JR東日本の車両/形式別

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

JR > JR東日本 > 車両 > 形式別

独立済み[編集]

一般用電車
その他

電車[編集]

107系[編集]

桐生駅にて
  1. 日光線とか両毛線とか田舎しか走らないのに、何故かオールロングシートで作ってしまった。
    • これは701系も同様。
    • 断っておくが、JR東最初のオリジナル形式の車両である。
    • 三段ベッド…だと…
  2. 0番台の塗装は公募で決定した。
  3. 下回りは165系のものを流用。どうせなら165系そのままで走ってくれたらよかったのに。
    • その165系の使い勝手が悪いから車体を作り変えたんだが…
  4. なんかケツの部分が異様に座面が低い…様な気がする
  5. 100番台は途中から窓の配置が変わった。
  6. ドアを手で開けなきゃいけない場合がある。
    • この間宇都宮で、外国人がドアを前にずっと立っていた。
    • 宇都宮ならちゃんと開くんじゃない?
    • 乗降客が閉めないため、外気が入ってきて寒い(暑い)。
  7. 車内の雰囲気が211系にクリソツである。
    • ただ、座席が211系と違って1人分の区切りがない。
    • なんかわかりづらい区切りがある。だけど絶対守られていない
    • ほぼ同じ時期に作られたから似るのも必然だったのかもしれない。
  8. リサイクル電車とか廃品電車とか言われる。
  9. 日光線の電車は車内が観光パンフレットになっている。
    • そして外装がレトロ調の車両も登場。
      • 全車両をレトロ調にするらしい。外国人にはジャパンレールパスが使える新幹線+日光線のほうが東武特急より人気なんだとか。
  10. 台車からガゴガコと異音がする。なんか台車がくさい。
  11. 新津車両製作所で最初の商品。
  12. 日光線用のは、京葉線から追い出された205系で置き換え決定。
    • 宇都宮線用も含め、0番台は次々に置き換えられている。
  13. アニメ「日常」にも登場した。
  14. 少なからず、701系やE127系に影響を与えているような感じがする。
  15. 100番台はそのカラーリングからサンドイッチ電車と呼ばれていた。
  16. JR東日本が地方での短編成化・ロングシート化を推進させる元凶元となった車両である。
  17. 上信電鉄に譲渡されました。
    • 700形になり、クリーム色と深緑の下仁田ネギカラーに。ドアチャイムも付けられた。

E127系[編集]

新潟にオールロングシートをもたらした直流版701系。
  1. 701系の直流バージョン。故に新潟地区の車両はオールロングシート
    • 大糸線はデザインがほぼ701系そのもの。
      • しかし、701系と違ってあまり批判の声を聞かない。
        • 新潟は根強いロング人気があるらしい。そのためE129も要望で車内の半分がロングに。
        • E127系が導入されている路線は国鉄時代は旧型国電が走っていてロングシートに抵抗がなかったからではないかと思われる。
          • 一方701系が導入されている路線は国鉄時代は客車列車や急行型車両などがクロスシート主体でそこからの落差が激しく見えたという事情がある。
  2. 大糸線の編成はセミクロスシート。
    • 山を見るのに適した配置。
  3. どこを走っても雪との戦い。
    • 大糸線用なんか走るプレハブと変わんないのに。まあどっちも雪の中を走ってるが。
  4. 新潟のE127系は私鉄っぽい音がする。
    • 大糸線用も同じ音。ちなみにこの音は東急1000系、京急600形、東武20050系などでも聞ける。
      • 阪急8300系や京阪7000系でも聞けます。
        • 同じ東洋電機製造製ですからねぇ。
          • JR東日本で東洋製インバータを採用したのはこれと武蔵野線205系だけ(だった気がする)。
            • E129にも引継がれることに。
              • E127自体も機器更新でE129と同じ音になった。
            • 253-1000も該当する。
            • GTO素子で限定すればJRではこれが唯一。
      • 京成3700形、北総7300系と9000系もね。
  5. 新潟地区のE127系の外観は登場時の南海2000系にそっくりだ。
  6. E129が投入されることが決定したが、これのマイナーチェンジで済ませる程度らしい
    • E721の直流版という噂もあったが、そもそもE721の構造だと新潟地区では使用できないから、E127やE233タイプになるのは当然なのかもな。
      • 少なくとも、内装はE721ベースであってほしい。
      • 座席配置はボックスとロングが半分ずつなんですと。それ以外はほぼE721と一緒。
  7. E129系置換により、余剰車両はえちごトキめき鉄道に譲渡し、直江津~妙高高原間で使われる予定らしい。
    • あまりの数本は弥彦線で運用、時々越後線で新潟駅に帰郷する。
    • ET127になった編成も朝晩には長岡~直江津を走る。

