J3リーグ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

Jリーグ > J3リーグ

明治安田生命 J3リーグの噂[編集]

  1. 意外にも早くできた3部リーグ。
  2. 大人の事情で「Jリーグ ディビジョン3」ではなく「J3リーグ」になった。
    • ロゴもJ1、J2とは別のものが作られた。
    • 2015年に「J1リーグ」と「J2リーグ」が正式名称になるよう変更されたので、リーグ名の違いはなくなった。
  3. 初年度クラブ数は11(+ U22選抜)だが、そのうち「J3オリジナル11」と呼ばれるようになるんだろうか。
  4. 2016年からG大阪C大阪FC東京のセカンドチームが参入する予定。
  5. J2からここへ降格したクラブは復帰まで最低3年を要すると言われている。
    • 2016年、大分の優勝によって打ち破られた。
  6. 2015年までは外国人枠がJ1・J2と異なり2+1(東南アジアのJリーグが提携している国の選手)枠だったけど、2016年からは同じになった。ちなみに入れ替え戦の時はホームチームのリーグのルールに合わせていた。
  7. このリーグに属したら、天皇杯予選はそれぞれのクラブが属する各都道府県予選から参加する事になる。
  8. 意外と新規参入クラブ数が多いため、J3が20or22クラブに達したら、早々にJ4リーグかJFLが1部・2部制になるのでは?と言う見解もある。

クラブ別の噂[編集]

グルージャ盛岡[編集]

  1. トラブルが尽きない。
    • ここと喧嘩別れして出来たのが「FCガンジュ岩手」で、さらにガンジュと喧嘩別れして「アンソメット岩手・八幡平」ができた。どんだけ分裂すんねんorz
      • 沖縄かりゆしFCFC琉球の関係より酷いな。w
        • グルージャのゴール裏は『心ひとつに』という横断幕を掲げているが、この一連の流れを知っていると乾いた笑いしか出てこない。
      • アンソメットは活動休止。当時の監督が詐欺容疑で逮捕されました。
  2. 名称が某国に似ているので、その国の選手を獲得したりして…。
  3. 地域リーグでは安定した成績を残しているものの、決勝大会で負けて昇格を逃し続けている。まるで隣県のJクラブのようだ。
    • 2010年は決勝ラウンドまであと1点足りなかった…。
    • 2013年、ついに決勝ラウンド進出を決める。
      • その甲斐あってか、J3クラブ唯一の地域リーグからの飛び級昇格が認められた。
    • 2016年天皇杯では岩手出身のベガサポもこの試合ばかりはグルージャ応援に回ったそうな。
      • その試合はまさかの5-2で勝利。
  4. 下部組織のイストリアが2010年未明に解散。
  5. グルージャホーム時の岩手県営運動公園陸上競技場は魔境である。
    • 荒れた芝に加え、審判の謎裁定が発生する。それも1回や2回で済めば御の字のレベルで。
  6. 2016年に明治大学サッカー部でインテル長友らを輩出させた監督が就任。
  7. 1STチームカラーは白であると主張している。
    • 当初は南部鉄器を表す黒にするつもりであったが、諸事情で白にした。
  8. 東北リーグからJFLを経ずにJ3リーグに加盟したので、Jリーグのクラブ(前身含む)ではU-23を除いて唯一Jの門番であるHonda FCとの対戦経験がなかった。
    • 2016年の天皇杯で初対戦したが、門番と呼ばれるクラブの壁は厚く敗北した。

ブラウブリッツ秋田[編集]

