お笑い芸人ファン/あ・か行

提供: chakuwiki
麒麟ファンから転送)
移動先: 案内検索

お笑い芸人ファン > あ・か行


主な芸人[編集]

あ行[編集]

明石家さんまファン[編集]

  1. 出演番組チェックは欠かさない。
  2. 土曜夜はMBSラジオを遠距離受信。
    • 今は 「radikoプレミアム」 で、料金さえ払えばどこでもMBSを聞けるようになった。
  3. 本業は「落語家」だったのは公然の秘密。
  4. テレビ朝日・テレビ東京の番組は一切見ない。
    • 読売テレビ制作番組も見ない。
      • テレ朝系でもABC制作番組なら見る。
  5. 出っ歯が今は差し歯であることを知っている。
  6. 亀田家も陰ながら応援している。
  7. 兼IMALUファンの人もいる。
    • ていうか、さんまが嫌いでIMALUファンという存在は想像がつかない。
    • 名前の由来は知っていて当然。
  8. ライバルはやっぱり紳助。
    • オール巨人や桂小枝も同期であることも知ってて当たり前。後輩だけど村上ショージとの関係も。
    • とは言え、若い頃に「ひょうきん族」で競演し合っただけに引退は寂しかった。
  9. 醤油はもちろんキッコーマン
  10. 六代桂文枝に足を向けて寝られない。
    • それだけに「三枝」の名前とおさらばされるのは非常に寂しい。
  11. 笑い方は、当然「ファ~!」から始まる。
  12. 神対応は流石だと思う。
  13. 27時間テレビで好きなコーナーはもちろん、「今夜も眠れない」。
  14. 若手時代からのファンは今も「チャッピー」と言えばさんまだと思っている。
  15. 故郷の奈良市で兄が喫茶店を経営していることは知っている。
  16. 和歌山県南部生まれなのは知っている。

アニメ会ファン[編集]

  1. 本田透氏の「電波男」が切っ掛けでファンになった者がいる。
    • 本田透氏のラノベは一作品でも持っている。
  2. ハゲてる芸人と言えばトレンディーエンジェルの二人ではなく比嘉モエルだ。
  3. 比嘉氏の滑舌の悪さについてはもう諦めている。
  4. 紫の人とはサンキュータツオ氏。
    • 更に失礼な人でもある。
  5. よくこれだけのアニメオタク芸人が集まったと思う。
  6. 三平×2の個人サークル「金属バット」が出店当選した時のコミケは必ず「金属バット」のブースに寄って新刊買わなければコミケに来た意味がないと思う。
  7. メンバーがテレビに出るとチェックする。
  8. 亀子氏が吉本入りした事については驚いた。
  9. 亀子氏が脱退して日が立つに連れて彼の存在を忘れてしまっている。
  10. 無期限活動休止中の比嘉氏のコンビ「ぽってかすー」はもう告知なしで解散したんじゃないかと思っている。
  11. 三平×2のコンビ「ペイパービュウ」が「あらびき団」に初登場した時のネタには衝撃を受けた。
  12. 亀子氏と言えば「キ・モ・イ」である。
    • 亀子氏のキモいキャラ、見ている内にだんだん慣れて平気になっている。
  13. 亀子氏のツイキャスをつい見てしてしまう。
  14. 比嘉氏のパンティーを4枚所持している発言には衝撃を受けた。
  15. 三平氏の嫁は「らき☆すた」の柊つかさと言うのは常識
  16. ポットキャスト番組常連投稿者だった人のツイッターはほぼフォローしている。
  17. 比嘉氏への苦情を「比嘉を考える会」に送ろうと思った事がある。
  18. 亀子氏のアムロ・レイの物真似については若井おさむより先に認知されていればブレイクした可能性が高かったのにと残念に思っている。
  19. 比嘉氏を介してプリキュアファンになった者がいる。

有吉弘行ファン[編集]

