V・ファーレン長崎

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 事実上、「小嶺FC」もしくは「国見FC」である。
    • 「国見FC」と「有明SC」が合併したのが「V・ファーレン長崎」なんですが。
      • というか、「有明SC」が「国見FC」を吸収合併したんだが。
  2. 将来的にJリーグ入りを目指している。
    • 2009年のJFL参戦が決定。
      • さらにはJリーグ準加盟も決定。
        • 準加盟はしたもののスタジアムがJ規格を満たしていないうえに改修工事が遅れていて、J2に行けるのは早くても2014年と言われている。
          • おまけに財政基盤が不安定。Jリーグ昇格へはいろいろと壁が多い。
  3. メンバーにアビスパ福岡出身の選手が多い。
  4. チーム公認の、「V・ファーレンスナック」が存在する。
    • しかも、カードが1枚付いてくる。
    • 味は、皿うどんのとんこつ風味。
  5. 胸スポンサーは、親和銀行
    • 2009年からは「ジャパネットたかた」。オフィシャルHPの小嶺&髙田の2ショットは必見。
      • なんと2017年、クラブがジャパネットの傘下に。
  6. 2009年シーズン、1ヶ月も経たぬうちに2度の監督交代劇。何があった。
    • そりゃ、成績不振が理由でしょ。
      • わずか1ヶ月でとか…大久保監督の場合、絶対身辺上の都合じゃないと思ってしまうんだが。
  7. 長崎国体の陸上競技用という全く関係ないところでスタジアム改修に目処がつき、2013年度J2参入まで後一歩というとこまできた。
    • 専スタではないものの収容人数2万人に全周屋根というなかなか贅沢なスタジアムだが、諫早か・・・。
      • 傾斜があるので見やすく出来立てピカピカの良いスタジアムなのに、集客は大苦戦中。20,000人収容のスタジアムに2,000人て…。
        • 但し、2013年ホーム開幕戦に限っては相手がガンバ大阪と言う事もあり18000人以上入った。
          • だが2017年、J1自動昇格を決めた試合では22407人が詰めかけた。
        • 長崎に『まとまり』というものを期待してはいけない。まともな駐車場さえあればもう少しマシになると思うが。
          • サポーターまで「まとまり」を失い、ゴタゴタし続けはや3年が経過。
    • 国体によって大きなスタジアムができたのは他にも岡山大分新潟などがある。後者二つはワールドカップもあったけど。
  8. 2012年、JFLを制し、ついにJ参入決定!!九州6番目のJクラブとなる。
  9. クラブ名は「ブイ・ファーレン」ではなく「ヴィ・ファーレン」と読む。
    • 間違っても「V・ヤネン阪神」ではない。
      • V・Varen V・Yanen←こうすると更に良く似ている。もうV・Yanen Nagasakiでいいじゃないか?
  10. マスコットであるヴィヴィくんのかわいさはすでにJ1レベルだと思うw
    • それ故か、Jリーグマスコット総選挙で1位になった事がある。
  11. 1年目からいきなりプレーオフ圏内をキープ。一時は2位まで上がった。J1ライセンスも間に合った。
    • 結局、2000年以降のJ2新規参入組の中で最高の6位でフィニッシュ。3位の京都とはプレーオフの規定により敗退するも、大健闘を見せた。
      • 隔年でプレーオフに出てくるので2017年はプレーオフ以上が期待出来る年である。
        • 2017年11月11日、対讃岐戦にて悲願のJ1昇格(2位以内での自動昇格)!
          • シーズン開幕時点で経営危機に陥ってたのに、そこから持ち直すどころか自動昇格とは…流石です。




関連記事