Jリーグ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

Jリーグの噂[編集]

  1. 日本プロサッカーリーグ。
  2. 初代チェアマンの川淵三郎は有名だが、その後のチェアマンが何者なのかがサッパリわかんない。
    • 現在三代目・・・だっけ?
    • 二代目は川渕時代のツケを全部一人で精算してたよ。三代目はアレ。
    • 二代目は鹿島の人、三代目はC大阪の人、四代目はラグビーから来た人。
    • 五代目は元リクルートの村井満氏。
  3. 集客数は、開店景気→パッタリ→徐々に回復→一定のレベルまで回復。
    • 開幕当初はチケット欲しさに人を殺めた奴もいるが、彼は今、塀の中で何を思うのか。
  4. 「Jリーグ」自体にもマスコットが居る。
    • 正しくは「Jリーグ百年構想」のマスコットだけど。
    • ボールが王冠かぶったマスコットがあったような・・・。
      • 「サッカーキング」だそうな。Jリーグ開幕当初に売り出されたトランプのジョーカーとかに描いてある。
      • そのサッカーキング、2015年頃より突如復活。「Jリーグキング」という名前でゆるキャラグランプリにも参戦。
  5. 開幕当初はプロ野球ではおなじみの珍プレー集をやってたが、数年でやらなくなった。その理由は「人気低下」ではなく、「選手は一生懸命やってるんだ」とチェアマンが激怒した為。
    • プロ野球でもやらなくなった。
      • 同じような理由のはず。
        • プロ野球の場合は審判団からの「威信低下につながる」という非常に情けない苦情からだった。プロ野球界も「審判の威厳」についてはサッカーを見習うべきだと思う。
  6. すべての本拠地球場が駅から徒歩圏内にあるプロ野球に比べ、交通の便が悪いスタジアムが多い。
    • 地方のチームも多いんで多めに見てやってください・・・まァ都市部でも悪いトコがあったけど。
  7. こじつけダービーマッチが多すぎ。
    • 同じ県内ならまだしも、甲府-新潟の「川中島合戦」とかFC東京-の「金町ダービー」とか・・・
    • 前者は、盛り上げる為にクラブも公認してるハズでは? 後者はレイソルサポの「金町はもらった!」垂れ幕が発端になっただけなハズ。
      • 川中島ダービー系のは企画やイベントもあるので、結構盛り上がったり。
    • 水戸-群馬の「北関東ダービー」に至っては、クラブ公認どころかクラブ主導。もちろん、何一つ盛り上がらない。
      • 栃木SCが上がってきたらどうするつもりなんだろう。
        • 地元のNHKが北関東ダービーのページを持っている。
    • 2chには仙台-水戸-柏の「常磐線ダービー」なんてのもある。
    • 突っ込み所満載の「多摩川クラシコ(FC東京-川崎)」なんてのもある。
    • 山形対新潟の「天地人ダービー」が遂に実現するとスポーツ新聞に書かれていた。
      • 「遂に実現」って、本自体は昔の物だし過去にJ2で戦ったこともあるのに…。
    • その中でも、横浜F・マリノス横浜FCとの横浜ダービーはJリーグの中で最も殺伐としたダービーマッチであろう。フリューゲルスの件が一因であろうが、お互いに険悪だから。
    • 2015年はアニメ作品とコラボしている3球団(東京V、岐阜、水戸)が手を組んで「アニ×サカ」なるマッチ企画を始める模様。
  8. メディア(特にテレビ)における地位があまりにも低い。試合結果さえやらないことも。
    • メディアに乗っ取られてる野球よりまし。
  9. 「J2に次どのチームが参入するか」でファンは妄想。
    • 2008昇格の2チームのうちロッソ熊本は予想できたがFC岐阜は予想外。
      • 岐阜も参入することは予想できました。事実、某雑誌で熊本と岐阜のことを毎回取り上げてました。
    • 2009年は栃木、富山、岡山が参入。22チームまで残り4チーム、どこが入るか?
      • これで「と」で始まる都県にはすべてJのチームが…え、違う?
        • 鳥取は2008年JFL5位で惜しくも昇格圏に届かず。
        • 鳥取の枠は門番がおいしくいただきました。
      • 北九州も準加盟だよ!
        • 町田と長崎も。
    • 2010年は北九州1クラブのみ入会。残り3チーム!
    • 2011年ついに門をぶち破った鳥取が参入。あと2チーム!
    • 2012年は現JFLで去年、順位条件以外で初めてダメと言われた町田と、自分の県には無いのに周辺8県全てにJチームがあるという状況だった長野県から松本が参入でついに全枠埋まった。来年からはいよいよ入れ替え戦が始まるのか…。
