Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

「ざんねんなモノ事典」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(ハード)
273行目: 273行目:
 
;3DS
 
;3DS
 
#初代3DS。当初は25000円で販売されていたが、経った数ヶ月で15000円まで大幅に値段を下げた結果が売れば売るほど赤字になってしまった。
 
#初代3DS。当初は25000円で販売されていたが、経った数ヶ月で15000円まで大幅に値段を下げた結果が売れば売るほど赤字になってしまった。
 +
 +
;PCエンジンLT
 +
#4型液晶ディスプレイ・テレビチューナー標準装備という(1991年当時)非常に贅沢な作りだったために値段が10万弱にまで跳ね上がり、バブル崩壊も相まってあまり売れず現在では希少品に。
  
 
==放送==
 
==放送==

2019年8月17日 (土) 22:04時点における版

どこかざんねんなモノを集めるページ。

商品

ICテレホンカード
  1. 偽造テレホンカード対策として導入したが、今までのテレホンカードとの互換性がなく、対応できる公衆電話の設置も少なく、有効期限もあったため、普及には至らなかった。
    • 日本で導入された当時(1999年)は既に携帯電話の普及期に入っていたことも災いした。
  2. Suicaとかで公衆電話をかけられたわけではない。
  3. 一方フランスでは、日本にさかのぼること約15年前に導入され普及した。
iPod
  1. かつてはウォークマンのシェアを上回ったこともあるが、今や1機種のみに。
  2. ハイレゾプレーヤー隆盛の中で今や孤立した存在に。
Windows RT
  1. ストアアプリは使用できてもPCアプリは使用できない代物だった。採用機種はMicrosoft Surface以外に普及しなかった。
ウォークマン
  1. デジタルオーディオプレーヤーとして登場間もないころはATRACオンリーでMP3など、他のファイルフォーマットには対応していなかった。
カップライス
  1. 日清食品が食糧庁の要請を受けて開発した加工米飯だったが即席めんと比べると高価で食感もよくなかったため短命に終わった。
    • チキンラーメンやカップヌードルをヒットさせた後の安藤百福としては珍しい大失敗作となってしまった。
    • 任天堂も開発したことがあるが、こちらも失敗した。
フォード・エドセル
  1. フォードが莫大な宣伝費などを投じて投入した車だったが消費者心理の変化もありほとんど売れなかった。
    • 今ではマーケティング失敗の見本として世界的に語られるほど。

