FC琉球

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

FC琉球の噂[編集]

  1. 元々は別のチームが分裂して発足されたクラブ。
    • 別のチームとは沖縄かりゆしFCのこと。現場とフロントの意見対立が分裂の原因らしい。
      • あのラモス瑠偉も対立に絡んでいた。
  2. Jリーグ入りも目指しているようだが、いかんせんそれに合うスタジアムがない。
    • 地元自治体が協力して「スタジアムをJリーグ規格に改修する」といったニュースすら聞かれない。
      • 沖縄市の県総合陸上競技場の改修によりJ2ライセンス規格のホームを確保済。
        • ナイトゲームは出来る様なのだが…。
      • 一方で、奥武山野球場が3万人収容に改修中・・・。(´・ω・`)
        • ネーミングライツで「沖縄セルラースタジアム」に。
      • もしJに昇格しても対戦相手からは嫌がられそう(沖縄までの移動費や夏の暑さとかで・・・)。
        • 暑さは本土のほうがきついと思うが、移動費は悩みの種だろう。特に水戸・栃木・甲府・山形あたりは。
  3. あのトルシエが総監督。
  4. 日本初のプロハンドボールクラブ「琉球コラソン」の元母体でもある。
  5. 2009年シーズンの胸スポンサーがニコニコ動画って……本気?
    • 袖スポンサーはプジョーに決定。
    • 2010年からは背中のスポンサーに。しかし、ニコニコ動画と書かれたユニフォームを見るとなんかシュールww
  6. このチームのマスコットがおそらく日本最強。
    • 「ちょっちゅねぇ」と言って欲しい私は他サポw
      • Jリーグ昇格を機に惜しまれながら退団。2016年時、マスコットは空位の状態。
      • 2017年になってようやくマスコット復活。今度はジンベエザメになった。
  7. チームカラーはベンガラ色。但し、ある年だけユニフォームカラーが水色だったことがある。
  8. チームのシンボルマークは、沖縄らしく「シーサー」をデザイン。
  9. 結成当時のユニホームは、どこにでもある500円のTシャツにガムテープで背番号を付けただけの簡単なものだったらしい。
  10. 2018年、J2ライセンスを取得した。
    • そのシーズン、J3リーグ史上最速での優勝&J2昇格を達成。
      • ついでに、ホームゲームも無敗であった。
  11. 2019シーズンのJ2昇格に貢献したキム・ジョンソン監督は「3-1で勝利するサッカー」と言う大胆な事を標榜し、それを選手たちに実践させられた。
    • しかし、あろうことか昇格後は同期でJ2参入した鹿児島で指揮する事に。
    • 一方こちらはというと、Y.S.C.C.から樋口靖洋監督を引き抜き。




関連記事