Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

BOØWYファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ファンの噂[編集]

  1. 高崎市は聖地。
    • 「切なさ」は聖慣用句。
  2. とりあえず「暴威」の頃からの活動は全て知っている。
    • そうでなくても『MORAL』の頃からのアルバムはコンプリート。
    • 更に、どのアルバムにも収録されていない曲(『NO PAIN』など)を口ずさむことができればネ申。
  3. コアなファンは解散後も氷室・布袋のソロは聴かず、BOØWY時代の楽曲しか聴かない。
    • それでも2人のソロ活動には敬意を持っている。
      • 暴威ファン=氷室ファン=布袋ファンとは限らない。
        • もちろん、全てを兼任するものもいる。
    • またDe LAXと松井常松のアルバムも聴いている。
    • 布袋ファンなら、彼と親交のあるアーティストを聴いたことがあるかもしれないが・・・正直イマイチついて行けなかった。
      • Jesus JonesとかFRONT242とか、いくらファンであってもついて行けない領域のアーティストばっかり。
      • ももクロに至っては…(以下略)
  4. 失恋したときは必ず『CLOUDY HEART』を聴いて泣く。
    • ぼくは『MEMORY』ですねえ・・・。
      • 俺ぁ「TO THE HIGHWAY」で関越すっ飛ばすか「LET'S THINK」でぐだぐだ言うかだなぁ。
  5. 「コンサート」や「ライブ」などと言ってはいけない。あくまでもGIGSだ。
    • しかし "gig" の原義を知っているファンは少ない(本来は「ジャズの演奏会」だとか)。
      • 因みに、サッカーイングランドプレミアリーグ・マンUウェールズ人選手の事ではない。なお、彼の苗字の綴りはGIGGSと単語の中間のGの数が1つ多い。
  6. 生意気なTM NETWORKファンに殺意を抱いたことがある。
    • うわ、全く相容れない・・・(byどちらのファンでもあった奴)
    • 小室よりホッピー神山だ。
      • ホッピー神山といえば、小泉今日子の「3001年のスターシップ」(原曲は「LOVE&GAME」)のアレンジャーなんだよなあ…。
    • 実は布袋氏は当時のEPIC系アーティストとも繋がりはあったんだけどねぇ(松岡英明とか)。
    • 松井さんのソロアルバムのプログラマーはTMと同じ人なんだよなぁ...。
  7. 決してパンクロックではないが、NTTの電話回線をパンクさせた前歴はある。
    • 歴史を刻んでやったのさ・・・
  8. 『夜ヒット』に関連し、F舘伊T郎のことが大嫌い。
    • この人のせいでヒムロックが極端なテレビ出演嫌いになったと思っているファン多し。
      • そういう意味ではダウンタウンの2人は偉いと思っている。
        • そのダウンタウンが司会の歌番組では過去にハウンドドッグの大友康平が夜ヒットの事件について触れた事がある。
    • また、同じ番組関連ではこちらからも反感を買っているようで・・・。
  9. 「Boy」と同じ発音をする奴を激しく叱責する。
    • 「ぼーい」→× 「ぼうい」→○
    • ズームイン!!SUPERで「すみません、『ブーウィー』だと思っていました」と白状した辛坊さんには苦笑。
  10. LOUDNESS、BLACK CATS、THE BLUE HEARTS、PARSONZも好んでいる。
  11. チョコレート○ラネットにはちと困惑。
    • エクステ○ショ○にも困惑。
  12. 「おどるポンポコリン」のイントロに吹いた。
    • 「Dreamin'」ってか?
  13. カラオケなどでのマイクの持ち方はもちろんアレ。
    • いわゆる「氷室持ち」。実は布袋もやってる。
  14. 髪型を真似してみる。スプレーはもちろんここのやつ。
  15. 人の不幸は大好きである。
    • 友人が自殺とか失恋をしたと聞くと、ニヤッと笑ってしまう。
      • 頼むからその場に居合わせた時はちゃんと決まりきった顔をしておけよ。
        • それがモラルさ。
  16. デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ『カモン・アイリーン』のアナログ盤orカセットテープを逆再生したことがある。
  17. 「季節が君だけを変える」のPVで当時の世俗を思い出す。

