「ざんねんな文化事典」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(映画)
(「ざんねんな放送事典」から移籍)
56行目: 56行目:
 
#*その数年後、肝心のたくぎんが潰れた。
 
#*その数年後、肝心のたくぎんが潰れた。
 
#**偶然かも知れないけど、たぁ坊の誕生の前後からたくぎんの崩壊が始まった。
 
#**偶然かも知れないけど、たぁ坊の誕生の前後からたくぎんの崩壊が始まった。
 +
 +
;ゴーエクスパンダ(テレビ朝日のマスコット)
 +
#ハローキティのデザイナーを起用し、1959年の開局以来ようやく制定されたテレビ朝日のマスコットだが、いわゆる「面倒くさい性格」である…
 +
#*『クレヨンしんちゃん』ゲスト出演時にも作中のキャラクターに指摘されている。
  
 
===VOCALOID===
 
===VOCALOID===

2019年11月11日 (月) 01:56時点における版

ざんねんなモノ事典 > 文化

トークに、ざんねんな文化事典に関連する動画があります。
  • 単なる批判にならないようお願いします。

独立済み

キャラクター

サンリオ版権

ドンラゴン
  1. 『大好き!ハローキティ』のコーナーアニメのキャラクターだったが、理由不明の封印状態が続いている。
    • 尚、同作のキャラクターの一部はゲーム『サンリオタイムネット』に出演している。
キャシー
  1. 古来からキティのお友達の一人だったが、2010年にディック・ブルーナがサンリオのキャシーをミッフィーの模倣として起訴を起こす。
    • その後サンリオとブルーナは和解したが、結局キャシーはデイジー諸共サンリオのページから抹消されなかったことにされてしまったのであった。
      • 尚、昭和40年代にはリトルハニーと言うよっぽどミッフィーに似たうさぎがいた。こちらは更に黒歴史か。
マイメロディ
  1. メンヘラ女子が好むものの筆頭扱い
  2. アニメではゲスすぎる言動で白い悪魔呼ばわりされる
シナモロール
  1. よくシナモンロールとよく間違われてしまう。
  2. 一時はサンリオの人気キャラなのに、関連グッズに関しては冷遇されていた時期もあった。
    • しかし、2016年頃には関連グッズが増えて扱いが良くなった。
ルロロマニック
  1. シナモロールのスピンオフとして誕生。マイメロディのアニメにも登場したが、いまいち人気が出なかったためか?クロミと異なり2010年以降は深刻なグッズ不足。着ぐるみも存在しない。
    • 現在でも一定の知名度とファンがあるため、彼らのぬいぐるみやマスコットは争奪戦状態である。
オレンジPちゃん
  1. 1997年夏にデビューしたがほんの数ヵ月で消し去られた。ディズニーのオレンジバードに酷似していたのが原因とされる。
デイジー&コロ
  1. キャシーの妹デイジーとトーマスのいとこコロで1998年に結成したハローキティのスピンオフ。
  2. 2008年にもグッズが販売されていたが、2010年のキャシー騒動の巻き添えを食らって消えてしまった。
みんなのたぁ坊
  1. 元々は、北海道拓殖銀行(たくぎん)のキャラクターとして誕生。
    • その数年後、肝心のたくぎんが潰れた。
      • 偶然かも知れないけど、たぁ坊の誕生の前後からたくぎんの崩壊が始まった。
ゴーエクスパンダ(テレビ朝日のマスコット)
  1. ハローキティのデザイナーを起用し、1959年の開局以来ようやく制定されたテレビ朝日のマスコットだが、いわゆる「面倒くさい性格」である…
    • 『クレヨンしんちゃん』ゲスト出演時にも作中のキャラクターに指摘されている。

