JR四国とアンパンマン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

JR四国とアンパンマン[編集]

  1. アンパンマン依存症。子供には大人気。
    • JR四国とアンパンマンの関係は、自民党と公明党の関係そのもの。
      • 原発と原発が立地する自治体(原発がなければ街が潤わず死んでしまうと思い込み依存)の関係とも似ている。
    • 土讃線アンパンマンをリニューアルして使うなど、すでに切っても切れない縁が出来上がっている。
    • アンパンマン弁当まである。
      • しかも、下に書かれているようにやなせ氏は高知県出身だが、アンパンマン弁当を取り扱っているのは高松の駅弁業者である。
        • やなせたかし氏自体は東京都北区出身。そのあと高知に移住した。
  2. ここ最近四国各地と宇野線で人身事故があるけども、その被害車両のほとんど全部がアンパンマン特急。
    • で、またまたまたまたGW初日の4月28日に「しおかぜ21号」が松山駅の手前で被害に。
      • アンパンマンに限らず、「マリンライナー」のJR西日本車も最近よく被害に遭う。
      • 気動車から電車に替わっても相変わらず人身事故の被害"車"になりやすいのは変わらない(2016/10/10の伊予和気駅での事故)。
    • 顔が濡れても大丈夫だが、顔が歪むと復帰までに相当時間を要するアンパンマン。
      • ジャムおじさんが溶接しながら直す。
        • 極稀に「新しい車両よ!」と、バタコさんが車両工場から新型車両を持ってきてくれる事もある。
      • 直っても動力が100倍にはならない。
  3. 車体だけかと思いきや、まさか客席の天井までもステッカーを貼ってるとは…。とことん乗る気を失せさせてくれる。
    • しかし、たとえビジネスマンでもそんな車両に乗らなくてはならない。
    • なので、当然ビジネスマンからは敬遠されている。
    • 車内放送の前にもアンパンマンの曲が・・・
  4. ゆうゆうアンパンマンカーだの、アンパンマントロッコだの…。アンパンマンも少しは仕事を選べ。
  5. もはやJR四国のマスコットと言っても過言ではない。広告その他色々見かけるけど。
    • 最近、とうとう各停用の車両にまでアンパンマンのステッカーを貼り出した。
      • 子会社のJR四国バス大栃線にはアンパンマンバスまで走っている。しかも、使用する全車両。
      • 沿線に高知工科大学があるが、土佐山田駅から行くには利用しないといけない。
        • 大学は、土電バスがあるから何とかなる。もっと悲惨なのは、大栃高校。これが唯一の公共交通機関。
        • しかし大栃線沿線にはアンパンマンファンの聖地「アンパンマンミュージアム」があるので、仕方が無いといえば仕方が無い…。
          • やなせたかしさんの地元だからそれぐらいやらしてあげろよw
          • アンパンマンのPRに一番力を入ているのが地元高知の会社ではなく、香川の会社というがなんとも…。
  6. 高知駅の接近放送の音楽はもちろん・・・。
  7. しかし何故か本社のお膝元、高松近郊にはあんまりアンパンマン列車が走っていない。
    • 走らせすぎて高松のイメージを下げないようにする為でしょう。
    • さすがはJR香川!する事が違いますね~。
      • 今はJR誕生20周年ヘッドマークを掲出中。
        • バイキンマンだのドキンちゃんだのの車両のトイレは異常に汚い。全部バイキンマンカーでいいよ。
  8. 幾らなんでもアンパンマンが多すぎて幼稚じゃないかってメールにしたら「アンパンマン列車につきましては、多くのお客様からご好評をいただいており、引続き運転してまいります。」と返してきた。絶対嘘だ。
    • 「多くのお客様」というのは子供と子供を連れた家族連れのことを言っているんだと思う。
    • 休日だけの運行で結構。平日に家族連れなんてあんまりいない気がするし・・・。もしくは車両全体じゃなくて車両の一両分くらいに・・・。
  9. 多分走ってる日本唯一の痛電だと思う。
    • ここも同じようなものを走らせていましたな。
    • 境線もある。だが気動車なので残念ながら?痛「電」ではない。
      • 気動車であることは、四国のアンパンマンも同じ。
        • 2016年には、8両編成の電車にもカッティングシートを貼り付けた。
  10. もう、JRアンパンマンでいいですよ。・・と言うか、アンパンマンに金使うよりも、設備改良に金を使ってくださいよ・・・
  11. キャンペーンの当選商品までもがアンパンマンのグッズ。
  12. 「アンパンマン列車のお陰で、家族連れの利用が大幅に増えた(byJR四国)」らしい。
    • しかしその一方で、JR四国全体の利用客数はどんどん減り続けている。
    • 昨今は高速千円政策の影響で、肝心の家族連れからも見放されつつある…。
    • 全自動放送をアンパンマンにしたらチビ達が発狂する。やればいいのにと思う。
  13. 2010年、ついにアンパンマン列車が誕生10周年を迎えた。
    • そしてこれからもまだまだ走り続けるアンパンマン。
    • どうだろう?いずれ「アンパンマンの著作権料が払えなくなり廃止」とか…あったら怖い。
  14. なんと東北進出。東北にそんな物もってくるなら北陸から食パンが来るほうがましだ
    • 「被災地の子供たちに元気と笑顔を」ということでJR東日本JR貨物と共同で実施したプロジェクト。東北だけでなく茨城千葉でも走った。
    • 甲種輸送時にはアンパンマンのラッピングをステッカーで隠すという興醒めなことが行われたが、甲種輸送時には東京都の領域内を通過するため、以前の小田急の事件を受けた自主規制と思われる。
    • 毒されたかどうかわからないがついに東北ではポケモントレインが登場した。
  15. JR四国本社には「アンパンマン推進室」が実在する。

四国旅客鉄道

路線別 / 瀬戸大橋線 | 予讃線 | 高徳線 | 土讃線 | 牟岐線・阿佐海岸鉄道
車両 | SHIKOKU ICOCA | JR四国バス | 勝手に鉄道建設 | 偽モノ

アンパンマン
ファンの噂 | JR四国とアンパンマン | 偽モノの特徴 | 替え歌 | パン | ベタの法則
アンパンマンに:言いたい | 言われたくない
ゴールデンタイムに放送されたら | あの国の正義の味方だったら
世界各国の人々の反応:アンパンマンに遭遇したら | アンパンマンの顔を焼くとき



関連記事