衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。
カザハナ氏の管理者信任投票が行われています(~11/3)

B.LEAGUE

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

B.LEAGUE全般の噂[編集]

  1. バスケットボールのbjリーグNBL(日本リーグ)の統一リーグ。
    • BJリーグがなくなってたというのがまず意外。
  2. チェアマンは、Jリーグでおなじみの川渕三郎氏。
    • リーグ名決定の段階で退任。理事にも残らなかったので統合までが役目ということだったのだろう。
      • その代わり日本協会の会長に就任。新チェアマンはJリーグから出向だけど学生時代はバスケ部。
  3. このほど、1部~3部にリーグ分けが行われ、各地で悲喜こもごものドラマが。
    • 北海道では、選手ならびにプレイングオーナー自ら在札の各テレビ局・ラジオ局の番組に出演し、道民に支援を訴えた。
    • bjの古参ほどかなりハードルが高めというか基準が厳格にされていたとかいう噂もある。bj新潟もすんなり1部とはいかなかった。
    • 広島では、NBL所属のドラゴンフライズとbj所属のライトニングが加入を巡ってバトルを繰り広げた。
      • 結果は、ドラゴンフライズの勝ち。ライトニングは入会不可となった。
    • NBLの実業団はプロクラブ化が最大のハードルだった。特に社員しかいない東芝は一苦労した。
  4. 1部と2部は3地区制プロだが、3部は1地区制プロアマ混合。
    • 運営もまた別組織。
    • 3部はチームに企業名付けても良い事になっている。
  5. リーグのスポンサーには、あの「ソフトバンク」が就任。
    • 契約金は破格の125億円也!!!
    • スポナビライブで全試合生中継。
  6. このほどチーム名が発表されたが、チームの名前が変わったのは、36チーム中11チーム。
    • パターン別に分けるとこんな感じ。
      • 親会社の名前が消えた:(トヨタ自動車)アルバルク東京・(アイシン)シーホース三河・(三菱電機)名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
      • 親会社の名前は残したもののマイナーチェンジ:日立サンロッカーズ東京→日立サンロッカーズ東京・渋谷、東芝ブレイブサンダース神奈川→東芝川崎ブレイブサンダース、豊田通商ファイティングイーグルス名古屋→豊通ファイティングイーグルス名古屋
      • ニックネームを変更:浜松・東三河フェニックス→三遠ネオフェニックス、大分・愛媛ヒートデビルズ→愛媛オレンジバイキングス、レノヴァ鹿児島→鹿児島レブナイズ
  7. なぜか、EXILEや3代目JSBでおなじみのLDHが一枚噛むように。
    • 開幕戦イメージソングをEガールズが歌い、公式アンセムも所属アーティストが制作している。
  8. 開幕戦はなんと地上波で中継される。最近不振なので必死なところで。
    • それも関東ローカルならまだしも、いきなりの全国放送!系列局が気の毒というかなんというか…
      • 生中継が行われた結果、ゴールデンタイムであるにもかかわらず視聴率5.7%でまさかの大惨敗!
    • LEDコートは目を惹くのにはなかなかよかったと思う。今後特別な試合(ファイナルとか)で使われる可能性はあるのかなぁ。
  9. Jリーグに倣ったクラブライセンス制度を導入。これにより東京Eと鹿児島がB3降格…。
  10. オールスター戦はチーム名が「B.BLACK」と「B.WHITE」に分けられる。
    • 「B.BLUE」はないのかとツッコむブースターは多分BOØWYファン兼任。
  11. 2017-18シーズンのB2東地区は、事実上の東北リーグとなった。

チーム別の噂[編集]

  • 名称は呼称(B1・B2のみ)で表記。
B1リーグ
東地区 中地区 西地区
レバンガ北海道 横浜ビー・コルセアーズ 滋賀レイクスターズ
栃木ブレックス 新潟アルビレックスBB 京都ハンナリーズ
千葉ジェッツふなばし 富山グラウジーズ 大阪エヴェッサ
アルバルク東京 三遠ネオフェニックス 西宮ストークス
サンロッカーズ渋谷 シーホース三河 島根スサノオマジック
川崎ブレイブサンダース 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 琉球ゴールデンキングス
B2リーグ
東地区 中地区 西地区
青森ワッツ 茨城ロボッツ バンビシャス奈良
岩手ビッグブルズ 群馬クレインサンダーズ 広島ドラゴンフライズ
仙台89ERS アースフレンズ東京Z 香川ファイブアローズ
秋田ノーザンハピネッツ 金沢武士団 愛媛オレンジバイキングス
山形ワイヴァンズ 信州ブレイブウォリアーズ ライジングゼファー福岡
福島ファイヤーボンズ Fイーグルス名古屋 熊本ヴォルターズ
B3リーグ
埼玉ブロンコス 大塚商会アルファーズ 東京エクセレンス
東京海上日動ビッグブルー 東京サンレーヴス 東京八王子トレインズ
アイシンAW アレイオンズ安城 豊田合成スコーピオンズ 鹿児島レブナイズ

B1東地区[編集]

レバンガ北海道[編集]

