香川の駅

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

日本の駅 > 四国 > 香川

香川県にある駅の噂
編集の際のおねがい
  • 駅の新規追加は、節が地域別・自治体別・路線別のいずれの場合でも基本的に「各路線の起点から順」になるようお願いします。
  • 駅が所在する自治体以下の小地域のページが存在していた場合、その地域へのリンクを張りましょう
    • 自治体のみであれば節リンクの必要はありませんが、市区単位でページが分割されている場合は全体リンクを忘れないで下さい。
  • その駅の『該当路線』の駅一覧からも、出来る限りリンクを張りましょう
  • 駅名標テンプレートのご使用は、相応の記事量(どのような閲覧環境においても、記事総量がテンプレートを確実に上回る程度)を満たした場合に限りお願いします。
    • ページ全体のバランスも考慮した上で、必要に応じて貼り付けてください。
  • 画像の使用は駅の雰囲気が伝わるようなものにしてください。車両がメインの画像は各車両のページまたは鉄道会社・路線ページで使うようお願いします。
  • (路線別の場合を除いて)駅の噂の一番下の行にその駅に来る路線を書いてください。書き方は他の駅の噂を参考にして下さい。
    • 「バス」(その駅に行くバス路線を持つ会社)については無くても構いません。
  • ページの分割は駅の数が増えすぎたり特定の1駅の記事量が極端に増加するなど、可読性を損ねる場合にのみお願いします。
    • 分割単位は都道府県単位→都道府県内の地域単位→市区町村単位(政令市はさらに区単位(隣接している区はまとめて分割可)まで可)で。
    • 他に比べて噂が多い駅の場合や最小単位まで分割してもまだ分割しなくてはダメな場合は駅単位で分割してください。
  • 廃止された駅は日本の廃駅へ移設するようお願いいたします。

予讃線[編集]

高松駅の噂[編集]

