高円寺

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本関東 > 東京23区 > 杉並区高円寺

高円寺の噂[編集]

南口
  1. 別名、日本のインド。
    • 錦糸町も多いぞ・・・インド人
      • インド人が多いのは西葛西では?
        • 正確には清新町。
      • それは意味が違う
  2. ホットペッパーがある@中野・高円寺版
    • 阿佐ヶ谷も含まれる。
  3. 沖縄料理の有名店「抱瓶」がある
    • 儲けすぎて脱税の噂あり
  4. 夏の阿波踊りは踊ってこそ楽しい
    • 夏になると、近所の小学校の体育館から阿波踊りの音が聞こえてくる。しかも夜。高円寺住民以外は迷惑している。
    • 確かに、見てる人より警備してる人より、踊ってる人の方が楽しそうだ(笑)
    • 地元商店街にあまり金が落ちないので、数年前に廃止が検討された。が、踊っているうちに全て忘れた。
    • 冬でも阿波踊りの音楽を流してるパン屋がある。
    • 北口商店街の裏に住んでいた友人は、この時期は駅前道路をわたることができないので、高円寺駅から直線で100mもない家に帰るのに、阿佐ヶ谷で下車しててくてく歩いていた。このため、阿波踊りを心底から憎悪していた。結局、引っ越した。
    • 踊る方に出演するにはお金がかかるらしい。
  5. 阿波踊り発祥の地は勿論高円寺だと思っている。
    • 本当は徳島県が発祥の地。
    • 正直なところ、巫山戯るなと言いたい(by 徳島県人)
      • 「東京名物阿波踊り」や言うて宣伝せんといて!勘違いする人が増えるでないか。(by徳島県人)
    • 本当の真実は韓国起源に決まっているニダ!
      • ウリジナル。
        • 近隣のうらやましい文化は全て朝鮮起源だと言い張る行為。(漢字や醤油など)
          • 高円寺を繁栄させたのも在日同胞だと言い張り始める。大久保の間違えじゃね?
    • 阿波踊りのお陰で、徳島では「高円寺」の知名度がやたらに高い。
      • 大阪志向の徳島は基本的に東京に無関心なので、下手をすれば池袋等よりも高円寺の方が有名かもしれない。
  6. 下北沢をライバル視している。が実際は下北沢や原宿に進出できないミュージシャンや雑貨屋が集まっている。
    • でも本当のライバルは、お隣阿佐ヶ谷。阿波踊りVS七夕祭り。阿佐ヶ谷の七夕祭りの方が歴史がある。
  7. 駅前はピンク色。
    • 駅周辺は禁煙。喫煙場所はロータリーの真ん中で、ちょっと恥ずかしい。
  8. ねじめ正一の「高円寺純情商店街」で全国区になった。
    • 「竹輪の穴に蝿とまる。」のフレーズが忘れられない。
    • しかし、ねじめ民芸店は、お隣阿佐ヶ谷の名物店。高円寺にゆかりの店は無い。
  9. 奈良人は地元に高円(たかまど)山・高円高校がある事から、「たかまどでら」と読みそうになる。
    • 故・高円宮憲仁親王も「高円寺の地名を見るとちょっとドキッとします」とか語っていたらしい。
  10. 飯を食うなら北口、古着を買うなら南口に行ったほうがよい
  11. 住吉会のボスの家がある。時々その筋の人を見るのはそのせい。
  12. 住基NETに参加拒否した。
    • 高円寺だけが参加を拒否したわけではない。
  13. ファミレスが無い。長年言われ続けてる弱点である。
    • ファミレスは、駅前に○二家があったが事件発覚数年前に潰れた。そして、ジョ○サン青梅街道沿いにしかない。
    • マックの24時間化、大将の深夜営業の開始により、ほぼ克服された。
    • パル商店街にサイゼリヤもできた。
  14. 「穴」という表札のついた家がある。
    • だが現在はいなくなっている。
  15. 打倒タイガーマスク!をモットーにしたジム「蛇の穴」がある。
    • そのため、生前ビル・ロビンソンが高円寺を闊歩していた。見たかった・・・。
      • 081210現在、まだ生きている。杖をつき若干苦しそうに巨体を運んでいる。勝手に殺してはいけない。
    • アントニオ猪木の道場もある。
  16. ライブ・ハウスは異様に多いのに、楽器屋が中古楽器屋が一軒だけ。ギターの換え弦を切らした時に、すごく困る。
    • パル商店街のスタジオドムに弦などは売ってる。
    • うん、アフタービートとかのスタジオでも売ってるのは知ってるけど、いつも使っているブランドとかじゃないこともあるし、それからちょっとした小物も、といったときに楽器屋でないと不便なことが多いんだよな。
  17. 若者に人気がありすぎて地価が高い。したがって家賃も高い。
    • ただし、築年数や設備・広さに拘らなければ区内でも屈指の格安物件密集地でもある。
      • 戦前は軍人の邸宅地だったが、戦後になって彼らの遺族の多くが遺された土地をアパートに転用したためだとか。
  18. 南口の駅の近くにアヤシイ張り紙が満載の家がある。
  19. 商店街に「一日、数百万人の耳に伝える、高円寺放送」が流れている。
  20. 東高円寺駅ちかくに「光塩女子学院」というミッション系のきわめて校則が厳しい学校がある。
  21. ローリー寺西が住んでいるらしい。
  22. 北口の庚申通り商店街の中には、しっかりと庚申塚があり、しかも向かいには庚申文化会館もある。2〜3階は会議室スペースで、商店会主催の催し物や集会、地元住民の葬式会場になっているが、1階はドーナツやさんが入居しているわ、週末に出店があったりで、管理者が誰なのかわかなくなることがある。
  23. 日本のメタラーの約半数がここに集うとの噂。
  24. 伊集院光が通っていたボードゲームショップがある。
  25. 「手抜きうどん」と言う看板を立てた店がある。
    • 環七と中央線の高架が交差するあたりにある。テレビで紹介されたことがあるらしい。
  26. 南口には「彼はから揚げ 彼女はミートソース」という妙な店名の食堂がある。
  27. これを北海道の人に言うと怒られるが、ジンギスカン鍋発祥の地。



スポンサーリンク


関連記事