韓国の食文化

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
経過観察
このページは、テーマがサイト趣旨に沿っていないか、もしくは荒らされやすいと考えられるため経過観察中です。
今後の経過によっては保護が検討されたり、削除検討の対象になることもあります。
ただしテーマについての設立趣旨や投稿者間の管理方法のあり方によっては観察対象外とします。
本件に関するご意見などはトークページへお願いします。

韓国の食文化[編集]

  1. 1980年代まで米3麦7の飯が常識だった。
    • 極端な米不足は1970年代までに解消していたが、贅沢を戒めていた朴政権とそれを引き継いだ全政権下では、外食への麦の混入が強制されていた。
  2. 実は日本が来るまで米飯は無かった(木を切り過ぎ栽培不可能)。それまでの朝鮮人の主食はコーリャン等の不味い雑穀
  3. なんにでも唐辛子・コチュジャンはデフォルト。ごま油も欠かせない。
    • 刺身にコチュジャンはねぇだろ・・・
      • と思うだろうがホントにある
        • イイダコも生きたままぶつ切りにしてコチュジャンでいただく。
          • イイダコじゃなくテナガダコね。生きたままなので、口に吸盤が吸い付いてきて痛い。
            • イイドコをコチュジャンベースのヤンミョムにまぶして鉄板焼きにするチュクミボックムという料理があるが、あれは旨いぞ。
    • 刺身用のコチュジャンは焼き肉用と違いサラサラしたドレッシングのようなコチュジャン。野菜のドレッシングとして使っても旨い。
      • 刺身用のコチュジャンは辛くない。
    • 大韓航空の機内食に付いてるチューブ入りのコチュジャンはマジウマ。初めコチュジャンが入ってるとは判らず「何で機内食に軟膏が付いてるんだ?」て思ったw
    • カプサインの摂りすぎは体に悪いのでコチュジャン、キムチが大好きな人は注意しましょう。
  4. エイを発酵させたホンオフェという食材がある。
    • スウェーデンのシュールストレミングより臭い。
    • 一部地方では法事の際には欠かせない。
  5. エイを発酵させたホンオフェと濁酒(マッコリル)のセットをホンタクという。
    • 洪(ホン:堆肥で発酵させたエイの刺身=ホンオフェ)と濁酒(タク)のセットのこと。文献:小泉武夫著「地球を怪食する」
      • 一応フォローしておくとエイを直接堆肥の中に突っ込むのではなく、エイを入れた瓶(場合に応じて瓶の中にエイの切り身とワラを交互に置き)を堆肥の上に置き、堆肥の熱を利用してエイの発酵を促進させていた。なお、現代は貯蔵技術の発達もあり、急いで発酵させる必要がなくなった為に、瓶の中で発酵させるだけとなっている。
        • でも韓国人でも一部の地域の人しか食べないらしい
          • 日本における「くさや」と同じ。全国的に誰でも食べるというものではない。
        • エイの身に含まれる尿素由来のアンモニア発酵のため、そのままでは公園のトイレの香りがする。そのため最近では洗って匂いを落としたものが主流。
      • いや刺身レストランの付け出し(サービスおつまみ)として大抵のレストランで出てくる。
    • もやしもんにも登場。
    • ネット右翼が言うように、「人糞で漬けている」というのはガセ。但し沢木惣衛門直保曰く、「キャンプ場にあるような古い汚い男子便所の小便専用ゾーンに落ちている、散々小便をかけられたトイレットペーパーを夏の日に口に含んだ気分」がするらしい。
  6. 海苔が日本からもたらされたのに韓国発祥と言っている。
    • 最近まで海苔の養殖場に人糞を撒いていた。
      • 韓国海苔で白いのが混ざってる時はトイレットペーパーかも・・・
        • 韓国のトイレットペーパーはトイレに流せない(水に溶けない)んじゃなかったっけ?