たかまつ
高松
Takamatsu
こうざい
Kōzai

しょうわちょう
Shōwachō

(うどん県 さぬきうどん駅 高松市)
さぬき高松うどん駅

所在地:高松市浜ノ町

  1. 四国の中央駅的存在。
    • 1日の乗降客数四国一、ホームの数四国一、一日の列車発着本数四国一。
      • 「特急うずしお」で来た人は、ほとんどが「快速マリンライナー」に乗り継ぐため、実際は3万人以上乗降客はいると思われる。
        • 現在は2万6000人。
      • 改札でなければ乗降客数とは言わないぞ。あと四国最大の乗降客数を誇る駅は松山市駅な。
      • JR高松駅とコトデン高松築港駅の乗降客数を足すと、文句なく四国最大の乗降客数を誇る駅は高松駅
    • ただ本四架橋完成以降は年々その地位が低下し続けている。
      • むしろ今では岡山駅が四国の中央駅的存在か。
        • それを言うなら高松市の中央駅的存在では?
      • いや、岡山市の中央駅だ。(何が言いたいかはお察しください。)
    • そのせいか貨物のターミナルもある。
    • オープン時が最大なのは世の常。現在はどっちかというと、バスで本州に行く乗客が増えたため。しかしバスで本州に行く人も駅を使うため、にぎわいはさして変わらない
  2. 駅構内では宇高連絡船で販売されていたうどんが食べられる。
    • JR四国が絡んでいるという意味で言えば直系だが、麺とかは別物。連絡船廃止前にも、駅構内に「立ち食いうどん店」はあった(1コ前の駅舎の改札口から0番線の間とか)。むしろそちらの系譜に連なるものであろう。
    • 連絡船うどんのうどんは駅のうどん屋にしては旨い。けれども高松市内のうどん屋の中ではまずい部類に入る。
  3. 駅前には高層ビルが立ち並んでいて、パッと見は大都会。
    • しかし人通りはあんまり多くない…、連絡船のあった頃の方が賑やかだった。
    • 昔の建物の方が味があったと思う
    • 見掛け倒しとはこのこと!(見掛け=高層ビル群、実際=人通り少ない)
      • 無駄にでかいものをよく作るからなあ。高松は。
        • 四国州の州庁所在地か州都かなんかになった時への事前投資らしい。いざそうなったときにバタバタしないようにと・・・
        • もうすでに、でかいもののうちには、入らなくなっている、各地に、新幹線の駅が増えたので。また、今となっては、シンボルタワーや、サンポートは、駅と合体させるべきだったかもしれない。が、作った当時は、地方都市に、そんなに大きな建物が無かったので、今日の事は、予想できなかった。博多駅のように、一体化しておいた方が良かったかもしれない。四国の特急の複線化、環状線化を、高松人で、提唱中。四国は、ヨーロッパのような発達が向いていると思われるため。長い記事
      • 現在ではもう高層ビルとは呼ばれない。むしろ、高さ制限の撤廃を叫ばれている。駅で人通りが完結しないために、駅はわざとシンプルに作ってある。人が町まで回遊し、町を育てるため。駅、駅ナカを立派にすると、人口100万人、150万人規模だと町が廃れる。中国四国地方で、生き生きしている数少ない都市の高松。年間視察に全国各地から商工会議所を中心に、なんと1万人以上が訪れる。長い記事
    • 駅前は、今ではのんびりした地方都市の雰囲気をかもしだしている。一つ一つのビルがまるで、盆栽のようにデザインされて植え込まれいる。がしかし、通勤時間の雑踏はすごい。都会的っていうのは、競い合っても規模で絶対負けるので、今の雰囲気は都会他の都市と差別化できてすごくよい。盆栽は、ヨーロッパからも憧れである。
    • 通勤・通学時間、マリンライナーの時間と時間の間は、ひとごみの少ない時間がある。おとしよりは動く時間が現役の人と違うため、人の少ない時間に駅に行く事が多い
  4. 駅のすぐそばにJR四国の本社がある。
  5. 地下駐輪場へ行けば100円でレンタサイクルが借りられる、とても便利な駅。
    • 自転車が全部貸出中の場合もよくあるので要注意。
  6. ついに!平成20年夏ごろに、自動改札機が導入されることになった。7レーンで入場1兼用が6とのこと。JR四国もついに動きましたなぁ。
    • 参照
      • 高知駅の数ヵ月後というところに「高知で人体実験してから」というにおいがする。
        • そして徳島に導入されて松山に導入されることは市駅に吸収されない限り導入されることは無かった。
          • JR四国に聞いたら、2009年のダイヤ改正まで、「検討して参ります」だったのに、改正したら「計画はございません」と答えられた。
  7. 改札からどのホームへの移動でも階段を上り下りする必要が無い、究極のユニヴァーサルデザインを実現したターミナル駅。
    • そのため、日本一使いやすいターミナル駅。
    • 高松駅を通過する電車がない(線路がフォーク型)ゆえに可能になった。
    • さすがJR香川
    • 究極のユニバーサルデザインなので当面は高架化されない。
    • 地理的に考えたら徳島行きは東へ向かうのだが,連絡船との乗り継ぎ通路などの関係で一旦西へ向かい市内をぐるっと回ってから東へ向かう経路になったのでできた構造。
    • JR北海道室蘭駅も同様なデザイン。
  8. 高松駅のファサードはなかなか良い。
    • が、駅構内に入ってみると、駅ビルの屋根に覆われているのはコンコース部のみで、ホームは覆われていない。ケチ臭さがする。ヨーロッパの本格的ターミナルと比べものにならない。
  9. 琴電との乗り継ぎが少し面倒。
  10. ハドソンが現金80兆円を持ってくるように指定された場所。
  11. 全ての電光掲示板がフルカラーLEDになった。

坂出駅の噂[編集]

さかいで
坂出
Sakaide
やそば
Yasoba
うたづ
Utazu

こじま
Kojima
(香川県坂出市)

