希望ヶ丘
TOYONO-KIBOGAOKA
かみおとは
KAMI-OTOHA
よの
YONO
  • 現在の阪急箕面線を京都府南丹市園部まで延伸して、石橋~園田間を改称。
    • 石橋~園部間の間違いでした。スミマセン。
  • 箕面-勝尾寺-粟生間谷-泉原-上音羽-豊能希望ヶ丘-余野-牧-神地-犬甘野-杉原-能勢吉野-加舎-本梅-猪倉-若森-殿谷-園部栄町-園部(園部町城南町付近)
  • 延伸に先立ち箕面駅は地下化、園部駅は3面3線の頭端式ホームの地下駅(普通種別用2線、特急専用1線)
運行形態
  • 普通列車を石橋~豊能希望ヶ丘間毎時2本、石橋~園部間毎時2本の計4本。
  • 宝塚線へ直通し梅田と園部を結ぶ有料特急を新設。停車駅は十三、豊中、箕面、(勝尾寺)。()内は土休日のみ停車。
  • 特急は新造の7両編成特急専用車両。全席指定、毎時1本、1日8往復。
    • 阪急は座席指定や有料優等種別は作らない気がするぞ

阪急奈良本線と支線[編集]

阪急奈良本線[編集]

ルート、駅

  • 架線方式 もちろんコンパウンド、カテナリー式。営業最高速度は110㎞/h。
  • 規格は京都線と一緒。
  • 停車駅のご案内
    • 普通 全日終日運行する。各駅に停車する。
    • 準急 朝ラッシュ時に運行する。停車駅 大東までの各駅と、生駒、帝塚山、西ノ京、京終、県庁東
    • 急行 全日朝夕に運行する。停車駅 梅田、天神橋筋六丁目、鶴見、咲くやこの花、門真南、大東、生駒、帝塚山、西ノ京、県庁東
    • 特急 全日日中に運行する。停車駅 梅田、天神橋筋六丁目、、咲くやこの花、門真南、大東、生駒、西ノ京、県庁東
  • 乗り換えのご案内
    • 梅田 阪急のほかの本線 JR東海道線、大阪環状線、東西線(大阪、北新地)、阪神本線、御堂筋線、四つ橋線(西梅田)
    • 天神橋筋六丁目 堺筋線、谷町線 
    • 都島 谷町線 
    • 野江 京阪本線 
    • 門真南 長堀鶴見緑地線 
    • 大東 JR片町線(四条畷)
    • 生駒 近鉄奈良線、生駒線
    • 帝塚山 阪急天理線[架空]
    • 西ノ京 近鉄橿原線
    • 京終 JR桜井線
    • 県庁東 JR関西本線、JR奈良線

乗り換え先の路線の駅名が違うときには()で駅名を記載

だいとう
大東
Daito
はんな
Han‐na
かわきた
Kawakita


阪急天理線[編集]

ルート

  • 営業最高速度時速85km

阪急笠戸線[編集]

  • ルート
  • 日立製作所-山陽新幹線を結ぶ貨物路線
    • 新車製造やリニューアルの工事のために車両を運ぶための路線
  • 上牧駅で阪急京都線へ接続
  • 3線軌道である。他社の車両も試験線として使用可能にするため

阪急京神高速線[編集]

しょうない
庄内
SYONAI
園田
SONODA
新大阪
SHIN-OSAKA
  • (西神中央・神戸三宮方面乗り入れ)-園田-庄内(宝塚線乗換)-新大阪-吹田(神戸方面→北千里・外院・高槻市方面乗り入れ)-正雀(河原町・雄琴温泉・大津中央・京田辺方面乗り入れ)
    • 三宮↔︎高槻快速(彩都経由)
    • 神戸三宮~六甲~岡本~夙川~西宮北口~園田~庄内~新大阪~吹田~関大前~千里山~山田~北千里~外院~彩都西~高槻市
    • 新開地↔︎大津中央快特
    • 新開地~高速神戸~神戸三宮~西宮北口~庄内~新大阪~高槻市~桂~烏丸~四条大橋~清水寺~山科~大津中央
    • 新開地↔︎京田辺快特
    • (上のルート)~高槻市~牧野阪~京田辺