E129系[編集]

新潟駅にて
  1. E721系に似ているが、ベースはあくまでE233系
    • これを言ったら怒られた。
    • 走行音もまるでE233系。
    • ドアチャイムも701系とチャイムかと思いきや首都圏近郊のチャイム。
    • 幕もE233と同じフルカラー2段LED。
  2. 本当に190両を160両で置き換えられるのだろうか?
    • これの補償(?)として、定員は115系より15%上げている。詰め込み主義のスタンスは相変わらず。
      • 新潟の学生は床に座るのデフォだから床面積広いほうがいいのよ
      • 新潟の実情に合わせ、車両の前半分をロングシート、後半分がクロスシート。
    • さすがに大幅減車は無かった。投入完了後も115系が数十両残る模様。
      • ただし、導入が進むにつれて減車される列車が増えている気がする。
      • 残った115系は長野から骨董品を潰すべく回ってきた車両で、そいつらは例によって撤退の見込みも無くダラダラと残っている状態
  3. 地産地消は新津車両製作所にとっても夢だったらしい。
  4. 新潟もこれのおかげで、ついに走ルンです王国になってしまうことに。
    • 直流電化区間のみの運用に気動車使わなければ王国の誕生と言えるんだけどな
  5. 走行機器はJR西日本得意の0.5Mシステムが採用された。
    • でも西と違ってE129の台車は2連:TM MT、4連:TM MT TM MT
    • 厳密には違う。片側がT台車になってるだけで構造的にはMM'ユニット方式と同一。
  6. 小生が乗った限りでは、従来の115系に比べ乗り心地、騒音、清潔さが段違いに良い。
  7. とにかく地元では大人気。デビュー直後「新しい電車」とTwitterで検索したらその熱狂ぶりが伺えた。
    • そういった感じで普通に良い電車なのだが、いかんせん同時期に登場した227系のインパクトが強すぎて影が薄い。
  8. 警笛の音が独特。
  9. しなの鉄道にE129系ベースの車両、SR1系を導入することが決定。

E501系[編集]