  1. 下の名前の正しい読み方は知っていて当然だ。
    • 「ひろゆき」とか言ってはいけない。
    • 命名のきっかけにはズッコケた。
  2. やたら人にどぎついあだ名をつけたがる。
  3. 哀川翔に足を向けて寝られない。
  4. 昨今の毒舌キャラオンリーな人と猿岩石時代も重視する人に分かれる。
    • 猫男爵派も
    • やはり、森脇和成のその後は気になる。
  5. 自分の地元をあえて「おしい所」とアピる。
  6. 三又又三はヒドいと思う。
  7. 風邪にはエスタックだ。
  8. カープファンである。
  9. 本人のフォロワー(本人はフォロワー数日本一)

アンガールズファン[編集]

  1. 「ジェンガ」が「ジャンガ」に聞こえる。
  2. 身近に山根さんがいると、独特な呼び方になる。
  3. 広島と言えば、有吉よりもアンガだ。
  4. デルピエロ山口はクセモノだ。
  5. もちろんカープファンである。
  6. 某兵庫県議がそこまで田中に似ているのかがちょっと疑問だ。

アンジャッシュファン[編集]

  1. 柴田&ザキヤマとは間違えないで欲しい。
  2. もともとは渡部派で埋め尽くされているという状況だったが、最近は児嶋に注目する人も増えた。
  3. エンタ」にもわりと寛容だ。
  4. 渡部を「わたなべ」と読んだり、建を「健」など書く奴は論外。
    • 当然「渡辺」と書くのもNG。
  5. 渡部ファンは本人同様高校野球にも注目している人も。
    • 美味い店に注目する人も。
  6. 名前を間違われた時には児嶋みたいに「○○だよ!」と叫びたくなる。
  7. 自分と縁のない作品の宣伝をする。
  8. 年の差婚
  9. 八王子市は聖地。

アンタッチャブルファン[編集]

  1. 渡部&児嶋と混同してはいけない。
  2. 野球のオフシーズンは「プロ野球珍プレー好プレー大賞」を楽しみにする。

伊集院光ファン[編集]

  1. 某ラジオ局が嫌いだ。
  2. テレビとラジオでキャラが違う事を知っている。
  3. 深夜の馬鹿力は欠かさず聴く。
  4. まさかの朝ワイドMC抜擢には驚き。
  5. 田中・篠岡・荒川区といえばこの人。

イジリー岡田ファン[編集]

  1. とりあえずキモイ
    • スケベ率も高い。
  2. ♪いじり~さんに~つ~れ~られて~い~っちゃ~った~♪
  3. 好きなアイドルグループはAKB48と乃木坂46。

板尾創路ファン[編集]

  1. 「そうじ」と読む奴はモグリ。
  2. ダウンタウンや今田のファンの兼任率高し。
  3. どう考えても高田純次より板尾の方が適当だと思っている。
    • 蛭子さんよりも。

井戸田潤ファン[編集]

  1. ことあるごとに 「甘~い!」 と絶叫。
  2. かつて吉本興業に所属していたことを知っている。

今田耕司ファン[編集]

  1. ボケ、ツッコミの切替の良さはぴか一だ。
  2. 共演者を選ばないのもいいと思う。
  3. 司会が多いが、看板番組がないのがさびしい。
  4. ダウンタウンには足を向けて寝られない。
  5. 実家が寺というのがあまり想像つかない。
  6. 2008年の27時間で終わる間際にたけしの車にあてられた。まさに笑いの神が降りた瞬間
  7. 東野はシャドー相方
  8. 彼の天才的な司会業が見たくてM-1を見る。彼の素の面白さが見たくてノブナガを在名の友人に録画転送してもらう。
    • 大勢の芸人相手にその司会ぶりが光る「楽屋ニュース」は年に一度のお楽しみだ。
  9. K-POP好きでもある。
    • K-POP好きは今田が売れてからだいぶ後になってからだし、これはどうか・・・
  10. 元相方がほんこんだということを知っている。
    • その当時のコンビ名や二人の芸名ももちろん知っている。
  11. 大阪上本町は聖地。

ウッチャンナンチャンファン[編集]