VOCALOID

全般
  1. 初音ミクなどクリプトン製品一極集中が揺るがない状態。
  2. 日本においてクリプトン以外でライブ活動など存在感を示してるのはIAぐらい。
  3. 人気声優のみならずGackt、柴咲コウ、SEKAI NO OWARIのFukase、AAAの伊藤千晃、小林幸子、坂本美雨、夢眠ねむなど錚々たるビッグネームが音声提供を行っているがほとんど忘れ去られてしまう。
  4. 初音ミクの成功でVOCALOIDはメジャーになったがバーチャルアイドル的側面が強調されすぎてDTM技術としてのVOCALOIDにスポットが当たりにくくなった。
  5. 人気VTuberと名前が被ってしまったボカロもいる。
歌手音ピコ
  1. 「うたたねピコ」と読む。両声類の歌い手「ピコ」の声を元にしたVOCALOIDだが、体験版の期限が5日間であり、体験版で作成した音声の公開が禁止されているため、批判が殺到し、下火になった。
  2. そのせいかはわからないが、日本語VOCALOID2で唯一VOCALOID3・4の後継版が出ていない。
GUMI
  1. 声優・中島愛の声を元にしたVOCALOID「Megpoid」のキャラクターであり、ミリオン曲を多数抱えている人気VOCALOIDだが、主役の音ゲー「Megpoid the Music#」、トークソフト「Megpoid Talk」など、VOCALOID以外のソフトはことごとく失敗している。
    • 同じインターネット社が出した「音街ウナTalk」はVOICEROIDと同じくエンジンがAITalkになる有様。
  2. 2019年で発売10周年を迎えたが初音ミクのように大規模なライブを行うことができなかった。
    • しかも毎年必ず出ていたニコニコ超パーティーもこの年は開催されなかった。
SeeU
  1. 2011年に発売された韓国のVOCALOID。K-POPブームに乗り切れてない感がある。
  2. 音声提供をしたK-POPガールズグループのメンバーは2014年に脅迫容疑で逮捕されてしまった。
初音ミク
  1. ボカロの代名詞として一極集中の状態が定着していてもはや世界に誇る日本文化となっているが…。
  2. 発売当初某テレビ局に酷く扱われた。
    • なぜかその後その局は深夜番組で頻繁にボカロ曲ランキングをやっていた。
    • 発売から11年後その局のアニメで初音ミクが声優を担当した。
      • それMBS製作のアニメ…
    • これが尾を引いたのか2011年に多くの独立局で放送された地上波初ボカロ特集番組に初音ミクが出なかった。
  3. 未だに紅白歌合戦出場は無い。
    • 2015年は小林幸子が特別枠として千本桜を熱唱した。
  4. 2018年初音ミクと「結婚」した男が炎上しテレビでも某議員のあの雑誌寄稿と合わせて叩かれた。
    • その直後のマジカルミライで「人妻!」と叫んだ客がいたらしい。

その他

ビッグマックポリス
  1. マクドナルドのキャラクターの中では人気が高かったがある時全世界で使用中止に。
  2. 彼に限らず、ドナルドをはじめとしたマクドナルドのキャラクターは2007年以降パッタリと見かけなくなった。

映画

ドラゴンクエストユアストーリー
  1. 展開がクソ過ぎてボロクソ叩かれる始末。
    • 更に本作と監督が同じルパン三世 THE FIRSTまで公開前にも関わらず出来が不安視されてしまった。
  2. ドラクエ5の映画と思いきやラストの展開がまさかのVRネタ。肝心のストーリーも飛び飛び。
    • そして、ウイルスと化したミルドラースから放たれた最悪のメタ発言…。
ファイナルファンタジー(2001年の映画版)
  1. 当時最新のCG技術を駆使し、フル3Dで作られた映画。1億3700万ドルという高額な制作費も話題になった。
  2. 結果は見事な爆死。先行公開されたアメリカでは早々と打ち切られた。
    • 国内でもアメリカでの惨敗に加え当時ヒットしていた「千と千尋の神隠し」に話題を持ってかれて大敗を喫した。
  3. 制作費1億3700万ドルのうち8500万ドルしか回収出来ずスクウェア社に大ダメージを与える結果になってしまう。
    • その結果当時放送されていたアニメ「ファイナルファンタジーアンリミテッド」は打ち切られる羽目に。当然ファンから恨まれたのは言うまでもない。
  4. 映画そのものの評価もCG描写が凄いぐらいしかなかったようである。
REXー恐竜物語ー
  1. 当時の人気子役・安達祐実を起用し、滑り出しは上々だったが・・・
    • よりによって、公開期間中に監督を務めていた角川春樹がお縄をちょうだいすることに。
      • これに伴い、公開打ち切りの映画館が相次いだ。

小説

二度目の人生を異世界で
  1. 作者のヘイト発言が発覚した為アニメ化を始めとした商業展開が中止となり本編も未完になってしまった。
風流夢譚
  1. 「中央公論」1960年12月号に掲載された深沢七郎の短編小説。
  2. 主人公が見た夢の話であるという設定ではあったものの、皇室を馬鹿にしまくった描写が連発。
  3. 当初は内容の良し悪しに関わらず言論の自由・表現の自由は守るという立場だった中央公論社も、右翼団体の度重なる強い抗議や圧力が強まり、次の号で深い遺憾の意を表わす「謹告」を掲載、竹森編集長と橋本次長を更迭した。
  4. しかし翌1961年1月に中央公論社の嶋中鵬二社長を目的とした「嶋中事件」が発生し、家政婦1人が死亡。嶋中社長夫人も重傷を負ってしまう。
  5. 一連の事件に衝撃を受けた深沢七郎は暫く筆を絶ち、都内で身を潜めた後に謝罪会見を開き、数年間世間から姿を消した。
  6. 深沢はこの作品の復刻を拒否、「未来永劫封印する」として生前は全集等にも収録させなかった。