    • 日本でも伊勢志摩辺りではホントかウソか牡蠣養殖に人糞を撒いていたと聞いたことがあるぞ。大差はない。
    • 朝鮮総督府の時代に、海苔養殖の手法を広めた日本人の記念碑があったが、叩き壊された。[1]
  7. 韓国料理=激辛というイメージが強いが、辛くない料理も結構多い。
    • いわゆる「宮廷料理」は辛くない。庶民の料理が辛いのは、政府の専売で塩が高価だったために唐辛子で代用したから。
      • 唐辛子を使っているからと言って塩分が少ないわけではない。むしろ大量に使う。
      • 韓国漫画「らぶきょん」では、(架空の)韓国王家に嫁いだ庶民出身の王姫が、宮中に入る前に食べていた激辛料理をなつかしがる描写がある。
      • 韓国ドラマ「チャングムの誓い」のヒットを受け、ドラマに登場する宮廷料理のレシピ本が発売された。16世紀前半の料理は(唐辛子伝来前なので)いずれも辛くない。日本語版は「チャングム・レシピ」というタイトルで発売されている。
      • 「チャングムの誓い」では、その16世紀とやらの話なのにカセット式ガスコンロが出ている。
        • 実際は、王の医官の一人に女性がいたということが記されているだけであって、そもそも料理をしたかどうかは不明(医食同源は中国の伝統だろう)。従って、宮廷料理があったかどうかも不明(宮廷料理のレシピ本が残ってない)。
    • 「胡椒」を全量対馬から輸入していたので高級品で手に入らなかったからと言う理由もある。
      • 三浦の乱(朝鮮の役人の弾圧に対する対馬商人の反乱)で対馬と断交したとき、胡椒が枯渇し朝廷の議題に上った。
    • ちなみに、朝鮮半島へ唐辛子を持ち込んだのは日本と言う説が有力。
      • 豊臣さんが攻め込んだときに、兵士の体を温めるために持ち込んだものらしい。
  8. 冷麺はゴム並みの硬さ。
    • ゴム並みに硬いのは、それは盛岡冷麺の話し。韓国冷麺は結構旨い。ゆでる時間は1分から1分半と短時間。
    • それは単に茹で時間が短いからでは。
    • 南はハサミで切ってくれるが、北ではハサミで切るのは失礼にあたる。
  9. 料理屋は「水商売(日銭稼ぎ)」として卑しまれる傾向がある。
    • 老舗と言われる店が無いのはこのため。
    • 儒教思想が根付いているので、職人は見下される傾向にある。
    • 仮に成功して儲けても、儲けた金を元手に事業を変えるてさらに儲ける。という超実力主義スパイラル。
  10. 何でも混ぜて食う。
    • ビビンバは米粒が形を無くすまで混ぜ捏ねることがマナーらしい。
    • そこまでして食べてる人を見たことがない。でも日本人よりは丁寧に均一に混ぜるのは事実。
    • 日本人は食べる分だけを崩して混ぜる。韓国人は料理が出されたら、まず混ぜる。
  11. 「アメリカン・ドッグ」は、3度揚げ以上が常識。食べると3段以上の断層があります。
  12. 2006年に入って、ようやく「味噌ラーメン(乾麺)」が流行だした。
    • ラーメンと言えば一般的にインスタント麺。生麺は一部の日式ラーメン店でしか供されない。
      • ただ、インスタントラーメンの起源は韓国と言っているが、これは嘘。
        • さすがにそれを公式な場で言っている人はいないよ。韓国最初の即席麺が日本の明星食品からの無償技術供与によるものであることは、現地でもよく知られている。
    • 辛ラーメンは1990年代にはもう流行っていたはずだが。乾麺が2006年以降に流行ったというのは謎。
  13. 韓国人は蚕の蛹(ポンテギ)を食べる。
    • 日本でも一部の地方で食べます。
      • お肌に良いと言われています。
      • 「田舎に泊まろう」で羞恥心の作曲者が出て新潟県で取材していたね。
  14. 日本語の「美味い」に相当する韓国語の単語の意味は「味がある」である(味が良い/悪いではなく有る/無い)。
    • ガキの頃からカプサイシン摂取させられれば味覚が死滅するのは当然だな。
      • 辛さと味(味覚)は別問題。韓国人も日本の料理は美味しいと言う。
      • 日本風の味付け、味を知らないだけ。
      • でもスーパーへ行くと鰹出汁、調味料、日本のなどを売っている。
    • 韓国語で「美味しい」は"マシッソヨ"。
    • 不味いことを「あじない」というのは日本でも各地で見られる方言。
  15. 2つ山のモンブランが「独島」として売られている。
  16. 海外でのマナーの悪さは中国人と双璧。
    • オープンカフェでの持ち込みは当然。バイキング形式だったらテイクアウトは当たり前。
      • しかも注意すると騒いで逆ギレ。
        • そして相対的に日本人の評価が上がるというオチが付く。