  1. いつか社交ダンスを始めようと思っている。
  2. とんねるずには足を向けて寝られない。
  3. (特にウッチャンファン)久○雅○は親の仇より憎い。
  4. ナイツの宗教離れを期待している。
  5. 現地のロック歌手関係で香港に未だに顔向けできずにいる。
  6. 出川哲朗や入江雅人のことも気にかけている。
  7. 「ヒルナンデス!」の視聴者に対して「メーンMCがナンチャンだってことを忘れてるのでは…」とヒヤヒヤしている。
    • で、一番恐るべき存在なのはやはり某ぽっちゃり系女子アナだ。
  8. 「ウォーリーを探せ」?「ナンチャンを探せ」の間違いだろう。
  9. 聖地は高松市人吉市

オードリーファン[編集]

  1. 間違っても春日を「はるひ」と読んだりはしない。
  2. 挨拶は「トゥース!」。
  3. 笑う時は「ヘッ!」。
  4. 「鬼瓦」と言えば、あくまで春日の変顔だ。
    • 若林の「鬼瓦」はヘタクソでナンボだ。
  5. 今や「若林じゃない方」。
  6. 結局、ファンの大半は春日目当てだ。
    • そう?
    • どっちかというと若林の方が多そうだ。
      • 同意。最近はすっかり立場が逆転した。
    • 最近の春日は芸人というよりアスリートって感じがする。
  7. 好みがどちらかに分かれる。

岡田圭右ファン[編集]

  1. スベりこそ彼で、彼こそスベりキングだ。
    • すべり芸のせいで実はイケメンであることに気づいていない。
  2. ますだとの絡みはもう諦めた。だって彼、大阪に住んでんじゃん。
  3. オリックス・バファローズファンである。
    • 彼の娘さんはある意味“元祖オリ姫”。
    • 関西人は「パ・リーグ党芸人座談会」のファンでもある。
  4. 彼の息子さんや娘さんも芸能活動をしているのを知っている。
    • 娘の結実のことも応援する。
      • 脅威の存在として、ビビッてる人も。
      • 結実と共演しない理由を知っている。
関連項目

オリエンタルラジオファン[編集]

  1. 自分の武勇伝について語る時、「武勇、デンデンデデンデン!」とリズムをつけたがる。
  2. バットを振る時、やたら「カッキーーーーン!」と叫びたくなる。
  3. ムシャクシャしたら兎に角意味の無いことをしてみる。
  4. 名前に「アツ」の2文字が入ってる人をとりあえず「アッちゃん」と呼ぶ。
    • 「あっちゃん」といえば前田じゃなく中田だ。
  5. 藤森が女装してミスコンに出たはいいが、その時名乗っていた名前はひどいと思う。
  6. 「チャラ男」と言えば、藤森だ。慶なんぞ殆ど過去の人だと思っている。
  7. 口癖は「君、かわうぃーねー!」
  8. 「ペケポン」と言えばあの番組ではない。
  9. 「オリラジ経済白書」は黒歴史なんかではなく良番組だったと思っている。
  10. 諏訪と言えば、諏訪湖よりも藤森だ。
  11. ライバルは8.6秒バズーカーだ。
    • ってか、「絶対に一発屋になるぜ」とニヤリ。
    • それでもオリラジの2人がラッスンゴレライの物真似をしたのは面白かった。
  12. 兼「RADIO FISH」ファンである。
    • ゲストボーカルとして共演した當山みれいのことも応援する。
    • 「I'm a perfect human」と言い出す
  13. 高飛車になる。
  14. いい加減なことを雄弁に話す。
  15. 駆け出しの頃もちゃんと知っている。
  16. 高槻市といえば関ジャニ∞村上でも織田信成でもなく中田だ。

か行[編集]

桂三度(世界のナベアツ)ファン[編集]

  1. 暗証番号や愛車のナンバープレートなど、あらゆるものに3のつく数字と3の倍数を入れている。
  2. 3のつく数字と3の倍数を言う時は…(ry
    • 3のつく数字と3の倍数にこだわる。
  3. 7の倍数、ゾロ目を用いたネタを望んでいる
  4. Y下しげのりのことは基本的に眼中に無い。
  5. ブルゾンちえみの物真似をしても、結局はナベアツ化する(例の数字に3がついているので)。
  6. 1000円札の野口英世や名探偵コナンの毛利小五郎を見て彼(ナベアツ)を思い出す。

