衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。

LCC

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

航空 > LCC

LCCの噂[編集]

  1. 基本運賃は安いが、オプション料金が多い。
    • 個別に選択できるファーストフードと、幕の内弁当の違いである。
      • 某番組では「素うどん」と呼ばれた(トッピングをつければ高くなるということで)。
      • 「おまけ要らないからその分安くしろ」なんて言いたくなる商品はたくさん見かけるが、そういう意見を積極的に満足させる方向に振ったのがこの業種なんだろうな。
    • 手荷物が多い場合などは他航空会社と対して変わらない場合も有り得る。
      • また海外航空会社の場合、LCCとFSCを比較すると大差ないどころか逆転している例もある。
  2. ライアンエアー、イージージェットやサウスウェスト航空が代表的。
    • 最初の会社はいろいろお騒がせ……
  3. 日本ではようやく普及が始まった所。
    • 桃とアジアとジェット。その前のスカイマークは含めない事が多い……
      • 前者2つはANAが関与。そして、アジアはわずか1年でANAと喧嘩別れ
      • スカイマークをLCCとして扱う場合、ソラシドエアAIR DOまで含めることもある。
    • 日本のそれの拠点空港としては関西国際空港が代表的。成田国際空港もそれに倣っているが24時間運用が出来ない点がLCCの足枷となっている。
      • 関空第2ターミナルはPeachの牙城。
      • どちらも伊丹羽田に押されていたところの巻き返しとしても見られている。
      • セントレアも倣おうとしたが就航1年でエア・アジアジャパン(後述)が撤退してしまい先行き不透明に。
      • 茨城空港はLCC誘致を前提に造ったはずだが、現実には成田を選ぶ航空会社が多く戦略転換を迫られている。
        • アシアナの撤退後、中国語圏の航空会社ばっかり集まるようになった気が
  4. 日本では同じ安い移動手段ということで、高速バスツアーバスと比較されることが多い。
    • ブラジルのLCC・ゴル航空も、安い長距離交通機関として高速バスと較べられ、今やブラジル第二位の航空会社になった。
    • コレとツアーバスのせいで日本の鉄道から夜行列車を次々と廃止に追い込んだ。鉄道ファンにとってはまさに親の仇より憎むべき存在。
      • しかしJRの車両老朽化と動力車運転士の減少という根源的な問題はスルーする。
      • 並行在来線への転換という事情も最近は抱えている。
    • 東京-福岡では「はかた号」などを運行する西鉄バスグループにも相当な影響を与えたっぽい。
  5. 高速鉄道の開業後、劣勢となった航空側が対抗手段として投入する例も。
    • 日本では関空-九州各線が代表的に思える。
      • 最近はJetstarが関西-大分線や中部-熊本線から撤退しており新幹線・高速バスなどに流れが傾きつつあり……
    • 海外の場合、高速鉄道側もそれに対抗して大幅な割引を打ち出す例もある。
    • 新幹線はあんま値下げする傾向がないが、東京-新大阪や新大阪-博多では「こだま」利用の割引が始まってるので全く影響がないわけでもなさそう。
      • 東海道新幹線だと従来の「ぷらっとこだま」に加え、「こだま楽旅IC早得」としてエクスプレス予約利用による「こだま」グリーン車の大幅割引が始まってる。16両編成に共通化した「こだま」だがグリーン車は常時ガラガラだから遅きに失する感もあるが。
        • LCCは空港が成田・関空と遠い上に空港ターミナルの場所も不便だったりするので、「こだま」の4時間でもいい勝負に思える。
      • 山陽新幹線は新大阪-岡山の「こだま」が少ない点が足枷……
  6. 建物等の施設の長寿命化・維持管理に関しての「ライフ サイクル コスト」の略。…なんて単語を知っているはごく少数。
  7. 2016年、アジアのLCC8社が集まって「バリューアライアンス」を結成。日本ではバニラエアが参加。

主なLCC[編集]

新規追加は五十音順で。

イージージェット[編集]

  1. ライアンエアーと欧州のLCC業界で争うイギリスの航空会社。
    • お互いに今後の相手方の戦略を馬鹿にしたこともある。
  2. LCCとその他航空会社の良い所取り戦略をする傾向がある。
    • LCCでよくあるように、空港が他の一般的な航空会社が使うものとは全く別とは限らず、一般的な空港に乗り入れるケースが多々ある。
      • その戦略で、大手航空会社から客を奪うことを目論んでいるという。
  3. 創業者のステリオス・ハジ=イオアヌ氏はあらゆる意味で破天荒
    • 彼自身が広告塔だと評されたこともある模様。
  4. バス、レンタカー、保険会社みたいに航空業界に付随しそうな副業のみならず、昨今は化粧品とか宅配ピザとかにもグループで進出している。
    • ネット喫茶の運営までしている。
  5. 格安だけどあらゆるオプション(例:チェックインバゲージ)まで金を取る。
    • 運賃16ユーロが決済時の請求額では36ユーロになっているなんてことはよくあること。LCCの中でもライアンエアー同様に結構渋ちん。
      • 荷物の多い者と手ぶらのものを同一料金にはしないということで、公平といえば公平である。
        • 残しがちな付け合せが定食として一括で出てくるレストランが一般的な航空会社なら、こちらは単品から注文できるファストフード店のようなものだな。
    • 海外の利用者からしてみれば、クレジットカード利用時の最低決済手数料が7.5ユーロと高いのはどうにかならんかと思う。