これも歌わなくなるのか・・・?
  1. 「ドレミファ電車」で有名。
    • 京急と同じシーメンス製のVVVF。ちなみに止まるときにもドレミ音が小さめに鳴る。
      • といっても京急の方が有名だし、E501系は最近改造されて音階が鳴らない編成もある。
        • 付属編成は全部、ドレミファ言わない東芝製のVVVFに置き換えられてしまった。
        • その京急も、いずれ消滅することが決定したが。
        • とうとう基本編成も歌わなくなったらしい(2011年)。これで国内で聴けるのは京急だけとなったか。
          • JRの方が製造時期自体早かったし、一気に車両を投入するし更新時期も一気に来るので早めに消滅したのだろう。
    • 京急と違って先頭車両がクモハでないため、先頭にかぶりついていても音がよく聞こえない。
    • ドレミファ音が一番高い音になるまで1ノッチを維持し、非常にゆっくり音が上がっていくのを楽しんでいる運転士がいた。
      • 鉄道好きな乗客も楽しめたことであろう。
  2. 見た目は209系0番台と瓜二つ。
    • トイレがついているところが違う。
      • トイレは、外側からみると「後から付けた」のがバレバレである。
    • あと、パンタグラフ周りの電装品が交流対応品のため大きくて目立つ。
  3. 上野~土浦往復の専用車両だったが、今は土浦から先で走っている。
    • 荒川沖の中線に停車しているのを見た。土浦折り返しの合間に来たようだ。
      • ダイヤ乱れたら昼間に水戸始発いわき行きが415系8両からこいつ10両になった。8両でも過剰なのに
    • 水戸線用にもなった。
    • もともとは土浦の人たちが青電(快速電車)を誘致した結果導入された。
      • コイツによって中電と快速電車を統合するという目論見があった…らしい。
  4. この前水戸駅で見かけたが、車内LEDは無表示だった。
    • ずっと前、乗ったら車内LEDが点いたり消えたりしていた。
  5. この電車はその後、小山小田林のわずかの交直セクションを越える運用にしか、交直流性能を発揮しなくなった
    • 交流機器を外されて209系5100番台になるという噂も・・・
    • そのデットセクション通過時に故障が頻発し、とうとう水戸線出禁処分を喰らった模様。つまり、交流区間封じ込め
      • 結局、その後のダイヤ改正で正式に出禁処分を受けることに
  6. Wikipediaみたら「沿線のイメージアップのために近郊形電車ではなく4扉の通勤形電車を投入して欲しいという要望」ってあったんだけど、南東北はロングシートがステータスなの? 長距離乗るんだからクロスシートのほうが楽だと思うんだけど…。
    • 製造当時は南東北に乗り入れていなかった気がする。水戸線に左遷されてからでしょ?いわきに来たのは。
      • 福島県内ではクロスシートが人気だが、当初走っていた土浦とか牛久からしたらロングシートが欲しかったんだろう。
        • ロングシートは慣れているし、クロスシートで混雑するくらいならロングシート車欲しいでしょ?
    • というか、ぶっちゃけて言うと龍ヶ崎市・牛久市・土浦市としてはこいつで103系を置き換えて、青電区間そのものを土浦まで延長して欲しかったのだ。見事に裏切られたがな……
      • 元々それが目的で導入されたのでは?
        • 実際、青電区間延長計画はあったらしい。しかし交直流車はコストが高いため断念したのだとか。

EV-E301系[編集]

  1. E995系ベースの量産型蓄電池駆動車、愛称はACCUM。2014年春から烏山線にて導入予定。
    • しかし2016年になっても量産されてない。
      • 2017年3月14日のダイヤ改正より、烏山線は全部これになった。
    • 自前で非電化区間も走れるクルマを造るのか、と注目されたんだが。
  2. これの交流バージョンも計画中。
  3. 行先表示がフルカラーLEDじゃない。電気を食うから?
    • 新車でも三色LED式の行先表示器を使う赤い会社と同じ機器だから。
    • コストの関係もあるかと。HB-210形やE721系1000番台もつい最近登場した形式だけど3色LEDだぞ。
      • E721系1000番代はシステムの関係上、在来車に合わせるためにせざるを得なかったから。それと整備工場がフルカラーLEDに対応していないからか?
  4. 増備が決定した。


気動車[編集]

キハ100・110系[編集]