狩野英孝ファン[編集]

  1. 兼50TAファン。
    • あれ以来芸風が変わってしまったのには賛否両論。
  2. 好きな曲は「涙」「Parfect Love」「インドの牛乳屋さん」
    • ノコギリガール編以降に入ってきたにわかファンも多い。
    • 一回CDを出したら買うのにぃ...とヤキモキしている。
  3. 実は、イケメンだとはファンでも認めていない。
  4. たまに「英考」と書かれるのがイヤだ。
    • 「かりの」やら「ひでたか」と読む奴にも困惑。
    • 「かのう」ではなく「かの」である。
  5. 有吉弘行が狩野につけたあだ名は正直ひどすぎると思うが、狩野が有吉ファンである以上は文句を言うワケに行かないと思う。
  6. 弓道の上手さは認めている。
  7. 本人の神社に行く

かみじょうたけしファン[編集]

  1. 板東英二を見るたび彼(かみじょう)を思い出す。
  2. 楽天イーグルスのファンである。

キャイ〜ンファン[編集]

  1. 息の合ったコンビネーションが魅力だと思う。
  2. ウッチャンナンチャンは良き先輩、ナインティナインは戦友。
  3. 一昔前は殆どがウド目当てだったが、最近は天野に注目する人もかなり増えた。

麒麟ファン[編集]

  1. 重低音ボイスで挨拶。
    • マイクを使う場合は特に。
  2. いっぺん段ボールを食べてみたくなったりする。
    • で、結局は「不味い!」と思う。
  3. 川島の高校時代の顔と性格はあまり信じたくない。
  4. 田村の父親が見つかったことに世間の中でも特に大喜び。
  5. 田村の「ホームレス中学生」はもちろん読むor既に読んだ。
    • 「まきふん公園」にも行った。
      • 吹田市の公園と言えば、万博よりもここだ。当然、宇治市も聖地。
        • それゆえに、M-1・2005での安田美沙子の「笑い飯に勝ってもらいたい」というコメントを聞いて「同郷の川島を見捨てるのか?」と思った。
    • 映画版のキャスティング、流石に田村役に小池○平は無しだと思う。
    • しかし、「漫才師としての歯車を狂わせた元凶だ」との声も…。
  6. 川島、田村共漫才以外の事で浮かれているのが気がかりだ。
    • 案の定M-1準決勝敗退。敗者復活もならず。
      • だがしかしやっぱり納得できない。
  7. ビールを飲む時や動物園に行った時にモノマネをしたくなる。
  8. 共演者の川島に対するM鍋との交際いじりはちょいしつこい気がする。
    • 破局によってどうなるか…
  9. そのうち、動物のキリンすら忘れてしまいそうだ。
  10. 茶色い物にも親近感を覚える。
  11. 競馬にも興味を持った。

ケーシー高峰ファン[編集]

  1. ちょっとラテン語かぶれ。
  2. 下ネタは当たり前。だって芸風が芸風だから。
    • いかに上手く下ネタを入れるか?が腕の見せ所。

ケンドーコバヤシファン[編集]

  1. ファンの殆どが男性。
    • 本人が色々な方面で造詣が深いので、ケンコバの中でも様々なファンが存在する。
  2. ネタがマニアック過ぎてたまについていけなくなる。
  3. とりあえず下ネタは必須。
  4. ケンコバの面白さが一番発揮されるのは、深夜のラジオ番組だと思っている。
    • テレビでしか観た事がない様ではまだまだ初心者。
  5. マーマレードボーイのOP曲が唄える。
  6. 近畿圏のファンは、陣内と一緒にまたラジオ番組をやって欲しいと願っている。
    • 主に「陣内ケンコバ45ラジオ」時代からのファン。
    • バッファロー吾郎(+大月勇アナ)ともまた一緒にラジオ番組をやって欲しい…。
    • 陣内・たむけんとの三人で出演している「どっキング48」も見ている。
      • 兼NMB48ファンも多い。



関連記事