  1. 正式名称はTDKサッカー部だが、現在はプロ契約の選手も多く加入している。
    • 2009年までは。
      • 今はプロ契約の選手いないの?
  2. 現在J加盟されていないチームでは数少ない、旧JSLを経験しているチームである。
    • 前身チームの実績と歴史だけで見ればJ3では圧倒的に名門なんだよね。
  3. 地域決勝リーグで優勝するも、昇格後は伸び悩んでいる。
  4. 天皇杯でコンサドーレ札幌に勝ったのがきっかけで、地元のサッカー協会と市民団体からJクラブになるべく働きかけられているが、親会社自身、Jリーグ参入の意思は無いことを明らかにしており、現在においても、Jへ行くか行かぬかの境目に立たされている。
    • そしてついに物好き化を検討される。
    • Jどうこうという意図ではなく、不況の煽りを喰らって親会社が手を引く模様。
    • Jを目指すカンビアーレと合併しようかなんて話も。
    • 2010年にJに準加盟申請するそうです。
      • しないことになりますた。
    • もしかしたら水戸ホーリーホックと同じ経緯を辿るかも(カンビアーレと合併、秋田市に移転⇒カンビアーレの歴史だけ傍系扱いとなる)。
  5. 2010年より「ブラウブリッツ秋田」(「ブラウ」はドイツ語で「青」、「ブリッツ」は同じく「稲妻」の意味)に改称予定。
    • 当然だがSMAPの某曲とは無関係。
  6. 2013年2月、J準加盟の承認を得ました。
  7. 将来の夢はリーグ戦でモンテディオ山形と羽州ダービーか?
  8. 2015年はジェフユナイテッド市原・千葉時代のオシム監督の当時の通訳が監督に。
  9. 秋田のチームだけに、エンブレムに「なまはげ」が描かれている。
  10. 2016年辺りからJ2仕様以上の新しい専用スタジアム話が出ている。

福島ユナイテッドFC[編集]

  1. 2007年、Jリーグに準加盟申請したものの受理されなかった。
    • 2013年にJ3加入を狙い再び準加盟申請。
  2. 県内対立があるため、県単位のサポートは絶望的である。
    • ダブルフランチャイズにすれば。
      • 実はホームタウンは福島市のみ。伊達市郡と二本松は普通に入れられる気がするのだが。
        • 2017年5月から会津若松市をホームタウンに追加。
          • これでサポーターの山口に対する感情は(ry
      • 一応、エンブレムには県の全体図が書かれている。
  3. 東北リーグ1部昇格でかなり評価が変わった。郡山市偏向メディアのFCTとKFBでも取り上げられるという快挙。
  4. 2009年第89回天皇杯にて、J2首位のセレッソ大阪を倒した。
  5. 現時点での県北は圧倒的にJ1仙台のファンが多数となっている。仮にJFL・J2に上がったとしてもフランチャイズの場所次第ではあまり人気が出ないかも…
    • 県北人だけどベガルタが話題になっている場面に出くわしたことがない。
      • 萬代がいた時くらいだろう。
    • まあ無理なら二本松にスタを作れば良い。
  6. 2012年の地決では決勝ラウンド2位でJFLへの昇格が決定。
  7. 監督が現役時代に所属していたためか湘南との関係が深い。
    • むしろ、監督の前歴とか恐らく関係なしに湘南と公式に提携を結んでいる。
    • その縁でベルマーレのホームスタジアムで主催試合を行った事がある。
    • 2017年から監督している田坂氏も現役時代は元ベルマーレか。
  8. 2014年のホーム・ガイナーレ鳥取戦でリーグ史上最少観客動員数(504人)を記録してしまった…。
  9. J3昇格後は、専用スタジアムを福島市内につくる話もある。
  10. 試合中継のFMポコの実況と解説がフリーダム。九州はどうやら月より遠いらしい。

栃木サッカークラブ[編集]

栃木サッカークラブ

横浜スポーツ&カルチャークラブ[編集]

  1. 当時の全日空横浜クラブを退団した選手が「横浜サッカー&カルチャークラブ」として設立。
  2. NPO法人である。
  3. 愛称は「NPO Y.S.C.C.」。
    • 今後は「横浜SCC」という表記が増えそう。
    • Jリーグでの呼称が「Y.S.C.C.横浜」になりました。
  4. さまざまなスポーツがある。
  5. JFL昇格を目指してる。
    • 地域リーグ決勝大会2年連続で決勝ラウンド進出…タフなチームだ。
    • 2011年、3度目の正直でついにJFL行きが決まる。
  6. 2015年、J3創設から2年連続リーグ最下位を喫した。沼津と入れ替えた方が良いと言う声も。
    • 2016年で3年連続です。沼津も2017年にJに来ます。

S.C.相模原[編集]