メンバー別[編集]

氷室京介(氷室狂介)ファン[編集]

ノート:アサヒグループホールディングスに、氷室京介ファンに関連する動画があります。
  1. 氷室京介はあくまでも「氷室介」である。
    • ソロデビュー後にファンになった人は「ヒムロック」のほうが違和感なし。
      • え~?少なくともJUST A HEROの頃にはすでに「ヒムロック」だったよ?
  2. 東京ドームで開催された『21st Century Boowys VS HIMURO』のDVDは買った。
  3. 高崎市に加え、巡礼地ロサンゼルスも含まれる。
  4. 一度は山田かまちの作品に目を通したことがある。
  5. GLAYも好き。
  6. DAIGOも好き。
    • 反町隆史といえばGTOの頃が最強だと思っている。
    • 一時期、KAT-TUNの『Keep the faith』を買うべきか迷った。
      • が、本人がセルフカバーしていてくれたので一安心(何が?)。
    • この人に本名で曲を提供していたことも知っている。
  7. 「ライブハウス武道館へようこそ!」
    • 「ここは東京だぜ?」(?)
  8. コーラは当然素材にこだわる
    • テレビ等の映像媒体で本人の話し声を聞く機会もなかなかないので、かなり貴重な経験だった。
  9. 冬になると「Diamond dust」を聴きたくなる。
  10. 奈良の氷室神社に縁を感じてお参りしたことがある。

布袋寅泰ファン[編集]

布袋寅泰ファン

松井恒松(松井常松)ファン[編集]

  1. ベースは不動の8ビート。
    • ベースといえばフェンダーのプレシジョンだ。
    • 彼の影響を受けてベースを始めた人は直立不動でプレイする。
      • ダウンピッキングで8ビートを刻みながら動き回る余裕はないのを痛感する。
    • 2フィンガーやスラップで弾くときやシンセベースを弾くときはピックを咥える。
  2. 彼がBOØWYのLAST GIGSで使用していたベースを盗んだ奴を恨んでいる。
    • ゾディアックが復刻したみたい。
  3. 松井が参加した氷室布袋のコンサートやアルバムもチェックしている。
    • 高橋のアルバムにも参加していた。解散してからも一番メンバーとの付き合いが深いかも。
  4. 「WORKING MAN」を知らない者はいない。
    • BOØWY、布袋寅泰、セルフカバー(HORIZON -20TH ANNIVERSARYに収録)。いずれも聴いている。
  5. BOØWYや松井さんを知らない人に彼の事を説明するのに苦労する。
  6. 「BOØWYの地味な人」などと松井様に失礼な事を言った者は極刑。
  7. 「よろこびのうた」といえばベートーヴェンでもKAT-TUNでもなく、1stアルバムの事だ。
    • 「あの頃僕らは」といえば2000年のアメリカ映画(あのころ僕らは)ではなくアルバム&シングル。
  8. 白地に絵の具やペンキなどをぶちまけたとき、つい思い出してしまう。
  9. Groove Syndicateはもちろん持っている。
  10. プロ野球・東京ヤクルトスワローズあのメインマスコットもファンの一部とされている。
    • 実際、神宮球場での試合前BGMで「Marionette」が流れていた時に忠実なモノマネをしていた(笑)

高橋まことファン[編集]

  1. ここに貼られている「群馬」カテゴリに強烈な違和感を覚える(実は福島出身)。
    • 福島も加えておきました。
  2. De-LAXのアルバムは全てチェック済み。
  3. 「スネア THE MOVIE 8beat of BOOWY」はもちろん買った。
  4. 真似をしてサングラスをかけてみる。
    • スティックを投げてみる。
  5. タモリと間違えた者は粛清。
    • 仲本工事と間違えた場合も同様。

BOØWYファンの本棚[編集]

全般
  • HYSTERIA
  • GIGS
  • RENDEZ-VOUS
  • Image Dictionary BOØWY
  • 大きなビートの木の下で
松井ファン
  • 記憶
高橋ファン
  • スネア

関連ページ[編集]




関連記事