  1. 旧・レラカムイ北海道。
    • 2007年に新規参入したリーグ唯一の完全プロチーム。
  2. 折茂武彦・櫻井良太の代表クラスを獲得した。
  3. 序盤こそ健闘したが、連敗のトンネルから抜け出せず。母体がないため財政面でも厳しく、福岡レッドファルコンズの悲劇は繰り返すのか!?
    • 初年度は最下位決定。チームは存続のようだが、外国人2選手を始め、早くもシーズン後の退団が決定した選手がいる。折茂も年だし、櫻井もNBA挑戦を表明しているようだし、北海道プロスポーツの宿命なのか!?
      • この2人は結局残留するみたいです。
        • 2年目のシーズン終了後も未だに胸スポ、背スポなしの状況が続く。累積赤字も1億を突破したし、大丈夫なんだろうか...
  4. 北海道の人はbjリーグに加盟していると勘違いしている人が結構多く、「レラカムイvs仙台」等の試合が行われないのを不思議がっている。
  5. bjに転籍したフェニックスが旭川で公式戦開催決定。これがどう影響するか?
  6. 成績こそ最下位だったが、観客動員はダントツ!
    • ただ「熱しやすく冷めやすい」道民気質なので、成績が上向かなければ客も減ってしまうだろう。コンサドーレのように。
    • コンサドーレは中年男性、ファイターズは中年女性の比率が高いため、レラのファン層は非常に若い。
  7. 初代ヘッドは「クラッシャー」こと東野智弥。
    • 東野は東野でもチリチリではなくハゲ。
  8. 2008年シーズン途中に加入したルイスは元NFL選手。
  9. 2009年にはKJ松井という選手を獲得。何やらすごい選手らしいとの噂。
    • 田臥でさえなしえなかった日本人初のNCAAディビジョン1選手。
  10. しかし経営状態は悪く、JBLから借金をしてる。
    • そして親会社が借金未払い、それに関する虚偽報告などで、2011年にとうとう親会社がJBLから除名処分を受けちゃった。
      • 親会社除名の後はとりあえずJBL直轄となり、「北海道バスケットボールクラブ」となった。ちなみに一定期間までにスポンサーが決まらなければJBL追放、最悪解散もありえる…
        • 折茂武彦主将がチーム継承新会社を設立し選手兼オーナーに。レラカムイの名は捨てて新チーム名にするそう。
          • 私財を投げ打って選手の給料を払ったという困窮ぶりも・・・
        • 新チーム名はレバンガ北海道となったが、どうもコンサと同じようなネーミングセンス・・
    • 累積赤字解消を最優先に、B1チーム内では最低規模の選手人件費で切り盛りしている。
  11. レバンガ改名後も、相変わらず地元の試合は超満員。
    • ファン層も老若男女問わず幅広い年齢に広まった…ような気がする。
  12. 2017-18シーズンは思わぬ形で降格の筆頭候補に挙げられてしまった。
    • 同じ東地区の秋田と仙台が降格し、新たに川崎と渋谷が中地区から東地区に入ったため、東地区がレバンガ以外昨季の上位チームで固められてしまった。
    • また、2018年3月までに2億円の負債を完済しないと順位に関わらず降格を通告されているため。

栃木ブレックス[編集]

  • 正式名称:リンク栃木ブレックス
  1. 2007-08シーズンはJBL2に所属。
  2. 2008-09シーズンよりJBLに昇格。
    • そして2009-10シーズンJBL初優勝!
  3. 前身は大塚商会
    • 大塚商会の創業者は栃木の益子出身
    • 確かJBL2の会員権を譲り受けたんじゃなかったっけ?大塚商会自体を母体にしたわけでもないから、「前身」ってわけでもなさそうな…。「後継」ってことなら筋が通りそうだけど。
  4. ネーミングライツを導入した。
    • ネーミングライツ元はリンクアンドモチベーション。当時の代表のリクルート時代の上司が立ち上げたコンサルタント会社だそうだ。
  5. 名門能代工からヘッドを招聘した。
    • そして田臥勇太を呼び寄せた。
    • 解任されてしまった・・・
      • なんか、経営側がリーグを甘く見すぎているようにも見える。参戦1年目でのこの解任はさすがに早すぎ。
        • それでも最後までプレーオフ争いに加わっていたので、ある意味結果オーライだったのかも。
      • で、加藤前ヘッドはbjリーグアカデミーのテクニカルアドバイザーになった。
  6. B.LEAGUE 16-17シーズン初代王者に輝いた。

千葉ジェッツふなばし[編集]

  1. なんとbjリーグからNBLに移籍した。
    • B.LEAGUEに統一され元鞘に。
  2. 本拠地は船橋。2017年よりチーム名にふなばしが付く。
  3. 動員力はBリーグでNo.1だとか。
  4. 2017年にオールジャパン初優勝!プロクラブの優勝自体も初だとか。

アルバルク東京[編集]