八高線を走るキハ110系。
  1. 各地から国鉄型気動車を駆逐した。
    • 水郡線から追い出された車両は、盛岡地区のキハ58・キハ52を滅ぼした。
    • 小海線からもね。
    • 磐越西線ではキハ110系への完璧な置き換えには至らず、キハE120形が登場した今でも在来車と並行して運用している。
  2. クロスシートが特徴的な形をしている。(719とは違った形で。)
  3. 見た目がまったくおんなじなのに特急として走っていた車両がいた。
    • 「電車でGO!」で運転できるが、難易度が結構高い。
      • つーか電車じゃない。
    • 今は色を普通の車両と同じにして、快速「はまゆり」に使っている。
    • 急行陸中だよ。
      • 当初キハ110形は「陸中」置き換え用の急行形として登場した。結果として、国鉄~JR最後の急行形新製車になった。
        • 特急全盛の時代に敢えて急行を維持してまで投入したのは地方交通線は特急では採算が取れないことが本音だから。
          • 一時期設定された「秋田リレー号」は秋田新幹線開業のつなぎであるため、例外中の例外。
      • 登場直後にガス欠こいて大恥をかいた。
      • 急行料金を支払わず、リクライニングシートに乗れる快感を盛岡支社で味わえる唯一の快速列車。
    • 2012年現在、JR東日本で気動車特急として使われたのはこれが唯一。
      • 北上線経由で、工事中の秋田新幹線区間の秋田輸送をつないだ幻の特急「秋田リレー号」。
      • この車両は運用終了後に格下げされることを前提に設計されていた。座席はE217系グリーン車のものを使用した代物だった。
    • 2010年に被災前の気仙沼線快速「南三陸」のキハ58仙台色を置き換えた。快速南三陸は東北のローカル線にしては珍しく、仙台への通勤客で山手線並みに満席になるほど収益が高い列車である。
  4. 磐越東線の車両はイスが硬いと不評だとか。
  5. 埼玉県で唯一乗れる気動車。
    • 東京都も。
      • 東京都のどこで乗れるのさ。
  6. JR九州に導入しても東の中で唯一違和感がない車両。導入した場合電化前の篠栗線かも。
  7. 2013年東北六魂祭の際、予想以上の人出で仙台地区の東北線車両が足りなくなり、郡山で昼寝していたコイツが叩き起こされた。東北本線内のみの気動車運用って結構久しぶりな気がする。
    • その4年後、黒磯周辺の電化改良の煽りで定期運用が設定されるように。
  8. 100番台以降は、東日本で初めて新造当初からワンマン機器を搭載した気動車のため、『東日本のレールバス』と呼んでしまう。

キハE120系[編集]

キハ110系と併結
  1. パンタグラフの無い2ドアE231系貫通型といっても過言ではない姿。
    • ディーゼル版走るんです?
    • 乗ってる分にはE231となんら変わらない(by高崎線利用者)
      • 内装はE531に近い気がするが…
  2. 日本海側しか走らない。
  3. 初めての新潟生まれ新潟育ちが決まっている車両。
    • これで羽越や米坂のキハ58系とかを追いやってくれれば…。
      • 2009年3月、新潟地区のキハ52・キハ58全面撤退。
  4. 色使いが東武の車両っぽい。
    • 東武は車体色をコロコロ変えているのでわかりにくいが、6050スペーシアに近い色をしている。
      • 50000系列のバージョン違いに見えなくもない。
  5. SLばんえつ物語号と同じマークがついている。
    • 飯豊山に生息するオコジョのマーク。かわいい。
  6. 営業運転前に踏切で特攻された車両がいる。
    • おかげで初年度製造の8両のうち3両はデビューに間に合わず。
  7. この車両、乗るには少し運がいるかも?
  8. 流石に在来車を完璧に置き換えるまでには至らなかった。なぜだ?
    • 結局、新潟以外は3ドアのキハE130で増備が進み、当の新潟でもキハ40はまだ使えると判断されてキハ52・58だけ置き換えて増備終了。

キハE130系[編集]

赤いのもいるよ
  1. パンタグラフの無い3ドアE231…以下略。
    • やっぱりディーゼル版走る…以下略。
    • 乗ってる分には…以下略。
      • 内装は…以下略。
  2. E653などに負けないくらいカラフル。
    • 単行型の塗装を始めてみたとき、ガンダムが頭に浮かんだ奴はどれだけ居るだろうか・・・
  3. 運用開始直前で前面窓ガラスが割れたらしい。
  4. 最近のは大体そうなのかもしれないけど、ドアの開閉ボタンがキャンセル仕様になっている。
    • ドアが開いている途中で「閉める」ボタンを押すと、ドアが開き切った後にちゃんとしまってくれる。ちょっと格闘ゲームを思い出した。
  5. キハ110・キハE120形・キハE200形にもいえるけど、各車両間の貫通扉が開放されてるのはナゼ?
    • 閉めようと思ったら鍵が掛かっていて(?)、閉まらないものがあった。その列車はワンマンだったから、運転室から見通しを良くするためなのかもしれない。
  6. 久留里線にも投入されます。
    • ついに100番台として登場。老兵気動車たちも間もなく見納めだ。
      • 任車に合わせてオールロング+トイレなしの通勤型仕様。
    • またストライキが・・・
      • 今やストライキ運休は存在しません。
  7. そして八戸線にも投入されます。
    • こちらは500番台として登場。原型エンジン非冷房のキハ40/48もついに駆逐される。
      • 500番台には今までの0・100番台には無かった英語放送も搭載されている。

