ありがちな姓/鹿児島

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ありがちな姓 > 九州 > 鹿児島

Top10

1.中村 2.山下 3.田中 4.前田 5.東 6.山口 7.池田 8.川畑 9.浜田 10.松元

鹿児島にありがちな姓の噂

  1. トップは「中村」。昔は「山下」だったのだが・・・・・
  2. 名字に「薗」「之」「元」がつく人は高確率で鹿児島県民。
    • 武士が多かったので、名字の種類を増やすためだったという。他にも珍しい苗字は多い。
      • その為、漢字1文字+「別府」と言う苗字も多い。例:北別府、西別府、今別府など
    • 例.園田⇔薗田/堂園・田上⇔田之上/井之上/坂之上・坂本⇔坂元/山元/岡元/岩元/四元など。
    • 木佐、木佐貫(川薩)、大迫(日置)、橋口、遠矢(阿久根・出水)、浜崎(薩摩)、等も鹿児島県の一部の地域の多い名字である
    • 例外は「秋元」。鹿児島よりも圧倒的に関東に多い。
  3. 鹿児島に「鹿児島さん」はいない。
  4. 「東国原(ひがしこくばる)さん」は都城地区(宮崎県)特有の苗字と言われるが、実は曽於地区でも少なくない。
    • もともと大隅発祥だという説まである。
    • 都城周辺の典型的な明治新姓の一つ。
  5. 姓で元の身分が士族か平民か判別がつくことがよくある。明治維新の国民皆姓の際に平民が士族の姓を避けたため。
    • そこまで多いわけではない。被ることも結構ある。
      • その原因は門割制度と言われている。

多く使われる字

  1. 「○○もと」さんは「○本」ではなく「○元」と表記される。この傾向は他の九州各県(主として宮崎・大分方面)にも若干見られる。
    • 例:山元 松元 坂元 福元 岩元 岡元 中元 石元
      • 「○本」さんは他県の出自とわかる。特に県都鹿児島市や、他県から企業の進出している薩摩川内市・霧島市などでは珍しくない。
        • 全員大隅出身ということになっている尚志館高校野球部にも○本さんがいる。
    • これに対して九州北西部は「○本」が普通。特に顕著なのは熊本県(県名自体が「○本」と表記されている(爆)。)
      本州側の中央勢力が薩摩勢力を抑えるための拠点として中央から来た支配勢力の影響かも知れない
      (佐々→加藤→細川といずれも中部・近畿の勢力)
      あのカルトの教祖=熊本出身の本名も「○本智頭夫」だし。
      • 「くまもと」さんも鹿児島では「熊本」さんではなく「隈元」さんとなる。
    • 余談ながら、坂本龍馬が薩摩藩要人を訪れた際の薩藩側文書の表記は「坂元」となっている。
  2. 士族を中心に「有(あり)」で始まる姓も多い。
  3. 「園」(その、ぞの)の付く姓も多い。しばしば「薗」「囿」などとも表記される。
    • 有薗(前記「有」のつく士族姓のひとつ)
    • 奥園(薗)、西薗、原園(囿)、薗田、寺園、大園
    • 上堂薗
    • 地主園 地頭園 
  4. 「迫」の付く姓も多い。「さこ」と読む。
    • 大迫(日置に多い。あの窯元「沈壽官」も戸籍姓は大迫)
    • 迫口 迫田 宮迫 中迫
    • 荻迫
  5. 「之」が使われる苗字も多い。「竹之内」「山之内」など。他県では、これと同じ読みの苗字があったとしても、「竹内」「竹ノ内」「山内」「山ノ内」などのように「之」という漢字を使わない事が多い。
  6. 「丸」が使われる苗字も多い。⇒種子島出身者に多い。
    • 徳丸、福丸、薬丸、市丸
  7. 「福」が使われる苗字も多い。
    • 新福、今福、大福、福徳、東福、
      • なにしろ「福岡さん」という名字が存在する。
  8. 「徳」が使われる苗字も多い。
    • 久徳、徳留、徳田、宇徳、永徳
  9. 「留」が使われる苗字も多い。
    • 新留、福留、増留、豊留、

