JR列車/ま~わ行

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

JR列車 > ま~わ行

連絡事項あり
このページのご投稿「同一区間で列車愛称が異なる列車の扱い」などに関して、管理者よりご連絡させていただきたいことがあります。
投稿者の方はトーク:JR列車をご参照ください。
  • 便宜上、国鉄時代の列車も含めます。

分割済み[編集]

[編集]

まいづる[編集]

  1. ガラガラなのではない。指定席と自由席の配分を間違えてるだけだ!
    • 2両ある指定席車は客疎らだが、1両しかない自由席車は窓側の席が埋まっていることも多い。
  2. 全区間単独走行する列車は1つもない。
  3. 舞鶴線内では進行方向が逆になる。

舞鶴リレー号[編集]

#リレー号を参照。

まつかぜ[編集]

(初代)大阪~博多など
  1. 大阪~博多間を、福知山・山陰本線経由(!)で半日以上かけて走り抜いていた。
    • しかも堂々たる13両編成(鳥取までだけど)、食堂車付き。まさに「山陰の王者」だった。
(2代)鳥取~益田など
  1. 初代とは似ても似つかぬ、2両編成のローカル特急。
  2. 一応、運行区間は初代の半分くらいは再現している。
  3. 正直「(スーパー)くにびき」のままでよかったと思うのだが…
    • おきの区間便でもいい気がする。
  4. 流石に走りっぷりだけは初代を超えている。
    • キハ187系の大出力&振り子式にモノを言わせ、山陰西部のクネクネした海岸沿いの線路をぶっ飛ばす。時として怖いくらいのスピード感を味わえる。

まつしま[編集]

  1. 列車愛称とは裏腹に全列車仙台発着だった。
    • ヒント:車両基地
  2. 一部の列車は福島から普通列車になるものもあった。

まほろば[編集]

  1. 奈良県内を走ったJR特急。
    • 2010年の平城遷都1300年イベントの際に新大阪~奈良を梅田貨物線・大阪環状線・大和路線経由で走った。
  2. やはり距離が短すぎるのと、近鉄というライバルがいるので利用客が低迷しそれ以後の運行はなかったが2019年秋におおさか東線経由でまさかの復活を果たす。
    • 恐らく新幹線からの乗継客(特に山陽方面)をメインターゲットにしてると思われる。

マリンドリーム・むさしのドリーム[編集]

  1. 京葉線を走っている快速のうち、東京駅まで開業した1990年から2002年頃まで土休日の運行に付いていた。
    • 当時は平日と土休日で停車駅が微妙に違っていたため、このような愛称が付いた。
  2. 武蔵野線へ行ってたのは「むさしのドリーム」と呼ばれていた。
  3. 山手線から中古車が来た頃に自然消滅。

[編集]

みえ[編集]

キハ65時代のヘッドマーク
  1. JR東海が近鉄特急に対抗して作られた快速。
  2. 紀伊勝浦に向かう列車もあった。
  3. 津~四日市間は伊勢鉄道を経由するが、亀山周りに迂回したことがある。
  4. JR東海の赤字の原因の半分はこの列車のせい。

みささ[編集]

  1. 大阪から姫新因美線経由で鳥取まで行っていた急行。
  2. 「みさき」に空目されがちだった。
    • 由来は三朝温泉からだが、読めないからと平仮名にしたらかえって何のことか分かりにくくなった。
  3. そのくせ三朝温泉の玄関口には届いていないという、詐欺のような名前だった。
    • もっとも倉吉発着だった時代もあるにはある。
  4. 「みまさか」と併結運転だった。
    • 分割併合は東津山でなく津山駅で行っていた。東津山~津山間をムダに往復なんてしてるから…
  5. 民営化後2年持たずに廃止…
    • 当時はまだバブル真っ盛り、西日本含め各JRが増量改正の嵐だった夢のような時代に消えていった珍しい列車。

みすず[編集]

  1. 名前の由来は、「信濃」に対する枕詞から。
    • 同様に枕詞を採用した列車名としては、「やくも」がある。
    • なので本来特急に使ってもいい位の名前なのだが、長野県では何故か特急の方が「しなの」「あさま」「あずさ」と地名を使いたがる(昔ならNGなのに)…
  2. 改正の度に停車駅が増えていく…もはや快速というより一部駅を通過する普通列車。
  3. 「みみず」と揶揄されている。
  4. みすゞ。
  5. 飯田方面のほかに小淵沢方面へ向かう車両が連結されていた。
  6. かつては1往復だけ313系が運用に入っててしかも転換クロスシートだった。
  7. JR東海の快速には珍しく、全車自由席で列車愛称がある。