阪神電気鉄道[編集]

本線延長[編集]

1案[編集]

  • (西方面)梅田-天神橋筋六丁目-都島-野江-高殿-大工大前-守口市-門真市-試験場前
  • (京橋延伸)
    • 将来、延長される地下鉄四つ橋線の北上にともなう阪神梅田駅の大改造により、現在過密ダイヤおよび混雑路線のJR環状線(大阪~京橋)の混雑緩和のバイパス路線の建設。また京橋から尼崎・神戸方面に走るJR東西線の対抗。
    • 梅田-(扇町通を東進)-扇町(地下鉄堺筋線)-都島区中野町付近に新駅-京橋
    • 京橋で京阪と接続。阪神・京阪との相互乗り入れと同時に京阪の梅田乗り入れも実現。

2案(阪神てんのうじ線)[編集]

路線図
  • (姫路 - 三宮 - 尼崎 - ) 梅田 - 片町橋 - 森ノ宮 - 鶴橋 - 天王寺
  • 延伸区間9.5km
  • http://chizuz.com/map/map79964.html
  • 阪神本線の延伸でありながら大阪環状線東部の快速線の役割も果たす。
  • これにより阪神は京阪を除く大阪東部の全放射路線から神戸方面への乗客を取り込むことができる。
  • 阪神なんば線と京阪西九条延伸も併せて考えれば、阪神は南海も含めあらゆる沿線民の神戸方面への輸送を担えることになる。
   片森 天
  梅町ノ鶴王
  田橋宮橋寺
急行◎━━◎◎(毎時6本)
特急◎◎◎◎◎(毎時3本)
  • 特急は全体からみれば末端部分となり、大阪東部各方面から神戸方面への比較的長距離な輸送という観点から各駅に停車。
  • 急行には鶴橋梅田間の速達輸送を担わせる。梅田天王寺間の輸送でもおそらく最速となる。
  • 各駅停車を直通させないのはジェットカーを入線させるのが勿体ないから。
  • 片町橋は大阪ビジネスパークと大阪城北詰の両駅を繋ぐ位置に設置。
  • 阪神梅田を堀下げれば四ツ橋延伸線との交差問題も解決!
大正・咲州へ再延伸(2035年頃)
  • 延伸区間11.5km(うち1.5kmは南海高野線として既設)

http://chizuz.com/map/map80308.html

         西    ト
        天天   咲レ
   片森 天今下下 南 州セ
  梅町ノ鶴王池茶茶津大鶴中ン
  田橋宮橋寺町屋屋守正町央前
急行◎━━◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎(毎時6本)
特急◎◎◎◎◎━◎      (毎時6本)
  • 南海高野線汐見橋支線の一部を改軌の上転用。天下茶屋駅は南海・堺筋線のものよりやや南、四つ橋線岸里にも近い。
  • 今池町-天下茶屋間は阪堺線の地下に敷設。
  • 天王寺から西方向にあらたな沿線人口基盤ができ、同駅のターミナルとしての重要性が増す。
  • ついでに伸ばすだけなのでもはや阪神本線から繋がってる意味はあんまりありません。
舞洲へ再延伸(2040年頃)
  さきしまちゅうおう
咲洲中央
>>>
Sakishima-chuo
鶴町 Tsurumachi Trade-center-mae トレードセンター前
         西    ト   
        天天   咲レ  舞
   片森 天今下下 南 州セ夢夢州
  梅町ノ鶴王池茶茶津大鶴中ン州州公
  田橋宮橋寺町屋屋守正町央前南北園 ☆=待避可能駅
普通☆◎◎◎☆◎◎◎◎◎◎◎☆   (毎時6本)
急行☆━━◎☆━◎━━◎━◎☆◎◎◎(毎時6本)
  • 普通列車は梅田以西は特急として運転。
  • 夢咲トンネルは北港テクノポート線用に既設。

武庫川線延長[編集]

  • (北方向)武庫川-JR西ノ宮-阪急塚口
  • (南方向)武庫川団地前駅 - 鳴尾浜

梅田十三線[編集]

  • (北方向)梅田-梅田北ヤード(四つ橋線と合流)-十三-阪急京都線(山陽北条・山陽岡山-四条阪急間を直通特急を運行)

