「ざんねんな放送局事典」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(ラジオ局)
(日本)
153行目: 153行目:
 
#同じ教育系のEテレよりも放送開始時刻が遅く、放送終了も早い。
 
#同じ教育系のEテレよりも放送開始時刻が遅く、放送終了も早い。
 
#*放送開始時刻は午前6時がほとんどで、放送終了は午前0時前後。
 
#*放送開始時刻は午前6時がほとんどで、放送終了は午前0時前後。
 +
 +
;ニッポン放送
 +
#かつて、横浜ベイスターズ(当時)を買収しようとしたら、怒られたことがある。
 +
 +
;文化放送
 +
#フジサンケイグループの一員なのに、目玉マークが使えない。
  
 
;RFラジオ日本
 
;RFラジオ日本

2019年11月11日 (月) 00:16時点における版

ざんねんなモノ事典 > ざんねんな文化事典 > ざんねんな放送事典 > 放送局


地上波テレビ局

日本

NHK
  1. ドラマとアニメがことごとくつまらない。
    • NHK職員が競争原理にとらわれず自由勝手に作れることが原因となるらしい。
      • 国民からの受信料収入が視聴率に依存しないので、競争原理を捨てたらしい。
  2. ついに内閣官房長官から「お前ら公共放送じゃねえ!!!」宣言が出る。
    • それから、民放とも協力するようになった。
      • うわべだけかもしれないが、以前よりマシになった。
      • 日テレの看板アナウンサーを朝のNHKのニュース番組に出すという拷問を開発したらしい。
  3. 「中韓の手先」「日本政府のプロパガンダ機関」と根拠のない批判にさらされ、ついにこんな政党が国会で議席を得てしまった。
日本テレビ
  1. ここのところ最近ジャニーズの人が多く出演していることから、批判してる人もいるとか。
    • 特に、土曜ドラマが多くのジャニーズが出演している。
  2. プロ野球では巨人戦をやっても低視聴率という始末。そのため、BSやCSで多く放送しているんだとか。
  3. 当初は「日本テレビ放送網」という社名の通り全国放送を予定していたが頓挫。
    • CIAが絡み反共プロパガンダも主要な目的としたかったらしい。
  4. 「うちは日本初の民放だから」という無駄なプライドのせいで東京タワーへの送信所移転が大幅に遅れた。
  5. かつてここのプロデューサーが不正に視聴率を上げようとした事件をやらかした事があった。
テレビ東京及びその系列局
  1. 系列局が少なく、報道番組の放送時間が短い。
    • 東北・北陸には系列局がない。
    • かつてテレビ東京系列の局がプロ野球日本シリーズの放映権を取得した際、系列局が少ないことを理由にBS1と並行して中継を行うなど条件がつけられたり、場合によっては放映権を返上させられたりしていた。
    • 中高年にはまだこの系列が全国ネットだと思っていない人もいる。
    • 後述の理由もあってか関西圏では某独立U局より存在感がない。
  2. 視聴率が平均的に低い。
    • 夕方のアニメは衝撃の視聴率0%台…。
  3. かつては予算も無かったようで一日に4時間しか放送できなかったこともあったとか。
    • 当時はNHKが買収するという話まで出ていた。
テレビ大阪・テレビ愛知
  1. どちらも、同じ府県に所在する他の民放局が広域放送を行っているのに対して、この2局はどちらも県域局。よって近隣の他県では放送を見られない。
    • いずれも当初は広域放送になる予定だったらしいが、様々な要因でこのような形になった。
    • 一応ケーブルテレビの力でそれなりにカバーできているがもちろん広域局にはエリアの面で劣っている。
  2. 広告料金が独立局とかわらない。
中京テレビ
  1. 中京圏で広域放送を行う民放各局では、アナログ放送で唯一UHF (35チャンネル) での放送だったため、UHF波に対応していないと見られなかった。