  • 旧称:トヨタ自動車アルバルク東京
  1. 田臥勇太も在籍した事があるチーム
  2. 本拠地は愛知でなく府中。かつては浜松とのダブルフランチャイズだった。
    • 何でまあそんな中途半端な所に...
    • 府中でホームゲームやったことってあったっけ?
      • 年1回郷土の森でやってるはず。
  3. かつては「ペイサーズ」というチーム名だった。
  4. 東芝ほどではないが有力選手が次々と他チームに移籍していて、年々地味なチームになってきている。
    • と思ってたら五十嵐が入団した。
      • が、16-17シーズンに新潟へ移籍。

サンロッカーズ渋谷[編集]

  • 正式名称:日立サンロッカーズ東京・渋谷/旧称:日立サンロッカーズ東京
  1. 日本バスケの顔・五十嵐圭、竹内ツインズの弟・譲次が所属。
    • しかし、五十嵐選手は出身地の新潟県においては、bjリーグの新潟アルビレックスBBの選手よりも知名度がかなり低い。
      • そもそも新潟県出身ってことが知られていないだけじゃないの?
        • 高校も福井(北陸高校)だしな。
        • 本人も新潟出身をアピールしているとこ見たことないし。
        • が、16-17シーズンから地元の新潟でプレイ。
    • 竹内は移籍リスト入り。本人のアメリカ志向もあるだろうけど、経済悪化の影響は否定できない。(年俸は2000万にもなるとか)
      • 五十嵐もリスト入り。やっぱり高給取りは放出か。
        • 竹内は引き留めに成功したが残念ながら五十嵐はトヨタへ移籍。動員面では打撃となりそうだ。
      • 結局竹内もBリーグからアルバルクへ。
  2. 元は日立本社と大阪の2チームが統合してできたチーム。
    • そのためSL時代には関西でも試合をした。
  3. 実業団チームでは唯一タイトル獲得経験がない。2008-09シーズンもオールジャパン、リーグ戦で決勝まで進んだのに、両方ともアイシンに阻まれて...
  4. スタジアムDJは神宮でもお馴染みのパトリック・ユウ。
  5. ホームアリーナは青山学院大学の中。

川崎ブレイブサンダース[編集]

  • 正式名称:東芝川崎ブレイブサンダース/旧称:東芝ブレイブサンダース神奈川
  1. JBLプロ化に最後まで反対した。
  2. 2008年に選手が大量流出。プロ志向の強い選手はここに居られないのだろう。
    • 元日本代表の節政選手も、チーム内部でのアマ志向派とプロ志向派の対立があったことをほのめかすコメントを月バスで発言していた。
    • Bリーグへの統合が決まった際もかなり揉めたが、辛うじて収めめでたくB1入り。
  3. プロ契約を認めてないため主力に逃げられ有望な新人を獲得できず、プレーオフから遠ざかっている。
    • 外国人は一応プロ契約。
  4. このチームも、サッカーバレーみたいに親会社から見放されるんだろうか…。で、あれば、チームをプロ化させることは可能なんだろうけど。
    • ラグビーで手一杯などと言われてるし。
      • というか未だに廃部しないのが不思議だ(経済危機もあったというのに)。親会社から放置されてるんじゃないかと勘繰りたくなってしまう。
  5. チアだけでなく、専属のヒップホップグループがいる。
    • なんかそこまで本格的なら、いい加減リーグのプロ化を認めればいいのに…。

B1中地区[編集]

横浜ビー・コルセアーズ[編集]

  1. 2011年から参加。
  2. マスコットキャラクターは、初期のサンリオキャラクターを彷彿とさせる。
  3. DeNAもスポンサーとして参加。

新潟アルビレックスBB[編集]

  • 正式名称:新潟アルビレックス バスケットボール
  1. 日本初のプロバスケチーム
    • 母体は大和証券のバスケ部。
      • さらに遡るとかつての強豪・熊谷組の流れも受けている。
  2. アルビレックス新潟とロゴを共用していたが、Jリーグと揉めて変更した。
  3. 日本最高のプレイヤーと謳われた長谷川誠が看板選手。
    • ポスト長谷川として、2008-09シーズンから入団するルーキーの竹野明倫(大東大出身)と齋藤崇人(日本大出身)に期待がかかっている。
    • 長谷川は2010-2011シーズンより秋田のプレイングマネージャーに就任したため移籍。
  4. サッカー同様、観客は集めてるらしい。
  5. 選手が車上荒らしを捕まえ手柄を立てた。
  6. 本拠地は朱鷺メッセ
    • 最大収容人員:約4500人。
  7. 廣瀬昌也ヘッドコーチは大和証券時代から数えて9シーズン目(2007年)。
  8. 以前はアメリカにもチームを持っていた。
    • ABAのロングビーチ・ジャム・アルビレックス。田臥勇太やデニス・ロッドマンも所属していた。
  9. 初年度は優勝候補に挙げられるも準優勝に終わり、2006-07シーズンもプレイオフで4位。2007-08シーズンも12月現在3位と厳しい状況が続く。
    • ニック・デービスの退団は痛すぎる。一方、移籍先の東京はプレイオフ争いでリード。
  10. 布袋寅泰が応援歌を歌っている。
  11. 2009年現在、アムウェイがスポンサーになっている。
    • そして、いつの間にかBjリーグのスポンサーになっていた。
  12. たまにラジオ中継をコミュニティFM局ではなく県域FM局が行っている。これも県域FM局を2局持っている強みか。
  13. 16-17シーズン、五十嵐圭が地元・新潟に入団!
関連項目