第二阪神線[編集]

1案[編集]

  • 大物-尼崎-武庫川-甲子園-今津-西宮-芦屋-魚崎-住吉
    • 尼崎車庫から地下化。尼崎-出屋敷は阪神本線直下、出屋敷-魚崎は阪神高速3号及び国道43号直下。住吉の手前で本線に合流。
  • つまるところ、これ
    • 緩急分離・線形の向上・駅間距離も長めにすることで高速化を図る。
  • 西宮などはちょっと距離があるので駅名を西宮本町とかにした方がいいかもしれない。

2案[編集]

  • 梅田-淀川大橋-御幣島-杭瀬-尼崎-崇徳院-武庫川大橋-上甲子園-阪神国道-JR西宮前-西宮-香露園-精道-魚崎南町-新在池-脇浜-春日野道-三宮-高速神戸
    • 特急停車駅:梅田-尼崎-西宮-三宮-高速神戸
  • 尼崎・西宮から阪神本線に、高速神戸から神戸高速鉄道に直通可能。
    • 高速神戸~(第二阪神線)~西宮~(阪神本線)~尼崎~(第二阪神線)~梅田なんて事も可能。

桜川引き上げ線大正方面延伸[編集]

  • 桜川-大正-千島-南大正-南恩加島
    • 実際のところ近鉄側の列車の延伸。
      • 近鉄奈良線の大阪難波止まりの列車をここに直通させる。
    • 大正まではいいとして、千島から津守、花園町、今池、大阪阿部野橋でいいのでは?
  • 大正にJR快速停車が決定、これから拠点に
    • さらに鶴町-天保山を延伸して海遊館へのアクセスも兼ねる。
  • この区間には大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の延伸計画があるが、難波指向が強いためそれに代わって阪神なんば線の桜川駅の折り返し線を延伸する形で整備。

湾岸線[編集]

  • 千鳥橋 - 酉島 - 常吉 - 中島 - 東海岸 - 西海岸 - 末広 - 扇- 平左衛門 - 鳴尾浜 - 甲子園浜 - 西宮浜 - 陽光 - 海洋 - 深江浜 - 魚崎浜 - 住吉浜 - 御影浜 - 灘浜東 - 摩耶埠頭 - 小野浜 - 新港 - 波止場 - 弁天 - 高速神戸

六甲線[編集]

  • 御影-徳井-六甲道-六甲-神戸大学前-六甲ケーブル下-有馬口
  • 六甲ケーブル及び神戸大学へのアクセスを改善する。

阿倍野線[編集]

  よどがわおおはし
淀川大橋
>>>
Yodogawa-Ohashi
うめだ Umeda Mitejima みてじま
  • 甲子園-キッザニア甲子園-洲先-尼崎西海岸-中島-ユニバーサルスタジオジャパン-朝潮橋-永楽橋-木津川-今宮-天王寺
    • 一部の特急が山陽姫路から直通。(停車駅:甲子園-ユニバーサルスタジオジャパン-天王寺)
    • 木津川から、国道43号線の地下を通る感じで、中開、新今宮、天王寺でいいと思う。

中之島線[編集]

  • 尼崎-大物-(地下線)-西九条-(地下線)-京阪中之島

大阪モノレール[編集]

北方面[編集]

  • 大阪空港-北伊丹-大鹿-昆陽-甲武橋-門戸厄神-西宮北口-JR西宮-阪神西宮-西宮浜
    • これじゃ西方面がふさわしくない?
  • 彩都西-彩都中央-箕面山手-茨木山手-ポンポン山
    • さらに延伸
      • ポンポン山-摂津峡-成合-別所-高槻市-八丁畷-辻子-枚方大橋北-枚方公園北-枚方市

南方面[編集]

  • 門真南-鶴見緑地-鴻池新田-荒本-河内永和-久宝寺口-久宝寺-長原-喜連瓜破-湯里六丁目-長居-帝塚山-三国ヶ丘-堺東-中百舌鳥-深井-泉ヶ丘-光明池-和泉中央
  • 門真南-(上の案)-喜連瓜破-丹南-松原-美原ロータリー前-黒山-北野田
  • 門真南-鴻池新田(中央環状線を東に離れ、JR学研都市線との乗り換えを便利に)-(府道堺布施豊中線を地下に入りに南下)-長田-八戸ノ里-近畿大学前-久宝寺口-(久宝寺緑地付近で地上に出る)-久宝寺