    • そのせいか開局当初は名古屋テレビのおこぼれを拾う形の放送を強いられていた。
テレビ愛知
  1. 中京圏の民放各局の中で深夜アニメを一番多く放送している事で知られていたが、現在はその本数を減らしている(もっとも、これはテレビ愛知だけの問題ではないが)。
    • 中には1期は放送されたのに、2期(または3期以降)でリストラされた事例も…。
  2. テレビ東京系で唯一、地デジのチャンネル番号が7ではない(その理由についてはこちらを参照)。
  3. テレビ東京系で唯一、平日18時30分枠で放送されたアニメ(主にスレイヤーズやエヴァなど)を同時ネットしなかった事がある(この枠では「マンガのくに」という、アニメ再放送枠だったため)。
    • その要因と言える「マンガのくに」終了後は晴れて同時ネットに。
    • テレ東の人気番組の一つである「開運!なんでも鑑定団」もこれの影響で開始当初は深夜に遅れ放送。
TBSテレビ
  1. ビデオ問題発覚で、しばらくTBSからワイドショーが消えたことがある。
  2. 2009年春に愛の劇場などを終了させ、「総力報道!THE NEWS」などを投入したが、ことごとく撃沈。
    • 1992年にも当時人気を博していたアニメやバラエティを打ち切ってまでフジのバラエティ番組に対抗せんと「ムーブ」という帯番組を始めるも・・・。
      • TBS社長の独断行為のせいで見ていた番組やアニメが無理矢理打ち切られたことに腹を立てた視聴者に益々逃げられてしまい、視聴率は当初から伸び悩み、後番組の「ザッツ」と並び1年半で終了した。
        • それでも『関口宏の東京フレンドパーク』や『上岡龍太郎の男と女ホントのところ』はそれなりに好評だったらしく、枠終了後も継続された(フレンドパークは1度終了していたが復活した)が、他はお察しの状態だった。
  3. 民放キー局5局の中で唯一、今もなお続いている国民的長寿アニメが存在しない(系列局も含めて)。
    • アニメ番組も行き当たりばったりな事しかやっていない。
      • 全日帯アニメ枠は2019年6月を以て撤退しており、現在は深夜の「アニメリコ」とMBSの「アニメイズム」が残るのみ。
  4. 他の在京テレビ局と比べると不祥事がかなり多い。
テレビ朝日
  1. 無意味な合体スペシャル、原則隔週での2時間・3時間放送が一番多い。
    • その次に多いのはTBS。(現在、月曜と水曜と土曜と日曜辺り)
  2. 当初は教育番組専門局として日本教育テレビで開局したが、教育番組のセールス売が伸び悩ず失敗に終わった。
  3. 深夜番組のゴールデン昇格はいわゆるゴールデン降格。
  4. 過去に放送免許取り消し寸前までいったことがある(いわゆる椿事件)。
    • 最も免許取り消しになりそうだったのが、アフタヌーンショーのやらせ事件。
  5. 番組の放送時間移動しすぎ。
    • 裏番組の視聴率を考慮しないいい加減なものであることが多い。
  6. 一度ヒットしたドラマは何シーズンも続けまくる。
    • 特に中高年向けに偏重的。
    • サスペンス依存度が高い。
      • 近年サスペンスもの以外でヒットしたのは「ドクターX」「おっさんずラブ」と少ない。
  7. CM中にトイレへ行くことを促したことで問題になった。
    • 特に乱一世に至っては「トゥナイト2」を一時降板させられ、関係者も処分に追い込まれた。
テレビ北海道
  1. 全道カバーが実現したのはデジタルになってからで、アナログ時代は道東のほぼ全域と旭川より北がエリア外だった。
東京メトロポリタンテレビジョン
  1. 2014年に全放送時間帯でMX1、MX2とマルチチャンネル化したが、画質が劣化したと言われている。