三井グリーンランド号[編集]

JR列車/さ行#スペースワールド号・三井グリーンランド号を参照。

ミッドナイトEXP高松・ミッドナイトEXP松山[編集]

  1. 2002年から運行を開始した特急。
    • もとは回送列車だったが、「回送するぐらいなら、客を乗せちゃえ!」ということで旅客列車化。
  2. 「ミッドナイトエクスプレス」ではない。EXPが正式名。
    • アルファベットが入った初めての愛称名らしい。
  3. 両方とも最終の特急列車になるので、利用客はそこそこいるらしい。
    • 高松は多度津、松山は伊予北条以遠は最終列車になる。
  4. 停車駅は、多い方のいしづちと同じ。要するに、詫間や高瀬にも止まる。(モーニングも同様。)
  5. 土曜日の高松には2000系が入る。しおかぜ・いしづちが全て松山止まりになった今旅客列車で予讃線多度津-伊予西条を走る2000系はこれと日曜日の「モーニングEXP高松」のみ。

みどりハウステンボス[編集]

多階層の極み
当初のイラスト入りHM
  1. 一時期885系が使用された。885系のみどりは「白いみどり」。
    • 更にその昔は、"MIDORI Express"とロゴの入った赤一色の車輌が使われていた。看板に偽りありを地でやっていた。
      • 世に言う「赤いみどり」塗装
        • 今で言うならきりしま&ひゅうが塗装が相応しい。
          • ちなみに特急きりしまは緑一色。
            • なんで「みどり」の頃から緑色にしなかったんだろう?
        • 東洋水産かよww
    • 白いみどりはあくまでも臨時列車だったので、定期列車になったときにハイパーサルーンに型落ち
    • 実際に利用する人からはどうでもよく思われてる
  2. そもそも何で佐世保に行く特急が「みどり」なんだろう。
    • ハウステンボス(Huis Ten Bosch)とはオランダ語で「森の家」という意味からグリーン=みどりでは?
      • おいおい、「みどり」の名が列車名としてはじめて使われたのはハウステンボスどころか新幹線も開業してない1961年。現行のスタイルの特急列車になったのも1976年だぞ。「太陽と緑の国」と呼ばれる九州にちなむ、とか。
    • 佐世保市が地元の観光名所「九十九島」に改称してもらおうと目論んで署名活動などやったそうだが今まで音沙汰なし。漢字四文字ではさすがに、ねぇ…。
      • 「海千山千」の立場は…
        • 「海幸山幸」ですね。
    • そこで、弓張の復活ですよ....
      • ウオォオオー、あのディーゼル急行。田代にも停まる、あの名列車をご存知とは!
        • 佐世保線大町にも停車していたみたいです。
    • もう「バーガー」「ジャパネット」でいいじゃん。
      • なんとあの「みどり」につかわれた485系がボンネットも付けてなんと○○万円、○○万円での御提供です!
      • ジャパネットたかたのテレショップでみどりが見切れているときがある。
  3. 九州新幹線長崎ルートが開業すると、同時に長崎本線が軌道整備され、130Km運転可能になり、みどり・ハウステンボス車両も新型に置き換わるという。
    • 今度は「白いハウステンボス」ってか?
    • 白いみどりもな
    • その前に、「つばめ」車両じゃない?
      • それだったら「黒いみどり」になるのかな?
        • 実際九州新幹線長崎ルート開業により「黒いみどり」ができた。しかも8or6両編成
    • まさか...専用塗装車ができるとか...
    • それだったら787系の切妻先頭車化改造車がでるのでは...
  4. 昭和50年代からJR九州に変わる頃まで特急「みどり」の4両編成は国鉄・JRの特急として最短編成であった。
    • 今は、九州横断特急などで走っている2両の特急がJR最短。話はそれるが、北海道には昔1両の急行があったらしい。
      • 急行「大雪」。旭川~名寄を名寄本線経由で結んでいた。
  5. 「ハウステンボス」は観光特急だ
    • みどりと併結しているが、色が派手なのでみどりが地味に見える。
      • 485系時代はもっと派手だった。今は「K&H」がそんな感じ。
        • 登場時は赤一色だったがね。
      • 側面が赤・青・黄のブロック塗装。信号じゃないんだからw
    • これのおかげで佐世保方面(といっても早岐までだが)が8両編成になり、席が確保しやすくなったので、佐世保市民は助かっている。
    • オランダ語に由来する列車愛称はJR唯一?
  6. 「ハウステンボス」の車両を連結したまま、「みどり」として佐世保まで8両編成で走ることがある。
    • しかし、その「ハウステンボス」仕様の4両を早岐で切り離すことがあるらしい。
      • 普通、途中の駅で切り離される車両は編成の後ろになるが、この場合早岐行きが前で佐世保行きは後ろになるので、前の方で行き先を見て「なんでこのみどりは早岐までしか行かんとや?」と文句を言う人もたまにいるらしい。
        • 近年のダイヤ改正で増解結がなくなりました。
  7. ハウステンボスは設定当初臨時列車扱いだった。
  8. 長崎本線ならともかく佐世保線(特に武雄温泉~佐世保間)のノロさは異常。(せいぜい60キロ程度)
    • 単線は仕方ないとしても線形悪すぎだもんなぁ・・。せめて各駅、一線スルーにすべき。
    • 平行した道路を走る車によく追い越される。
    • これでよく特急料金が取れるな。「快速」で充分じゃねぇか?
      • 臨時快速「有田陶器市号」は佐世保線内は特急と同じ停車駅です…。
    • 早岐でスイッチバックのため、特急でも必ず約5分停車するのも時間的にロスが大きい。
  9. 2018年の改正で早岐-佐世保間のみを自由席で利用する場合には特急料金が不要になった。もちろんあのきっぷでも乗れる。

