KDDI

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
ガーデンエアタワー(本社)
  1. KDD+DDI+IDO=KDDI・・・あれっ?
    • IDOはauになったとさ
  2. 今では「ケイ・ディー・ディ・アイ」でよいが、もっと昔に合併していたこんな社名は通用しない。
    • 国際電話電信+第二電電+移動通信電話=国際第二電電?
    • 合併した当初の正式社名は「株式会社ディーディーアイ」。KDD・IDOがDDIに呑み込まれたという事実をまざまざと見せつけてくれた。
      • 旧第二電電を築き上げた者は旧京都セラミック(現京セラ)の稲盛和夫氏であり、稲盛さんは鹿児島出身で鹿児島大学卒である。
      • 「株式会社ディーディーアイ」を略してKDDIのはずだったが、後に正式社名がKDDI株式会社になった。株式会社DDI株式会社?
  3. 社長兼会長が仙台二高→東北大卒のためか、東北地方でのシェアが高い。
    • ここの社長兼会長とJR東日本の社長は仲良し。(東北大学のパンフより)
  4. NTT同様、元をたどれば公営企業。
    • なのにKDDIはNTTと違って民間だから使うという人は多い。確かにNTTと違って京セラやトヨタなど民間の血をバンバン引いてるけどね。
    • よくよく考えてみれば、NTT、KDDIのみならずJR通信を継承したソフトバンクグループも公営企業の血を引いているのである。KDDI同様傍系であるが。
    • 旧KDDは電電公社から独立した特殊会社だったから。
  5. サービス名称に「α」「DX」がやたら多い時代があった
    • DDIポケット(現ウィルコム)のメールアドレスのドメインにその名残がある(PDX.ne.jp)
    • そのウィルコムは知らぬうちにライバルの傘下に入っていた。
  6. 東京電力と旧パワードコムの威を借りている(参照)
  7. ここの人達にとっては、本社新宿ビル屋上のPVでおなじみ。
  8. 新宿ビルではつららがおちてくる。
  9. ここでネットの申し込みをしたら「(私の住んでいた地域は)工事が込み合ってるのでキャンセルしておきましたぁ~。」と知らない内に決められていた。
    • 申し込んだら最後「回線握り」でユーザーを逃がさないこっちとはえらく対照的というか…(苦笑)。
  10. 最近「iida」なる名前のブランドを始めた。
  11. デフォルトで提案してくる回線が個人向けと法人向けで異なる、いまいち怪しい会社。
    • 個人向け:ひかりOne、イー・アクセス
    • 法人向け:フレッツ光、フレッツ・ADSL、アッカ・ネットワークス(旧)
      • 法人向けだと電力系光ファイバとNTT東西の専用線orダークファイバもある。
    • ひかりoneを法人向けに提案しない理由があるなら教えてくれ。
    • 個人向けですら、地域によってはマンション用しか提供していない所が(ひかりone→auひかり)。
      • 電力会社の息がかかったエリアで、過疎地域ではなく東海道沿線。東海・近畿ではコミュファ光やeoひかりがホーム用として展開されている。
    • 系列会社の中には昨今、固定回線不要なんてことを宣伝する移動通信事業者も現れた。
  12. 前述の通り社長兼会長が仙台出身のため、新サービスは仙台に優先的に開始する傾向がある。これには通信関係の強い東北大の関係もあるらしい。
  13. KDDは特殊法人で、名実ともに国営企業だし、郵政省とか道路公団が主要株主だったが、考えてみればトヨタ系のIDOも道路公団が出資していたので、こっちも半官半民だったようなものである。
    • 純粋民間企業だったのは京セラ系のDDIだけ。
  14. 稲盛氏はじめ京セラ社員のなんとかして電話代を下げられんかという欲望が、DDI立ち上げと政府への通信自由化要求につながったようである。
    • だから敢えて電電公社に喧嘩をふっかける意味も込めて第二電電という社名にしたとかしなかったとか。

関連項目[編集]




関連記事

スポンサーリンク