鉄道

車両

スライドバンボディシステム
  1. コンテナを荷役機械なしでトラックから貨車に積み替えるシステム。トラックが来ないと荷下ろしできないという欠点があった。
キロハ18
  1. 一般型気動車で唯一新製した優等車。需要が限られすぎて早々と荷物車に改造されてしまった。
キハ40系
  1. 大柄で頑丈な車体とは裏腹にエンジンが非力すぎた。
    • JR化後に高出力エンジンに取り替えた車両もある。
    • その頑丈な車体故に現場では厚遇されており、登場から40年経っても今尚主力形式である。
EF58
  1. 61号機はロイヤルエンジンと評されるほどの名車であるが、口の悪いファンからはゴキブリ呼ばわりされていた。
103系1000番代
  1. 千代田線乗り入れ用として登場したが、その発熱量の多さに営団地下鉄からのクレームで撤退に追い込まれた。
  2. 1500番台も故障の多さに福岡市営地下鉄からのクレームで撤退に追い込まれている。
119系
  1. 登場時は旧国を駆逐する存在だったため、身勝手な鉄ヲタに帯を剥がされるなどのイタズラを受けた。
157系
  1. 登場時は非冷房だったため、下降窓を採用したが、雨水が侵入して腐食が進行し、保守に手を焼いた。以来、205系が登場するまでは下降窓の採用に消極的になったとか。
キハ120形
  1. 登場時はトイレがなく、しかも駅にトイレのないローカル線で運用されたため、×××した利用客がいて新聞に取り上げられるほど問題になり、トイレ設置に追い込まれた。
  2. 同世代のタイプが置き換えられる中、ここは会社の都合で延命させられている。
キハ130形
  1. 投入先が大誤算だった。日高本線でなければ塩害で寿命を縮めることもなかった。
    • その軽量車体故に寿命を縮めた。
213系5000番代
  1. 転換クロスシートを採用するも登場時はトイレがなく、2ドアだったので扱いづらい存在だった。
    • 後に飯田線に拾われるとともにトイレ設置。
2600系
  1. 空気ばね式車体傾斜装置を採用したが、土讃線の線形には対応できなかった。
定山渓鐡道2300形電車
  1. 東急7000系に似た外観を持つ車体とは裏腹に防寒の観点から固定窓を採用したため、夏場は気分が悪くなる乗客が続出し、ゲ○電と揶揄される始末だった。
    • 吐気用の袋も用意されていた。
  2. それゆえにどこからも譲渡されなかった。
小田急10000形
  1. ハイデッカー構造がバリアフリー化の障害となり、7000形よりも先立たれてしまった。
名鉄7000系
  1. 鉄道ファンや利用者の人気は高かったものの現場での扱いが悪かった。
    • 運転台が高すぎて他社に譲渡すらされなかった。
    • 消費電力も大きかったそうだ。
京阪3000系(初代)
  1. 後継車である8000系の登場で一気に陳腐化した。
    • 利用客は8000系に乗りたいがために待つほどの人気であったため、淘汰が前倒しされた。
    • しかも先代の方が何故か生き残った。
  2. 大井川鐵道に譲渡された車両も車齢が最も若いながらも1編成しかないため、見捨てられた。
多扉車
  1. ラッシュ時の切り札だったが、今やホームドア化の障害になっている。
    • 京王6000系に至っては4ドア化までしたが、結局(ry
阪急5200系
  1. 阪急最初の冷房車として登場したが、試作的要素が強かったなどの理由で先輩の3000系や5000系よりも早くに引退した。
E233系7000番台
  1. 埼京線に導入された新型車両だが、導入当初に車両LCD破壊、つり革盗難、車番ステッカー盗難が多発。今ではこそは警備を厳しくして、改善されたが…。

施策

小さな旅ホリデー・パス(南東北エリア版)
  1. 常磐線はなぜか山下駅まで。常磐線の複雑な支社管轄事情が起因している。
    • それ故に福島県浜通り地方が露骨に冷遇されている。
      • 観光資源が乏しいこともある。
JR東日本の車両計画
  1. 車両置き換えが完了した途端に一部の編成が残留する傾向がある。
    • 秋田新幹線のE3系、京葉線の209系、719系、新潟地区の115系などなど、挙げてもきりがない。
    • 過去には仙石線の103系、常磐線快速の103系、中央線快速の201系などが該当した。
  2. 量産先行車を登場させては本格的な導入に至らないケースもあった。E331系、キハE200がいい例。
    • E331系に至っては車両トラブルが多発したため。
  3. 転属や新製の情報を漏らす人が多い。
もしもし券売機Kaeruくん
  1. なかなか利用客が増えなかった。
  2. 「Kaenuくん」と皮肉られてしまった。

花巻空港駅
  1. 花巻空港が最も近い場所にあるだけの駅でつい最近までは空港連絡の役割を機能していなかった。
    • 現在は当駅を経由して花巻空港を発着するバスが運行されている。
    • ちなみに花巻空港ターミナルビルへの距離があった。
(開業当初としての)新横浜駅
  1. 今ではこそ、のぞみが止まるほどの北口が大発展しているが、開業当初は「田んぼの中の新幹線駅」と呼ばれていた。
  2. ま、篠原口の方は未だにあんまり発展していないけどね。
浦和駅
  1. 今ではこそ「スーパービュー踊り子」が停車する駅まで育ったが、昔は特急が通過する寂しい県庁所在地の駅だった。
    • それどころか、前までは湘南新宿ラインも通過していた。
南海三国ヶ丘駅
  1. 南海高野線とJR阪和線が接続する重要駅で、利用客も多いものの、準急以下しか停車しないため、昼間は15分以上間隔が開くこともある。
    • おまけにかつては南海とJRは連絡改札口1つで乗り換えられたものが、南海側の橋上駅舎化により遠回りになってしまった。
    • 2駅極楽橋寄りの中百舌鳥駅(大阪メトロ御堂筋線との乗換駅)も同じような境遇である。