  1. 将来のJリーグ参加を目指しているだけあってか、このカテゴリにおいてはメンツが豪華である。
    • 公式サイトからして、気合の入り方が凄いと感じられる。
    • 2008年創設からJ3発足した2014年までトントン拍子でステップアップしたは良いが、J2までの道のりがスタジアムの仕様問題などで意外と遠い…。
  2. 周囲から「お隣のチームと合併しちゃえよ」というジョークが飛んでくることもしばしある。
    • 逆にいえばそんなことを言われるくらいに市民には相手にされていない、というか存在を知られていないチームということでもある。
  3. 県1部所属で早くもJリーグ準加盟申請。全社経由で一気にJFL昇格を目論んでいるようだが、他チームのサポから「地域リーグ舐めんな」「全社舐めんな」「地域決勝舐めんな」と早くも言われている。
    • 結局、準会員に。
    • さらには優遇措置で地域決勝に進出決定。ただ全社枠で出場できるくらいの実力は持ち合わせているようだ(準決勝敗退だが決勝進出両チームが各地域リーグ1位で既に出場権を得ているため4位まで繰り上げされる)。
      • しかし、2010年の地域決勝で90分負け以外なら決勝ラウンド進出という状況の3日目、2点先制したにも関わらずその後逆転され、1次リーグ敗退となってしまった。
        • 2011年度をもって地域決勝の優遇措置が廃止。2011年は決勝ラウンドまでは行くも4位でJFL入りを逃す。3位に入れば自動昇格だったのに(山雅と町田がJ2昇格、ジェフリザーブス脱退で3枠空くから)
          • 優遇措置は2011年度をもって廃止だが、全社ルートがあるので飛び級でJFLというのが消滅したわけでない。
          • そんな状況だったのだが、2011年に関東2部を制覇し関東1部へ昇格。これで2012年は関東1部優勝で地域決勝進出という普通のルートも使えることに。
          • 決勝リーグでは全敗。最終戦に勝利していればJFLだったのだが。あるいはアルテ高崎がもう少し早く解散を決めていれば4位も昇格可能だったのだが。
    • 関東リーグ昇格をかけた関東社会人大会でも決勝でPK負けしてしまい入れ替え戦に回ったが、延長戦の末どうにか勝って関東2部昇格をもぎ取った。
  4. 代表はサッカー元日本代表・望月重良。
    • 2011年5月からは監督も兼任。
  5. 2012年は圧倒的な成績で関東1部優勝を決めた。
    • 地決は1次ラウンドは2位だったものの2位3チーム中最上位で決勝ラウンドに滑り込み、決勝ラウンドは3戦全勝(しかもすべて90分)でついにJFL昇格を果たす。
  6. FC町田ゼルビアとはライバル?
    • 「境川ダービー」というダービー戦がある。
    • 今は相武決戦と呼ばれている。町田ゼルビアは武相決戦と呼ぶ。
      • 相武と言っても某女優とは無関係である。
  7. 元代表の高原直泰が期限付き移籍で加入。
    • 地域リーグに移籍した代わりに今度は川口能活がやってきた。
  8. ホーム・ギオンスタジアムに照明がないため、2015年4月現在はJ2ライセンスがない。
    • それ以外にも設備を改修しなければならないところがあって、予算60億~70億円を要するとされている。
      • それだけ莫大な予算で改修するより、返還予定の米軍基地内にJ2仕様以上の新スタ建設した方が安上がりかも知れん。
  9. 2016年、あの元ロッテの応援団を仕切っていたジントシオが応援ソングを作った。

AC長野パルセイロ[編集]