その他多い姓・特徴的な姓など

●沖縄・奄美・天草・芦北など周辺部の姓も微妙に混在する。また他県ではあまり見ない姓が多いのも特色、他地域の在住者、著名人で該当する人がいれば代を辿れば鹿児島県がルーツである可能性が非常に高いと云えるでしょう。

【比較的多い姓】

  • 森 原 南 西 東
  • 稲森(稲盛) 飯盛 増盛 益満(ますみつ) 鮫島 徳留 吉留 是枝 美坂 桐野 桐原 内村 吉松 今吉 横峯 永山 平山 谷山 長浜 長野(永野)新原 得地(とくち) 橋口 福元 山元 坂元 岩元 松元 増元 吉元 橋元 脇田 中原 上野 塩田 玉利 鎌田 川畑 池畑 池脇 淵脇 馬場
  • 海江田 伊地知 伊集院 祁答院(けどういん)竹之内 竹之下 堀之内 山之内 久木田 小田代 木佐貫 小田原

【特徴的な姓】 ※一文字、三文字の姓が目立つ、また当て字のような姓も多い。

  • 元(はじめ):奄美系の人
  • 恵(めぐみ):奄美系の人:ホンジャマカ、TV情報番組の匠なMC。。
  • 新(あらた):奄美系の人(但し、本土では「しん」と読む姓もある)
  • 渡(わたり);奄美系の人
  • 中(あたり):奄美系の人
  • 窪(くぼ)
  • 昇(のぼり):昔いた会社の上司にいました。無論鹿児島出身だそうです。
  • 嘉(よしみ)
  • 平(たいら)
  • 納(おさめ)
  • 栄(さかえ)
  • 笹(ささ)
  • 町(まち):日本テレビ1990年代、大きな瞳の女子アナ。。。
  • 迫(さこ)
  • 登(のぼり)
  • 進(すすむ)
  • 太(ふとり)
  • 和(にぎ)
  • 肘黒(ひじくろ):出水地方
  • 押川(おしかわ):薩摩川内など(某アンテナショップでも拝見しました)
  • 知識(ちしき):薩摩川内市で事業を立ち上げている人に多い/出水市に地名あり)
  • 大坪(おおつぼ)
  • 中馬(ちゅうまん):最近は県内では減っているがかつては多かった。
  • 伊地知(いじち):黒木瞳のダンナの姓ならびに今の彼女の本名
  • 遠矢(とおや):主に北薩、
  • 小村(こむら)
  • 松木(まつき):出水地方から熊本県芦北地方に多い
  • 段原(だんばら)
  • 片角(かたすみ)
  • 上村(かみむら)⇒(「うえむら」とは読まない)
  • 木場(こば)⇒「きば」とは読まない。
  • 神園(かみぞの)
  • 津曲(つまがり)
  • 水流(つる)
  • 塩屋(しおや)
  • 恒盛(つねもり)
  • 恒吉(つねよし)
  • 阿多(あた)
  • 新保(にいほ)
  • 肝付(きもつき):初代スネ男の声。。。
  • 北郷(ほんごう):都城が発祥⇒「きたごう」とは読まない。
  • 薬丸(やくまる):大隅が発祥:はなまるマーケットの司会。。
  • 岡江(おかえ):奄美の龍郷町周辺:はなまるマーケットの司会。。
  • 大漉(おおすき):出水地方
  • 天達(あまたつ):出水地方:とくダネのお天気コーナーの男
  • 天辰(あまたつ):出水地方:
  • 福丸(ふくまる):種子島
  • 市丸(いちまる):種子島
  • 徳丸(とくまる):種子島
  • 脇黒丸(わきくろまる):鹿児島市に多い。