路線

参宮線
  1. 風光明媚な観光路線でありながら観光列車すら運行していない。
  2. 廃線が噂されたこともある。
仙山線
  1. 快速の停車駅がややこしすぎる。
    • 一部の駅では停車駅の少ない順にA,B,C・・・を独自に付与している。
  2. 単線ゆえに都市圏にも都市間輸送も中途半端な状態。
日光線(JR)
  1. 国際的観光地である日光がありながら、観光輸送は東武に任せっきりで、こちらは普通列車しか運行されていない。当のJRでさえ東武日光への直通特急を運行する始末。
    • JR東日本のやる気のない施策の1つにも挙がっている。
川越線(大宮-川越)
  1. 利用人数は結構要るのに、日進-川越間が未だ単線で運休になったら直通運転中止する始末。
    • しかも、JRは複線化する気無しと言う。

発車メロディー

YAMAHA製の発車メロディー(新宿駅・渋谷駅)
  1. JR東日本最初の発車メロディーを納入した会社だが、YAMAHAが納入した放送装置とスピーカーが老朽化しまったか、現在は水戸駅と金沢駅の発車メロディーのみしか使われていない。
    • 更新すればもう少し長く使えていただろうのに…。
近郊17番
  1. 通称「はいいち」。過去に拝島駅で使われていたことから。しかし、発車メロディとしてはサイレンみたいに繰り返し鳴っているからか一部の利用者には不満らしい。
四季~愛しき子供たちへ
  1. 宗次郎作曲の発車メロディだが、利用者から「暗すぎる」という苦情が多発し、別の曲に置き換えられてしまった。
    • その過去に使われていた松戸駅に楽しそうな発車メロディに置き換えられた事で逆に有名になってしまった。
      • 発車メロディ名はSF22-14。通称「松戸テレフォンショッピング」。
こころ
  1. 上記と同じく、宗次郎作曲の発車メロディだが、利用者から「暗い」という苦情が多発した。上記と比べるとそこまで暗くは無いが…
明覚駅の接近メロディー
  1. 名前は愛知環状鉄道線でも使われている「SF22-43」。下りの放送装置が故障して消滅。
草原
  1. 一時は高原みたいに多くの駅で使用になりかけるほどだったが苦情が来たのからなのか廃止された噂が。