  1. 監督が超有名人。
    • その人は、ジョホールバル(1997年11月16日・日本vsイラン)でのイラン代表監督だった。
      • その名は「バルディエール・バドゥ・ビエイラ」。
        • 2009年シーズンをもって退団しました。
        • 2014年から京都サンガF.C.の監督になりました。
    • 現在は徳島ヴォルティスで監督務めた美濃部直彦氏
      • 2015年半ばで体調不良により辞任されました。
      • 2017年からはGMです。
    • 2016年現在は三浦文丈氏が監督。
  2. 将来的にJリーグ入りを目指している。
  3. 胸スポンサーは、紳士服のAOKI。
    • 2017年現在はホクト(おいしいキノコでおなじみの)。
  4. 2008年は、地域リーグ決勝に進んだが、届かず。
    • 全社とかで圧倒的だったのにな…。
    • そのため胸スポンサーのAOKIが手を引いてしまい2009年冬の時点で空席。
  5. 最大のライバルはもちろん松本
    • ついに先を越されてしまった。
      • 2010年追撃なるか。
        • 追撃したものの、2012年から再び先に行ってしまった。但し、2011年の成績自体はこちらが上だった。なんと言う皮肉…。
    • 南長野のスタジアム拡張とかして、パルセイロも準会員になってくれれば…。
      • 準加盟申請手続きを始める模様。ただし、スタジアムが改修されないことには・・・。
        • 2013年半ばより南長野が改修工事されている。その間は佐久市のスタジアムを間借り。
          • 2015年3月に改修完了。J1サポも羨む球技専用スタジアムに。
          • 構造としてはアウェイゴール裏以外2層式と言う、メインまたはバックから見れば完全非対称なつくりになっている。
            • それが由来で、名称も「長野Uスタジアム」に。
          • その年の5月下旬にはなでしこジャパンのW杯カナダ大会の壮行試合も行われた事がある。
          • 改修期間中は意地でも一切、アルウィンをホームとして使用しなかったと言うのが…(笑)
      • 拡張が早まって松本より先にJ2昇格していれば、立場逆転していたのではないのかと…。
    • 成績自体は上でも直接対決ではなかなか勝てないし…。
    • J3が出来た年にJ1昇格を松本に決められてしまった。
      • その翌年にJ2降格した松本を迎えられなかった。
    • 2011年以来のダービーはいつになるのやら…。
  6. なでしこのチームを傘下に。あっちのほうが上に見える・・・。
  7. ついに準加盟申請が通ったが・・・スタジアムの改修が終わるのが2016年。J2への道はまだまだ厳しい・・・。
    • 2016年までの門番。そこまでモチベーションを維持できるかはお役所の頑張り次第。
      • モチベーションもそうだが、戦力も維持できるかが懸念される。
    • J3設立により、図らずもJ2への道が近くなる可能性が…。
    • ただ、解決すべきはスタジアムとライセンス問題くらいで、下手したらJ2ボトムズよりは強いのではないかと言う見方もある。
  8. 2012年の天皇杯でコンサドーレ札幌に勝利。ただ、誰もがジャイアントキリングとは認めず、長野の順当勝ちと評価されるに至る。
    • 2013年は名古屋グランパスに2-0で勝利。これは流石にジャイアントキリングだろう。元々は南隣のサッカークラブのお家芸だったが…。
      • 2016年に名古屋と再戦し、またしても勝利。ただ相手の迷走もあり数年前と違ってジャイアントキリングとは言い難いかも…。
        • 迷走と言えど、相手にしてみればオグランパス終了して更生し始めたばかりだったから…。
        • なお、2度の対戦とも同じ会場(名古屋市港サッカー場)で開催された。
  9. 2014年リーグ開幕戦は長野から200㎞以上離れた東京・西が丘で開催された。にもかかわらず、入場者数が4312人だったので仮にも東京をホームにしている普段のヴェルディのホームゲームより入っていたと言う声も…。
    • 開幕発表時点で何処でやるのか未定というのが笑えた。
      • 県内は雪国で知られ、間借りしている佐久では雪の影響が懸念されたので、止む無く西が丘になったっぽい。
  10. 2016年でJ2ライセンス持っているJ2未経験クラブはここだけ。他のJ2ライセンス所持クラブは皆J2経験者。
  11. 元スイス代表のゴールキーパーが来た
  12. 2014年は入れ替え戦で敗れ、2015年は3位に終わり、昇格争いに絡むもあと一歩の所で昇格を逃している。この状況が何度も続くと「J3のけさ位」呼ばわりされそう…。
    • このままでは、戦力維持が覚束なくなる…。
      • 2016年も3位フィニッシュ。やっぱりJ3のけさ位だった…
    • 年間予算はJ2ボトムズレベル以上はあるのだが…。

カターレ富山[編集]

カターレ富山

アスルクラロ沼津[編集]

  1. 人間力こと元ジュビロ磐田監督・山本昌邦氏の実弟がクラブ代表者。
  2. まさかのゴン中山現役復帰。
    • しかし、2015年試合出場0であった。
  3. 静岡県東部のサッカー熱を上げられる存在として期待したい。
  4. J3のYS横浜よりは強いのでは?と言う指摘もある。
  5. 2015年は5位で惜しくもJ3昇格を逃した。
  6. 2016年に年間順位で3位に入り、ついにJ3昇格を決定。
    • 意外と速かったね。あとはJ2規格以上のスタジアムができれば…
  7. とてもじゃないが名前をすぐには覚えられない。
    • ホームスタジアムの愛鷹(あしたか)広域公園多目的競技場も同じく。
  8. 既存のJクラブではサポーターは清水エスパルスとの掛け持ちが多いと思われるが、クラブ自体はジュビロ磐田との結びつきの方が強い。
  9. J3加入1年目にしては結構強い…!

