FC町田ゼルビア

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 2008年、戸塚哲也が監督に就任。
    • 2009年で退任。後任は元W杯日本代表の相馬直樹氏。なお、W杯日本代表経験者の監督就任はこれが初めて。
      • 戸塚は岐阜とかの実績はあるけど、ライセンスがJ基準に満たないことが原因だとか。
        • 武田でも取れちゃったせいでS級の基準が難しくなったからって話を聞くが。
      • 相馬監督はいいが…コーチ経験皆無だし、いささか心配だなぁ。
      • 2011年からは川崎の監督に。
        • しかし、2012年途中に契約解除される。
      • 2014年、相馬氏が監督復帰した。
    • 戸塚氏はS.C.相模原の監督に。
      • しかし、2011年途中に解任される。
    • 2013年は秋田豊が監督。
      • しかし、2013年途中に解任される。
  2. 2011年のJリーグ昇格を目指している。
    • 2009年のJFL参戦が決定。
      • さらにはJリーグ準加盟も決定。
        • あとはそれに似合うだけのスタジアムを…。
          • 原町田・中町・森野地区を再開発して、国際試合開催可能なサッカースタジアムを併設した大規模商業施設を町田駅前に作る構想がある。が、何処にそんな金と土地があるのかとw
    • 間に合いませんでした…。
    • 2011年リーグ3位で昇格決定。スタ問題は解消された模様で・・・。
      • 実は2010年より順位が1つ悪いのはココだけの話。
  3. 「ゼルビア」とは町田市の木・ケヤキと、花・サルビアの合成。
    • フットサル・Fリーグの「ペスカドーラ町田」は市の鳥・カワセミからなので、3つのシンボルが揃う。
      • マスコットはカワセミになった。
      • 最終候補の中にはも。危うくFC東京とかぶるところだった。
        • この他には、ウサギや一部で「乙君」と呼ばれたものもあった。
    • ピクシーの故郷ではない。
      • 但し2011年からの監督はそこ出身の元大分トリニータ監督ポポヴィッチ氏。
        • しかしポポヴィッチ氏はその年限りで退任。
        • ポポヴィッチ氏は2012年からFC東京監督に。後任は元清水エスパルス横浜F・マリノスそしてヴェルディを率いたアルゼンチン元代表選手でもある「オジー」ことアルディレス氏が就任!
          • Jリーグ入り同期の反町監督に負けず劣らずの人選である。
          • 更にご当地出身でオジーの教え子でもある戸田和幸が加入。
          • ポポヴィッチ氏は2014年よりセレッソ大阪監督に。
  4. 小田急電鉄がスポンサーについた。
    • 背中スポンサーは玉川大学。
  5. FC町田・相模原ゼルビア。
    • でもFMさがみはゼルビアを応援してるのにゼルビアは相模原を相手にしていないご様子。
      • 町田市章と町田市域図がシンボルマークだったぐらい、「町田市民の、町田市民による、町田市民のための」を強調したクラブだからな。
        • 現状、県境をまたぐホームタウンが認められていないのが辛いね。
      • 「ゼルビアは相模原を相手にしていない」どころか相模原市内でゼルビアは告知活動している。
    • 隣町のArio橋本が看板スポンサーしている。
    • 町田市民より、多摩市民からの認知度が高い(らしい)。
      • 都内の自治体で町田と隣接しているのは多摩市だけだからね。
  6. FC東京サポーターは「真・東京ダービー」の実現を望んで…いるのか?
    • 「真」って、まるでヴェルディとのダービーが「偽」みたいではないか(苦笑)もっとも、ヴェルディは図々しく勝手に「東京」を自称しているだけだが…
      • ゼルビアなど東京のチームとは認められていない(神奈川県相模原市での告知活動などをしてるため)
        • 町田は三方を神奈川に囲まれているので許してあげてください…
  7. 昇格後、さっそくJ(2)開催基準を満たしたスタが自前で用意できないという事態に。さらに3年連続赤字決算ということで瓦斯とか緑サポに「インチキ昇格」と揶揄される結果に…
    • さらにリーグ側から厳罰を下される模様。昇格直後にしていきなりJFL降格の危機に。
  8. 蓋を開けてみれば松本以上に善戦している。ボトムズ上位にはなれそう。
    • 2012年6月現在、最下位……。
      • 2012年11月11日、ついにJFL降格
        • このページも独立を取り消される訳ですか?
          • 独立したままにはしますが、Jリーグのカテゴリー・テンプレートは外されます。
  9. 都民からは神奈川ゼルビアと言われ嫌われている。
    • 神奈川県相模原市での告知活動、ゼルビアの本拠地の野津田公園の自然を削り莫大な駐車場を作る事、を反対している一般市民に対しゼルビアサポーターが酷い中傷(「プロ市民」呼ばわり等)をしてるため都民はもちろん町田市民からも迷惑がられているのでは?
    • 「嫌う」目的で例のネタは使って欲しく無いなぁ。
      • 真の東京ダービーとは町田でも緑でもなく横河武蔵野FCとFC東京です。
    • 正直、「神奈川」のチームでも「東京」のチームでも違和感があった。神奈川は現状ですら4チームあるし。
      • J3発足でなんと6チームも!(しかも横浜市内だけで3チーム)正直、1チームくらいJの空白地帯に行ってくれないかな…(苦笑)
  10. とあるラーメン店がゼルビアの試合でのゴール数に応じてラーメンの替え玉サービスを行ったところ、7杯まで無料になった。
  11. 2015年、大分との入れ替え戦を制しついにJ2復帰!!
    • しかも「"史上初"のJ2からの降格」が町田であり、「"史上初"のJ2復帰」が町田となった。
      • しかし、復帰まで3年か~。J3リーグって底無し沼みたいなものですな。
        • ただ、J2→J3を経てJ2に復帰したクラブは未だ現れず。(2016年6月現在)
          • 町田はJ2→JFL→J3と言う特殊な経験をされているので例外です。
          • 大分トリニータという前例ができました。
    • 2016年J2復帰も、復帰決定後の町田市市長さんはスピーチで「J2には、あの清水エスパルスがいます。」とJ2を警戒していた。2015年の清水って内部崩壊などでどうしようもないクラブだったが、それでも市長から見れば「腐っても鯛」もとい「腐っても清水エスパルス」なのか、と。
    • 蓋を開けてみれば、4月終了時点でなんと首位という番狂わせ。
      • でもJ1ライセンスが無い事には…もしかして前代未聞の昇格枠潰しあり得る?
        • J1で残留争い余儀なくされ、J2降格に怯えているクラブは町田の動向を注目しているのではないのかと(笑)
      • 開幕戦のセレッソ戦でこそ苦杯をなめたものの、その後は5連勝挟んだ11戦無敗とか「凄い」の一言に尽きます。
      • 6月時点では首位陥落こそしたものの2位と言う本来は自動昇格圏内を堅持している事に伴い、J1からの降格枠が3→2になるか?
      • しかし徐々に失速。それでも7位フィニッシュ、かなり成長したのでは?
  12. 俳優・谷原章介氏が熱烈なサポーターであるとか。
  13. プロ野球ファン200人を無料招待するという企画をやったことがある。
    • その試合にも谷原章介がゲストで来た(カープファンの谷原章介さんも来場します!との触れ込みで)。




関連記事