人物

AKB48
  1. 色々制約が多く、扱いづらい。
    • 水着についてはどこよりも積極的だが、制約がある。
      • 水着着用が認められるのは今や18歳以上に制限された。つい最近までは16歳未満メンバーとTeam8メンバーが水着NGだった。
  2. オーディションの選考基準は審査員の「絶対入れたい」とするご厚意で決めている。それゆえにビジュアルや歌唱力は追求されない。
    • 上記の選考基準を起因して「クラスで2番目(以下)に可愛い女の子」を集めるというコンセプトがあるように思えるが、秋元康は「そんな事は言っていない。都市伝説だ」と否定している。尤もこれは恣意的な解釈によって生まれたものであり、むしろビジュアルのバラエティには富んでいる方である。
  3. 派生ユニットは事務所ごとに異なるので後継メンバーを選びにくいため、解散に追い込まれる事が多く、そう簡単にやりくりすることができなかった。
尾崎由香
  1. けものフレンズのサーバル役でブレイクするものの有田哲平の夢なら醒めないでに出演した際には池澤春菜や七緒はるひに対する態度が原因で炎上してしまう。
川口春奈
  1. モデル出身の割には顔が大きめ。
  2. しかも主演ドラマが大コケしたことがある。低視聴率を記録すると真っ先に槍玉が挙がる。
新川優愛
  1. グラビアアイドル時代が残念だった。AKB48を始めとするアイドルグループの台頭で活動が目立たなかった。
タッキー&翼
  1. ユニットよりメンバー個人の方が人気があった。
  2. エイベックスが全タイトルCCCD導入の方針の頃にデビューしたため、ユニットとしての人気が伸び悩んだ。
  3. タッキーに至っては末期はシニア向け商品のCMに出演する始末だった。
中山美穂
  1. 一時はアイドルや女優としてトップを極めたものの、結婚後テレビ露出が減り、その後の不倫→離婚もあって凋落。
橋本マナミ
  1. オスカー時代が残念だった。ドラマでは水死体役をさせられたことが多かった。
葉月里緒奈
  1. 一時はCM女王になりかけるほどだったが不倫騒動で陥落。
  2. ヌード写真集を発売したこともあるが貧乳過ぎた。
ヒロシ&キーボー
  1. 「3年目の浮気」は元々は黒沢年男がキーボーと歌う予定だったが、黒沢年男が「ニヒルな二枚目キャラを傷つける」と断ったため、弟の黒沢博とユニットを組んだ。
  2. 「3年目の浮気」は大ヒットしたものの、その歌詞の内容が夫婦喧嘩を連想させたため、紅白歌合戦の出場を逃した。
  3. その後、実質的な続編ともいえる「5年目の破局」をリリースするも大コケ。それ以来、ヒット曲に恵まれず解散。
坂本龍馬
  1. 明治になるまで生き延びていたら経済面でどれほど活躍していたことか…。
伊達政宗
  1. 古くから「もっと早く生まれていれば天下取りにも絡めていただろう」という見解が多い。
羽鳥慎一
  1. 2011年に日本テレビを退職してフリーアナウンサーになったにも関わらず、モーニングショーを除くとほとんど日本テレビの番組に出演している。
    • 理由としては女性アナの流失や器用な男性アナウンサーが育成できていないから、起用されているとか。

アニメ・漫画

ポリゴン(ポケットモンスターシリーズ)
  1. ポケモンショックを起こした張本人として降板。
    • そもそも、ポケモンショックの原因はピカチュウなのでは…
けものフレンズ2
  1. 展開がクソ過ぎてネット上でボロクソ叩かる始末。
  2. BDの売上も惨憺たる結果に。おまけにBD-BOXが景品表示法に抵触していたことで更に火に油を注ぐ羽目に。

ゲーム

ソフト

ピクミン3
  1. 2008年に開発中を発表して以来3年以上情報がなくその後WiiUに向けに開発を進め、発売したが結果は29万と言うシリーズ最低売上記録を出してしまった。(スピンオフやリメイク除いて)
    • Wiiで発売されていたら、もう少し売れていたはず…?