    • 2014年以降は"J3"新規参入チームが話題になる見込み。
      • JFL降格が"珍事"となり、それを経験した町田は伝説となりそう。
  10. ネットでは当然と言うかサポータの罵りあいから、とんでもない蔑称が与えられる事も。
    • "劣頭"ってのを見たときは「え、れっとう…?」と思った。(レッズの蔑称)。"頭狂"はすぐ分かったけどw
    • 清水の「壷」とか、仙台の「蟹」なんて、もはや推測不能。
      • 「蟹」は蔑称ではなく略称。「劣頭」「瓦斯」「頭狂」「壺」「奴隷」「粕」「田舎」「大痛」「狂都」あたりが蔑称。「蟹」「鹿」「盆地」「熊」等は大抵単なる略称。
      • 「蟹」なのは、かつての胸スポンサー「カニトップ」から。
      • 「瓦斯」(FC東京)も通称だろう。「緑」(東京V)との区別でサポ自ら使ってる所あるし。
  11. Jリーグのチームが増え続けることは「ほんの些細なこと」であるそうだ。むしろ増え続けてほしい、とのこと。
    • 「理想は1県1チーム以上」って川渕キャプテンが言ってたような。
      • それならば、「関東静岡偏重」の今の体制を何とかして、全国区のスポーツにすることが先決!
      • 野球と違って大規模な本拠地移転ができないからな・・・。
  12. 長いチーム名を短くするのが流行りらしい。(京都、名古屋、汐留東京V)
    • むしろ地名を使うのが一般的だったりする。
      • しかし、某公共放送は地名の使用をなるべく避けている。
  13. 関東地方と静岡県でしか人気が無い。強いチームや強い選手も関東や静岡にしか集まらない。
    • 西日本の人間は蚊帳の外。これを誰も糾弾しないし、改革しようともしない。そのうち、サッカー日本代表は西日本からは見捨てられる。
      • 高校サッカーの強豪校が多い九州にでも強いクラブが出来ればいいんですがねえ・・・そもそも関西とか四国は野球人気が高いし。
        • 野球よりラグビーとアメフトの方が手強い。同じフットボール系でファンの奪い合いが過熱しかねない。
      • 文句なら、曲がりなりにも全国にチームが散らばりつつあるJリーグより、代表戦を関東でしかやらない東京ジャイアニズム丸出しの協会に言った方がよいと思われ。
    • 静岡(特に旧清水市)に多いのは何十年にもわたる地道なサッカー普及が実を結んだ好例。「サッカー王国」と呼ばれる所以がここにある。褒められるならまだしも非難される覚えは全くない。
    • そのうち、関西のテレビ局ではワールドカップ放映しなくなるだろう。何せ「静岡と関東のローカルスポーツ」たるサッカーに対して声援を送る関西人なんて、よっぽどの物好き。
      • しかし関西は珍ヲタを多数擁するので、ワールドカップの時の三宮とかはそりゃあもう凄かった。でもあんな光景、あと数十年は見れまい。
      • 南近畿(主に三重県、東牟婁郡、奈良県など伊勢寄りの地域)出身のサッカー選手は、ガンバじゃなくてグランパスへ流れる者が多い。ほんで、大阪ローカルのテレビ局はガンバ関連番組を流さないのに、名古屋ローカルのテレビ局はグランパス関連番組を流している。
        • 何故、セレッソを無視する。
          • クラブの格を考えれば当然のこと。
    • 2002年のワールドカップが関西でも盛り上がった要因は選手に関西出身(宮本、稲本、楢崎など)が多かったことと、関西のチームから4人も代表選手が選ばれていたこと。もしこれが、静岡や関東のチームばかりに偏っていたとすれば、たとえ日本国内での開催とはいえ、関西でここまで盛り上がらなかったはず。
    • 08年現在、地元プリ野球球団と人気が拮抗しているのは強いて言うならガンバ大阪名古屋グランパスくらいか
    • 関東ですら東京・神奈川界隈じゃ関西と同レベルの盛り上がりしかしない。もはや埼玉県東部と静岡県で人気のスポーツとしか言いようがない。
  14. 何となく下手な大都市よりも中途半端な場所に本拠地があるクラブの方が強い
    • 鹿島、浦和、吹田、磐田、川崎が一例、その他人気クラブも含めると新潟や大分も入るか
      • 新潟も大分も県庁所在地だし新潟市は政令指定都市なので中途半端ではないと思う
  15. 上記のとおり、関東一極集中が進んでいると思ったら次は九州一極集中が進んでる気がする
    • 大分はすっかりJ1の常連として定着した(しかもA代表選手も輩出)うえ、鳥栖もJ1初昇格の期待が大きくなっているのに引きかえ、本来なら九州のリーダーとならなければならない福岡がJ2の中位という体たらくでは…。
    • 2008年に熊本が参入して4チーム目。2010年以降V・ファーレン長崎やニューウェーブ北九州が上がってくると…ちょっと多いか?
      • 他が少ないんじゃ。