山陽電気鉄道[編集]

山陽電鉄関連路線延長・新線を参照。

神戸電鉄[編集]

有馬線延長[編集]

1案[編集]

  • 有馬温泉-舟坂 - 生瀬 - 宝塚(阪急と宝塚線相互乗り入れ)
    • 小林一三が「意地でも作らない宣言」したルートだな。
  • 宝塚行きの特急も有馬エクスプレスとし、梅田-宝塚-有馬口とする。

2案[編集]

  • 谷上 - 有馬口 - 有馬温泉 - 宝塚の区間は三線軌条として、神戸市営地下鉄山手線からも宝塚まで直通特急を走らせる。

3案(競馬場線)[編集]

  • 実質有馬線の延長
  • 阪神競馬場・園田競馬場を結ぶ
  • 有馬温泉-宝殿-西宮甲山-関西学院前-阪神競馬場前-神鉄武庫-摂陽-阪急伊丹-JR伊丹-園田競馬場前

明石線[編集]

  • 三木-鶯谷-小林-広谷-田井-北古口-西戸田上-平野橋-芝崎向井-居住-吉田-西新町-明石

公園都市線延伸[編集]

  • ウッディタウン中央-テクノパーク-大川瀬-秋津-東条湖
    • 神戸から東条湖温泉及び「東条湖おもちゃ王国」へのアクセスを図る。
      • 法的にはウッディタウン中央の次は学園都市になる筈。

神鉄いなみ野線[編集]

  • 相鉄いずみ野線に対抗。
  • 志染-勝成-小束野-広谷-野谷-いなみ中央-いなみ野-秋田-清水-東二見

能勢電鉄[編集]

  1. 北部方面へ大延長により、正式社名を「摂丹電気鉄道株式会社」と改名する。
  2. 妙見線は亀岡方面へ延長。その際、亀岡線と改名する。
    • 吉川(旧・妙見口/延長の際に改名) - 妙見口 - 野間 - 歌垣 - 本梅 - 湯の花温泉 - 大井 - 亀岡(JR嵯峨野線と接続)
      • 梅田~亀岡間に特急「まつたけ」を運転。
  3. 日生線は猪名川方面へ延長。その際、猪名川線と改名する。
    • 日生中央 - 猪名川中央
    • 更に延伸して篠山(市街地南部。南新町または池上)へ。JR篠山口には接続せず。
      • 日生中央 - 猪名川中央 - 万善 - 六ツ瀬 - 杉生 - 後川 - 日置 - 弁天橋 - 能勢電篠山
  4. 川西能勢口から阪急伊丹まで延伸。塚口まで直通運転
    • 川西能勢口 - 南山本 - 昆陽池 - 阪急伊丹 ( - 新伊丹 - 稲野 - 塚口 )

北大阪急行電鉄[編集]

1案
  1. 千里中央から箕面市内までは現実に延伸計画がありますが、さらに延長して大阪市内と亀岡を最短距離で結ぶ。
  2. 千里中央-箕面船場-かやの中央-箕面森町-希望ヶ丘-別院-曽我部-京都学園大学前-西亀岡-亀岡
2案
  1. 箕面船場から日生ニュータウンまで延伸。
  2. 箕面船場-止々呂美-ときわ台-光風台北-日生中央
    • 止々呂美までは箕面有料道路と並行。

北神急行電鉄[編集]

  1. 谷上から淡河を経由して美奈木台まで延伸。
  2. 谷上-淡河-南吉川-美奈木台
    • 更に東条湖まで延伸するとなお良し。
  3. 新神戸から芦屋ベイエリアまで延伸。
  4. 新神戸~上筒井~王子公園(阪急神戸線)~摩耶(JR神戸線)~大石(阪神本線)~処女塚~御影本町~南魚崎(六甲ライナー)~魚崎浜~深江浜~涼風町



関連記事