新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

黒部市

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
保護解除
このページは、「度重なる荒らし)」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

ご当地の噂 - 世界アジア日本北陸 > 富山呉東黒部市

    入善 朝日 新潟
黒部


 


滑川

上市  
立  山
 
岐  阜

テーマ別[編集]

黒部市の噂[編集]

  1. 初代ウルトラマンの黒部進は、黒部の出身と言うのが自慢
    • 芸名もそこからきている。
  2. YKK
    • 創業者は隣の魚津出身。
    • 「チャック」で通ると聞いた。
  3. 中心市街地は「三日市(みっかいち)」。今でも地元ではそのように呼ばれる。
    • 市役所も黒部駅よりも三日市駅のが近い。
      • 正確には東三日市駅
  4. 生地漁港には、漁船の出入港時に、漁船の航行に支障のないように旋回する道路橋が架かっている。
  5. 北陸新幹線の新黒部駅は、黒部インター近くで富山地鉄との交点に新設されるようだ。利用客が車で行って駐車場に止めて新幹線に乗る(パークアンドライド方式)を取り入れるが、車を利用しない客にはかなり不便と思われる。
    • 富山みたいな車社会なら、ヘタに市街地に造るよりそちらの方がよいんでないかと。
    • 燕三条駅ほどではないが、北陸自動車道のすぐ横に駅ができた。
  6. 市内唯一の高校は何故か黒部の字がどこにも入っていないが野球部が今年の夏の甲子園(2007年)に出場し、プロ野球選手を一人輩出した。
    • 戦前の大合併により一時期「桜井町」を名乗っていた。戦後の大合併で桜井町と生地(いくじ)町が合併して黒部市が誕生した。
      • 「黒部市」の命名はまさに大正解だった。
        • ただ、黒部ダムとかが…
    • 地鉄の「電鉄黒部駅」も「電鉄桜井駅」とかなり長い間(黒部市になってからも)呼ばれていた。改称したのはそんなに昔ではない。
  7. なぜか「黒部」の名を冠した学校がない。
    • 宇奈月中学校の前身は黒部中学校。
    • 今でも高校は旧町名から「桜井高校」。たまに甲子園に行ってるね。
  8. 旧大布施村と旧東布施村を含むが、旧西布施村は魚津に行った。
  9. マクドナルドが無い。魚津や入善や滑川にはあるのに、何故か黒部にはない。
    • 昔は黒部サティに入居していたが、サティ撤退後は黒部のマックは消滅している。
      • 2011年1月27日、現アピタ(旧サティ)のモスの向かいにマック復活しました。
      • 2017年、今度は黒部からアピタがなくなってしまうことに…。
  10. 呉東最大の工業都市
    • 呉東最大の都市魚津市
      • 県都の富山市はどうした?
  11. 生地地区は清水がたくさん湧いている。その数約20。
    • 「しみず」と読みそうだが「しょうず」である。
    • 飲むための水から生活用水まで幅広く使われている。
    • 市全体でも水を名物として押し出しており、様々な団体やイベントにも「名水」や「アクア」といった語句がついている。(KUROBEアクアフェアリーズ…バレーボールチーム、黒部名水マラソン…マラソン大会、などなど)
  12. 「黒部」という地名は、アイヌ語のクロベツという言葉を由来とする説がある。因みにこれが正しければ、意味は「魔の川」になるんだとか……
    • 噂ではここがアイヌ語地名の南限だとか言われている。
  13. 「魚の駅」という道の駅のようでそうでない施設がある。
  14. 黒部と言えば黒部ダムや黒部峡谷のイメージがあまりにも強過ぎて、何も知らない県外の人からは黒部市はかなりの山奥で僻地のド田舎だと勘違いされることもある。
    • 実際に黒部市の南東部には奥深い黒部峡谷が広がっておりまさにその通りだし、半分は間違ってはいないのかもしれないのだが。
    • しかし黒部市は黒部峡谷しかないわけでは決してない。黒部市の北西部には海があり、市街地もあり、YKKの工場もあり、そして名水で有名なところなのだから。
  15. 一応地理的には長野県大町市や白馬村とお隣同士。しかしそれらの自治体と接しているところが南東部の奥深い黒部峡谷部分であり、車や電車で直接行き来は不可能。
    • 新潟県糸魚川市を通って行くのが黒部市から長野県への最短ルートになる。
    • 朝日町、上市町、立山町とも隣接している部分が山間部なため直接行き来は困難。黒部市からそれらの自治体に行くには他の自治体を通らなければいけないため、長野程ではないがまあまあ遠い。
    • 実質的に黒部市は魚津市と入善町に挟まれた市と行っても過言ではない。
  16. 黒部市民病院は新川地区最大の病院。位置は黒部駅と電鉄黒部駅のちょうど間くらい。
  17. 石田浜は新川地区で貴重な砂浜なので結構賑わう。
    • 新川地区ではそこ以外にヒスイ海岸(宮崎・境海岸)しかない。
  18. 市内の小学校にはジャージも黄色い帽子もあるのに、赤白帽が用意されていないらしい。これは意外だ。