所在地:坂出市

  1. 利用客数は高知をしのぎ、高松、徳島、松山に次いでJR四国4位らしい。
  2. 岡山へ直通する特急「うずしお」は通過する。
  3. 通過列車の場合、列車が通過しても「瀬戸の花嫁」が流れている(音楽と列車通過のタイミングがおかしい)
  4. 駅舎デザインはなかなかのもの。ただし駅周辺だけ街並みから浮いている。
    • 黄色と深緑という奇抜な取り合わせにもかかわらず、見事に高級感を醸し出している。
  5. 90年代初頭の建設イメージ図には街頭ビジョンつきの駅ビルがセットで描かれていたが、今ではそんな物は無かったことにされている。
  6. 昔は線路だらけだった。
  7. かつてはうどん屋がホームにあり、下りサンライズ→しまんと・いしづちの長い待ち時間に最適だった。
  8. 坂出が発展することをねたまずに新幹線を坂出まで引き入れるべきであると、最近提唱されている。岡山駅には、四国の商品を売るスペースが無い。
    • 四国新幹線の費用と比較すると、坂出までの引き入れ費用は、たいした事がない。
    • 乗り換え時間を考えると、一時間くらい短縮されるはず。四国に、四国の人々がたまる場所が必要、それと坂出には、大手企業の進出がある、また大手ビジネスマンのホテルの利用も坂出は多いが、あまり知られていないだけである。四国に、四国人のたまり場を作る事で、四国に就職口が初めてできるのである。環状線が完成すれば四国四県は、通勤圏内となる。
  9. 高松坂出間は毎時快速4本、普通が2本。四国とは思えないほどの高密度運転区間である。

宇多津駅の噂[編集]

うたづ
宇多津
Utazu
さかいで
Sakaide

こじま
Kojima
まるがめ
Marugame
(香川県綾歌郡宇多津町)

所在地:綾歌郡宇多津町

  1. マリンライナーは宇多津駅を通らない。しかし時刻表では通過扱い(レ扱い)。
    • 高松方面と多度津方面の分岐点が宇多津駅構内とされているため。
  2. 多くの特急列車の分割・併合を行っている。
    • 岡山直通「うずしお」と「南風」の分割・併合も行ってるため、「うずしお」はここと高松で2回進行方向が変わる。児島で分割・併合すれば1回で済むと思うのだが、JR西日本管轄だから出来ないのか?
      • JR四国はJR西日本にいじめられているような・・・
      • 宇多津~高松間は座席から見ると逆走する。そのため一番後ろの車両右・窓際に座ると景色が良く見えるので酔いやすい。
      • 児島駅だと「うずしお」と「南風」の編成の向き(貫通幌も)が揃わないでしょ。
  3. うたづであって、決して、うだつではない。
    • うだつがあがらないわけじゃない。

丸亀駅の噂[編集]

まるがめ
丸亀
Marugame
うたづ
Utazu
さぬきしおや
Sanuki-Shioya
(香川県丸亀市)

所在地:丸亀市

  1. 香川県第2の都市の駅で利用客数もJR四国6位だが、相対式2面2線としょぼい。
    • 高架化される前は2面3線だったんだが。
  2. 高架下に商業施設がある。
    • 競艇中継をテレビで流している場所がある。
      • それどころか時期になると競艇の広告を張り出す。
      • 競艇の売り上げは600億円くらいあって丸亀に大いに貢献しているのに、丸亀の人も香川県の人もよく知らない。これは丸亀市の予算とそう変わらない額である。
  3. 4~6両編成の列車が似合う近代的な駅。
  4. 丸亀と高松間の特急が希求されている。カマタマーレ讃岐のJ2を成功させるための集客にはぜひ必要だし、JR四国にとってもドル箱になる可能性大だと言われている、15分で行けたら香川は変わるといわれている。高松と、丸亀は一緒になるべきだと言われてもいる。そうすると、丸亀ー高松間への高松市からの支援も期待できる。
    • 丸亀ハーフマラソンには常に一万人以上の参加がある。これは大阪や九州で行われているマラソンに全くひけをとらない。
  5. 駅前は廃墟で、稼働しているのが駅に隣接したスーパーやコンビニくらい。
  6. 市としては坂出に差をつけた感がある丸亀だが、駅に関しては坂出駅の後塵を拝している。
    • 坂出~高松は毎時快速4本普通2本、坂出~岡山はマリンライナーが毎時2本なのに対し、丸亀~高松が快速1本普通1本、丸亀~岡山は普通が1時間に1本あるかないか。
    • ただし、特急を使って高知や松山に行く場合については坂出はおろか、高松よりも乗車チャンスが多い。
  • 路線 - 予讃線

多度津駅の噂[編集]