  2. アニメの大量放送など制約がほとんどないフリーダムな局と言われているが、生放送や政治番組を中心に出演者のトラブルによるとされる降板が実は多い。
    • ただし、BPO案件によりMXで放送できず周囲のtvk、テレ玉、チバテレで放送せざるを得なかったアニメもある。
  3. 深夜アニメは言うまでもないが、新作子供向けアニメで一定の結果を残したのが「怪盗ジョーカー」ぐらいでテレ東などのお株を奪いきっていない。
    • テレ東で放送されていたアニメの新シリーズをいくつか放送していたが芽が出ず次新シリーズでテレ東に戻ったアニメもある。
      • そのためなのかテレ東で放送していたが新シリーズはネット配信のみという子供向けアニメも出始めている。
  4. 「進撃の巨人」は全国放送を理由にNHKに奪われた。
    • TBSから「ハイキュー!!」2期の放送を奪うのも、3期はTBSでの放送に戻される。
  5. かつては自社制作やソニーミュージックと組むなどでバラエティ番組を充実させていたがアニメの大量放送と反比例する形で鳴りを潜めていった。
  6. アニメを大量放送と言っても再放送の割合が目立っている。
  7. アニメとアニメの間に全く関係ない番組を挟んでいる曜日があり視聴者層を考えていないと批判されることもある。
フジテレビ
  1. TBSやテレ朝程ではないものの、幾度とトラブルが多い。
  2. 一時期韓流に力を入れていた。冬のソナタからのヨン様ブームをけん引した功績はあったもののその成功に味を占め、さらに韓流に力を入れた結果思いっきりネット上で嫌われた。
    • そしてネットだけに留まらずデモ行進が行われることに・・・。
中部日本放送(CBC)
  1. その昔、局舎が火事で全焼したことがある。
テレビ大阪
  1. テレビ愛知やMBSなどに比べるとUHFアニメの放送に消極的である。
  2. テレ東アニメであるはずの「貧乏神が!」はMBSに持っていかれてしまった(原作者が和歌山出身だったという理由もあるが…)。
  3. この局が開局したせいで、サンテレビがテレビ東京の番組をネットできなくなったのはとても有名な話(一部例外を除く)。
    • KBS京都もポケモンなどを除き、ほとんどの番組をネットできなくなっている。
独立局連合
  • いわゆる東名阪ネット6、5いっしょ3ちゃんねる、首都圏トライアングルなどについて。
  1. ネット6は6番目のテレビ局系列の構築を目的として立ち上げられた。
  2. 事実上東名阪ネット6、5いっしょ3ちゃんねるは区別がつかない状態。特に共同制作では。
    • 番組の同時ネットがどちらも長続きしなかった。
  3. ネット6は公式サイトがあったが閉鎖されている。
  4. 制作番組は実質ドラマに偏ってる。
  5. 現状TOKYO MXに歯が立たない状態。tvkなどでやるよりMXでやった方がいいという風潮が強い。
    • 3ちゃんねるの目玉だった「JOYnt!」もtvkでの放送を打ち切りMXに切り替えている。
    • ネット6のサンテレビ、KBS京都や3ちゃんねるの群馬テレビ、とちぎテレビはTOKYO MXとの繋がりを強めている。
  6. KBS京都とサンテレビの三都ネットは早期に瓦解。
  7. 首都圏トライアングルは元々MXも入っていた首都圏ネット4だったがMXはデジタル出力で他3局の怒りを買い追い出される。
    • 2019年時点実質お互いの生放送番組を30分だけネットしているだけの状態。
  8. 3ちゃんねるは特別企画としてアメリカのドラマを放送したが本国ではシーズン1で打ち切られるほど不人気作だった。
    • 海外映画を大晦日に放送したがその映画は…。
北海道テレビ放送
  1. 大泉洋をはじめとするオフィスキューのタレントに依存しているイメージが強い。
    • 2017年に新社屋に移転する際には、大泉らTEAMNACSに「HTBは、俺たちが出た番組のカネで新社屋を建てた」と嫌味をたたかれる始末。