富山グラウジーズ[編集]

  1. 北陸3県初のプロスポーツチーム。
  2. クラブチームからプロ化した。
  3. 親会社が破綻したため、存続の危機に立たされた。
    • しかし、07~08シーズンは富山の大型医薬品企業日医工と契約、途中には日本マクドナルドとも契約した。
  4. チームは一番弱いが、リーグで1番2番を争うブースター数である。
  5. 富山のプロチームでは一番人気ではないか。老若男女幅広い層の支持率である。
    • カターレがJ2に上がってからが問題。
      • カターレのJ3降格中はどうなんでしょう?
    • 既にカターレに持っていかれてる。
  6. エヴェッサの二軍と化している。

三遠ネオフェニックス[編集]

  • 旧称:浜松・東三河フェニックス
  1. JBLのオーエスジーフェニックスが転籍。
    • 転籍が決まったときは新生JBL開幕直前だったので関係者やバスケファンに衝撃が走った。
    • ちなみにオーエスジーフェニックスの名はバイクレースチームにも使われている。
    • 転籍を決めた理由は、オーナーが「こっちのほうが将来性がある」とのことで…。
  2. JBLでは東三河がフランチャイズだが、bj転籍後は浜松にも拡げる。
  3. 選手の去就はどうなるんだろ?特に川村卓也。
    • 6人がプロテクト。川村含む数名JBLチームへ移籍。それでも2008年5月現在去就不明の選手はまだ残っているが、bjチームへの移籍か引退だろう。
  4. bj転籍で韓国人2人と契約。しかも1人はKBL(韓国プロバスケ)からの移籍。
  5. 中村ヘッドコーチは女子の名門JOMOを築き上げた日本バスケ界屈指の名将で、オーエスジーも優勝争いできるチームへと変貌させた。大阪の壁を崩すのはフェニックスかもしれない。
  6. アジアの巨人・孫明明を獲得。これはかなりの脅威かも。
    • かかとを上げればダンクができるし、相手に対して壁になる・・・って、これはすごすぎる。
  7. 2007-2008シーズン得点王のジョシュ・ペッパーズもいる。これもかなりの脅威。
    • と思ったら帰っちゃった・・・。
      • 仙台に加入しました。
  8. 2012-2013シーズンからは東から西カンファレンスへ…
    • このチームはかつてのJリーグオールスターみたいに加入チームで東西が左右されそうな感じがする。
    • Bリーグでは中地区だが、今後も昇降格次第で動きそうだ。

シーホース三河[編集]

  • 旧称:アイシンシーホース三河
  1. 「ファイブ」のモデルにもなったチーム
    • いわゆる「バスケ版再生工場」として機能して黄金時代を築いた。
    • 今は世代交代も進め、再び頂点に立った。
      • そして2連覇を達成した。しかも2年連続オールジャパンとの2冠。
  2. 竹内ツインズの兄・公輔が入団した。
  3. 再生工場で味を占めたのか、選手獲得がえげつなくなってる。某巨大掲示板では「アイシン巨人軍」と揶揄されるほど。

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ[編集]

  • 旧称:三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋
  1. 選手は全員プロ契約
    • しかし、実際には「非常勤嘱託社員」の扱いで、いうなれば「バスケット専門社員」という形になっているのでプロ契約選手ではない。
      • ややこしい。素直にプロ契約すればいいのに。
    • いつの間にかbjリーグ経験者が増殖してるわけだが。
  2. 本拠地は名古屋
    • しかし、地元でもチーム及び選手の知名度は、日本代表選手であっても、バスケ関係者以外は皆無といってよい(bjチームやJBL内プロチームの選手は、チームのあるホームタウンにおいて知名度が比較的高い)。
    • もともとは三菱電機の名古屋製作所で結成されたチーム。実際の本社と活動拠点がねじれてるのはそのため。
      • ホームタウンを、長崎(三菱グループ創業の地)に移してください。
  3. 以前は「メルコドルフィンズ」というチーム名であった。ちなみに「メルコ」とは「Mitsubishi Electric Corporation」の太字部分をとって繋げたもので、三菱電機公式サイトにおける以前のアドレスの一部(www.melco.co.jp)としても使用された。

B1西地区[編集]

滋賀レイクスターズ[編集]

  1. 湖国初のプロスポーツチーム。
    • 大津を本拠とする東レ・アローズには有名選手が多いが実業団チーム。
    • レイクスターズはかつて同じ大津が本拠だったNEC関西女子バレーボール部も使っていた。
  2. ベテラン石橋晴行を大阪から獲得。アシスタントコーチも兼任。
  3. パドリング部門とやらもあるらしい。
    • 公益法人立てて他に陸上やらレスリングやらいろんな競技に手を出している。
  4. このチームから性犯罪者が出て、×××スターズと揶揄されない様気をつけて欲しい。
  5. ホームゲームを地元テレビ局が月1回から2回、定期的にライブ中継する。
    • 有料放送を除いて、おそらく日本で一番テレビ露出の多いバスケチームじゃなかろうか。
      • 今だとここと1、2を争うかも。
  6. マスコットキャラクターはビワコオオナマズがモチーフのマグニー。名前の由来はマグニチュードで最大Mは背番号と同じ88だが、本当にこの規模の地震が発生したら地球が粉々になる(12で真っ二つ)。
  7. 本拠地の「ウカルちゃんアリーナ」という愛称、インパクトありすぎ。