          • でも欧米人(というか東アジア人以外)は中国人と韓国人と日本人をほとんど区別できないわけで……。
      • スターバックスが韓国に出店した際には、コーヒー(コピ)のお茶受けとしてキムチが持ち込まれ、利用者の間で問題になった。
    • 持ち込むものは必ずキムチ。
  17. ビールにウイスキーを混ぜて飲む爆弾酒という文化がある。
    • 広島原子爆弾酒(naver link)を楽しむ韓国人もいる。
      • インターコンチネンタルホテル社長が駐韓日本大使に対して「広島原子爆弾酒だ」と言って嘲笑した。当然そこにいた記者団も同調して嘲笑した。日本大使は怒るわけにもいかず屈辱に黙り込んだ。
      • たまには在日同胞の被爆者のことも思い出してください。
        • 広島で被爆した在日同胞は当時日本本土にいた朝鮮半島出身者の総数より多いことになってる。
    • ビールのコップにビールを注ぎ、焼酎用のワンショットグラスを浮かべ、そこにウィスキーか焼酎を注ぐ。罰ゲーム的に繰り返し飲む。
    • でも韓国人はビールより焼酎を好む。どうもビールはお腹が膨れるらしい。
    • ボイラーメーカーでしょ。どこでも普通に飲るよ。
  18. 韓国人男性の30〜50%は早漏で、その民間治療として馬糞を食べる。
    • 日本でも民間療法として馬糞や馬糞汁を食べさせていた。甘利 昌忠 (あまり まさただ) 1533~1564が負傷した家臣、米倉重継の子・彦二郎の鉄砲傷を治すために芦毛の馬の馬糞汁を飲ませようとし、彦二郎が嫌がると、自ら馬糞汁を飲んで見せたという逸話は有名である。
      • 日本では昔やっていた事を、現在でもやっているのが韓国らしい、って事だと思う。
        • 西洋医学が復旧している現在では流石に一般的には行われていない。そもそも馬糞がそんな簡単に入手できない。
          • 少なくとも1980年代生まれの自分は聴いたことも見たこともないので、とっくに廃れているのでは。
    • 多量の出血時は、馬の糞を水で溶いて飲ませるかそのまま食べさせる。傷口の消毒には人の小便が使われ、場合によってはそれを飲ませ、刀傷の痛みが酷い場合には、小便を陣笠に溜めてから暖めて飲ませた。文献「戦国時代なるほど事典」(川口素生著 PHP文庫)
      • 現在の日本でやっていたら意味があるんだけどねぇ。
        韓国では似たことを現在でもやっているからここに書かれちゃった。日本が統治していた時には止めさせたんだけどね。
        • 流石に現在は一般的には行われていない。馬糞が簡単に手に入る田舎の牧場なんかでは細々と行われている可能性も。
      • >傷口の消毒には人の小便が使われ って、ものしり百科に「おしっこは出たばっかりは無菌に近い。貯めておくと臭くなる」って書いてあったから合理的なのかもしれませんが、実際にはなかなかできませんね…。
  19. 韓国自ら捕鯨していながら、なぜか日本の捕鯨に反対するデモをしている。
    • 追及されると「死んだ鯨が偶然網にかかった」と平然と嘯く。
    • 実は、イルカも慶尚北道あたりで食べている、当然、「死んだイルカが(略」と言っている。なお、生きたイルカを捕獲すると水産法違反になる。
  20. 野人乾、トンスル……。日本人とは衛生観念がまったく違う。
    • 『野人乾』:人の糞のこと。野人乾水を解熱剤としていた。[2][3]
      • 『野人乾』は西洋医学が入ってくる前の日本でも薬として用いられていた。また日本と同じく西洋医学が復旧した後は廃れた。
    • 『トンスル(大便酒)』竹筒に入れて便壺に漬け込んだ焼酎。梅毒の治療に効果があるとされる。[4]
      • 臭いは「清掃されたことのない公園のトイレの『糞とアンモニアの混じった匂い』」を想像してください。
        • トンスルのトンは糞じゃなくて堆肥の意味。堆肥に漬け込んだ薬酒のこと。
  21. 韓国の食堂で、客の目の前でハサミを使って肉や麺を切るのは「前の客の食べ残しではありませんよ」ということを証明するため。
    • しかし残飯を出していたのは事実だったようで…[5]
      • 残飯の使いまわしは公然の秘密。2回まではOKだが、3回目からは摘発される。…(どうやって?)
  22. なんだかんだいって実はうまい料理も多い。ビビンバとか焼肉とか。
    • あまり素材に手を加えない、素材の味を生かさない料理って事?
    • 焼肉は残念ながら韓国発祥ではなく、日本の在日韓国・朝鮮人の料理を逆輸入したもの。「なんだかんだいって」とはまた何の根拠もない擁護ですね。
      • そも脂や肉汁を無駄に流してしまう「焼く」文化は土地が痩せている朝鮮にはない。脂の一滴まで利用できる鍋にするのが本来の朝鮮文化であり、朝鮮料理にやたら鍋物が多い理由。