たどつ
多度津
Tadotsu
さぬきしおや
Sanuki-Shioya
かいがんじ
Kaiganji

こんぞうじ
Konzoji
(香川県仲多度郡多度津町)
錆びんか心配

所在地:多度津町

  1. 予讃線と土讃線の分岐駅。
  2. 構内は広い。
  3. ホームが1日中賑わっている。
    • 2面4線ということもあって、そう感じるのかもしれない。
    • 普通のひなびた田舎の乗換駅という感じでしたけど。
  4. 昔はマヤ34が置いてあった。
  5. 複線区間はここまで。
  6. 今のJR四国の駅の中では最古。
    • そのためか駅案内でも「四国最古」と書かれている。
  7. 駅前出て右手、道隆寺へ向かって歩き出してすぐの所にSLが置いてある。
    • 駅を降りた段階で潮の香りがするほどのところだが、そんな所に鉄の塊置いて錆びんのかと心配になる。置き方も結構雑やし。

津島ノ宮駅の噂[編集]

所在地:三豊市

  1. 年に2日しか営業しない臨時駅だ。
    • 当然、日本一営業日数は少ない。
      • 実は2013、14年に限っては只見線の柿ノ木駅が年1日しか営業しなかったので、そちらが(休止駅を除く)日本最少でした。
      • 2015年3月改正で柿ノ木駅が廃止されたので、めでたく日本一に返り咲きました。
    • 津嶋神社の大祭に合わせて開設(8月4日と5日に固定)されるのだが、2013年以降はそれ以外での営業日も出てきている。
    • 津嶋神社が子どもの神様を祀っているので、8月の営業日は家族連れ(と鉄ヲタ)が目立つ。
  2. 駅番号を持たない。
  3. 歴史は古い。
    • 蒸気機関車時代から、駅員が乗り降りを手伝っていたのだろうか。
  4. 開設当初からカーブ上に駅があるので角度(カント)がついてしまい、ホームは客車時代から少しかさ上げしているものの、いわゆる「電車とホームとの差」がかなりある。このため、営業日は周辺駅から駅員が大量出動。
    • 民家はちらほらあるのだが、これが常設駅に出来ない理由の一つらしい。
  5. 営業日以外もカーブでホームが広くポジションが取りやすいということから、撮りヲタの格好のスポットになっているらしい。
    • ただし、営業日以外は当然ながら電車が止まらないので、この駅へ行くには詫間駅から歩き(30分近くかかる)か、車か、駅隣の道路上にバス停があるコミュニティバス(平日・土曜のみ)といった手段のみ。
  6. 有志が作ってJRに寄贈した駅スタンプが密かにある(営業日に押印可能)。
  • 路線 - 予讃線

観音寺駅の噂[編集]

所在地:観音寺市

  1. 上下線ともに殆どの普通列車の終着駅。
  2. 西に2駅先に狭小トンネルが存在するため、マリンライナーの5000系はこれより西へは行かない。
  3. 「かんのんじ」と思ったら「かんおんじ」。う~む・・・。
    • 「かんのんじ」駅だったら名鉄尾西線にありますね…。
    • 市名自体がそうなんだが。
  • 路線 - 予讃線

土讃線[編集]

善通寺駅の噂[編集]

所在地:善通寺市

  1. 特急が全部停車する。
    • 隣にある似た名前の駅には一本も停まらないのにね。
  2. 善通寺市の中心駅。
    • 規模的に見ればどうみてものほうがでかいんだが・・・と思ったら、隣はそもそも市じゃなかった
    • 昔、付近に陸軍がいたせいで、やたらと長いホームを持つ。
  3. 高校野球で有名だった(今もか?)尽誠学園高校の最寄り駅。
  • 路線 - 土讃線

琴平駅の噂[編集]

パチ屋もどき

所在地:琴平町

  1. 土讃線はここまで電化されている。
    • ここから鈍行で池田方面へ向かうのは大変。
      • でも、ほとんどの種別の列車が止まる。(いやもう全てと言ってもいいかも。)
  2. 駅舎がパチンコ屋みたい。
    • 特に赤字で琴平駅と書かれたあのネオン。地元のパチ屋の看板にそっくりだった。
  3. 珍しく鉄子の旅の作者の菊池さんが気に入ったことで有名になった駅だ。
  4. こんなクソ田舎でも金毘羅さんの目の前にある関係で、駅周辺はそこそこ栄えている。善通寺や丸亀の駅付近の商店街の寂れ具合とは対照的。
    • 駅周辺はとはいったものの、栄えているのは例のあの石段の下あたりの話で、駅前はやっぱり寂れている。
  • 路線 - 土讃線