水上・谷川[編集]

  1. 「すいじょう」ではない。
  2. 新幹線列車に栄転した「谷川」の代わりに名付けられた。
    • かつて同区間の急行列車に使われていた情緒ある「ゆけむり」とかでなく、誤読リスクの高い行先名を安易に名乗らせたあたり、束は既にこの列車にあまりヤル気を持っていなかったのかも。
  3. 基本「草津」と併結運転だった。
    • 分割併合は何故か分岐駅の渋川でなく新前橋駅で行っていた。
  4. 2010年に臨時列車に格下げ…。

南越後[編集]

  1. こんな列車名あったっけ?と思う人が大半ではないだろうか?
    • 名前を聞いただけでピンとくる人は相当な時刻表マニア。
  2. S60.3改正で名古屋~新潟間急行「赤倉」の区間短縮により登場。
    • 普通列車で松本まで乗り入れていたとはいえ急行としての運転区間は「とがくし」と全く同じ。何故新愛称になったのか首をひねる存在だった。
  3. JR最初の改正で「とがくし」と共に「赤倉」(2代)に改称。
    • なので意外にもJR時代を経験しているが、最も影の薄いJR列車と言えるだろう。

南三陸[編集]

  1. 仙台から気仙沼線経由で気仙沼方面への快速だった。
  2. 超閑散ダイヤだった気仙沼線に、JRになってからおっかなびっくり設定したところ、思わぬ人気列車に。
    • 最大5両まで増結され、指定席も設けられた。
    • 国鉄末期の新線ならではのムダに高規格だった気仙沼線の、スペックを生かした高速運転が人気につながった。
    • 仙台~小牛田はノンストップ運転してた。
  3. それだけに、無念なかたちで列車生命を事実上終えることに…

みのり[編集]

  1. 長野行新幹線の連絡特急?そうでしたっけ?ウフフ。
  2. 特急の失敗作。
    • 実質的な急行赤倉の格上げだったため利用者がそっぽを向いた。
  3. その結果長野新幹線開業後5年ちょっとで長野と新潟を結ぶ優等列車が消滅した。
  4. 現在は陸羽東線の観光快速としてのほうが有名。

みまさか[編集]

  1. 大阪から姫新線への急行だった。
  2. 津山まで「みささ」と併結運転だった。
    • お互い字面も音の響きもよく似た、たいへん紛らわしい組合せだった。併結区間で車両を間違って乗っちゃった人も多かったのでは?
  3. 末期は津山より先は普通列車。ということは急行列車として単独で走る区間は皆無。
  4. 「みささ」と同時に廃止されたが、中国道開通でフルボッコ状態になってから15年近く持ったのがむしろ奇跡。

みやづ[編集]

  1. 何とJRになってから新設されたキハ58系急行。
  2. ただ、同時期に運転開始した特急「エーデル丹後」に完全に人気を掻っ攫われ、存在自体空気だった。
    • 貴重になりつつあったキハ58急行としての立場も、当時はキロ連結の「丹後」が現役だったので、撮り鉄など軒並みそっちに行ってしまい殆ど見向きもされず…

妙高・信越リレー妙高[編集]