藤枝MYFC[編集]

  1. 藤枝ネルソンCFを母体に立ち上げたチーム。サッカー育成コミュニティサイトのMYFCが運営する。
  2. 2009年は県1部をブッチギリで優勝した筈なのに、他の試合での審判の派遣をすっぽかしたため5つ順位降格のペナルティを食らってしまったので、もう1年県リーグでやることになってしまった。
    • が、静岡FCと統合し、めでたく(?)昇格決定。
    • ここは運営方針や戦術方針をネット上で投票して決める形を取っているが、何の前触れもなく統合が決まったため、相模原と同じく「地域リーグ舐めんな」と言われだしている。
    • しかも公式リリースでは県1部のチーム(旧藤枝ネルソン?)を捨てる気満々とも受け取れる文面が見受けられる。
  3. 2010年はリーグ優勝をはたしたものの、地域決勝は1次リーグ敗退。旧静岡FCのDNAは見事に受け継がれたようだ。
  4. 2011年、地域決勝大会決勝トーナメント2位でついにJFL行きが決定。
  5. J3入りしてからはたまにエコパを使用する事があるが、ヴェルディ主催の味の素スタジアムでの公式試合でもビックリの空席数や空席率を誇る(?)事がある。
  6. 2015年、天皇杯でJ1の清水エスパルスを倒したが、相手が降格まっしぐらなチーム事情のため「ジャイキリ」かどうかファンの間でも微妙な評価だったりする。
  7. 2017年、GK不足のためGKコーチのシジマール氏も登録された。
    • しかし、出番ないまま登録抹消された。出番があれば、「カズ超え」していたところだった。
旧静岡FC
  1. 本拠地は静岡市。
  2. カズの父が設立した。

ガイナーレ鳥取[編集]

ガイナーレ鳥取

ギラヴァンツ北九州[編集]

ギラヴァンツ北九州

鹿児島ユナイテッドFC[編集]

鹿児島ユナイテッドFC

FC琉球[編集]

  1. 元々は別のチームが分裂して発足されたクラブ。
    • 別のチームとは沖縄かりゆしFCのこと。現場とフロントの意見対立が分裂の原因らしい。
      • あのラモス瑠偉も対立に絡んでいた。
  2. Jリーグ入りも目指しているようだが、いかんせんそれに合うスタジアムがない。
    • 地元自治体が協力して「スタジアムをJリーグ規格に改修する」といったニュースすら聞かれない。
      • 沖縄市の県総合陸上競技場の改修によりJ2ライセンス規格のホームを確保済。
        • ナイトゲームは出来る様なのだが…。
      • 一方で、奥武山野球場が3万人収容に改修中・・・。(´・ω・`)
        • ネーミングライツで「沖縄セルラースタジアム」に。
      • もしJに昇格しても対戦相手からは嫌がられそう(沖縄までの移動費や夏の暑さとかで・・・)。
  3. あのトルシエが総監督。
  4. 日本初のプロハンドボールクラブ「琉球コラソン」の元母体でもある。
  5. 2009年シーズンの胸スポンサーがニコニコ動画って……本気?
    • 袖スポンサーはプジョーに決定。
    • 2010年からは背中のスポンサーに。しかし、ニコニコ動画と書かれたユニフォームを見るとなんかシュールww
  6. このチームのマスコットがおそらく日本最強。
    • 「ちょっちゅねぇ」と言って欲しい私は他サポw
      • Jリーグ昇格を機に惜しまれながら退団。2016年時、マスコットは空位の状態。
  7. チームカラーはベンガラ色。但し、ある年だけユニフォームカラーが水色だったことがある。
  8. チームのシンボルマークは、沖縄らしく「シーサー」をデザイン。
  9. 結成当時のユニホームは、どこにでもある500円のTシャツにガムテープで背番号を付けただけの簡単なものだったらしい。

JクラブU-23[編集]

  1. JリーグU-22選抜に変わるクラブによるU-23のチームで、2016年から開始。
    • 初年度となる2016年はガンバ大阪、セレッソ大阪そしてFC東京のU-23チームが参加することに。
      • どのクラブもU-23とは名ばかりで、24歳以上でトップチームの主力になり切れていない選手も出場できる。
  2. スタメンに年寄りが並ぶ。
    • 逆に、年代別代表に選手が招集され欠員が生じたため、ユース生が出場することも。

関連項目[編集]





関連記事

スポンサーリンク