電撃G'sマガジンファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

全般[編集]

  1. ここ数年は高くなりすぎて困っている。
    • 最低でも880円って・・・
      • コミック大増量の影響で、最低990円にアップ。
    • 分厚くもなって置き場所に困る。漫画なんぞいらないから、その分安く薄くして欲しい。
      • ここ最近で最も薄いのは2010年4月号。今やその倍近くの厚みになっている・・・。
    • 付録が良い物なんだから、その対価と思えばよし。
    • 20周年記念号で遂に1000円の大台を突破。
    • 値段が高くなったからなのか分厚くなったからなのかは分からんが、ついにコミックが別の雑誌に独立してしまった。
  2. かつてはこれのファンもお世話になった。
  3. 読者企画ページ以外は殆ど読まない。
    • Keyとアイマスのコーナー見てる俺はどうすれば・・・。
  4. 創刊当時を知るものは、電撃PCエンジンが誌名変更しただけだと思ってる。
    • 実際内容がほとんど変わらず、違和感は全く無かった。
    • それだけPCエンジンが末期的ギャルゲー専用機と化していたということ。
  5. 正直、シスプリ以外の読者企画は、あまり成功したとは言い難いと思っている。
    • ゲーム化したりアニメ化したり、有名イラストレーターを起用したり、がんばってるのはわかるが・・・。
    • お嬢様特急、セラフィムコール、双恋、ストロベリーパニック、etc、etc・・・。
      • ラブライブ!までずいぶん長いトンネルだったなあ…。
        • そのラブライブ!はシスプリすら超えた歴代最強の読者参加企画になったわけなんだが…。
    • シスプリの成功が大きすぎたせいで余計そう感じる。
    • ゲーム化やアニメ化してればマシなほうで、ほとんど注目されず数号で消えていった企画もいっぱい。
      • 2004年に「G'sヒロインで忠臣蔵を」という読者投稿があった際のコメントが「シスプリと双恋とストパニ(と当時の企画複数)を足しても四十七士には足りない」だったので、正直なところ編集部もいちいち過去の企画なんぞ覚えちゃいないのだろう。
      • 4人姉妹の中に1人「男の娘」がいるという企画。もう少しやるのが遅かったら大受けしてただろうに。
    • Chakuwiki的にはご当地ヒロインが登場する「マリッジロワイヤル」が気になる所。
      • マリロワ結構面白いけど・・・山陰地方と北陸地方から一人もヒロインが出ていない(新潟を北陸を含めるか否かで変わるが)のがちょっとねぇ・・・。
    • そろそろディケイドやプリキュアオールスターズの如く歴代ヒロイン大集合企画が待望されるところ。
      • 歴代ヒロイン大集合企画のアニメ映画化も。
    • 20周年企画で今までの企画が紹介されたが、黎明期の企画の毛色の違いっぷりに驚いた。
  6. 桑谷夏子ファンが多い。
    • シスプリで妹→ベビプリでママに昇格したのにはちょっと感動した。
  7. keyコーナーの大喜利コーナーの書籍が美少女ゲーム雑誌なのに美少女要素一切なしで1万部を突破したのは伝説。
    • 天丼ネタと言えばダニエルである。
  8. コミック分離+リニューアルは明らかに失敗だと思っている。
    • それこそラブライブが無かったら今頃角川大統合で休刊になってたんじゃないかと思う。電ホビも休刊に追いやられちゃったし。

企画別[編集]

関連項目[編集]




関連記事