CHAGE and ASKAファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

C&Aファンの噂[編集]

トークに、CHAGE and ASKAファンに関連する動画があります。
  1. デビュー曲「ひとり咲き」を知らないファンがかなり多いと思ってしまうが・・・。
    • 「ひとり咲き」からのファンはあまり多くない気がする。
      • 実際、昔のチャゲアスが良かったと言う人もいる。
        • デビュー時と今では全く別物に見える。良くも悪くも時代にあわせている。
        • デビュー当時~、モーニングムーン以降、no doubt以降の3世代に分けられるのではなかろうか
  2. 突然人を殴りに行く。
    • 「勇気だ!」「愛だ!」と騒ぐとボコられる。
  3. 愛には愛で感じあう。
    • 何度も同じことを言う。
      • しかも残さず言う。
  4. カラオケで歌うときは、必ずナ行の発音を多用する。
    • ♪なぁいにはぁ~なぁいで~ なぁんじあおぅよ~
    • ♪なつなつなつなつココーナーッツ
  5. ガーゼで心を切るような比喩表現が大好き。
  6. CHAGE and ASKAは一つのジャンルだと思っている。
    • チャゲアス程、幅広い音楽性を持ったアーティストはいないと思っている。
  7. 正直、韓国でのライヴは泣いた。
    • 確か韓国で日本の音楽等が解禁されての最初のライヴだった。ラストの『On Your Mark』でASKAが感極まって唄えなくなったのは伝説。
  8. 正式名称は「CHAGE&ASKA」ではない。「CHAGE and ASKA」だ。
    • 「チャゲ&飛鳥」や「CHAGE&ASUKA」でもない。
      • でもぶっちゃけ、どんなタイミングで名前が変わっていったのかをはっきり覚えているファンは少ない。
  9. 今までのチャゲアスのイメージと違った曲を聴いても、怒ってはいけない。
    • ミーハーなファンや、全盛期しか知らないファンは、チャゲアスのイメージではない曲を聴き、大抵はがっかりしてファンをやめた。
      • 逆に、全盛期は興味なかったのに、最近のプログレ・シャンソン風味の作風に変わってからはまったファンもすこしはいる。
  10. 富士急ハイランドは聖地
    • 「ふたりの愛ランド」の替え歌(夏夏夏夏ココナッツ~富士富士富士急ハイランド~♪)は歌った
    • 東京JAP「摩天楼ブルース」のサビも歌った
    • ほかにも代々木とか好きそう。
  11. コブクロにベストアルバムの枚数を抜かれてがっかり。
    • コブクロは嫌いなファンが多い。
  12. 圧倒的にASKAの方が人気である。
    • でもファンじゃない奴が「CHAGEは要らない子」と言うと全力でそれを否定する。
  13. 某アルバムで使われた写真が無断転載だった事件は黒歴史。
  14. 2009年1月31日、デビュー30年にして事実上の解散決定。
    • おそらく最後のベストアルバムは涙なくしては聴けないものになるだろう。
    • さて、今後はどちらを応援することになるのがろうか…。
    • 最近ではソロとC&Aを不定期に交互でやっているので、まだ希望は捨てていない。
    • 解散発表当日時点で、事務所は否定しているようだ。
    • しかしチャゲがそれを否定。「もう一度ASKAと『SAY YES』を歌いたい」と発言して、ファンを泣かせたらしい。
    • 1月30日、無期限活動停止を発表。事実上の解散らしい。
  15. きっと「CHAGE and ASKA」として復活する日を信じている。
    • 互いのソロ活動を見守っている
  16. 解散と勘違いしている大衆が多いので「活動停止ですよ!」と慌てて教えるハメに・・・。
    • 祝、35周年で復活! だが、正直「4年間の休止を経て」を言われてもピンとこない。
      • 実質的にはデュオ活動の停止期間は6年。
      • 4年や6年程度の期間ぐらい長くは感じなくなった年齢層のファンが多い……とも言う。
  17. 好きな芸人はウッチャンナンチャン。
    • ナイツのネタに関しては賛否両論。
  18. 松尾スズキ曰く「ブスに優しいレトリックを含んだ歌詞を歌うせいで、コンサート会場がブスの収容所と化している」「自分の身の回りにチャゲアスファンがいないのは、高すぎる音が耳に聞こえないように、ブス過ぎて視覚的に認知出来ないほどのブスがファンだから」。
    • この評を、SAY YESやはじまりはいつも雨などのミーハーな曲しか聞いたことのない人間の意見だと一蹴できる。
    • だが自分の容姿に自信があるかと言われれば……。
      • それでも、さすがにブスの収容所よばわりされるいわれはないと思っている。
  19. 「PRIDE」と言ったら、総合格闘技でも今井美樹の楽曲でもない。

ASKAファン[編集]

2019ツアー
  1. 今のASKAの声に、正直失望。
    • 最近戻ってきたと言うが・・・。
    • 失望というか心配。あれは壊してしまった喉。
  2. 光GENJIも好き。
  3. カラオケでマイクは左手で持ち、右手はお腹を押さえる。
  4. 「待たせたね!」を日常会話で使ってみるが、誰も元ネタに気付いてくれない。
  5. 玉置浩二は盟友。
    • 逮捕後、自身のコンサートでチャゲアスやASKAの曲を歌い、復帰を後押ししてくれた。やはり天才同士共鳴するものがあるらしい。
    • 復帰後最初のツアー初日八王子公演で、舞台上から「おい玉置」と客席に来ていた玉置浩二に呼び掛け、サプライズで舞台に上げた。終始マスク姿だったものの数分間談笑して旧交を温めた。当然、客席はこの日1番の盛り上がり。
      • 因みに玉置浩二は1階後方PA席の右後ろ辺りで、一般客に紛れてずっと見ていたらしい。本編が終わったぐらいで姿が見えなくなってしまった。

CHAGEファン[編集]

  1. ラジオ番組(「NORU SORU」、「ラジ王」、「TREASUR BOX」等)はきちんと聴いていた。
    • MEN'S5「『ヘーコキ』ましたね」は名曲だ
    • 東京JAP「摩天楼ブルース」は迷曲だ
  2. MULTI MAXも聴く。
  3. 帽子をいつもかぶっている理由を知っている。
  4. 本名「柴田秀之」の正しい読み方を知っている。



関連記事