  1. 新幹線が長野どまりだった期間に長野-直江津間を結んでいた「各駅」電車。
    • 快速もあったが、止まらない駅は2~3駅のみと言うものも存在していた。
  2. 料金も所要時間も同じだが特急車両を使っていたため妙高を選んで乗っていた。
  3. 通しで乗る人よりその名のとおり妙高高原駅から乗る人が多かった(冬場)
  4. 新幹線連絡列車であった性格上、指定席が設定されたため、列車愛称がつけられた。
    • 上りと下りでは指定席車の位置が違っていた。
    • 運行開始当初の愛称は「信越リレー妙高」と新幹線連絡を強く打ち出していた。「みのり」が無くなったと同時に「妙高」に改称。
  5. 実はこの列車は2代目で初代はコチラ

みよし・みよしライナー[編集]

  1. 「みよし」の名前の通り、広島~三次間の急行列車だった。
  2. ちどり」「たいしゃく」の短縮版という印象が強いが、純粋に増発して気を吐いたこともある。
  3. 急行「みよし」が快速に格下げになって「みよしライナー」に。ヒネり無し。

むめも[編集]

むさしの・しもうさ[編集]

  1. いずれも主に東北・上越新幹線連絡を目的に武蔵野線経由で大宮まで走る普通列車
    • 「むさしの」は八王子や府中本町方面、「しもうさ」は西船橋方面への列車。
  2. 束の指定不要の快速・普通列車が軒並み愛称を取り上げられるなか、奇跡的に愛称付きのまま走り続けている。

むさしのドリーム[編集]

#マリンドリーム・むさしのドリームを参照。

むろと[編集]

  1. 徳島~牟岐の徳島県内列車。
  2. 遅い。遅すぎる!
    • もちろん所要時間&運転速度のこと。
      • 表定速度は、約55km/h。
        • 恥ずかしい・・・。
        • もはや特急ではない。
        • そもそも誕生の理由が、高速化したうずしおと一緒にされたくなかったという理由。。
    • 風が語りかけます
  3. 基本、2両編成。
  4. 停車駅は、徳島・南小松島・羽ノ浦・阿南・桑野・由岐・日和佐・牟岐
  5. 夕方には、「むろと」51・52・53・54号という、通勤特急が徳島~阿南を走る。
    • JRの定期特急列車の中では、日本一運転区間が短いらしい。
      • 臨時特急だと、高知~土佐山田の「ホームエクスプレス高知」
  6. 今のところ 午前中の設定はない
    • 2008年3月、上り1本が午前に変更され、それを含めた阿南折り返し特急の愛称が「ホームエクスプレス阿南」に変更された。
  7. 2009年3月改正で、阿波池田発のむろとが設定された。剣山4号→むろと1号になっただけだが。
    • 徳島駅での誤乗防止というのが公式の理由。
  8. 牟岐から海部行き普通になるのもある。
  9. 2019年のダイヤ改正で減便され、1往復のみの運転になった。
    • 海部行きへの化け運用も消滅。
    • 変に特急を走らせるとパターンダイヤが組みにくくなるのが理由らしい。

むろね[編集]

JR列車/さ行#スーパードラゴン・むろね・からくわ・さかりを参照。

モーニングEXP高松・モーニングEXP松山[編集]

  1. ミッドナイトの成功に気を良くして自信をもって、2014年3月のダイヤ改正から登場した列車。
    • ただし、ミッドナイトとは違ってもとからいしづちとして走っていた。
      • 特に、松山の方はもとは臨時特急の「いしづち52号」だった。
  2. 松山は(少し早いけど)通勤特急なのに、2両編成。しかも、半室指定席。

もがみがわ[編集]

  1. かつて存在した急行「もがみ」とは関係ある。
  2. 山形新幹線ができる前の、山形~新庄間の快速列車だった。
  3. つばさ」(在来線時代)の間合いで485系が使われていたことがある。

最上川[編集]

  1. かつて存在した快速「もがみがわ」とは関係ない。
  2. 陸羽西線の快速列車。
  3. 束のローカル線の快速にありがちな、利用動向と無関係に?1往復だけ走らせてる列車。

文殊[編集]

  1. 読みが同じになる施設がやらかした事故のせいで、印象が悪くなってしまった。
  2. 北近畿」の合間に設定した感じで本数が少な過ぎたうえ、観光メインの地域なのに観光向けでない時間帯に運行のため、存在感が薄かった。

や行[編集]

やくも[編集]