キハE200系[編集]

小海のハイブリッドトレイン
  1. パンタグラフの無い2ドアE231…あ~もうっ!!
    • ディーゼル…なんでもない。
    • キレるな。
    • 乗ってる…なんでもない。
      • 内装……イヤナンデモナイデス
  2. 世界初の営業用ハイブリット車らしい。
    • そのため気動車なのにVVVFの音がする。
  3. 今んとこ小海線専用。
    • キハ110さようならですか?もっといろんな所に回そうよ。
    • ほぼ片勾配の区間でいったい何の試験をしてるんだか。
      • あくまでも「エコである」ためのアピールですから。
      • というかほぼ片勾配の線区のほうが試験に向いてるんだよ。力行を続ける必要のある上り勾配時と、惰行と制動を繰り返す必要のある下り勾配での性能差が簡単に現れるから。
  4. 元祖赤い快速キハ200系みたいに緑の塗装をしてほしかった。
  5. 登場して10年にもなるが、未だに増備する気が見られない。
    • ハイブリッドの性能自体はHB-E300系やHB-E210系には生かされたが、本形式のようなローカル線向けにはGV-E400系のような電気式ディーゼルを採用するのだろうか。

GV-E400系[編集]

次世代の新星
  1. 電気式(ディーゼル・エレクトリック方式)を採用した車両。ハイブリッドとは異なり、エンジンを切った状態での運転は不可能。
    • 蓄電池を省略できるため、ハイブリッドよりも安く仕上がるのだそうだ。その代わり回生ブレーキは使用できない。
  2. 2018年1月に量産先行車が川重からロールアウトした。
  3. この車両の色違いを北海道に入れる予定
  4. 事実上のキハ100/110系列の後継といえる車両はこいつになるのだろうか?キハE120とかはあまり普及しなかったし。
  5. この車両の投入が終わった段階で男鹿線・只見線以外の東のキハ40系列は一掃される予定

HB-E210系[編集]

石巻駅にて
  1. 仙石上野ラインに導入。
    • 上野ではなく仙石東北ライン。また小牛田運輸区への送り込みも兼ねた仙台-小牛田間の運用も存在。
  2. 型番はHB-300系にそっくりだが、システムはEV-E301の技術も含まれ、見た目はE721系。
    • 見た目はどちらかと言うとE129っぽい。微々たる違いだが。
    • 外観はE129系。内装はE721系を踏襲。
      • 方向幕は何故か今時3色LEDwwww
    • 車内に液晶がある。ハイブリッドシステムの動作を表示。
  3. 機器室のためのデッドスペースがやたらでかい。
  4. この車両の手応えが良かったら羽越本線やデッドセクション移設後の黒磯以北など交直流跨ぐ区間でも使うのだろうか。素直に交直流電車入れろとも思うが。
    • しR東「そこのデットセクション越える運用にあまり人いねぇよwwwwwwwwwwww常磐君は別だよ^^」
      • 気動車天国の羽越周辺ならともかく、烏山線と水郡線から微妙に距離のある交直流区間は素直に電車のほうが楽だと思う。
    • たぶんこれはデッドセクションの区間が短すぎるからと思われる。
    • 村上以北の羽越には上述のGV-E400系が入る。
    • ヒント:コスト
  5. モーターが付いてる台車の方に乗ると電車に近い走行音が楽しめる。
  6. 燃料タンクに防爆塗料が塗られているらしい。