    • 日本の韓国料理はちゃんとした調理をして衛生的ですからねぇ。現地のは怖くて喰えない。
      • 韓国では「レストランはキムチくらいはサービスして無料で出すべき」とすると考えが一部にあり、これが本場のキムチの衛生状態を危うくする主な原因となっているらしい。韓国人も問題視している。
        • 虫下しの薬を飲んでまで寄生虫の卵入りキムチ食ってるから、どうでもいいんじゃない。
      • 在日経営の焼肉店は衛生ではなかった…[6]
        • 全部が非衛生的って事ではない
    • なんだかんだ言って日本人は韓国料理が好きだ。ビビンバ、冷麺、キムチ、キムチ鍋、モランボンの焼肉のタレ、辛ラーメン、数え上げたらきりが無い。
      • でも、フレンチやイタリアンや中華、精進料理にあるような洗練性は無い。全部B級。
      • というか、外国の料理でも、基本なんでも取り入れちゃうのが日本の食文化。衛生面さえクリアすれば、食には寛大なのが日本人。フレンチだろうがイタリアンだろうが中華、インド、ジャンクフード、トルコ料理、韓国料理、なんだって好きです。
  23. 日本では上品とされる「左手で器を持ち上げる食べ方」は、韓国ではマナー違反。器はテーブルから離してはいけない。
    • お箸は器から口に食べ物を運ぶ、いわば「乗り物」の役割を一手に引き受けており、「乗り物」でない器が動くのは理にかなわない、ということらしい。
      • ちなみに中国も同じ理由により、食器を持ち上げることはない。
        • ついでに書くと、左手をテーブルの上に乗せてある時点でNGとか。左手は決して見せてはいけないそうな。
          • 自分の周りで、これをやって烈火の如く怒られた人がいた。
        • さらに手に持った食器を口に付けて飲み食いする食い方は「乞食の食い方」とされ、最も嫌がられる食べ方である。
  24. カムジャタンという肉と唐辛子とジャガイモの鍋料理がある。「カムジャ」はジャガイモを指す。(自称)1000年以上前に南部の方で生まれた料理。
    • しかし、ジャガイモがヨーロッパや日本に渡ってきたのは16世紀に入ってからなので、どう考えても1000年以上前からあったと言うのは捏造である。
      • ちなみに朝日新聞がカムジャタンは1000年以上前に朝鮮半島南部で生まれた料理と報じているので、朝日新聞としてはジャガイモの原産国は南米ではなく朝鮮であるらしい。
        • カムジャは甘藷の朝鮮音であり、カムジャは、サツマイモ(韓国では対馬方言の孝行芋が訛ったコグマと呼ぶことが多い)が伝来したときは、サツマイモを差していた可能性が高い。ジャガイモが中国から入ってきたのはサツマイモよりも後の時代であり、李朝時代の農書にはジャガイモを北藷、サツマイモを南藷と区別して居るものがある。
  25. 90年代後半くらいまで、ごま油は店にゴマを持っていって搾ってもらうのが普通だった。このため土産にごま油(特に品質の良い日本製)を持って行くと大変喜ばれたらしい。
    • 今でも日本の某空港の売店では1l缶入りのごま油売ってるよ。
      • 韓国人の行商のおばちゃんが、いくつも買っているのを見たことがある。やっぱり儲かるんだろう。
  26. 醤油の起源を主張しているが実は韓国のトップシェアの醤油は戦後日本の業者が残していった工場を韓国人が乗っ取ったものだったりする。
    • 帰属財産の払い下げなので、一応法的な手数は踏んでいるはず。ちなみに昌原市の「蒙古干醤」のように、日本人経営の醤油工場に由来すること(=歴史の古さ)を逆に売りにしている会社もある。
  27. 近年まで、くちゃくちゃと音を立てて食べてもあまりやかましく言われなかった。
    • 2009年8月26日の「とんねるずのみなさんのおかげでした」にチョン・ウソンが出演。あまりに汚い食べ方に顰蹙を買った。
  28. 韓国は食堂・レストランがやたらと多く、安い。レストランの殆どは専門店。サンギョプサルだけ、カルビだけ、サンゲタンだけ、刺身だけ、その他多少のバリエーションはあるが基本的に一種類のメイン料理だけで勝負している店がほとんど。
    • 韓国は日本以上の実力主義社会で、定年は60歳といわれているが、大抵は45歳から50歳で退職する。その退職金をもとにしてレストランを始めるらしい。
    • そのレストランも頻繁に入れ替わる。結構これも競争が激しい。
    • レストランが安いので外食してもお金がかからない。
    • 屋台でトッコギ、天ぷらだけで済ませば、2000ウォンで済む。食堂で頼んでも5000ウォンあれば十分。
      • 「トッポギ」な。因みに天ぷらは韓国語では「ティギム」だけど、天ぷらとニュアンスがちょっと違うんで、最近は「テンプラ」でも通じる。
    • 焼肉屋は高いよ。日本円にして7000円ぐらい取られた。まあ、日本人に対してはボってるんだろうけど。