  16. 罵倒するようなコールや、中傷するような横断幕で問題になる。こういうのが問題になるあたり欧州に比べれば可愛いもん。
    • 現実にサポーター同士の傷害事件は少ない。
      • もちろん、あんまりそういうのを好かないと思うところもあるし、国民性もあるので世界と比較していいのかどうか・・・。
    • 紳士の国で生まれた・・・と思ったけどイギリスの項を見たら何か納得出来るかも。
  17. 2009年度から入れ替え戦廃止。ますますサヴァ威張る。
  18. カタールリーグに電撃移籍するのが最近のトレンド。
    • カタールのみならず、中東のリーグ全体と言った方が良いかも。
  19. リーグ自体は協会の管轄ではなく独立されているので、JFLからJへ参入する際「昇格」の表現は「(厳密には)適切ではない」とされる。
    • 俺は国内リーグのピラミッド形成状態やJの参入条件からして、「昇格」の表現も適切であると思うけどなぁ。むしろ当然って思ったほうがいいか?
    • 独立といってもbjリーグと違って断絶してるわけじゃないし。
  20. 開幕当初はJリーググッズが乱造された。
    • サッカーでは基本的に帽子をかぶることは無いのに、野球帽のようなキャップが発売された。中央には各チームのマスコットが描かれていた。
    • 「カテゴリー1」というオフィシャルショップがあちこち(東京都内など当時Jクラブの無かった地域含む)に出店していた。
    • 当時、贔屓のチームのロゴのバッジ・シール・ワッペン・マスコットを登校カバンにつけて、校門指導で没収された小中高生続出。
    • CMは応援セット以外に、食べ物(カレー、ふりかけ、お茶漬け、スナック菓子、アイス、カフェオレなど)まで何でもJリーグ絡みになった。
    • さらには「もうひとつのJリーグ」「俺たちのオーレ」「青春オフサイド…」などの便乗ドラマも続々登場。だが全部爆死。
  21. J1は7位まで賞金が支払われるのに、J2は2位までと何だか釈然としない現状である。
    • 2009年からは入れ替え戦廃止で3位まで昇格内定なのだから、そこはもう少し考えた方が…。
    • 2010年からJ2の3位チームにも少ないながら賞金が出ることに(1位2000万、2位1000万、3位500万)。
    • 2015年の2シーズン制復活にともなってJ1の賞金獲得圏内は3位までに縮小されてしまった。
      • 1シーズン制に戻っても賞金は3位までのまま。そのせいで中位チームのモチベーションが低くなった。
  22. Jリーグに昇格すると、Chakuwiki内にある昇格が決定したクラブの項目はもれなく独立する。
    • JFLへの降格が始まったらどうするんだろう。2011年時点で残り2枠……。
  23. 初期の頃、高額金で世界のスターを引っ張ってきた。韓国のメディアなどからはJリーグをもじって、「キョンジェリーグ」(=「経済リーグ」)などとヤユされていたのも、今は昔。
  24. 2012年度からJ2の3位の枠をめぐって、3位~6位のチームの間でクライマックスシリーズが開催されることになった。
    • いきなり初年度から6位のチームが下剋上を起こし昇格してしまった。
    • 欧州諸国のリーグでやってることを輸入しただけだが。
    • 2012年のプレーオフ導入以降、プレーオフでJ1昇格を決定したチームの1年でのJ2降格が続いている。
  25. ついにJ3創設。10~12チームを目処に2014年シーズンから開始。
  26. 「オリジナル10」と呼ばれるクラブのどこかが毎年のようにタイトルを勝ち取っているからか、いまいち盛り上がりに欠けてるのは気のせい?初タイトルを勝ち取ったクラブならまだともかく…
  27. J1とJ2の入れ替えは1999年~2003年は2枠、2004年~2008年は2枠+入れ替え戦(2004年は降格なし)、2009年以降は3枠と変遷している。
    • J1・J2入れ替え戦で勝利してJ1に昇格したチームは翌年即降格はなかった一方で、2009年以降の3位及びプレーオフ勝利チームは即降格しているので、入れ替え戦はふるいとしてちょうどよかったという意見もある。
    • 一方でJ2で優勝して昇格したチームは1999年に優勝した川崎フロンターレを除いてすべて翌年は残留している。
      • え?2006年横浜FC、2007年コンサドーレ札幌は翌年即降格だったけど?
    • J2で2位だったチームは、入れ替え3枠固定となった2009年以降は奇数年に昇格したチームは残留、偶数年は降格となっている模様。
  28. 日本の端だからと札幌や琉球は移動が大変だと思われがちだが、飛行機や新幹線で赴くことができない草津や甲府の方が不便という罠。
  29. 現在は明治安田生命が冠スポンサー。

