Google

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

Googleの噂[編集]

  1. Googleは「検索する」の意味で一般動詞化しそうなので、会社としては大きな損失が生じかねないと慌てている。
    • 日本語では「グーグる」ではなく「ググる」だから問題ないそうだが…
      • まちがっても「ゴーグル」ではない(以前勘違いしていた人)。
    • I google on Yahoo.「私はYahooで検索する。」なんということだ。
      • ボカロの歌「Yahooでググレカス」
  2. ポータルサイトとしてYahoo!をアメリカでは2002年に追い抜いたが、ようやく日本でも追い抜く模様。
  3. 情報統制国(中国など)ではYahoo!はアクセス制限をかけるのに対し、Googleは検閲を行う。
    • だから鏡文字を使ったelgooGなんて発想もできる。
    • 情報統制を助長する様なやり方に納得がいかなくなったのか、ついに中国からの撤退が検討されはじめた。
      • 撤退しました。
  4. 王者であったマイクロソフトに対しても、攻撃を仕掛ける模様で相手は慌てている。
    • 携帯電話、タブレットPC分野ではWindows Mobileを駆逐し、iOSを凌いで世界No.1の地位を固めつつある(Android)。
      • 更にそれまでスマートフォン業界で一番のシェアであったSymbian・ノキア、業務用で人気があったBlackBerryも叩き潰した。
    • パソコンそのものの勢いを低下させるなど、2010年代になってから存在感が一気に反転した感がある。
  5. トップページの簡略化で、ここに及ぶものはそうそうはない。
    • 一時期ごちゃごちゃとリンクを並べ始めたが、やはり不評だったか見た目だけはシンプルに戻した。
    • Googleファンは主にiGoogleを使うので最近の検索画面をあまり知らなかったりする。
      • あと、多くのブラウザが(Google Chrome以外でも)Google検索用の入力欄を設けているので、わざわざトップページに行く必要がない。
  6. Googleマップのカーナビ機能で「日本~アメリカ」や「アメリカ~オーストラリア」の経路を検索すると、途中で太平洋をカヤックで横断する経路を提示される。
    • 寛平ちゃんが目下実走調査中。
    • 乗換案内もあるが日本でしか使えない。
      • しかもジョルダンほど便利ではない。
    • 経路によっては泳いで渡れとかジェットスキーで渡れとかも言われるらしい。
      • 泳いで渡る人なんているか!…と思ったら、Opera社のCEOの方が、Opera8が4日間で100万DLを達成したらノルウェーからアメリカまで泳いで渡ると言い出し、実際に実行しようとしたことがある。
        • 結果は失敗だったんだけどね…
    • 日本のバス路線には対応して無いらしい。
  7. ゴットゥーザ様のお気に入りらしい。
  8. URLのスペルを間違えるとえらいことになる。
    • 「Googkle」とか「Gooogle」とかね。
  9. 「グーグル八分」(という単語)はグーグル八分になっていない。検索するとたくさん出てくる。
  10. Chorme OSでMS独断場のOS市場に殴り込みをかけようとしているが、大多数の人はおそらく使う気もない。
    • OSが高いと騒ぐ人は中身はLinuxというのを知らない。
    • むしろ反応していたのはMSくらいだった。
    • 最近はAndroidを携帯の他にノートなどに搭載しているがさてどうなるか。
  11. Google日本語入力が神すぎる。
    • 歴史上のマイナー人物や難読地名も予測変換で出てくる。
    • 「ふじょし」で変換するとあっちが先に出てくる。これはいくらなんでもまずいだろ。
    • びっくりする程サブカルチャー関連の用語が充実している。オタクの必須アイテムになる事間違いなし!
      • 漫画・アニメのタイトルは勿論、キャラ名やエロゲのタイトル、大手同人サークルの名前まで予測変換で出てくる。
  12. 通称「Google先生」。
  13. ここ数年で急激に知名度が上がった様な気がする。
    • 特に「『ストリートビュー』がプライバシーを侵害している」云々で問題になって以降。
  14. 上記のようなワード予測に限らず、そこかしこに遊び心が鏤められている。
  15. パックマンで遊べる。
    • これ。賛否両論だった。