京都ハンナリーズ[編集]

  1. チーム名がダサすぎ。エヴェッサがマシに見える。
    • なんだこの脱力感は・・・。
    • エヴェッサは選手がカッコいいから無問題。
    • メンバーが全員ニューハーフなんてことにならないことを望む。
    • だんだん慣れてきた。
    • なんか某アイドルを連想するような名前…
  2. サンガについで、古都に2つ目のプロチーム。
    • ホームアリーナもサンガと同じく西京極。
  3. 本拠地の命名権を買収して「ハンナリーズアリーナ」とした。

大阪エヴェッサ[編集]

  1. 親会社はヒューマングループ。
    • そういうわけでbj時代からヒューマンのCMにエヴェッサの選手が出てたりしている。
  2. 当初は「大阪ディノニクス」が参加予定だった。
  3. 愛称はもちろん「えべっさん」から。
  4. 2年連続完全優勝達成
    • とうとうV3。外国人の力が違いすぎる。
  5. 本拠地はなみはやドーム。
    • 2008-09シーズンのホームアリーナは舞洲アリーナ・大阪府立体育会館・大阪市中央体育館の3ケ所である。
      • Bリーグ移行を控えて舞洲に統一。しかも運営会社が指定管理者に。
  6. JBLのパナソニックとの合併を目論んでいる。
    • ついでに、ヘッドも元パナソニック。
    • 仲村直人もパナソニック出身である(元日本代表)。
  7. 看板選手の波多野和也は日本バスケ界でも1,2を争うイケメンで、CMにも出演している。
  8. 吉本興業と提携している。
  9. 日本交通が選手輸送用バスを所有している。
    • しかも高速バスにも投入している。
  10. 主軸の一人、リン・ワシントンは元アルビ。
  11. 2008オフ、面子が大幅に変わった。
  12. 人志松本の兄が応援歌を歌っている。
  13. 発足した時のドラフトの選手の選考基準が「顔」だった。
  14. 東京アパッチの本拠地・有明コロシアムでは負けたことがない。よってプレーオフは無敵。
    • しかし、2008-09はファイナル4まで行けるかどうか怪しい。
      • ファイナル4までは進んだものの、沖縄の前に敗れ、ともに連覇も終焉。

西宮ストークス[編集]

  1. チーム名は「こうのとり」から由来。
  2. サンテレビでテレビ中継された実績を持つ。
  3. 元々は「兵庫ストークス」だった。
    • その経緯があるから仕方ないけど、西宮のチームの名前の由来が豊岡のものっていうのはなんとも言えない。
  4. 非公式ながら一部の女性ブースターを中心に構成された「手芸部」がある。

島根スサノオマジック[編集]

  1. チーム名募集の第1次選考で898案から500案に絞った…って問題のある案を削っただけじゃないの?
    • その500案から第2次選考の公式サイトによるチーム名投票でたった3つに絞るらしい…いや、選択肢500個から1つだけ投票ってどうなのよそれ。
  2. もし2010年シーズンからガイナーレ鳥取がJ2参入できていたら、山陰の民放テレビ3局はスポーツの話題に困らなかっただろうなあ…残念。
    • 大阪の住民がお隣の阪神を応援するのとは違い、多くはガイナーレに敵意むき出しである。
  3. チーム名がスサノオであるため、宮崎(天岩戸)がライバルである一方、本地垂迹により京都(牛頭天王)は仲間である。
    • 神道や仏教の歴史を知らない人には全く分からない...
  4. チーム名を「島根SM」と略するのは厳禁!
    • 島根県松江市も略したら「SM」
  5. 初代ヘッドにジェリコを呼んだり、現役日本代表の石崎が1シーズン在籍するなどミラクルなチーム。
  6. 実は県内初のプロスポーツチーム。

琉球ゴールデンキングス[編集]

  1. 沖縄初のプロスポーツチーム。
  2. 日本人は1人を除き沖縄出身で固めた。
    • 外国人も米軍出身の選手がいる。
  3. 看板選手の澤岻直人の背番号「1」は公募で決まった。
  4. 沖縄振興開発金融公庫から出資を受けた。スポーツ分野への公庫による出資は史上初。
  5. 08-09年では開幕から連勝が続いたが、10戦目で滋賀に止められた。
  6. 2シーズン目にしてカンファレンスセミファイナル進出!
  7. FA権を行使した選手とは契約を更新しないらしい。
  8. 「琉球」が正式な地域名と認められていないらしいため、代わりに「沖縄」が使われるが、BSフジなど一部テレビメディアでの試合中継では、「沖縄」と「琉球」が併用されている。
  9. 参戦2シーズン目でついに優勝。
    • bjリーグ最終シーズン優勝チーム。
  10. 「スラムダンク奨学金」第1回の奨学生である並里成が所属した球団。
  11. ホームゲームはラジオ沖縄が中継する。