Jリーグカップ[編集]

  1. ヤマザキナビスコが冠スポンサー。通称、菓子杯。
    • 「ナビスコカップ」と呼ばれても、「ヤマザキナビスコカップ」と呼ばれることはほとんどない。
    • ヤマザキがナビスコブランドを手放すことが決定したので、「ナビスコカップ」の名称は2016年で最後になるのが濃厚。
      • 社名変更してもスポンサーは継続したため、後継会社の主力製品の名前を冠した「YBCルヴァンカップ」に変更されました。
  2. 開催理由
    1. リーグ戦と天皇杯(国内正式カップ戦)の時期の微調整。
    2. 各クラブの経営上、試合数を増やし売り上げ確保。等というありえない理由で毎年行われてきた。
      • 「ありえない」理由かなぁ?
      • 1995年だけは日程の都合上行わなかった。
    3. 国際Aマッチ開催中の代表外の選手のプレー場とスタジアムの収入確保。
  3. 1995年にはフジテレビ系列深夜番組「北野ファンクラブ」にてビートたけしが「ナビスコってあの歯に引っ付くやつだろ」とJリーグカップを揶揄して高田文夫にコメントしている。
  4. NHKは当初、放送では「Jリーグカップ」としか表現しなかった。
    • 近年は「ナビスコカップ」とも言ってる模様。
  5. 第89回天皇杯にて、2009年のナビスコカップ決勝で戦った二つのクラブが、その年にJ2優勝したクラブに敗れている。
  6. 2004年以降の優勝チームはガンバ大阪以外は降格の憂き目に・・・。
    • さらに、2006年以降は清水エスパルスに勝ったチームがなぜか翌年降格に・・・。
      • いろいろと「呪い」が多い。
        • だが公式にもなった前田の呪いほど知られてない。
    • 2010年優勝のジュビロ磐田だけは「ナビスコの呪い」から逃れることができた
      • 今になってガンバ大阪がその呪い炸裂中!
        • とうとうジュビロまで。
    • 2014年現在は鹿島(2012年優勝・相手清水)が唯一ナビスコの呪いから逃れている。しかし呪いが炸裂するのも時間の問題だろうか…
    • 2008年優勝の大分トリニータはついにJ3降格。2016年はJ3に元J1クラブでかつ三大タイトルを獲得したクラブにいるという…
  7. その年ACLに出るチームはグループリーグ免除で決勝トーナメントから登場。
    • ACL組は1回戦を突破すれば最低でも2000万円もらえるので非常においしかったり・・・。
  8. J2のチームにも出場してほしいという提案があったらしい。しかし、試合日程が減るからと難色を示され、断念した。
    • 正確には、J2ができた1999年から2001年までの3年間は出場していた。出場しなくなったのは2002年以降。その後改めてJ2のチームの出場も検討されたけど、結局いまだにJ2の参加は再開せず。
    • また、J2がなかった頃は旧JFL所属のJリーグ準会員チームが出場していた。
    • 2018年から前年のJ1 16位、17位で降格したJ2のチームが出場できることになった。
  9. 「同一冠スポンサーによる最長のカップ戦」としてギネスブックに登録された。
  10. スポンサーの『ヤマザキ』が『ナビスコ』とのライセンス契約が2016年08月31日をもって満了。『ヤマザキビスケット』に社名変更するとか…さて、どうなる?
    • YBCルヴァンカップに変わった。なんか洋風に変わったような。あ、これ上にもあったな。
  11. 21歳以下の選手を1名はスタメンに起用しないといけない。
  12. 2009年から2017年まで続いてた7チームによる1回総当たりのグループリーグといういびつな方式がようやく変わった。
    • J2のチームを入れて数合わせ。
  13. 優勝クラブは翌年、南米王者と対戦する。