リニューアルされて健在な381系
  1. 特急「やくも」と言ったら「ゲロ」。
    • 2007年春にやくもがリニューアルするらしい。その名も「ゆったりやくも」。
      • だが車両は同じ。
        • イスはゆったり、走りはやっぱり。
        • ぐったりやくも
      • あと10年は381を使う気だな・・・
    • 沼垂やくも
      • 出雲市〜(山陰本線)〜伯耆大山〜(伯備線)〜倉敷〜(山陽本線・東海道本線)〜山科〜(湖西線)〜近江塩津〜(北陸本線信越本線)〜新潟 ですね、わかります。
        • ちなみに今のやくもの車両でそのルートを走ると敦賀発車後しばらくして立ち往生してしまう。もしかしたら火を噴くかも。
          • 出雲市ー伯耆大山ー倉敷ー東京ー大宮ー高崎ー宮内ー新潟なら可能。
          • 出雲市ー伯耆大山ー倉敷ー名古屋ー長野ー直江津ー宮内ー新潟でよくね?(今だと間に3セク入るけど)
      • ゆっかりやくも
    • 当分は新車を出さないぞ!というJRの姿勢が見え見え。
    • 2011年3月より全列車がゆったりやくもに。ただし国鉄車の増結がなくなり、2両が余剰廃車になった。
      • 2両ではなく6両(クモハ+モハ×2 モハ+モハ×1)
  2. 「やくも」は作業員をはねたと思ったら、今度は踏切でトラックとぶつかって近くにいた人が亡くなった。
    • それもこの会社の責任といいたいのかねw
    • やくもは381系に変わって間もない頃にも踏切無視のトラックに当たった。
      • この事故は山陰本線だったと思うが一応送る。
    • 名鉄のように跳ね返せなかったか…
  3. 伯備線が電化される前は益田まで走ってたこともあるらしい。岡山から全区間通して乗る人いたんだろうか?
    • 何をトチ狂ったのか高松まで運行したことも。
    • マリンやくも/
  4. 昔は福知山線経由で浜田まで行けたとか。
    • 山陽新幹線開通で新大阪発から岡山始発になった時、島根っぽい名前を考えたらこれに。
  5. スーパーやくもの紫色は特急では珍しいと思う。
    • 緑に黄色は高野豆腐っぽい配色だと思う。
    • ゆったりやくも色はまさに出雲らしい色だと思う。
  6. 1994/12/3から2006/3/17まで、速達列車「スーパーやくも」が運転されていた。
    • それに伴い最初のリニューアル車が登場。1996年には普通のやくもにもリニューアル車が登場。
    • 2003年までは、備中高梁〜米子間ノンストップの列車もあった。乗車時間1時間半でめっちゃ長かった。
      • もっと前は倉敷~米子ノンストップが1日数本あったんだよ。
    • 各列車の所要時間差が激しかったため、2006/3/18ダイヤ改正で廃止された。
      • これに伴ってスーパーやくも色もやくも色に統合されたため、一足先に消滅した。
      • 作業員をはねた後にスーパーやくもを廃止してしまったので、この事故のせいでスーパーやくもはなくなったという誤解が生まれそうである。
  7. 車内チャイムはたまにしか流さず、車掌によって使い方もまちまち。
  8. 現在は閑散期は4両、通常期は6両、多客期は9両で運転される。いずれの場合も出雲市側先頭車にグリーン車を連結。
    • 「スーパーやくも」が運転されていた頃、「やくも」にはモノクラス3両の運転もあった。
  9. 本当は上越新幹線開業後に余った183系1000番台を使い回す予定であったが、事情を知った地元が整備を急いだためにめだたく381系の新車投入となった。
    • そして現在も、今後も381系を大切に使い続けるのである。
    • 「しなの」の381系が全廃、「くろしお」の381系も間もなく置き換えられることになったため、381系特急最後の砦となるだろう。
      • と思ったら、暫定的ではあるが「こうのとり」で復活…
    • 逆に「北近畿」(後の「こうのとり」)は当初381系が投入される予定が当時の国鉄の財政難で中古の485系になってしまった。
    • 素直に183にしとけば今頃新車が入ってただろうに・・・
  10. 岡山支社の本項で取り上げたが、車両は西出雲駅付近の特急専門電車区の所属である。決して岡山電車区所属ではない。
    • 後藤総合車両所出雲支所の所属です。
      • 出雲運転区→2000年に出雲鉄道部出雲車両支部→2008年に出雲鉄道部廃止で後藤総合車両所出雲支所と区所名変更。
  11. 2012年に「くろしお」の381系が非振り子車の287系に置き換えられたが「やくも」もそうなるのだろうか?
    • 日本国有鉄道が最後に世に出した「編成単位で製造した在来線特急電車」(この後は183系1500番台クハ4両のみ製造)ですから当分は・・・
    • 最近リニューアルした訳だから約10年先まで大丈夫。
  12. ↑により、現時点でJR西日本で唯一国鉄型しか使わない特急。
    • それどころか、最後の国鉄型電車特急になることがほぼ確定。「踊り子」はE257系で置き換えられる噂があるが、こっちにはそんな噂はない。
      • 誰も金出さないし、新車を入れても確実にスピードダウン(振り子式車両を作れる所がない)するし、FGTかミニ新幹線でも走らせます?
  13. ついに新型置き換えの噂が表面化。それに伴い四国から8600系を借りて伯備線で試運転中。
  14. JR西日本は2010年にエル特急を廃止し、2018年にはJR全体からエル特急が消滅した…にもかかわらず未だにヘッドマークと方向幕にエル特急のマークが残っている。
    • 当然ながら2018年現在エル特急マークを掲げる列車はこれが唯一。