海外

大韓放送
  1. 韓国初のテレビ局だが局舎の火災やクーデターのせいで5年でつぶれた。
東洋放送
  1. テレビ・AM・FMを兼営しソウル市民に人気のある放送局だったが全斗煥政権の言論統廃合によりKBSに吸収された。
  2. ネットワークの形成もMBC(文化放送)系より遅かった。
    • 江原道や済州島では視聴不可だったと思われる。
英国放送協会(BBC)
  1. 公平中立に厳格なイメージがあるが国際放送はイギリス政府のプロパガンダと化している。
    • 特にビアフラ紛争の時はひどかったらしい。
      • 当時BBCに在籍していた作家のフレデリック・フォーサイスが自著で暴露している。
  2. 広島と長崎の双方で被爆した男性を「世界一不幸な男」と面白おかしく紹介したことがある。
ドイツ民主共和国テレビ放送
  1. 東ドイツの国営放送だったが多くの地域(ドレスデン周辺を除く)で西の番組が視聴できたため報道を信用してもらえなかった。
  2. 開局当初は「ドイツテレビジョン放送」だったがもちろん西側には進出できず。
    • 統一後にこの名前に戻っても全独展開どころか91年に閉局した。

ラジオ局

日本

NHKラジオ第二放送
  1. 同じ教育系のEテレよりも放送開始時刻が遅く、放送終了も早い。
    • 放送開始時刻は午前6時がほとんどで、放送終了は午前0時前後。
ニッポン放送
  1. かつて、横浜ベイスターズ(当時)を買収しようとしたら、怒られたことがある。
文化放送
  1. フジサンケイグループの一員なのに、目玉マークが使えない。
RFラジオ日本
  1. 神奈川県域放送という扱いだが、ほとんどの番組が東京にしか向いていない。
  2. 日本テレビ傘下のため巨人戦を放送しているが、土日デイゲームは競馬優先のため生中継できない。
  3. 局名を巡ってニッポン放送やNHK国際放送と揉めたことがあった。
  4. かつての社長遠山景久のワンマン経営のせいでつぶれかけたことがある。
    • 人気を誇っていた若者向け番組排除や右翼的な番組編成、恣意的なリストラや配置転換など独裁者としてやりたい放題だった。
      • 社長を追い出したものの、後押したのが読売新聞だったため論調は相変わらず。
AIR-G'・FMノースウェーブ
  1. どちらも北海道全域まではカバーできていない。根室や稚内(ノースウェーブは北見、網走も)などではradikoなどネットでなければ聴くことができない。
茨城放送
  1. 21世紀に入るまで深夜は原則放送休止であったため、オールナイトニッポンが聴けなかった。
  2. テレビ放送の免許申請もしていたが、不況のため断念し取り下げ。
愛知国際放送
  1. 2000年に開局、中京広域圏を放送エリアにしていたFM放送局。通称RADIO-i。三重県や岐阜県でも受信可能なほどに広い放送範囲だった。
    • Mega-Net系列に加盟していた国際放送局でもあったため、日本語だけでなく英語・中国語・韓国語・ポルトガル語などの番組もあった。
  2. 地元財界の支援を受けていたが当時はラジオ離れが続いている時代の開局だったために初年度から赤字が続く。親会社がどうにか支えていたが・・・。
    • 2008年のリーマンショックで一層広告収入が減少し親会社でも支えるのが厳しくなってしまう。
  3. 2010年初頭に大規模な番組改編を行い広告収入の回復とリスナー数の増加を狙うも2010年3月期までの累積赤字は約29億円。もはや黒字回復は不可能となりこの年の9月30日をもって放送終了、閉局を決定した。
    • 県域民放放送局が閉局するのは合併や統合や移行などを除いては初の出来事であった。
FM愛媛
  1. 民放FMでは5番目の開局(向かいの広島はおろか北海道よりも早い)だが、終夜放送は原則行っておらず深夜3時に放送休止になってしまう。
セント・ギガ
  1. 世界初の衛星デジタルラジオ放送だが、契約者が伸び悩んだ上、任天堂との提携も失敗に終わり倒産。
  2. その後、クラブコスモ、WINJと形を変え、閉局。
World Independent Networks Japan
  1. キー局系のBSデジタル音声放送が2006年3月までにすべて撤退してからは唯一のBSデジタルラジオ局となっていたが…。
  2. 閉局前に他3社(BS11、TwellV、スターチャンネル)と共にBSデジタルテレビ放送への参入を総務省に申請した事があったものの、WINJのみ何故か拒否された。
  3. 末期は放送中断やノイズ等のトラブルが頻発し、サイトの番組表も6月を最後に更新されていなかった。電話やメール連絡もつかなくなったりもした。
  4. 2006年11月より放送休止。その後休止期間を何度か延長したのち、総務省によりWINJの委託放送業務の認定が取り消され、廃局。これによりBSデジタル音声放送のチャンネルは一旦姿を消した。

海外

救国の声放送
  1. 「韓国の地下革命組織による放送」ということになっていたが発信地は北朝鮮だった。
  2. 出力1000kw越えという驚異的な大電力局だったため同じ周波数のCBCに全力で混信していた。
    • CBCのお膝元の名古屋市内でも混信したという記録があるほど。
バチカン放送
  1. 領域外のローマ市内にある送信所から送信しているが周囲の住民に電磁波による健康被害が多発し出力低下を強いられた。
    • そのあおりで日本語放送などが中止に追い込まれた。

その他の放送局

JスカイB
  1. 1998年4月の放送開始を前にパーフェクTV!と合併することが決まったため、その合併会社であるスカパー!のSKYサービスとして放送開始された。
ディレクTVジャパン
  1. スカパー!と比べて極めて不利な条件下で競争を強いられ撤退を余儀なくされた。
プラットワン
  1. 東経110度CS放送を手掛けたが、わずか2年でスカパー!と合併。
  2. 日本テレビとWOWOWが中心になって設立されたため、巨人戦がスカパー!で観られなかった。
モバHO!
  1. どこでも衛星放送が観られるのが最大の売りだったが、対応機器が少ない上、ワンセグが始まるとそれに喰われたため約4年半で終了。
NOTTV
  1. 地上アナログ放送で使われていたVHF帯を活用したモバイル向け多チャンネル放送だったが、ほぼ親会社ドコモのスマホ及びタブレット限定(ソフトバンクは発売の見込みがあった)な上、動画配信サイトに押されて(ドコモ自体もdTVを展開)、4年強で終了。

関連項目




関連記事