衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。
カザハナ氏の管理者信任投票が行われています(~11/3)

Another

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

綾辻行人によるホラー・サスペンス小説。

作品全般の噂[編集]

  1. 2010年「このミステリーがすごい!」国内編第3位受賞。
    • 3年後に続編として『Another エピソードS』が出版されている。
  2. 転入生の榊原恒一は、怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚えながら、その中で不思議な雰囲気を醸し出す謎の少女と出会う。それをはじまりに、クラス内で起こる恐ろしい事件に巻き込まれる、というストーリー。
    • 学園ホラー的なものだが、いわゆるゾンビや幽霊の類は一切登場しない。
    • それに相当する、実在するのかしないのか定かではない少女がおり、彼女の存在が本作の大きな謎となっている。
  3. Anotherなら死んでた
    • この作品は死者「呪い」なるものによって次々と人が死んでいく。その死に方はベタな死亡フラグの法則には到底当てはまらないものばかりである。
    • 何もないところで転倒、よそ見をしていて電柱にぶつけると言った本来はギャグで扱われるものでさえも、Anotherにかかれば死亡フラグと化す。
    • 放送時期の重なりもあってか、このフレーズが「ゆるゆり」や「男子高校生の日常」で使われたことも。
      • ゆるゆりは偶然にも同じ富山県が舞台だったりする。
  4. こんなジャンルの作品だが、主人公の要素はラブコメの主人公そのものだったりする。
    • イケメンで、ハイスペックで、恋愛には鈍感(厳密にはちょっと違うが)。
    • ネタにされやすい担当声優の割には、声優ネタがあまりない。
  5. 共鳴の鳴、悲鳴の鳴。
    • 本作のヒロインの見崎鳴。蒼白の肌と眼帯をつけた、一見するとかなり地味な風貌の女の子。
      • まさか後に萌えキャラとしての存在感を発揮するとは誰が予想ついたことか。
    • いないもの扱いは何か学校で集団いじめを受けているみたいだ。
      • 間違っても学校で誰かに対し「いないもの」扱いしないように。
    • 邪気眼というわけではないが、眼帯に隠れた瞳にはある不思議な力がある。
    • 全キャラの中で最も背が低い。というか幼児体型にして唯一のスク水派。
    • 割と死には冷静。でも蛸は無理のようだ。
  6. 誰が死ぬか分からないミステリー作品だと、どこまでネタバレをして良いのか難しいところ。
    • 似たような作品だとダンガンロンパがあるが、あちらは徹底してネタバレを防ぐように書かれている。
      • 作品を知ろうとしてWikipediaなどを見てバリバリのネタバレを知ってしまった時のガッカリ感は大きい。
    • 読むからには、誰が死ぬかとかは知らない方がいい。
    • 伏線の張り方がかなりうまいので、やはり興味を持ったからには事前情報無しで読むのが一番。
    • タイトルの「Another」が何を指すのかを知った時、あたなは…
    • 死んだ生徒の座席表は黒く塗りつぶされる。さながら金田一少年の事件簿の容疑者リストである。

アニメ版の噂[編集]

  1. P.A.WORKS初のホラーアニメ。
    • 監督は水島弟
  2. クオリティが高く、かなりリアルに描かれているため、ネット上で怖いアニメランキングの上位にいつもくる。
  3. 登場する町がP.A.WORKS本社のある南砺市に似ている。
    • 似てるというかまんまそれ
  4. 傘でブッシャーはトラウマ
    • 先生の自殺シーンと船でグシャも追加で
      • 家でパソコンを動かしていた生徒の関係者のところへ大型の重機が突っ込んできて腕1本残し潰されるシーンで誰もが思う。90年代という2ちゃんねるやウィキペディア、youtubeやニコニコ動画の無い時代でなにを見ていたのか?
        • エロサイト…
          • きっと当時のことだから手書きのアニメキャラ画像or規制なしの三次元なんだろうなあ。
  5. ブリッ死やAnotherなら死んでたという造語がある通りホラーアニメの革を被ったギャグアニメである。
    • それを言ったら死者への冒涜に値する。そもそも原作通りにやったら静かすぎて印象に残らなかった様な気がする。
  6. なお、原作にはスピンオフ的な『エピソードS』という作品が存在するがこちらはアニメ化できるのか?
  7. 原作には登場しない3組の生徒達(オリキャラ)の扱いがぞんざいなのは、エリア88トリコの影響でオリキャラは人気が出ないという考えが根付いたから。まあ声優のギャラが(略)。
    • モブキャラに人気が集まるという珍しい現象が起きている。
      • モブキャラかサブキャラか意見が分かれることも。
      • ちなみにモブキャラが注目されたアニメといえばほかに「けいおん!!」がある。温度差がこうも大きい作品でモブが注目されるとは。
  8. 主題歌はALI PROJECT。作者がハマっているらしく、主題歌も作者のリクエストで決まった。
    • 「凶夢伝染」のPVに出てくる蟲は全部本物だとか。
    • アリカお姉様はゾンビ、黒い悪魔の人形として出る。後者は角が生えているせいで「せんとくん」とか呼ばれている。
    • アニメーションムービーは静かだが、結構重要な伏線もある。
  9. 全部で12話ほどだが、アニメオリジナルのキャラクターも多い。あと意外にも水着回がある。

実写映画版の噂[編集]

  1. アニメで人気が出たため、実写映画もつくられたが・・・(お察しください)
    • で、、でもひぐらしの実写よりはましだった、、
      • 個人的に卒業生が残したテープの中身が端折られていたり、災厄が終わったことを示す生徒の様子すら描かれず、挙げ句1人を2人に分ける描写すらも省いたのには絶望した。
  2. オリジナルキャラクターは出るけど、なぜか原作からハブられたキャラもいる。
    • 震災の影響で当初の撮影場所から変更になったとか。



関連記事