やひこ[編集]

  1. JR初期の頃に新潟~長野間を越後線経由で走った快速。
  2. 料金不要なのに急行「赤倉」と同じ車両サービスなのはやはり問題があったのか、束がリストラに転じた1993.12の改正で廃止。

やまぐちライナー[編集]

  1. 山口線の新山口~山口間を走った快速列車。
  2. 途中停車駅は湯田温泉のみで、意外と盛大に駅を飛ばしていた。
  3. 宇部線の「のぞみリレー号」と同時期に力尽きた(普通格下げ)。

やまとじライナー[編集]

  1. 大阪駅から大和路快速と同じ経路で加茂まで走っていた、ホームライナータイプの列車。
  2. 「くろしお」用の381系を使用していた。
  3. 定期列車で奈良県内を国鉄・JRの特急型電車が走ったのは、これが唯一のはず。

ゆうぞら[編集]

  1. 秋田~東能代間の快速だった。
    • 名前が示す通り夕ラッシュ時しか走らない。そのため下り1本のみという変則的な列車だった。
  2. 走るプレハブが秋田に来る前の時代なので、50系客車を使用していた。
    • 短区間の列車なのに、何と贅沢にも牽引機はEF81だった。

湯けむり・ゆけむり[編集]

初代「ゆけむり」
  1. 上野~水上間の急行列車だった。
  2. ほぼ「草津」と併結していた。分割併合は新前橋駅で行っていた。
  3. 「ゆけむり」の名に拘ったからだろうか、この列車だけ上牧温泉の最寄である上牧駅に停車していた。
2代「湯けむり」
  1. 初代が引退してだいぶ経ってから、遠く離れた陸羽東線の快速として復活。
    • 「ゆ」が漢字になったのは豪雪地帯を通る故「ゆきけむり」と間違われないようにするためだろうか?

ゆのくに[編集]

  1. 急行全盛時代の関西~北陸連絡の優等列車。サンダーバードの元祖になる。
  2. 特急「雷鳥」が登場しても、しばらくは消えなかった。
    • しかも湖西線開業後も、頑固に米原経由で走り続けていた。

ゆのはな[編集]

  1. 七尾線の温泉急行。行楽期のみの季節列車。
  2. 能登路」とどこが違うのかよくわからなかった。
    • 和倉温泉止まりの能登路も少数ながらあったし。
  3. 和倉温泉から金沢駅を越えて、芦原温泉まで延長運転したこともあった。
    • 温泉から温泉へのハシゴ客がそんなにいたのだろうか?
  4. 印象に残らないうちに消えて久しいのに、某アニメのイベントで「急行ゆのさぎ号」として復活した。

ゆふ・ゆふDX・ゆふいんの森[編集]

  1. そもそも湯布院が女性客向けの温泉なので、喫煙スペースが恐ろしく狭い。
  2. バリアフリーを無視した車両設計だが、問題ないのだろうか。
  3. 何故か、皿うどんを車内で売ってる。そらチンしてかけりゃ完成だろうけど、何故特急で皿うどん・・・
    • 湯布院料理研究会だかが厳選した素材を使ってるらしい。
    • 車輌が揺れても、熱い汁が客にかからない様にだろう。
      • だったら、御飯物の方が・・・炊き込みご飯とかでも出来ただろうに。因みに量は女性をターゲットにしてる割には多い気がしたような。
    • ちなみに、白いかもめでは湯布院(大分だったかな?)のアイスが売ってます。JRの旅行客誘導宣伝の一環でしょう。
  4. ゆふに使われている列車はJR四国からのもらい物
    • もらってない。JR四国から買ったんだよ。
  5. ゆふいんの森のキハ70-1/キハ72-3にはビュッフェがあるが、キハシ70-1/キハシ72-3ではない。
  6. 休日・祝日以外の博多発のハウステンボスの乗客のほとんどが佐賀で下車、なおハウステンボス発の乗客はほとんどが佐賀で乗車。まず4両も必要ないのでは?(みどりも含む
  7. ゆふいんの森は昔小倉発だった。
    • '92/07/15~'95/4/20まで。
  8. ゆふDXの車両は、オランダ村特急→ゆふいんの森二世→シーボルト→ゆふDXと長崎と湯布院を点々としている。
    • 北海道外唯一のキハ183系。
      • キハ183系1000番代。登場当初3連。のち1両追加して4連に。
        • デビュー当初は竹下気動車区→直方気動車区→大分運転所→長崎運輸センター(新設)→大分運輸センター(大分運転所を改称)とあっちこっち所属変えしてる。
    • そして、特急「あそぼーい!」となり豊肥本線へ。
  9. 夢の列車が~日田走る~♪
  10. 大分行のゆふいんの森は由布院を過ぎるとガラガラだった。別府行になった今は知らん。
  11. 多客期に増結されるとき3号車がキハ186の場合がある。だから自由席料金で元グリーン車に乗れる