作家

石川啄木
  1. 文豪三大外道と呼ばれるダメ作家の中でも、ざんねんエピソードの質量ともに1位をひた走る男。この人よりクズな作家はおそらく、今後も現れないと思われる。
  2. 「はたらけど はたらけどなお わが暮らし 楽にならざり ぢっと手を見る」で有名だが、以下のエピソードを見れば「ならない方がおかしい」と感じていただけると思われる。
    • 残っている写真からわかる通り童顔で女性にモテたが、あまりにモテすぎており、芸者を何人も侍らせていた。
      • FURIN GA BARENAI YOU NI RO-MA JI DE NIKKI WO KAITE ITA。DAGA TAKUBOKU GA SHINDA ATO KAMISAN MO BENKYO SHITE ORI ZENBU BARETE SHIMATTA
    • その結果、お金が稼いだそばから昇天していき、知人という知人から借りまくった。
      • 友達に「おごるから」といって酒を飲みにつれていき、何件もはしごした挙句、勘定はツケと称してその友人に払わせ、しかも交通費まで揺すった。もはや強盗である。
        • さらにその金で女遊びして歩いて帰った。
      • 生涯の借金は今のお金で数千万に及ぶという。
      • 「一言も言い訳できません」と前書きした手紙で、言い訳を1m33㎝も書いたという。
  3. 母親に甘やかされていたため嫁姑問題はメチャクチャに脱線しまくり、嫁さんは家出するも、結局啄木の友人が呼び返すまで面倒だから放置していた。
  4. しかも中学時代には内申点(のようなもの)がズタボロで、最終的にカンニングがばれて先生から怒鳴られ退学になっている。
佐藤大輔
  1. 死去した後に遺族の意向で彼が手掛けていた一部の作品が封印されてしまう。
太宰治
  1. 文豪三大外道「軟弱の太宰」。
    • 豆腐メンタルな文豪は数多くいるが太宰はその極地であり、生涯に5回も自殺を図り、最後の1回で本当に死んだ。
    • しかもそのたびに女をとっかえひっかえしており、2回目の自殺は心中だが相手の女だけ死んだ。
      • 内縁の妻が「初代」で翌年別の女と結婚するって何かのジョークかこの野郎。
  2. ちなみに「走れメロス」は借金取りから走っていた当時の太宰自身がモデルである。
    • メロスは帰ってきたが、太宰は人質解放の締め切り日まで逃げ惑い、井伏鱒二と将棋を打っていた所を借金取りに捕まった。
  3. 作風(あと顔も)が似ている芥川龍之介を尊敬し、芥川賞を欲しがっていたが生涯取れず、「なんでくれないんだよ」と抗議の手紙を送る。
    • しまいには審査委員の川端康成の「作品はともかく本人の生活態度が気に食わん(意訳)」という発言を受け、「てめえ、ぶっ殺してやる」という手紙を送った。小学生か。
中原中也
  1. 文豪三大外道「酒の中原」。
    • とにかく柳生十兵衛もかくやというくらい酒癖が悪く、太宰に対してはのび太をいじめるジャイアンも震え上がるレベルで絡み酒にひた走っていた。
    • 青山二郎の義弟のバーで、あまりに暴れまくるせいで1年で閉店まで追いやった。
    • しかも酒乱の癖に、大柄な坂口安吾にはどんなに酔っぱらってもガチ絡みはしなかった(中原は151㎝の小男だった)ため指さして嗤われたらしい。
吉行エイスケ
  1. 妻のあぐりが107歳まで長生きしたのに対し、自身はわずか34歳で心臓疾患で死去した。
    • 晩年は小説を書くのをやめ株式売買をしていたが、なかなか稼げず美容師をやっていたあぐりに頼りっきりだった。
  2. 新興芸術派の代表的な一人として活躍していたが、死去後に作品を自身の息子の淳之介や妻のあぐりにまで批判された。
    • 淳之介は「自身の父の作品は1つも最後まで読んだことがない」といい、エイスケの全集が発売されるときも「売れるとは思わない」と語っている。
      • 実際その全集は売れずに絶版となり、彼の作品が再び世に出るのは1997年に連続テレビ小説で妻のあぐりを主人公にしたドラマ「あぐり」が放送されるまで待つことになる。
    • あぐりは「作品が難解でわからなかった」と語っている。
    • これについて同時代の小説家伊藤整は「読むに堪える本が新興芸術派にはなかった」と分析している。