      • ソウルあたりは高い焼肉屋もあるから要注意。普通の街の焼肉屋だと飲む量にもよるが一人15000-20000Won位あれば飲んで食べられる。
        • 日本の観光ガイドブックに載っているような焼肉屋は日本語が通じたりするが、一般的に高い。
        • それとお酒が飲めるレストランだと一人で行っても、必ず二人前注文が基本だから割高になる。
      • 牛の焼肉なら普通に赤坂や鶴橋で食べた方がいい。ソウルなら、カムジャタンあたりの鍋料理をつつきながらマッコリ酒を呑んだ方が、よっぽど楽しめる。
        • そもそも外食の牛肉はまず例外なく豪州産かUS産。
  29. 生簀(いけす)刺身屋の話題を少し。もちろんお店でも食べられるけど、持ち帰りも出来る。
    • 平目(カンオ)25cmから30cm 一匹1000円。これが一番旨い。でも大きさに当たり外れが有る。大型もありそれは2500円。
    • 今日は大きい活き車海老があった。一尾100円。
    • 活きイカも大きいのが一杯500円。日本だと2000円は取るだろう。
    • ノレミという魚もいる。
    • 鯛は2500円。スズキは1500円。
    • ウロは3匹2000円。ロシア産のズワイガニやタラバガニ、アブラタラバガニもいる。ズワイガニは1000円から1500円。タラバガニは3000円くらいだ。日本より安い。
    • 小さめだけど鮑は3杯1000円。トコブシよりは大きい。
    • モンゲ(ホヤ)は、みんな大好きだ。
      • ケブル(ユムシ)もみんな好き。初め見たときは少しギョッとしたが。
    • 水槽の隅のほうに隠れるようにアナゴがこちらを見ている。アナゴの刺身も旨い。店により鱧のように骨をタタいて調理するが、やはり刺身が旨い。
    • 刺身これで2万Won(約1200円)、安い!一日で食べきれないから二日かけて食べる。
      ヒラメ、イシガレイ、ホヤ、アワビ、
      しめて1200円
      • ヒラメ10000Won,イシガレイ5000Won、アワビ+ホヤ5000Won、計20000Won(貝はかなりオマケ)
      • 報告、予定通り二日かけて無事完食しました。
  30. 日本や中国のような箸の作法がない。
    • 舐った箸で平気で鍋を混ぜみんなで食べる。
    • 食事作法もない。
      • 骨や殻を平気で床に捨てる。だから韓国の食堂はどこもいつも汚い。
  31. 東京版ミシュランガイドが出た(しかも韓国料理店は選ばれず)のが余程くやしいのか,国家を挙げて韓国料理の「グローバル化」を図っている。
    • 東京版ミシュランガイドに朝鮮料理屋が入っていないのは日本人が妨害しているからだ、という意見が……
  32. 箸やスプーン、器はステンレス製がデフォ。汁気が多い食品が多いので、木製と比べて腐食しにくいというのが金属製が普及した理由。
    • チョッカラ、スッカラ。
    • だから日本人が今も土器(茶碗とか)を使っているのを嘲笑する風潮がある。スプーンに関しては『偉大な韓国人が劣等民族日本人に箸だけ教えてスプーンは与えなかった、だからチョッパリは飯も箸で食っている』と嘲笑している。
  33. 韓国版巻き寿司「キムパブ」。お弁当屋や屋台、売店、あらゆる所で売ってる。見た目太巻きまんまだが、酢飯でなく普通のご飯。多分日本の巻き寿司よりも一人当たりの消費量は多いと思う。
    • ご飯には塩やごま油を混ぜる。
      • ソウル市内の屋台で販売されている4割のキムパブから大腸菌が検出されたとのニュースが。渡航者は買わない方が無難。
        • そもそも、渡航しないことが賢明:-p
  34. オデン、ウドン、トンカツはそのまんまの語句で韓国内でも通用する。
    • そして矢場とんがぶち切れる。[7]
    • ちなみにうどんの起源はカルグクスという麺料理という事になっている。
  35. 鶏1羽が丸ごと入った鍋、「タッカンマリ」。意味もそのまま「鶏一羽」。
    • 唐辛子のペーストを鍋の中にたっぷり入れるのが韓国流のよう。
  36. 食べきってはダメ。
    • 日本では残さず頂くことが行儀とされているが、韓国では「もう食べられないくらいたくさん頂きました」と意思表示するために、ちょっとだけ残すのが行儀良い食べ方。
      • そこは中国と一緒だねー
    • まあ、きれいに食べても別に何も言われないが、店によっては「もっと食べたい」という意思表示と受け取られて、ごちそうさまと言う前に追加を皿に盛られるかもしれない。
      • 大体そういう店は威勢が良すぎるので、キャパシティを遥かに超える料理を追加してくる。
  37. 頼む。地下街の食堂で米をトイレの洗面所で洗うのはやめてくれ。(今は?)