よしの川[編集]

キハ58系当時のヘッドマーク
  1. 1往復しかない列車のために急行型車両(キハ58系)を確保しとくの面倒臭い!という訳で、特急「剣山」と同じキハ185系になった。
  2. 「剣山」と同じ車両なのに1往復だけ急行にしとくの面倒臭い!という訳で、結局「剣山」に統合(格上げ)された。
    • これによりJR四国はJRグループで一番最初に定期急行列車が消滅することになった。

よねしろ[編集]

(2代)盛岡~(花輪・奥羽線経由)~秋田など
  1. 盛岡~秋田間を何と4時間半以上かけて走ってた。流石に当時でもこれで盛岡~秋田間を移動していた人は殆どいなかったのでは?
  2. 何故か山田線の宮古発着の列車があった。
    • その訳は、かの迷走急行「陸中」を単に宮古でぶった切っただけの列車だから。
    • 当時の時刻表を見る限り、車両はそのまま迷走時代と変わらず宮古から「陸中」として仙台まで行き帰りしていたっぽい。系統分割した意味ないじゃん!
(3代)秋田~大館(~陸中花輪)
  1. 特急時代の波に逆行して、国鉄最後のダイヤ改正で奇跡のキハ58急行として復活!
  2. ただ、流石に同じ区間に701系快速「しらかみ」が登場すると、スピードや通過駅数で劣るこの列車が急行として走るのは苦しそうだった。
    • 幸い既にリクライニングシートにアコモ改装されてたので、車両サービスではあちらとは天と地ほどの差をつけてたが・・
    • 運行していた時間帯が通勤時間帯であり、定期券でも乗車できるようにしたことや(当時の特急は短距離特急の設定に消極的だったことや定期券での利用は新特急でもない限り乗車できなかった)花輪線と直通運転を行うから。花輪線内は普通列車だった。そのため、通勤優等列車としての役割も果たしていた。

ら行[編集]

ライラック[編集]

781系時代のヘッドマーク
初代
  1. 函館~札幌間(山線経由)の急行だったらしいが、これをリアルで知っている方は相当なお年。
2代
  1. スーパーカムイの前身その2。
    • ホワイトアローと異なりこっちは最後まで781を使っていたから区別しやすかった。
      • 実はスーパーホワイトアローの間合いで785系によるライラック運用が存在したことがある。
  2. スーパーホワイトアロー同様札幌-新千歳空港間は快速エアポートになっていたが、こちらだと札幌駅でヘッドマークの幕回しが見られたのが特徴。
  3. ヘッドマークの文字が「ライラック」でなく「ラィラック」になっていた(読めない…)。
3代
  1. 2017年にスーパー白鳥廃止で余剰になった789系0番台を改造して復活。
    • カムイと同じく札幌〜旭川間を走るが、カムイ(1000番台)の大きな違いは6両編成なのとグリーン車があるところ。
    • それと同時に宗谷・オホーツクの減便によりその代替の役割も担うことになった(旭川駅でサロベツ・大雪と対面乗り継ぎ)。

らくラクはりま[編集]

  1. 図らずも平成最後の新設JR特急になった。
    • H31.3.16改正で新設された特急のうち、改正初日(=土曜日)に走らなかった平日のみ運行の列車は「はちおうじ」「おうめ」とこの列車(「富士回遊」はその点で脱落)。そのうち「らくラクはりま」が始発列車(上り)の出発時刻が最も遅い。

ラビット[編集]

