衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。
カザハナ氏の管理者信任投票が行われています(~11/3)

NBA

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

NBAの噂[編集]

  1. 日本だとファンでもない限り「A」の意味が分からない人が多い。
    • 三つと違ってリーグではない。
      • FIBAもそうなのだが、アソシエーションはリーグと言うより協会としての意味合いが強い。
      • 最近日本バスケットボールリーグがNBLになった。
    • カンファレンスの意味が分からない人も多い。
  2. 実はルールが国際的な公式ルールとは異なる。
    • コートのデザインも普通のものに比べて独自色が強い。
      • 場所によって各チームの個性が出ている。
  3. ドレスコードが結構厳しい。
  4. 今のところ日本人でプレー経験があるのは田臥勇太のみ。
    • 日系人ならもっと前からいる。

東カンファレンス[編集]

大西洋地区[編集]

ニューヨーク・ニックス
  1. NBAで一番の人気を誇る。
    • 念のため言うと、「一番人気≠最強」である。流石NY。
  2. ニックはニッカーボッカーの事を指すらしい。
    • NYをオランダ系移民が開拓したからこうなったようである。
ボストン・セルティックス
  1. 東カンファレンスの最強チーム。
    • 優勝回数もレイカーズに比べて1回だけ多い。
    • V8まで成し遂げている。
  2. 無論、レイカーズが最大のライバル。
    • 同地区だとニックスも。

中地区[編集]

シカゴ・ブルズ
  1. マイケル・ジョーダンがいたころが黄金期。
    • ジョーダンが退団してからしばらくの間はともかく、近年は地区優勝が限界。
    • SLAM DUNK」における湘北のユニフォームがブルズ風なことからもうかがえる。

南東地区[編集]

オーランド・マジック
  1. 場所で分かると思うが、元ネタはディズニーワールドである。
    • 但しディズニーは関わっていない。
マイアミ・ヒート
  1. 「マイアミが暑いから」というとんでもなく安直な理由でこんなチーム名になった。
  2. 近年ではNBAファイナルに頻繁に進出するなどかなりの強豪になっている。
    • 強豪選手が何人も集まってきている。
  3. 所属していなかったはずのマイケル・ジョーダンの背番号を何故か永久欠番にしている。

西カンファレンス[編集]

北東地区[編集]

デンバー・ナゲッツ
  1. 決してチキンナゲットが名前の由来ではない。
    • NFLの49ers同様、ゴールドラッシュが由来である(こっちは塊)。
    • そもそもナゲット自体が「岩みたいな塊」という意味である。
  2. ロケッツとチーム名が被ったので加盟時に改名した。

太平洋地区[編集]

ロサンゼルス・レイカーズ
  1. 西カンファレンスの最強チーム。
    • プレーオフに進めない方が珍しいくらい強い。
    • NBAは知らなくてもこのチームの名前くらいなら知っている人も多いだろう。
  2. チーム名はミネアポリスに本拠地があった頃の名残。

南西地区[編集]

ヒューストン・ロケッツ
  1. 実は名前の由来はNASAではない。
  2. ユニフォームには中国語で「火箭」(ロケッツ)と書かれている。
    • 中国市場をある程度見据えたデザインらしいが、他のチームのユニフォームと比べてみるとどうしても違和感が…。



関連記事