B2東地区[編集]

青森ワッツ[編集]

  1. 一応「青森県全域」をホームとしているが、県南エリアではかなりの確率で存在を忘れ去られがち。
  2. マスコットは公募で選ばれたが、立体化するときにもう少しデザインをどうにかできなかったのかと。
  3. 愛称の英表記は「Wats」であり、「What's」ではない。

岩手ビッグブルズ[編集]

  1. リーグ屈指の強豪チーム。参入4年目の2014 - 2015シーズンにはTKbjリーグ新記録となる19連勝を達成。
    • しかし人気の方はbj全体で見ても下から数えた方が早いくらいの不人気ぶり。岩手にはこんなにも強いチームがある事を当事者である岩手県民は知らないというのが現状。一日でも早く岩手にプロバスケが根付いてほしい。

仙台89ERS[編集]

  1. 東北楽天ゴールデンイーグルスととき同じくして発足した仙台第3のプロチーム。
    • 楽天・ベガルタ仙台と比べて、観客は若い女性の比率が高い。
      • 仙台第4のプロスポーツと呼ばれた仙台ガールズプロレスリングの観客は、首都圏からわざわざ来る男ばかり。
  2. 愛称は仙台市誕生の1889年と政令指定都市となった1989年に由来。
    • 2089年までチームが存続することを望む。
  3. スポンサー集めに大苦戦している。
    • 特に胸スポンサー。
    • ただし、2008年2月に進学プラザグループが胸スポンサーとなった。
      • 進プラ以外の胸スポンサーは、ローカルニュースの画面ではほとんど判別出来ないほど小さい。
  4. セネガル代表のマーマドゥ・ディオウフは世界バスケ時ここに在籍していた。(現在は埼玉ブロンコス所属)
    • なぜフランス語(セネガルの公用語)読みの「ディウフ」or「デューフ」ではなく、英語読みの「ディオウフ」なの?
  5. 初年度こそプレイオフに進出したが、2006-07シーズンは大分とのデッドヒートの末惜しくも2年連続プレイオフは逃した。
    • 2007-08シーズンはイースタンカンファレンス首位を走っている(12月現在)。
    • 2007-08シーズンのプレーオフ進出決定!!
  6. スポーツ界では珍しく、地方自治体がユニフォームスポンサーをしている。(宮城県と仙台市。ともに背スポンサー)
  7. VOWに載ってたんですが、マイケル・ジャクソン選手がいたのはここでしたっけ?
    • 正解です。マイケル・ジャクソン選手はその後、東京アパッチでもプレーしました。
  8. 2008-09シーズンは青山テルマが応援歌を歌う。
  9. 2008-09シーズンは地元のタレントがブースター代表を務める。
    • ブースターキャプテンはアニキ(金本ではない)。ほかに地元ローカルアイドルグループの "SPLASH" もブースターユニットなる地位に就いた。因みにSPLASHは、モー娘。に迫る大所帯で、卒業・加入で出入りが激しく、誰が誰だか分からない。
      • 2009年4月、その大所帯ローカルアイドルグループSPLASHが2つに分裂。来年度のブースターユニットがどうなるのか今から心配。
  10. 89ers名物と言えば「ジンギスカンダンス」。
  11. 地元の強豪仙台高校卒の選手が必ず最低1人は所属する。
  12. マスコットがモンテディオ山形とそっくり。
  13. 2010-2011年シーズン途中で「諸般の事情」で活動休止を余儀なくされたが、翌シーズンに活動再開を果たせた。

秋田ノーザンハピネッツ[編集]

  1. 参入前から「能代工並みの圧倒的な強さを見せないといけない」というプレッシャーがある。
    • チームが弱かった場合、日本中のバスケットファンを超ガッカリさせることは間違いない。
  2. 仙台89ERSが、参入まで全面バックアップ。
    • 高校バスケで頂点を極める能代工高に対するオマージュから、秋田にプロバスケチームができることに大賛成だが、一方で、秋田参入後は仙台の最大のライバルとなり、「bj版みちのくダービー」となる。
  3. 新チーム名の公募に予想の3倍の応募(秋田県内1000件、県外2000件)。あまりの多さに選定に手こずり、新チーム名発表を延期。
    • 9月23日に「秋田ノーザンハピネッツ」と発表。京都ハンナリーズより脱力感はないけど...。商店街のママさんチームみたいな感じ。
  4. どちらも全国トップクラスの実力を誇る市立仙台・明成VS能代工の代理戦争ともいえる。
  5. 秋田県は異常にこの「一般企業」に力を入れている。やはり社長のコネ作戦の功績だろう。嫌悪感を抱く者もいる。

山形ワイヴァンズ[編集]

  • 正式名称:パスラボ山形ワイヴァンズ
  1. リンク栃木ブレックスの下部チーム。
  2. 2014-15シーズンより本拠地を移転し「TGI D・ライズ」から改名。

福島ファイヤーボンズ[編集]