  1. 宇都宮線の快速列車。快速運転するのは上野~小山間。
    • アーバン同様最近は朝と夜間の快速しか名乗らせてもらえなくなった。
  2. 横文字にすると「Rapid Rabbit」と語呂が良くなる。

リアス[編集]

(初代)盛岡~(山田線経由)~釜石
  1. 地図で見る限り「はやちね」(釜石線経由)との差は長方形の2辺の上を通るか下を通るかの差しかないように思えるが、所要時間は「はやちね」より1時間程も余計にかかっていた。
    • これをよく「区界峠の難所が・・」とか書籍で解説されてるが、むしろ高速走行できる東北本線を使えないハンデの方が大きかったとみられる。
(2代)盛岡~宮古
  1. 何気に盛岡~宮古間2時間運転を実現している。この所要時間はかつての急行時代より短い(しかも停車駅はこっちの方が多い)。

リアス・シーライナー[編集]

  1. 仙台-八戸間を三陸経由で10時間近くかけて結んでいた。
    • 車両はほとんど三陸鉄道のものを使っていたが、走行距離に関しては明らかにJR線のほうが長い。
  2. 震災から全線が復旧した暁にはこの列車を真っ先に運転してほしいものだが…?

陸中[編集]

JR列車/は行#はまゆり・陸中を参照。

リレー号[編集]

  1. その正体は、ただの普通列車。
    • 福知山支社管内の、一応特急接続の役を担う列車に付けられている。
  2. かつては「北近畿リレー号」だった。
    • 「北近畿リレー号」→「特急リレー号」→「リレー号」と変遷を経ている。
      • すみません、「舞鶴リレー号」だった時代がありました。北近畿~→舞鶴~→(愛称中断)→特急~→リレー号、に訂正します。
    • 「北近畿リレー号」当時は、何とヘッドマークも取り付けられていた(ただのキハ47の普通列車なのに)。
      • しかもそのオレンジカードまで売られてた。
  3. 秋田リレー」とかと違って「号」まで付くのが正しい愛称らしい(時刻表にも号付きで掲載)。
  4. 知らんうちに愛称が消された。

るもい[編集]

快速時代のヘッドマーク
  1. 実は「る」で始まる唯一の愛称。
    • 逆に「る」で終わる列車は「つがる」「まいづる」「ゆうづる」など現役・過去含め多いから、列車名しりとりでの「る」の扱いが悩ましい。
(2代)旭川~留萌
  1. 名前から留萌本線を代表する急行列車だったと思われがちだが、実は旭川発着のローカル急行だった。
    • 主力の札幌方面へ行っていたのは「ましけ」「はぼろ」。
  2. 何故か朝の旭川行、夜の留萌方面行ダイヤが無かった。留萌の人が旭川に行くことは想定してなかった?(一番近い大都市なのに)
(3代)深川~留萌
  1. 高速バスに一矢報いるべく、1990年に快速として復活。
    • キハ40単行とはいえ、大きめのヘッドマークも取り付けられ気合が入っていた。
    • とは言え1往復のみ、しかも札幌からだと深川乗換が必要では話にならず、結局5年程で廃止。

礼文[編集]

キハ54の頃のヘッドマーク
  1. 旭川~稚内間の急行列車だった。
    • 当初使用車両が間合い運用だったので、札幌まで行くことは時間帯上できなかった。
  2. JR移行直前に、この列車のためだけの新車が投入された(キハ54形急行仕様車)。
  3. 「れ」で始まる唯一の愛称のはずだが、しりとりに使えない…

[編集]

わかさ[編集]

  1. 舞鶴線が小浜線よりも先に電化されたせいで消滅した。
    • 小浜線電化後は一時期「まいづる」が乗り入れていたものの、色々あって今はやっていない。
  2. 末期には東舞鶴-敦賀間の運行になっていたことを考えると、最初から特急化は考えていなかったものだと思われる。

わかしお[編集]

  1. 外房線を安房鴨川まで走る特急。
  2. 線形の関係で房総特急では一番スピードが遅い。
  3. 一部、勝浦から普通列車になるものがある。
  4. 外房には高速道路が届いていないため、衰退真っ只中の房総特急の中でまだバスと互角の戦い。
    • 大網・茂原あたりだと圏央道の影響食らいそう。

わかとりライナー[編集]

JR列車/た・な行#とっとりライナー・わかとりライナーを参照。

わくわく号[編集]

JR列車/あ行#うきうき号・わくわく号を参照。

JR列車
新幹線 新幹線
在来線(昼行) あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~わ
在来線(夜行) あ~こ/さ~の/は~わ
ジョイフルトレイン あ~そ/た~わ



関連記事