※上村を「かみむら」と読むのは、長野・新潟・福岡・宮崎でも多い。

※○永が付く姓は、肥後からの移住者・亡命の末裔といわれる。

  • 久永(ひさなが)
  • 末永(すえなが)
  • 徳永(とくなが):九州中北部も多いが発祥は本県だといわれている。
  • 吉永(よしなが)
  • 福永(ふくなが)
  • 米盛(よねもり)
  • 飯盛(いいもり)
  • 稲盛(いなもり)
  • 玉利(たまり)
  • 永野(ながの)
  • 長野(ながの)
  • 出来(でき):
  • 先崎(まっさき):陸上自衛隊の制服組のトップ。。
  • 執行(しゅぎょう)
  • 執印(しゅういん)
  • 南郷(なんごう)
  • 重信(しげのぶ):離島系
  • 時任(ときとう):種子島:ドラマ『不ぞろいの林檎たち。。』
  • 時政(ときまさ):種子島
  • 中間(なかま):沖縄系
  • 宮里(みやざと):沖縄系
    • 鹿児島発祥の宮里氏も存在し、川内市宮里町がルーツである。島津(惟宗)忠久の次男・忠直の次男・泰忠に始まる家系。
  • 新里(にいざと):沖縄系
  • 新垣(あらかき):沖縄系
  • 上地(うえち):沖縄系
  • 下地(しもち):沖縄系
  • 中間(なかま):沖縄系
  • 切通(きりとおし):沖縄系
  • 大城(おおしろ):沖縄系
  • 山内(やまうち):沖縄系⇒鹿児島県に定着者のみ
  • 山城(やましろ):沖縄系
  • 定岡(さだおか):奄美
  • 入佐(いりさ)
  • 木佐(きさ):元フジテレビの人気女子アナ。。
  • 帖佐(ちょうさ)
  • 帖地(ちょうち)
  • 豊永(とよなが)
  • 豊留(とよどめ)
  • 福留(ふくどめ):この苗字は四国にも多いらしい。
  • 重村(しげむら):奄美系
  • 重田(しげた):奄美系
  • 立志(たてし):発祥は熊本県の天草地方説もあり。
  • 戸越(とごえ):南薩
  • 市来(いちき):
  • 戸越(とごえ):南薩
  • 愛甲(あいこう):元ロッテ、横浜高校で甲子園優勝投手。。
  • 相星(あいぼし)
  • 松窪(まつくぼ)
  • 当房(とうぼう)
  • 酒匂(さこう)
  • 宮路(みやじ)
  • 鶴食(つるくい)
  • 生見(ぬくみ)
  • 芝生(しばおい)
  • 七夕(たなばた)
  • 行騰(むかば)
  • 上佐貫(かみさぬき):鹿児島市谷山
  • 木佐貫(きさぬき):巨人の投手。。。
  • 久木野(くきの)
  • 久木崎(くきざき)
  • 城ヶ崎(じょうがさき):フジテレビの最高齢女子アナ。。
  • 加冶佐(かじさ)
  • 仁田尾(にたお):南薩
  • 上玉利(かみたまり)
  • 尻無浜(しりなしはま)
  • 救仁郷(くにごう)
  • 今奈良(いまなら)
  • 上稲葉(かみいなば)
  • 下稲葉(しもいなば)
  • 馬場園(ばばぞん)
  • 南之園(みなみのその)
  • 上之園(うえのその)
  • 小屋敷(こやしき)
  • 古屋敷(ふるやしき)
  • 今給黎(いまきいれ)
  • 桑水流(くわつる)
  • 小橋口(こはしぐち)
  • 志々目(ししめ):南薩
  • 松野下(まつのした):枕崎
  • 上水流(かみつる):出水市 高尾野町に同名の地名あり
  • 下水流(しもつる):出水市 高尾野町に同名の地名あり
  • 上片平(かみかたひら)
  • 黒葛平(つづらびら)平家落武者の末裔の方々/薩摩川内市
  • 四角目(しかくめ)
  • 真乗坊(しんじょうぼう)
  • 奴久妻(ぬくづま)
  • 東郷って多くないですか?知人の東郷氏、よく鹿児島のかたですかと聞かれるらしい。
    • これも士族に多い気がする。歴史上の人物も結構多いし。
    • 御家人渋谷氏の流れ。下の名に「重」「実」があればまず士族。東郷平八郎実良など。
  • 「鰻」のつく姓。鰻、青鰻など。但し改姓した人も多く殆ど絶滅状態。
  • 石走(いしばしり・薩摩川内市御陵下近辺)
  • 平木(ひらき):薩摩川内市東郷町山田に多い。
  • 桐木平(きりきひら):川辺
  • 塗木(ぬるき):知覧
  • 取違(とりちがい):知覧。例の伝説。



関連記事