エアアジア[編集]

  1. 日本では既にオワコンのLCC。
    • ピーチで儲けて調子に乗った全日空と、日本進出を目論んだエアアジア側が日本で合弁会社を作ったのにすぐにポシャったというのはデカい。
  2. マレーシアが本拠地の企業。
    • だからかしらんが、ここのCAは東南アジア風のちょっと珍妙な化粧をしている。
  3. 実はLCCで初めて成田空港に乗り入れた実績がある。とはいっても、子会社のエアアジアX社の路線の話だが。
  4. タイ、インドネシア、フィリピン、インドに子会社を持っている。その次が日本だったが結果は前述のとおり。

エアアジア・インディア[編集]

  1. タタ・グループとエアアジアの合弁。実はエアアジアにとってインド路線は再参入。
    • 一度目は、ムンバイやデリー方面の路線を展開していたが、発着料が高かったらしくすぐに去っていったとか。
  2. インド南部のバンガロールチェンナイが拠点。北部には興味が無いらしい。
    • 当たり前だが前回失敗したというデリー線やムンバイ線は、今回は避けるとかなんとか。
  3. ここの社長に就任したトニー・フェルナンデスとかいうおっさんは度々インド政府の悪口を言う。曰く「発着料が高いのは外資いじめ」。
    • とかなんとか言うが、どこの国も多かれ少なかれそういうことやってんじゃねと突っ込みたくなるのは私だけだろうか?

エアアジア・ジャパン[編集]

  1. バニラエアとは関係ない。
  2. セントレアが拠点となる予定らしい。
    • 裏返せば、成田も羽田も関空も当面路線を出す気はないということで良いのだろうか。中部から便出しても乗り継ぎ以外誰の需要もないわけだし。
      • エアアジアXが中部就航1年で撤退してる。その前のエアアジアジャパンも中部就航から1年で消えた。二度ある事は三度あるをやらかしそうで怖い。
      • 中部は首都圏と関西圏のユーザーには無縁の空港ゆえ需要が限られる。リーマンショック前の利用者数を回復できていない国際空港はここくらいだった気が。
        • 成田や関空の利用者数はLCC就航効果もデカイから一概には言えないけどね。Peachどころかジェットスターとも勝負する前から白旗上げたような就航地な気がする。
  3. 選りに選って組んだ相手があの楽天。航空会社同士で組んでも上手くいかないということなんだろう。
    • 楽天のような日本の企業とはいえグローバル路線全開の企業と組んだ時点で、エアアジアは日本の商習慣とか顧客満足に対応する気がないと見ていい気がするのは自分だけではないと思う。
      • 東南アジアのやり方を持ち込んで成功すると過信してたから前回は失敗したと思うが、今度はどうするつもりだろう。
  4. 日本再進出が成功するか否か以前に就航が延び延びの状態で、実際に就航できるかどうかすら怪しい状態。
    • 一度あっさり撤退したこととかつてのスカイマークを潰した井出・秦らがこの会社に在籍していることに国が不信を抱いているため就航は厳しいとのこと。

サウスウェスト航空[編集]

  1. アメリカのLCC。
    • 最初はテキサス3を結ぶだけの会社だったが今は全米に路線網を広げてる。
    • アメリカでは数少ない破綻経験ゼロの航空会社でもある。
    • 国内線(しかもハワイとアラスカ便はない)しかないので在米経験のある人と航空ヲタ以外の日本人には馴染みが薄い。
  2. LCCのビジネスモデルはここ起源のものが多い。
    • 主要でない空港の使用、機種統一、短時間での折り返し、etc.
  3. オーバーランして車を轢くまで死亡事故ゼロだった。
    • それでも機内の乗客に死者が出るようなインシデントは今のところゼロ。
  4. 737限定でボーイングのお得意様。
  5. ジェットブルーと違ってあまり悪いうわさは聞かない。
  6. 客よりも従業員優先。
    • なので従業員は明るい人が多くて機内の雰囲気がよかったりする。
    • リストラは大昔に一度やっただけ。給料カットも他社と違ってやってない。
  7. 間違っても南西航空とは関係ない。

