VISA

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. VISAと聞いて査証とカードを間違える人がたまにいる。
    • もちろん、企業名であることは知らないのが普通。
    • AMEXJCBと同じように単独でカードを出していると思っている人もいる。
    • 後述する会社のカードのことを指すと勘違いし、「VISAカードはあるけど、クレカは持ってない」などという人もいる。
    • 「VISAカード」というカードは存在しない。三井住友VISAカードなどのVISAブランドのカードはアメリカの「VISA Incorporated」という会社と提携して発行したカードでありJCBやアメックスのようにVISA Incorporatedが正式に発行したカードはない。
  2. クレジットカードの印象ばかりあるが、アメリカヨーロッパではキャッシュカードにもつくブランドである。
    • 日本で言うデビットカード。そして日本での類例がスルガ銀行やイーバンク銀行。
    • 現金の習慣しかない日本人にとってはなじみがないが、欧米では日常的に大衆が使う小切手をそのままカードにしたようなものである。
      • だから「チェック(小切手)カード」と呼ぶことも。
    • 向こうでは日本ほどクレジットカードが作りやすくないため、与信準備の意味合いもある。
    • デビットカードだけでなく、プリペイドカードもある。日本でも最近、ライフカードがバーチャル用に導入した。
      • スーパーでVISA・MasterCard・AMEXのカードを、日本でiTunesカードやAmazonギフトカードを買うのと同じ感覚で購入できる。それが欧米。
      • セゾンも海外専用プリペイドカードを導入。現地の支払いにも使えるし、ATMで通貨も引き下ろせる。
        • JTBとトラベレックス(キャッシュパスポート)も出してます。
        • セゾンは遂に、国内でも利用できるプリペイドも発行。
  3. ゴールド、プラチナの上にインフィニットという種別もある。ワールド・ワールドエリートを名乗るマスターカードよりはいいと思うが。
    • 日本では唯一スルガ銀行が発行。黒い券面のプラチナが最上級グレードな三井住友の発行は当分先になるのだろうか?
  4. 日本では三井住友のものが最も有名。
    • 他にはUFJやDC・NICOSなど。…いつしか全部同じ銀行系列になってしまったが。
    • 「日本のビザのパイオニア」なんて謳(うた)ってたぐらい。
      • 三井住友を筆頭とするVJA系のプロパーカードにはパルテノン神殿が入るが、三井住友が有名すぎて他のVJA系カードは「パチモンカード」と言われてしまうことがある。
      • 「住信カード」(今は三井住友トラストカード)とか「東京カード」(東京銀行→MUFG系)とか大きいカード会社もあるのに……
      • また三井住友VISAカードが有名すぎ、VISAブランドのカードは全て同社の発行だと思っていたり(自社発行で国際ブランドも管理するJCBと混同)、三井住友がMasterCardを提供していることを知らない人もいるとか。
    • リボっ。
      • 「ウリボー」である。リッボー。
  5. 絶対領域の下。
  6. 藤井隆の「VISAでええか?」のCMは、割と評判が良かった気がする。
    • あのCMのお陰で、草津温泉に行くのに「軽井沢まで新幹線→草軽バス」というルートがあることを知った。
  7. 日本では世界通貨を自称するようになった。
  8. Matt Harding氏による世界中でのダンスを用いたCMが昨今になって採用された。
    • シンガポールにおいてはマーライオン前での撮影だったが、日本では原宿・竹下通りにおけるメイド嬢とのダンスになっていた。
      • 今の日本の象徴がこれだと世界中に認識された模様。Matt氏の個人映像でも同じくメイド嬢と踊っているものがある。
    • なお日本語版ではその部分がカットされ、代わりに福沢諭吉と夏目漱石と野口英世が採用された。
      • カード会社のCMで紙幣の人物を使うことには若干疑問がある。
  9. VISAが使えてMasterが使えない店って滅多に見ない(逆も然り)。
    • 日本だけでなく、海外でもV/Mの加盟店はセットみたいなもの。
    • 一方、日本独自のブランドであるJCBが使えない加盟店が最近は見受けられる。
      • JCBが使える店=AMEXが使える店という印象もある気がする。



憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive[PR]

関連記事