HB-E300系[編集]

姨捨駅にて
  1. ハイブリットリゾートトレイン。
  2. リゾートしらかみとして1本、きらきらみちのく(?)として1本、大糸線に1本導入予定。
    • 大糸線用は西の領土にも乗り入れる気か?
      • 北陸新幹線金沢開業で大糸北線の経営分離が示唆されてるから、東が譲受を見据えているのでは?
    • 飯山線にも走ります。
    • 次はきらきらうえつがこいつの置き換えターゲットにされるとの噂も
      • 2019年度より「海里」として羽越本線に投入されると発表された。遂に485系終焉のカウントダウンが…。
  3. 系列はキハE300系だが、車両形式はHD-E301とHD-E302でキハにならなかった。HDとは新しい…。
    • 系列もキハではなくHB-E300系となった。これ以降もハイブリッド気動車はHB-となる予定。
  4. なんとなく顔がE233系風味。
    • 前面ガラスは共通部品なのでは?(90年代の485系改造ジョイフルトレインも209系と共通窓らしい)

事業用車両・試験車両[編集]

E991系[編集]

  1. かつてJR東日本に存在した謎の高速試験電車。
  2. 衝突試験を行って没。
    • …という説もあるのだが詳細は未だ謎に包まれたまま。
  3. 愛称は「TRY-Z」。シューティングゲーム「ギャラクシーフォース」の自機と同じ名前だ。
  4. 実はE501系、E653系の祖先に当たる(交直流自動切り替えシステムはこいつで実験をしていた)。
  5. 設計最高速度は200km/h、速度種別はS5(乱暴に言えば、10パーミル上り勾配で205km/hまで出せる性能を持つ)という超チート仕様。
  6. これほどのチート性能にもかかわらず、主電動機の出力は130kW程度と意外なほど低出力であるいう説が一部で囁かれている。(後述の理由により正確な仕様は不明)
  7. 強制車体傾斜機構や油圧式車輪ディスクブレーキ、さらにはレールブレーキも搭載された重装備。
  8. しかし詳細なスペックに関しては公表されている部分が非常に少ない。
  9. 車番自体は研修用の車両に流用されているが、この車両とは全く関係がない。

E993系[編集]

  1. E231、E531、E233系のプロトタイプのようなもの。
    • E331系のプロトタイプでもある(DDM搭載連接台車を使用)。
  2. E231には運転台と故障対策が、E531に吊り輪、E233にはフルカラーLEDが受け継がれた。
  3. コーポレートカラーだから緑の帯なのか、埼京線で使うつもりだったから緑の帯なのか…。
  4. 2006年、郡山にて没。
    • たった4年半で廃車とはもったいない。
  5. 車内のモニタにwindows2000のロゴが表示されていた。
  6. 愛称は「ACトレイン」。
  7. とにかくいろいろな試験的装備が詰まった、幕の内弁当的な車両。
  8. 今見るとHIKAKINみたいな顔してる。

E995系[編集]

スマート電池くん
  1. 100キロ以上で走る鉄道車両としては世界初の蓄電池駆動電車システム。愛称はNE Train スマート電池くん
  2. 電化区間&拠点駅で充電、非電化区間では蓄電池で走行。
  3. 2013年頃までに八高線と烏山線で導入予定。
  4. 見た目はE127系100番台の2扉両運転台Ver. ただし貫通扉は無い。
  5. 元E991系気動車キヤE991-1。下のE991系とは別。
    • 最初はハイブリッド気動車の試作車、2008年に改造されて燃料電池駆動電車のE995系クモヤE995-1になって、2009年にパンタと蓄電池載せて現在へ。

関連項目[編集]


東日本旅客鉄道

在来線 / 関東地区 千葉支社 | 動労千葉 | 東北地区 | 信越地区

新幹線 / 東北新幹線 | 上越新幹線 | 北陸新幹線 | 山形新幹線 | 秋田新幹線
車両形式別特急形) | 新幹線 | 従業員 | Suica
JRバス東北 | JRバス関東 | 偽モノ




関連記事