  1. 「ファイヤーボンズ」の由来は「爆弾」…ではない。
    • 「ファイヤー」+絆・結束という意味の「Bonds(ボンズ)」
  2. チームカラーは「フクシアパープル」。
    • 「福島の幸せ」、縮めて「フクシア」という洒落。

B2中地区[編集]

茨城ロボッツ[編集]

  • 正式名称:サイバーダイン茨城ロボッツ/旧称:サイバーダインつくばロボッツ
  1. つくば市が「ロボットの街」であることに由来するという、実にわかりやすいネーミング。
  2. 諸般の事情により本拠地もつくばカピオから水戸市青柳の体育館に移転。つくば市のチームだったのが実質水戸市のチームに…(ただしホームタウンは「つくば市・水戸市中心の茨城県」としている。)
  3. 当初デイトリックという別のチームがNBLに参入予定だったが、トラブルがありロボッツが代わりに参入。
  4. 設立経緯が経緯だけに無理が崇り一度経営が悪化し、リーグに救いの手を差し伸べてもらった。

群馬クレインサンダーズ[編集]

  1. チーム名の由来は「鶴舞う形の群馬県」から。
    • マスコットキャラクターはもちろんのこと、ロゴマークにもさりげなく鶴がデザインされている。

アースフレンズ東京Z[編集]

  1. 前身は、黒田電気の実業団チーム。
  2. 「Z」って一体なんなんだ?

信州ブレイブウォリアーズ[編集]

  1. 本拠地は千曲市
  2. メインアリーナは千曲市戸倉体育館だが、県内各地で試合を行っている。
  3. 石橋コーチは「身長、体重はラオウと同じ」と自称しているが(2011年10月2日アルウィンでの松本山雅FCの試合前のイベントにて)、見た目はどう見ても「魁!!男塾」の江田島平八だw
  4. 遠征時の移動手段がマイクロバス。

金沢武士団[編集]

  1. 金沢武士団と書いて、『かなざわサムライズ』と読む。
  2. マスコットキャラクターに、萌えキャラを使用。

Fイーグルス名古屋[編集]

  • 正式名称:豊通ファイティングイーグルス名古屋/旧称:豊田通商ファイティングイーグルス
  1. JBL2の王者。旧日本リーグ2部でも優勝歴あり。
  2. イーグルスと言う愛称だが、愛称の由来は「名古屋コーチン」。

B2西地区[編集]

バンビシャス奈良[編集]

  1. 2013-2014シーズンより参入。チーム名は英語で「バンビ(子鹿)」と「アンビシャス(大志)」合わせたもの。
  2. ユニホームには、さりげなく鹿の角のシルエットが印刷されている。
  3. マスコットキャラクターも、もちろん小鹿。

広島ドラゴンフライズ[編集]

  1. 地元住民でもチーム名の由来がノーヒントで分かる人はほとんどいない気がする。
    • 宮島にしかいない絶滅危惧種のミヤジマトンボが由来らしいが正直「よくこんな生物を思い出せたな」と言いたくなってしまう。

香川ファイブアローズ[編集]

  • 旧称:高松ファイブアローズ
  1. 穴吹工務店の系列。
  2. セネガル人留学生をドラフト指名したことでちょっとした話題にもなった。
  3. 参入1年目で準優勝を果たした。
  4. bjの中で最も経営が安定していると思われる。
    • 大阪・新潟とともに経営が安定している。
    • と思っていたら穴吹工務店が撤退したため一転経営難、'09年度不参加の危機に。
      • 09-10シーズンは何とか持ったものの、シーズン終了後に運営会社が高松地裁に自己破産申立て…。
        • 運営会社を一新して10-11シーズンも参戦予定。
  5. ホームゲームはケーブルテレビ&コミュニティFMで生中継。
  6. 埼玉ブロンコスとの間での移籍が多い。なによりあそことはチームカラーが緑だったりうどん屋がスポンサーだったりと共通点も多い。
  7. ヒートデビルズが2016年からは大分から愛媛のチームになるので、ここが四国唯一のプロバスケットボールチームでなくなる。

愛媛オレンジバイキングス[編集]

  • 旧称:大分・愛媛ヒートデビルズ
  1. 大分と付くが本拠地は別府市。
    • ヒートデビルズの名称は、別府温泉の地獄巡りが由来。因みに、仏教の地獄に「Devil=悪魔」はいない。
  2. 日本プロスポーツチームで唯一外資が入っている。
  3. 一番最初にドラフト指名を行った球団である。
  4. 1年目こそ6チーム中5位でシーズン途中のヘッド解任もあったが、2年目はプレイオフに滑り込み、新潟を倒して3位となった。王座奪取も夢じゃない!?
  5. マスコットのDeeDee君は悪魔なのに柔和な表情をしている。それに対して、Mr.Dは全身黒タイツで謎に包まれている。
  6. bjリーグ最終年にして愛媛県とのダブルフランチャイズに移行し、運営会社も大分県の会社から愛媛県の新会社へ譲渡。
    • 新リーグには愛媛のチームで参戦となるらしい。新チーム名もbj最終シーズン開始前から募集しているが…ブースターの一部は「まず他にやることあるだろう」とあまり良く思っていないようである。
      • その「やること」とは何ぞやと思っているブースターがいたりしそう。