ハード

Atari 2600
  1. カートリッジ方式を採用した当時としては革新的なゲーム機だったがソフトの粗製乱造などが原因でゲーム機市場そのものを崩壊させてしまった。
PSP
  1. いろいろと機能を詰め込みすぎてコストカットに時間がかかった。
  2. 採用された独自規格はどれも普及せずに終わってしまった。
WiiU
  1. 任天堂初のHD機だが、開発に時間掛かる事もあってかソフト不足となり、全然売れなかった。
    • そもそも、スイッチのような形だったら…。
  2. ただし、スプラトゥーンが大ヒットしたのが一つの救い手だった。
  3. WiiU発売前日に地震と津波が起きてしまったのも残念な所。
初代たまごっち
  1. 生産が追いつかず、 急いで大量生産したころにはブームが去っていて、結果的に六十億の赤字になってしまった。
    • これが原因でバンダイとナムコと合併する遠因になったとか。
  2. この教訓から第2期以後、バンダイはブームに慎重な姿勢を見せるようになった。
サテラビュー
  1. 衛星データ通信を利用し、空からゲームが降ってくると言う触れ込みのSFCの周辺機器。様々な要因で普及に至らなかった。
バーチャルボーイ
  1. 任天堂の初期のVRゲーム。商品に対する制作側とユーザーの思惑が噛み合わず、黒字ではあるが失敗扱いとなる。
  2. プレイ中の画面を見られるのはプレイヤーのみで完全にパーソナルだったのも普及を妨げたとされる。
    • 同時期に大ヒットした初代ポケモンがコミュニケーション性の強い内容と言うのは皮肉である。
モバイルアダプタGB
  1. GBとGBAの周辺機器。当時の子供に携帯があまり普及していなかったり、通信費が高い印象が強かったことからポケモンの力をもってしても普及には至らなかった。
64DD
  1. 64の周辺機器。しかし、64のメインユーザーを顧みない販売形態により全く売れず短命に終わった。
    • ランドネット稼働中に発売されたピカチュウ64は物理的に64DDが接続出来ないなど、開発サイドの広報活動も元々積極的でない。
3DS
  1. 初代3DS。当初は25000円で販売されていたが、経った数ヶ月で15000円まで大幅に値段を下げた結果が売れば売るほど赤字になってしまった。
PCエンジンLT
  1. 4型液晶ディスプレイ・テレビチューナー標準装備という(1991年当時)非常に贅沢な作りだったために値段が10万弱にまで跳ね上がり、バブル崩壊も相まってあまり売れず現在では希少品に。

放送

キャプテン☆ドみの(TBS系)
  1. お金を掛けて作ったゲームアトラクションバラエティ番組なのだが、4%台まで下がってしまった。
L字型画面
  1. これも台風などの災害時に出てくる。ドラマなどの番組を見ていてもそのために画面が小さくなってしまうので。
  2. 状況に応じてテレビ局によっては出てなかったり、出たり、そこもある意味残念。
ニュース速報テロップ
  1. ニュース速報、気象情報、地震速報、噴火速報など。ドラマやアニメに良いところに限って流れる厄介なテロップ。
  2. 真剣に見てる時に速報音にビビる始末。
  3. ニュース番組では報道してるのにテロップ出す必要ある?と言う声もあったりする。
もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!(テレビ朝日系)
  1. 2010年に月曜19時ゴールデン進出して、当初は家族向けの様々な企画を組む予定だったが「帰れま10」がメインとなってしまい、深夜時代の多様なジャンルのバラエティ色が失われた。
  2. さらに、無意味な合体SPを連発して視聴率を稼ぐ羽目に。
    • これは「Qさま!!」「中居正広の身になる図書館」「10万円でできるかな?」「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」「帰れマンデー見っけ隊!!」でも言える事である。
帰れマンデー見っけ隊!!(テレビ朝日系)
  1. 放送時間が安定しない、キー局のみ最終的にテレビ内の番組表では分かれるのが常。
    • そのためか、地方では合体SPとして編成される羽目に。
  2. 通常放送は2018年5月28日の一回しか放送されていない。(その後2019年3月18日も一時間放送だが、実質合体SPである。)
マジカル頭脳パワー!!(日本テレビ系)
  1. 当初は毎週土曜日20:00に放送されていたが、プロ野球で休む事が多かった。
  2. フライングスタートを日本のゴールデンタイムで最初に行った番組だが、「視聴率稼ぎかよ」と批判する人も少なからずいた。

地理

与野市
  1. さいたま市の誕生によって消滅してしまった地名。区の名前にも使われなかった扱いの悪さだった。
群馬県
  1. よく県外の人から県庁所在地を高崎市と間違われる。
  2. ネットでは日本最後の秘境「グンマー」などといじられている。
    • 赤城山と世界遺産の富岡製糸場を忘れずに…

その他

コツウィキ
  1. かつて存在していたウィキ系サイトだが、ユーザーが少なく更新もされていなかったからかいつの間にか閉鎖してしまった。
  2. 元々コツウィキはChakuwikiから独立されたモノ。
イオン
  1. 出来たら出来たで田舎扱いされてしまうショッピングセンター。



関連記事