犬肉[編集]

  1. 犬を食べるため野良犬がいない。
    • 最近は食べないらしい。
    • 食用の犬は養豚場ならぬ養犬場があり、そこで育てられている。
    • ビニールハウスのような大きなハウスで黒いネットで覆われている。当然近くでは吠える声が聞こえる。
    • 韓国では日本の土用の丑に鰻を食べるのと同じように、夏場の土用の丑の日(3-4日ある)に犬肉ないしは鶏肉料理サンゲタンを食する。
    • 街を歩いていると首輪のない犬はよく見かける。犬狩りに会わずに生き延びた犬たちか!?でも日本の空港に置いてある資料を見ると韓国は狂犬病指定地域になっているからちょっと怖い。
  2. 他人の飼犬を殺して食べたと言う事件が毎年起きる。
    • それも、OLが社長の飼犬を殺してランチにしたとか、信じ難いのが。
      • エッ!?ホント?ちょっとこの記事そのものが信じがたい。
  3. ソウル五輪開催のときに店が減らされたらしい。
  4. ちゃんと食管法で規定されているらしいから、それなりに食べられているはず。
    • ところが法律で決められている「食っていい肉」に犬肉は含まれていない。つまり堂々と犬肉料理店が営業しているが、法的には違法または脱法。食用の肉に含めようという動きはあったが、動物愛護団体に潰されている。
  5. 犬を屠殺する場合、ボコボコに殴り殺す。肉がうっ血によってかさが増えるからと信じているから。[8]
    • 美味い肉にするためには適切な方法で血抜きをしないとならないが、血を抜く=目方が減るためできる限り血を抜かないように締める。牛なども同様。
    • 残虐な方法で殺すことによって、犬の体内でアドレナリンが大量に分泌され味が良くなると信じているせい。実際は味は良くならない。
  6. 猫も食べる(←心臓の悪い方は見ないでね)
    • 犬ほどメジャーではないが
      • 犬食も猫食も地元愛護団体から反対運動が起きている
        • 猫を食べたりはほとんどしない。犬料理は店はあるが反対意見が多すぎで主類でもないしあまり見られない。
    • 何でも食べる中国はもちろん、沖縄でも猫を食べるところがあるらしい
  7. しかし日本人が馬を食べることは「ありえない」と思われている
    • 犬や猫や馬や鯨や海豚を食べる事には特に問題なし。牛や豚や鳥肉と何ら変わらない。問題なのは不必要に残虐な方法で締める事と、どんな病気を持っているか分からない野良犬猫を食用にする事だと思うが。
      • ちなみに海豚はとはイルカの事です。
    • ただし、韓国の肉食は高麗時代にモンゴルの影響を受けていたため、李氏朝鮮の宮殿では馬肉を干したものを食べていた。しかし、農耕技術が未熟なため、牛馬を農耕に使わず食べてしまうと翌年食べるものが無くなると言う理由で牛馬を食べる事が禁止されて廃れていった(ただし、牛に関しては儒教の祭祀で食べるので残った。)
    • 現在の韓国では馬を食べる文化がないらしい。馬食文化を韓国の同僚が驚く。でも私は馬刺しが好きだと話す。日本の馬刺しは競馬場(サラブレッド)から回ってくると肉屋で言っていた。
      • ちなみに韓国では牛肉の生肉ユッケも専門店に行かないと食べられない。その辺の焼き肉屋や肉屋では置いていない。(一般的に生肉を食べる文化がないらしい。)
      • 馬刺しはポーランドから輸入してるんだよ。
      • GI馬の馬刺しが食べられるのは日本だけwww
    • 欧米の話では「馬は人間の友達なので食べない」らしい。鯨と同じ話だな。韓国はどうなのかは知らないが。
  8. 日本人も犬を好んで食べていた
    • 真偽は不明、って書いてあるけど?
      • 徳川綱吉が犬食いを止めさせる為に「生類哀れみのお触れ」を出したって説もあるよ
        • 半分嘘 戦国の世から続く人命軽視の風潮を断ち切る為なのが真相 それまで辻斬り無礼討ち闇討ちが横行、刀の試し切りには犬が最も多く行われていた 以後、町人文化が花咲く事になる
    • 日本で食べたころは戦後の食糧難の時代。昭和30年代頃までは有ったようだ。
    • 赤犬が特に旨いという話を昔聞いたことがある。
      • 赤>黒>ブチが美味い順らしい。昔は犬を食っていたのになぁと友達のお父さんが懐かしがっていたよ。
  9. 人糞を食べさせて育てた食用犬肉トンケが存在する。
    • トンケは「雑種犬」の総称であって、「人糞を食べさせて育てた食用犬」のことではない。

キムチ[編集]

韓国の冷蔵庫[編集]

  • ホンタク・ホンオフェ
    • 一般的な食べ物じゃないし、食べる人でも冷蔵庫には入れないからw
    • 高いし、臭いし。若い人はあんまり食えない。全羅道あたりならよく食う人が多いけど。
  • キムチ(回虫入り?)
    • 回虫入りは余計。
    • 韓国ではキムチ専用冷蔵庫が普及。長期保存や熟成に適した温度で保管できるのと、あと、普通の冷蔵庫に入れることで匂いが他の食材に移るのを防ぐ目的も当然ある。
    • キムチ専用冷蔵庫は普通の冷蔵庫と違って、上から開けるものや、引き出し式も結構ある。
  • 焼肉
    • 焼肉は韓国料理ではないのでここに書くようなことではない。
      • 韓国の冷蔵庫なのでよく食べられているものを書く分には問題ない。
      • 日本料理だと言いたいのか?
