黄海道

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「黄海道」を検索

ご当地の噂 - 世界アジア東アジア北朝鮮黄海道


黄海道の噂[編集]

  1. 黄海に面しているが、その黄海とは関係ない。
    • 主要都市の州と州の頭文字を取って命名された。
  2. 平安道と並ぶ北朝鮮の穀倉地帯。
  3. 島嶼部の一部は韓国領である。
    • しかし行政上は仁川広域市の一部として扱われている。

開城市の噂[編集]

  1. 高麗の首都だった街。
  2. 朝鮮戦争前は韓国領だった。そのため戦争で家族が引き裂かれた人が多い。
    • 朝鮮戦争前は京畿道に属していたらしい。
    • ある意味朝鮮戦争で最も甚大な被害を受けた都市。
  3. 韓国と共同事業で工業団地を建設している。
    • そこにはファミリーマートがある。
    • 韓国資本が入った後、ソウルで走っていた青いバスがそのまま市内バスとして転用され、頻繁に走っている。
    • 夕方に出てくるおやつのチュコレートパイの配給をめぐって、あやうく労使争議が起こりそうになったことがある。
  4. 高麗王朝が滅びた際、李氏朝鮮の開祖・李成桂を呪って作られた餅がある。
    • 「チョレンイ・トック」といい、チョレンイとは李成桂のこと、トックは餅。韓国の食堂にもチョレンイ・トックを入れたスープなどがある。
    • 李成桂の生首に見立てて作られた。食べるときにその歯ごたえから高麗滅亡の悲劇と恨みを思い出すらしい。さすが恨(ハン)の民族・・・。
  5. フィリピンの都市ではない。



関連記事

スポンサーリンク