ライジングゼファーフクオカ[編集]

  1. かつてJBLに所属した福岡レッドファルコンズの後継チームとされている。
    • レッドファルコンズもプロチームだったが、経営問題のためリーグ途中で解散した。
  2. 福岡を代表するローカルタレント山本華世が経営に関わっている。
  3. セネガル出身のドンゴ・ヌジャイは現在のリーグ在籍選手で唯一NBA出場歴がある。
    • しかし怪我で契約解除。さらに東京からトレボーン・ブライアントを移籍獲得したら確変しちゃった。
  4. 開幕直前でヘッドが交代した。
  5. 最初のシーズンはレギュラーシーズン3位で、ワイルドカードでは昨シーズン準優勝の高松を破りプレイオフ進出。

熊本ヴォルターズ[編集]

  1. ユニホームに、くまモンのワッペンが貼られている。
    • ただし、チームのマスコットキャラクターは、くまモンではない。
  2. 「volcano(火山)」と「water(水)」で「volters」。相反してるような。
  3. ワイドナショーで取り上げられた。

B3[編集]

埼玉ブロンコス[編集]

  1. 本拠地は所沢市
    • 一応、県内各地で試合をしているが、埼玉西武といっしょで県民の支持はいまひとつ。
    • さいたまスーパーアリーナに本拠地移転することを将来目標とする。所沢がそんなに嫌か?
      • 施設の知名度が高いし県庁所在地だからでは?それに旧与野市は旧浦和市と旧大宮市の間にあることもあってJリーグの贔屓チームが無い人も多そう。西武も遠い存在だろうし。
    • 荒川より東のいわゆる「東埼玉県」ではハッキリ言って無名以下。名前はおろかそもそも存在自体知らない人が多い・・・
  2. 母体はマツダオート東京バスケ部。休部後クラブチーム化した。
    • マツダオート東京ブロンコス→アンフィニ東京ブロンコス→ME所沢ブロンコス→所沢ブロンコス→さいたまブロンコス→埼玉ブロンコス
      • MEは「マツダアンフィニ東京」の略称であるが、表向き実業団の体裁を整えるため。さいたまは世界バスケさいたま開催を睨んで付けられた。
    • 休部した三井生命から選手を受け入れたとき、一悶着あった。
  3. bjでは珍しく毎年ヘッドが変わっている。
    • 2007年現在のヘッドはNBAでも活躍した引退したばかりのデービッド・ベンワー。ヤオ・ミンの中国リーグ時代の元チームメイトでもある。
    • ベンワーコーチは続投決定。
    • ちなみにチャールズ・ジョンソンは選手兼任になった。
  4. 1年目から参加している球団では唯一プレイオフを経験していない。
    • 2008年2月25日現在イースタン3位でプレーオフ圏内。さてどうなる?
    • 結局進出できず。やはり万年ドアマット。
  5. 1年目は最下位だったが、いまや強豪となった同じ埼玉の西武ライオンズ浦和レッドダイヤモンズも1年目は最下位だったので、ブースターはブロンコスもいずれ日本一になってくれると信じている。
    • 埼玉はスポーツが盛んだから期待できる。
    • しかしチームが増えるごとに順位が落ちていった。新リーグでも3部送りに。
  6. チームより先にチアリーダーが頂点に立った。
  7. 杉山清貴が応援歌を歌っている。
  8. クラブチーム「RBC東京」は事実上の二軍。
  9. 158cmの選手がいたことがある。浜松・東三河の孫明明とは78cmも差がある。
  10. ユニフォームサプライヤーはA-LINEで、湘南ベルマーレの2007年モデルとそっくり。
  11. 埼玉コロンブスではないはず。

大塚商会アルファーズ[編集]

  1. 大塚商会のチーム。
  2. 名前の由来は商品名や、社名にアルファが使われているからという。
  3. 一度ここに権利を譲った後関東リーグから出直し、全国リーグ復帰となった。

東京エクセレンス[編集]

  1. 実は一度、JBL(当時)に入会を断られたことがある。
  2. 本拠地は板橋区が中心。

東京海上日動ビッグブルー[編集]

  1. 東京海上日動のチーム。
    • 女子も同様。

東京サンレーヴス[編集]

  1. 活動休止となった「東京アパッチ」の後継チーム…というわけではない。
    • しかし、チームカラーが同じである。

東京八王子トレインズ[編集]

  1. 「トレイン」だが、鉄道会社とは一切関係がない。

アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城[編集]

  1. 親会社もチームを持ってるが、どうだろう?
    • 合併前の日立など、そのような例はたくさんあるから別にいいと思うよ。それに、エィ・ダブリュは女子チームもあるし。

豊田合成スコーピオンズ[編集]

鹿児島レブナイズ[編集]

  • 旧称:レノヴァ鹿児島
  1. プロ契約選手で構成。
    • 実質プロクラブチーム。
  2. 元々は鹿児島教員団のチーム。
  3. B.LEAGUE初のシーズン途中で経営難にさいなまれた。
日本のバスケットボール
B.LEAGUE(旧リーグ:NBL/bjリーグWJBL



関連記事