    • サンギョプサル 豚バラ肉の焼き肉、カリカリに焼いて食べる。一説によれば韓国人が世界中のバラ肉を買い占めていると、韓国人の同僚が言っていた。
      • 調理の過程で油が落ちるので、実際はかなりヘルシー。油をなべ底に落ちやすくする特殊な鍋を用いる。バラ肉を網で普通に焼くとすぐに焦げて台無し。
      • 店じゃないと普通にフライパンなどに焼いた後、油を紙コップに注いだり、またはキッチンペーパーを皿に敷いて出したりすることも結構ある。
    • デジカルビ
      • 豚のカルビ焼肉
      • デジ(テジ)=豚。決してデジタルカルビの略ではない。牛カルビをアナログカルビとも呼ばない。
        • 各地方ごとに微妙に異なるデジカルビの味付けを指して「地デジカルビ」と呼んだりもしない。
    • カルビ ただのカルビは牛をさす
    • 鴨("オリ")の焼き肉 鴨の燻製を焼いて食べると旨い
  • 冷麺
  • ナムル
  • 韓国ノリ
    • 岩海苔をオーブンで焼いて、ごま油、オリーブオイルなどでコーティグしてある
  • パジョン
  • ツマミ(昆虫(蚕のさなぎ=ポンデギ))
  • トッポギ(おやつ)
    • トッコギです。トッポギというとエッという顔をするよ。
      • んなことはない。
    • トッコギって何?トッポギは甘辛く(相当辛いが)味付けされたファーストフード。屋台や学校帰りの女の子でも普通に食べている。
    • 棒状のモチ風だが、歯ごたえがある。
  • 參鷄湯
    • サンゲタン 鶏丸ごとの中に炊いたもち米を入れて朝鮮ニンジン入りのスープで煮込んだ滋養強壮料理。土用の丑の日に食べられる鰻と同じような感じ
    • 朝鮮料理として宣伝されてるが、実は中華料理にも同じものがある。というかオリジナルは中華。しかもさすが中華、結構ショッキングな朝鮮版とは違い見た目がかなりいい。
  • 眞露
    • いわゆる韓国焼酎(ソージュ)の代表ブランド。日本語で「じんろ」。韓国語で"チャミスル"
      • 違います。「チャミスル」は眞露(チルロ)のブランド。因みに「竹が露」という意味。
    • 日本酒、ドイツのビールと一緒でいろんな地酒がある。
    • 値段は360ml瓶入りで100円程度。1.8lペットボトル入りで350円程度。
    • 日本で販売される眞露は味付けしてないが、韓国ではちょっと甘めの味付けがしてある。恐らく砂糖が入っている。
      • サッカリンです。
        • 今はアスパルテームかステビアが主流。価格の高い物だと砂糖や蜂蜜も。
  • マッコリ
    • 日本で言う濁酒(どぶろく)。アルコール度6%程度。1リットル100円程度。
    • 韓国語ではマッコリと発音。この上澄みをトンドンジュといい、別の商品として売られている。
    • スタイルにこだわった居酒屋では、ペットボトルではなく壺からお椀ですくうスタイルで飲ませてくれる。
      • 大衆食堂だと冷やしたヤカンに入って出てくる。個人的には高級な店で飲むより、こっちの方が美味い。
    • 口あたりが良いので、ワインと同じくついつい深酒してしまう。
    • 賞味期限が10日ほど。日本輸出用は防腐剤が入っているため、韓国のそれとは味が天と地の差
      • 日本国内に輸入され、市販されているものには、何故か酸味料やアスパルテームが入っていて、恐ろしく不味いものもある。買う際にはラベルを見たほうがいい。
  • チヂミ
    • スーパーでチヂミ粉を売っている。下味が付いていて旨い。具は何でもOK。スイートコーンだけでもいい。ソーセージ、胡瓜、ニラ、お好み焼き風、何でも合う。粉は500g入り100円程度。1kg入りで150円程度。隠れた日本向けお土産に安くて丁度いい
      • 「チヂミ」という表現は在日の人が作った「韓国語」らしい。韓国では「ジョン」と言います。ネギのジョンが「パジョン」。「パ」は葱という意味。
        • もとは慶尚道(釜山あたり)の方言。在日に慶尚道出身者が多いせいでもあるが。
    • チョン、またはプチムゲといいます。明らかな区分はしませんが、大きい物をプチムゲと呼び、小さいものをチョンと呼びたりします。
      • 日常的に食べるチョンは主な具でネギ(パジョン)、海鮮(ヘムルジョン)、キムチなどを使う。
      • 名節と呼ぶ休日には普通、家でこれを作ったりして食べる。こっちは魚や肉も普通に使ってる。牛の肺を使う場合もある。
  • 辛ラーメン
    • 韓国でラーメンというと日本のインスタントラーメン。いろいろブランドがある。"ブデチゲ"(部隊鍋、軍隊鍋)などの鍋のスープの残りに入れて食べる。これが美味しい。
    • 日本のラーメンの触感に近い麺は"チャンポン"。これを真っ赤なスープで食する。
    • この10年でようやく日本からの生麺の食文化が認知されてきているが、基本的に韓国のラーメンはインスタント麺。デパ地下や食堂でもラーメンを出す店では大量のインスタント麺が箱積されている。
    • ちなみに、インスタントラーメンの麺だけも売っている。1袋で60円くらいに買える。普通プデチゲに入れるものはこれを使う。
    • 日本の袋麺より若干大きいが、日本で売られている物はかなり高い。しかもスープは辛味が非常に強く、旨味がない。