春秋航空[編集]

  1. 大陸中国発祥のLCC。向こうでは初の民間資本航空っぽい。
  2. 日本では茨城空港、佐賀空港など地味な空港から上海線を飛ばしていることで知られる。
    • 欧州LCCに見られる「セカンダリー空港」活用を最も日本ではしている会社かもしれない。
      • 茨城就航時は県知事が空港名候補として一時あげていた「東京北空港」をマジで宣伝で使ったとか何とか。最も日本側でではない。
        • 中国人団体客向けとしては空港からバス移動が主流なので特に問題はなかったのかもしれない。
    • 東京駅から茨城空港へのバス、天神から佐賀空港へのバスが運航されているが、後者は間違いなくこの航空会社のため。
      • 春秋航空日本が出来て成田をハブにしてもまだ国際線は茨城発着便のみ。
        • 日本法人が成田から国際線を飛ばす一方、本家は成田ではなく羽田の真夜中に就航。
      • 福岡空港は中国方面LCCが乗り入れていないので福岡民の利用はそれなりにある模様。
  3. ライアンエアーと同じく立ちのり飛行をまじめに検討していたらしい。
  4. 後述の通りパチスロメーカー等と組んで日本法人を設立、日本国内線にも乗り出してきた。

春秋航空日本[編集]

  1. 「Spring Japan」と通称されるがそのまんま訳すと「日本春」である。
    • 秋どこ行った。
  2. ANA及びJALと業務ないし資本提携がない会社であり貴重な存在である。スカイマークもそうだがこっちは経営破綻してしまった。
  3. 成田を拠点に飛ばしているが、やはり高松・広島・佐賀と地味な路線が目立つ。
    • いずれも自社の上海線が就航する空港であり運航効率化のために日本法人作ったのかとさえ思えてくる。
      • 広島は中国地方唯一のLCCで利用価値が高そうだが、他がやっぱりパッとしない。
    • ようやく関空と新千歳線に参入。PeachとJetstarに張り合えるのだろうか。
    • これ以外には中国本土と成田を結ぶ路線をいくつか就航
  4. 本社は京成の駅の中にある。

タイガー・エア[編集]

  1. シンガポール航空が設立

タイガー・エア台湾[編集]

  1. 中華航空との合弁による現地法人。漢字だと「虎航台灣」
    • 台湾初のLCC。10%はシンガポール航空の血が入ってるので親会社より安心かも
  2. 日本路線はここが担当
  3. 桃園-成田・関空・羽田・中部・福岡に就航
    • 関空はT1。虎柄なので関西人にはなじみやすい(主観)
      • 実際に阪神ヤクルト戦のスポンサーになって航空券が当たるスコア予想をやった(15年9月)
    • さらに仙台・函館・岡山を狙っている
      • OKJ便出来ました
  4. 高雄-成田・関空もある
    • 減便された・・・。
  5. 提携しているスクートも台湾経由便がある

チェジュ航空[編集]

成田にて
  1. その名の通り韓国済州島が拠点の航空会社。
    • 最近ではソウル仁川空港も拠点化。というか日本に来る国際線は仁川か金浦、釜山からしか来ない。もはやチェジュとかいうのは、有名無実化済み。
  2. 就航したのは北九州とか関空のほうが早かったはずなのだが、今(2015年夏)となっては成田空港第三ターミナルでの存在感が強いように思う。
    • というか関空にここの便って来てるのかというレベル。

Vエア[編集]

  1. トランスアジア航空が設立。漢字だと威航。
    • マスコットが熊。
      • 黒い熊なので熊本に就航すればと思ったりしてw
      • 素人目だと某ゆるキャラと見分けがつかない
      • これとか完全に熊本のそれ。
  2. 完全台湾資本のLCC。
  3. 日本路線は2015年末から翌月に桃園-中部・関空・福岡を開設。(羽田と茨城にも就航予定)
    • 成田に発着しないのも珍しい
    • その代わり、茨城は「茨城-東京」と案内している。かつての春秋航空と同様。
      • フランクフルトから120キロ離れたハーン空港やパリから80キロ離れたボーヴェ空港を使うライアンエアよりはまだましか
  4. 台湾・日本線は日本のLCC3社も参入しており、台湾側でも幾つか就航しているのをみて過当競争じゃないかと危惧する所も。
    • 特に関空はLCCで日本3社(バニラ・ピーチ・☆ジャパン)に台湾2社、スクート・☆アジア、FSCでもBR・CI・JL・NH・CXに16年夏からPRと、よりどりみどりである。
    • 9月で全面撤退して親会社のトランスアジア航空に統合されます。1年もたなかった・・・。
    • 一応は1年間の休業期間を決めていたが、親会社自体が消えることに



関連記事