高徳線[編集]

讃岐牟礼駅の噂[編集]

所在地:高松市牟礼町大町

  1. 琴電との乗換が一番便利なJR駅。
  2. 高松市牟礼町牟礼のJR玄関駅は八栗口駅か古高松南駅。決して讃岐牟礼ではない。
  • 路線 - 高徳線

志度駅の噂[編集]

しど
志度
Shido
さぬきむれ
Sanuki-Mure
オレンジタウン
Orange-Town
(香川県さぬき市)

所在地:さぬき市

  1. 休日の特急「うずしお6号」岡山行きはかなり混む。
    • 当駅から結構乗る。
  2. 高松への通勤圏内。
    • そのため、乗降客数も多い。
  3. 立派な橋上駅舎。
  • 路線 - 高徳線

高松琴平電気鉄道[編集]

瓦町駅の噂[編集]

所在地:高松市常磐町一丁目(琴平線・長尾線)/八坂町(志度線)

  1. ことでんの最主要駅。
  2. 徳島駅、松山市駅と並ぶ、四国最大級、超巨大な駅ビルがデンとある。
    • ほか2駅と同様そごうが入っていたこともあった。
  3. 志度線乗り場は離れている。
    • 志度線乗り場に行く途中には、動く歩道がある。
      • もちろん隣には歩く歩道もある。どちらを使うかは自由。
  4. 早朝、深夜を除くと、ホームに人が絶える間がない。(志度線を除く)
  5. 駅ビルの百貨店がコトデンそごうだった頃駅前に大型スクリーンが設置されていたが、いつの間にか撤去された。
  6. 駅構内のデザインや看板・動く歩道なんかはどうも阪急のパクリにしか見えない。
  7. このビルの三階は軒高が大きく取られていて、ことでんを高架化しても三階にホームを設置して対応できるようになっている。
    • が、高架化は事実上断念してしまっている。
  8. 2014年6月に行ったことがあるが、天満屋閉鎖後&サッカー日本代表の試合中とはいえ、日曜の昼間なのに駅前の閑散っぷりは異常だった・・・。

高松築港駅の噂[編集]

所在地:高松市寿町一丁目(玉藻町)

  1. 立地場所は高松城のお堀。
    • ポスターでは高松城と列車が共に写った写真がよく使われている。
  2. 再開発で移転するはずだったが中止になった。
  3. 琴電のターミナル駅にしてはしょぼい。
    • 今も昔も琴電の中心駅は隣の瓦町駅。
  4. 志度線は乗り入れていない。
  • 路線 - 高松琴平電気鉄道琴平線

仏生山駅の噂[編集]

所在地:高松市仏生山町

  1. 読みは、『ぶっしょうざん』と読む。
    • 最初は『ほっとけいきやま』と読んでしまった。
  2. 所属線である琴平線の車両だけでなく、長尾線の車両も管理する仏生山車両区が存在する。
  • 路線 - 高松琴平電気鉄道琴平線

公文明駅の噂[編集]

所在地:木田郡三木町大字井戸

  1. 読みは、『くもんみょう』と読む。
  2. かつて当駅と同じ位置に、井戸川駅が存在していた場所に1952年(昭和27年)に現駅名として再開業している。
  • 路線 - 高松琴平電気鉄道長尾線

琴電屋島駅の噂[編集]

所在地:高松市屋島中町

  1. かつて、屋島ケーブルと乗り換え出来た駅。
    • 現在は廃止されている。
    • 屋島ケーブル廃止後に無人駅になった。
  2. JRの最寄り駅は言うまでもなく、屋島駅。
  • 路線 - 高松琴平電気鉄道志度線

八栗駅の噂[編集]

所在地:高松市牟礼町

  1. 八栗ケーブルの最寄り駅。
    • とはいえ、駅から北東で徒歩20分、タクシーで5分かかる。
  2. 最寄りのJRの駅は、八栗口駅でなく古高松南駅。
  • 路線 - 高松琴平電気鉄道志度線



関連記事

スポンサーリンク