    • イギリスとドイツでは不衛生さと放射線処理が問題になり、輸入禁止。不衛生さってのは虫やネズミが混入しているのが日常茶飯事ということ。
  • ピビンパプ
    • ビビンバ。ビビンバッ。パップはご飯のこと
    • 必ずしも石焼ではない。普通の金属製お椀で食べる方がポピュラー。混ぜないで食べていると、やさしいアジュンマ(おばさん)が見るに見かねて混ぜてくれる。
  • キムパプ
    • キムチパッはキムチ入り焼き飯。焼き肉の仕上げによく食べる
    • 直訳すると海苔飯。つまり海苔巻きのこと。上の話は全然違う。
      • サムガッキムパプというものもあるが、これは三角海苔飯、つまりおにぎり。
  • 日本の醤油
    • 魚醤もかなり多用される。これは大陸文化の由来か。
    • 醤油の区分には普通2種があり、朝鮮醤油(チョソン・カンジャン)は普通「クッカンジャン」と呼び、汁物に入れる。陳醤油(チン・カンンジャン)は汁物以外に使うもの。「倭醤油(ウェ・カンジャン)」と呼ぶ人もある。
  • スンデ
    • 牛の腸にミンチ肉と血を混ぜたソーセージ。血の味がレバーを彷彿とさせるが、本来は北朝鮮の食文化。そのため脱北者が経営している店も多い。
  • ソジュ(日本酒と焼酎を足して2で割った感じの酒)
    • "ソージュ"焼酎のこと。度数は20度程度。日本の焼酎より甘い。
  • 百歳酒("ペクセイシュ") 養命酒みたいな薬用酒
    • ペクセジュな。リキュールとしてロックで結構いける。養命酒とはちょっと違う。
  • 日食 日本食のこと。 大抵の場合、刺身を出すレストラン(刺身屋)をさす
    • 日式という看板が目立つ。
      • それは日式料理店を略したのかも。
  • ジャージャーメン 中国で発明され韓国で改良された麺料理と言う。スパゲッティーにハヤシルーをかけた感じ。韓国料理としては珍しく唐辛子が入っていない。パンチがないのでついコショウ、コチュカルををたっぷり入れて自分好みの味にしてしまう。
    • 韓国語ではチャジャンミョン。出前のファーストフードの定番。日本のざるそば感覚。
      • 4月14日はジャージャー麺の日(通称ブラックデー)。恋人の居ない独身男女がジャージャー麺を食べる。由来は不明。
        • 3月14日がホワイトデー(韓国でも1990年代以降一般化)なので、そのパロディ。
          • ていうか毎月14日は○○デーってのが設定されてて、日本顔負けの販促合戦。
    • 普通は安い。200円~300円で食える。高いところは800円くらいまで見たが、価値に比べるとイマイチ・・・
  • うどん(Udong) そのまま通じる 空港のレストランにもあり、スーパーにも売っている
  • そば そのまま通じる。スーパーにも売っている
    • ざるそばを頼むときは注意すること。つゆがクソ甘い。
  • おでん そのまま通じる。うどんなどの上にのっけて出される
  • てんぷら 恐らくそのまま通じる。屋台にある
  • カスビール 1.8l入り350円程度。0.5l入り150円程度。日本より安く結構旨い。
    • カスはCASS。他にヘテHITEなどがメジャーブランド。日本ビールより薄味でバドワイザーなどに近い。アサヒスーパードライも定着しており、韓国人にはコアなアサヒファンも多い。
      • HITEの読みは「ハイト(ハイトゥ)」。ちなみにメーカーのハイト麦酒は眞露を買収して子会社化した。昔は「OB」がシェア7割、ハイトの前身は3割といわれたが、後に逆転。アサヒスーパードライがキリンに勝ったのに似た逆転劇が韓国のビール業界でも起きた。
      • CASSは今はOB麦酒社の製品だが、元は眞露の子会社が米国のクアーズと合弁で作ったブランド。
    • 学生街などでビールを出す店をHOF(ホップ)という。韓国語ではFをプと発音するため、ビールのホップを音写する際にHOFとなった。ピッチャーで出てくることが多い。
  • カレー
    • 韓国では固形ルーではなく粉末即席カレーが普及している。やたら黄色くて味は薄めだが、韓国ではその味に慣れ過ぎていて日本のカレーは口に合わないという人も少なくない。ちなみにレトルトカレーも同じ系統の味が一般的。
  • パン
    • 食パンを常食している人は少ないが、菓子パンは間食としてよく食べられている。特に「クリームパン」という言葉は韓国では非常にレトロな響きを持つ。
    • 「パリバゲット」というベーカリーチェーン店が有名だが、工場で大量生産した冷凍生地を各店舗で焼いて供する技術とノウハウは、日本の製パン業者から導入したもの。
      • 大手チェーンが大繁盛しているせいで個人経営のパン屋が潰れまくって問題になっているとか。
    • ちなみに2010年の韓国で最高視聴率を記録したテレビドラマは「製パン王キム・タック」。
      • もちろん木村拓哉とは関係ないし、出演してもいない。
      • でもこのドラマとタイアップしたパンが放映期間中に韓国のコンビニで売られた。どこかで聞いた記憶のある話だが…
      • このドラマの主人公のモデルは↑のパリバゲットなどを創業した実在の人物らしい。
  • メッコール



関連記事