      • っていうかイースタエッグ多いから、あっちのwikiで調べたら?面白いよ
  16. Googleリーダーはコナミコマンド対応。
  17. 海外旅行の多い人にとって、通貨換算機能はありがたい存在。
    • 「○○米ドル」とか「○○ユーロ」と入力するだけで、自動的に日本円に換算。
    • また「○○ usd to eur」などのように、日本円を介さない換算も可能。
  18. 中国産のよく似た検索サービス「百度」が日本にも上陸。
    • Googleの「Google先生」という呼ばれ方に引っ掛けて、「百度老師」なんて呼ばれる事も。
      • いやそれはないな、「度娘」と呼ぶよ、ちなみに設定ではGoogle先生に憧れて、ツンデレで片思い中よ←中国人です。
  19. 夢のような職場環境がNHKで特集され話題となった。
  20. 創立から数年間はまったく利益を出していなかったらしい。
    • 素晴らしい検索エンジン作りました!と出資者から資金を集めるも、さてどうやって儲けよう?
  21. コアなgoogleファンにとってはあのロゴは神聖不可侵なるものらしい。
    • 最初のロゴは設立時にスタッフがPhotoshopで適当に作ったもの。何年かして変更してみたら猛烈な反発を食らった。
      • 現在は最初のロゴをちょっと手直ししたマイナーチェンジ版が使われている。
  22. Googleのフリーメールサービス、Gmailはスパムのフィルタリングが超強力。
    • ほったらかしでもスパムが受信トレイに紛れ込むことはほぼない。
    • 当然強力すぎて普通のメールもよくスパム扱いされて迷惑メールフォルダに放り込まれる。
    • これでウェブ上の知人と縁が切れたという報告多数。
    • 就職活動においても必須のツールになりつつある。
    • フィルタリングやフォルダ構成が他のメールと違ってやや特殊。他のメールに慣れていると、慣れに時間が必要。
  23. 2012年4月、声だけで操作するメガネ形携帯端末に世界が驚愕。
  24. Google+はAKB48の宣伝ツールと化している。
    • 通称「ぐぐたす」は秋元康が命名した。
    • で、案の定日本ではLINEとかに押されて流行っていない(世界的にはそれなりらしい)。
  25. Facebookから「何を企んでるっ!」と警戒されてるが、先生は何もやってない(たぶん)
  26. 自分で会社を作って、そして自分を子会社にしたやつ。
  27. 祭りの度に騒ぐ、いたずら好き。
  28. Google Translateはいいよ?よく変な物が出たり、下ネタが出たりするけど
  29. GoogleMapがやり始めた地図画像を表示する測地系「Webメルカトル」がほかのものにも採用されている。地理院地図とか、マピオンとか。
    • 地理院は昔は独自方式で押していたが、柔軟に方針転換した。おかげでGISなんかでもGoogleMapも地理院地図も同じ方式で読み込めるようになった。
    • このWebメルカトルの測地系番号、今は3857とどうでも良い番号だが、仮番号のときは「900913」だった。googleをなぞらえたもの。え、Eと3じゃ形が逆?気にするな。

Google Chromeの噂[編集]

  1. とりあえず速い。
    • Operaとはほぼ同じ速さに見える。
    • しょぼいパソコンでも他のブラウザだと動かないのに、これだと動くという神のブラウザである。
    • その反面、使用メモリ量はえげつないらしく、未だに一部の電子申請等では推奨されていない。
  2. 履歴を残したくない人のためにシークレットウィンドウがある。
    • IEでもある。
  3. セキュリティの方ではお世話になった。
    • だがFirefoxもすごい。
      • マルウェア対策・フィッシング詐欺防止。
  4. Chromeウェブストアでテーマを変える。
    • 自分は変えていない。
      • アプリで自作のテーマを作れるので好きなキャラクターのテーマにもできる。
  5. Chromeウェブストアでゲームのアプリがある。
  6. 最初のトップページが確かGoogle。
    • が、後からトップページをChakuwikiなどに変更できる。
  7. Chakuwikiのページ作成の時もサクサク動く。
    • Chakuwikiの場合はどこもかしこもすべて素早く表示される。
  8. 自動アップデートは確かに便利だが更新でUIがいきなり変わると戸惑う。

関連項目[編集]




関連記事