JCB

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 日本にクレジットカードを広めた立役者。
    • 海外ではここのカードを持っていると、日本語対応をしてくれるので便利ではある。使用できる店は多いとはいえないが。
      • 日本人が行きそうな場所の、日本人が行きそうな店なら、絶対使える。
        • で、「JCB使えます」と日本語で書かれたステッカーが貼られてる(トロントで見た)
      • ベタな旅行ガイドブックは、このカードが使える店しか紹介していない。
    • またフレックスリボやICチップなど、新たな制度・サービスの普及に際してはここが貢献していることも多い。
  2. 三和と日本信販の提携で生まれたのだが…
  3. VISAMasterと違ってカードの単独発行を行っている。
  4. 富士銀行住友銀行とは仲が悪く、口座引落しに協力してもらえなかった。
    • 後者はVISAの代表格だから仕方ないとはいえ。ちなみに前者はダイナース担当。
    • 三井住友グループのJCB発行部門は三井住友カードに取り込まれずにさくらカードがしぶとく残っている状態である。
      • 一方MUFGの東京カード(旧東京銀行系)は三井住友率いるVISAジャパンの一員だが、これも三菱UFJニコスとかJCBに統合されず細々と生き残ってる。
    • ポストペイでもQUICpayを開発。三井住友が推すiDや三菱UFJが推すVisa Touchに対抗している。
  5. 案外知られていないが、カードにてりそな銀行にある外貨取扱店で外貨を買うことが出来るブランドでもある。
    • 金券扱いではないのでポイントも普通に付く。
  6. アメリカ系4ブランドがひしめく所に突っ込んだ日本発の国際ブランドであり、サムライカードと呼ばれた事もある。
    • また無謀な挑戦だとして、「ドンキホーテカード」とか「カミカゼカード」と揶揄されたこともある。
    • そしてJCBに続き、今度は中国系の中國銀聯(UnionPay)が参入してきて、6大ブランドになろうとしている。
      • アメリカ系ブランドからさらにDiscover Cardが参入。7大ブランドになる可能性も。
  7. TDRのスポンサーとしても著名。
    • 園内の店では、やたら表記が大きすぎるJCBしか使用できないと勘違いしている人もたまにいるらしい。
      • 昔は本当にJCBしか使えませんでした。
    • 「東京ディズニーランドで、JCBしよう!」
  8. ビザやマスターカードが使えてもJCBが使えない店を最近見かけるようになった。
    • 名駅とかにそういう売店がちらほらと。日本勢のプライドは捨てたのか?
    • 三菱UFJ系のシステムを入れてカード対応にしたためと推測できる。VISAとマスターのほかにNICOSやDCのマークも張ってあったから。
    • 加盟店の手数料がVISAなどと比べて高く、それが取り残される一原因ともなっているらしい。
    • 通販でも見かけることが。
  9. 結構、「JTBカード」って間違う人が多いらしい。
    • 肝心のJTBが提携発行するJTB旅カードは国際ブランドの選択肢がVISA・Masterだけなのに……ゴールドはJCBだけど。
  10. 遂にデビットカードが始まった。楽天銀行のそれは1%還元で並クレカのものより高く注目に値する。
    • 一方でJCBプリカ(プレモ)はVISAやMasterCardのそれとおなじ感覚で買ってしまうと痛い目にあう。
      • それとは別に、ローソン(おサイフPonta)やコメリなどでVM同様にクレカ加盟店で使えるプリペイドも発行開始。
        • ただし、なぜか海外での利用には対応していない。しかもなぜか海外通販では使えたりする。
  11. 「Japan Credit Beurau」の略でJCBなのだが、略さない名称を知っている人はそこまでいないような気が。



関連記事

スポンサーリンク