旧・宇奈月町[編集]

トロッコ列車の模型
  • なお、黒部峡谷の噂は立山のページもご参照下さい。
  1. 宇奈月温泉と黒部峡谷鉄道を吸収する。
    • 峡谷部分は温泉とともに昔は大字なしの宇奈月町(+)番地だったが、合併前の一時期の地図では「宇奈月町黒部」と表記されていた。
  2. 宇奈月トリオ(うなずきトリオ)の「宇奈月マーチ(うなずきマーチ)」
  3. 黒部峡谷鉄道の終点・欅平駅からは、関西電力の軌道が黒部第四発電所方面まで伸びている。もっとも、一般の人は、見学会の時以外は乗車できないが・・・・・。
    • 2024年度にその黒部ルートを一般開放することが決まった。
  4. 法学部出身者には、とある理由によって有名な地名。
    • だが宇奈月温泉がどこの県にあるかすら知らない人が多い。
    • ここと状況が似ているような。
  5. 黒部峡谷の入口という地の利に胡坐をかいている面が少なからずある。近隣で料理・サービス重視ならば生地温泉か、小川温泉(朝日町)のほうをお薦めする。
    • 温泉に関しては無色無臭透明でしかもトロッコが見られる露天風呂があるトコロもあり、トップクラスを行く。
  6. 道路標識の地名で宇奈月が出るとき、何故かひらがなの「う」が付いている。
  7. 宇奈月ビールという地ビールがある。
    • ビールにモーツアルトの音楽を聞かせているらしい。
    • 地ビール館もあるが寂れている。
      • つぶれてるんじゃないか、というくらい寂れている。物産館みたいなところしか開いてなかった記憶が…
    • 3種類あり、それぞれ「トロッコ」「カモシカ」「十字峡」の愛称が付けられている。
  8. 石の産地。
    • 県の石に指定された3つの石のうち2つは旧宇奈月町でとれたもの。
    • 下立地区でとれた大理石は国会議事堂の建設にも使用された。
  9. 宇奈月温泉街の風景はモーツァルトの生まれ故郷、ザルツブルグの風景に似ているらしい。そのためかモーツァルトに関係したイベントや施設が多い。
    • 温泉街の施設や街角でモーツァルトの様々な楽曲を演奏する「宇奈月モーツァルト音楽祭」が毎年開かれている。
    • 「モーツァルト」という喫茶店もある。建物はモーツァルトの生家をイメージしているそう。
  10. 大原台自然公園には日本一標高の高い所に立つブロンズ観音像がある。
  11. 三大奇橋の一つの「愛本橋」という刎橋があった。
  12. 朝日町との町境はつい最近まで未確定だった。
  13. 宇奈月町愛本新は妙に出っ張っているが、経緯が気になる。

桜井の噂[編集]

  1. 三日市町などが戦前に合併して出来た。
    • 三日市町が桜井の荘と呼ばれていたことから付けられたらしい。
  2. 今でも桜井高校がある。
    • 電鉄黒部駅も黒部市が出来てから30年くらい電鉄桜井を名乗っていた。
  3. 電鉄黒部駅前は割と高いオールドなビルかある。
    • 現役の居酒屋もある模様。

生地の噂[編集]

  1. 町内のスーパーとしてはオレンジモールがある
    • 休業する模様...。
  2. 生地温泉がある。
  3. 生地駅は微妙に中心地から遠い。
  4. 漁業と湧水群で有名。

黒部(?)の噂[編集]

  1. 黒部ダムは市内になかったりする。
    • ダムがあるのは立山町芦峅寺11番地だが、黒部川の最上流は合併で富山市の一部になっている。
    • ちなみに発電所はかろうじて↑で吸収した地域の南端の境界にある。
    • ダムサイトの東側のレストラン・売店にあった公衆電話は長野の大町局扱いだった(0261)
      • 黒部市の欅平駅から黒部ダムに向かう道は一応ある。しかしそれは近いようでかなり遠い道である。
      • 水平歩道と呼ばれる登山道があるがかなり急で危険な山道。登山素人がおいそれとそこを通っていくことはできない。
      • そして欅平駅からトロッコ電車に乗って黒部ダムに行くこともできる。しかし一般人は抽選で当てないとそこは利用できない。
  2. 「黒部」の名を冠したホテルが大町市側にいくつもある。
    • 確か大町のレストランか喫茶店が黒部ダムカレーを名物として押し出していたような。
  3. 他にも「市外」に「黒部」のついた地名(入善町古黒部)がある。昔の黒部川の川筋らしい。
  4. あの巨大な黒部西瓜も「黒部川扇状地の西瓜」という意味で、主産地は黒部川を隔てた入善側になる。
    • そのせいか最近は黒部西瓜よりも「入善ジャンボ西瓜」という呼び名の方が多く聞く。
  5. なお、Jリーガーの黒部光昭は黒部どころか富山とも北陸とも無関係、四国徳島の出身。
    • 「寒冷じぇんしぇん」の福井おじさんも福井でなく徳島出身。
    • なお、黒部光昭は2010年はカターレでプレーする。




関連記事