Jリーグユース選手権大会[編集]

ウィキペディア認定

  1. 大会名とは裏腹に、Jクラブ以外のクラブのユースチームも出られる(三菱養和SCとか)。また、主催に日本サッカー協会、共催に日本クラブユースサッカー連盟が名を連ねる。
    • なお、クラブユースにおける、三大大会の一つに数えられる。
  2. 予選ラウンドはJクラブチーム同士とJクラブ以外のチーム同士に分けられる。なお、決勝ラウンドに進出できる枠は20だが、うちJクラブ以外のチーム同士の予選からはたった4と圧倒的に少ない。

JSLの噂[編集]

  1. Jリーグの前身。正式名称は「日本サッカーリーグ」。
    • 同時にその下部であるジャパンフットボールリーグ(旧JFL)の前身でもある。つまり、JSL再編で出来たのがこの2つ。
      • そして旧JFLを再編して出来たのが、Jリーグ2部とその下部で現在のJFLである日本フットボールリーグである。
  2. 現在の日本の(男子)サッカー界におけるリーグのピラミッドの原型は、この頃に完成されていた。
    • JSL(1部←2部)←地域リーグ←都道府県リーグ(←市町村リーグ)
  3. JSLについて大抵連想されるのが、釜本邦茂と、読売クラブ日産自動車の試合が「黄金カード」と呼ばれたことぐらい。
  4. 三菱重工(→三菱自動車)日立製作所本社古河電工はJSL時代、協会に強い影響力を持っていたため、そろって「丸の内御三家」と呼ばれていた。
  5. その昔はサッカー中継と言えば高校サッカーとこれの中継くらい。今とは比べられないほど荒れたグランドコンディション、観衆がせいぜい500人、日曜の午後にまったりとNHKが中継、など当時を懐かしむファンもいる。




関連記事