クリエイター

米村正二
  1. 彼が脚本を担当すると色んな意味でやり過ぎてしまう為彼が脚本を書いた作品は賛否両論になりやすい。

動画投稿者

チョコレートスニッカーズ
  1. サイゼリヤのすべてのメニューを食べきれるかという企画を行った際に食事を大量に残したまま店を出てしまい、それをほかの客がTwitterに投稿して炎上した。
  2. メンバー暴行と思われる動画を投稿して解散したチョコレートスモーカーズに名前がよく似ているため、彼らが起こしたと勘違いされやすい。
MEGWIN
  1. YouTuberの先駆者として人気を博していたが、今ではUUUMなどのほかの事務所のYouTuberに抜かれ、かつての勢いはなくなってきている。
    • 物申す系YouTuberのシバターに「オワコン」と言われてしまっている。

バーチャルYouTuber

  1. 大台であるYouTube登録者数100万突破が2019年10月に輝夜月が達成するまでキズナアイ以外達成できなかった。
  2. 2019年に放送されたVTuberアニメがアニメファンからも絶不評でブームに水を刺してしまう。
  3. YouTubeよりビリビリ動画の方が登録者数が多いVTuberが多い。
キズナアイ
  1. BS日テレで冠番組を続けているがスポンサーが企画に激怒し降板してしまう騒動が起こった。
  2. フェミニストからのバッシングがあった。
  3. 「分裂」で登録者数が減少してしまった。
ゲーム部プロジェクト
  1. 担当声優変更で運営含めて炎上し登録者数が急減してしまう。
  2. 10月にアンチに苦言を呈する動画を出してしまい火に油を注いでしまった。
KMNZ
  1. TOKYO MXでレギュラー番組MCを務めていたが1年も持たず打ち切り。
  2. 同じ絵師のヒメヒナにYouTube登録者数で大差をつけられてしまった。
にじさんじ
  1. AbemaTVのレギュラー冠番組が話題になったが配信チャンネルの廃止に巻き込まれ打ち切り。
  2. 海外進出として上海、台北のグループが業務提携として立ち上げられたがわずか半年で終了してしまった。

演奏家

田中希代子
  1. 1955年にショパン国際ピアノコンクールで10位になり、日本人として初めて入賞した。
    • ところが10年後に中村紘子が同じくショパン国際ピアノコンクールで4位に入賞し、そのことをもって中村自身がショパン国際ピアノコンクールの日本人初入賞者であると言い続けてきたために中村の方がショパン国際ピアノコンクールの日本人初入賞者だと認識されるようになってしまった。
  2. 自身は30代後半に膠原病を発症してしまい、引退を余儀なくされたこともあり日本ではしばらく忘れ去られていた。

棋士

将棋棋士

石橋幸緒
  1. 渡部愛のプロ認定問題の際に、日本将棋連盟主催の棋戦をボイコットし、谷川浩司をはじめとした日本将棋連盟の棋士たちから、理事として活動していたLPSAへの反発が大きくなるきっかけを作ってしまった。
    • 連盟から「LPSAとは団体としての交渉はしません。対局だけはさせてあげるから、LPSAの皆さんは自分で参加の手続きをしてね(大意)」といわれる状況になってしまった。
  2. 最終的には自らが責任を取る形で将棋棋士をやめた。
先崎学
  1. 「羽生世代」の一人に上げられることが多いが、タイトル獲得はおろか、挑戦経験もない。
    • 夭折した村山聖もタイトル挑戦経験はある。
    • 目立った実績はNHK杯優勝ぐらい。
  2. 順位戦でC級2組からなかなか昇級できず「俺が上がれない順位戦は間違ってる!」と発言し、他の棋士から総スカンを食らった。
    • そして、直後の順位戦で桐谷広人にボコられ「こんな奴に負けるくらいなら新宿で安酒食らってそのまま酔いつぶれる方がマシだ」と自戦記でdisられた。
    • なお、その後A級まで上り詰め2期在籍。
  3. 将棋界が盛り上がるさなか、うつ病で休場した。
林葉直子
  1. 中学時代に史上最年少で女流タイトルを取得するなど女流三強の1人として注目されていたが、1994年に失踪騒動を起こしてしまい、日本将棋連盟を退会せざるを得なかった。
  2. その後も自己破産したり入院したりと悲惨な生活を送っている。
米長邦雄
  1. おそらく歴代の将棋棋士の中ではざんねんエピソードが群を抜いている。
    • 週刊誌に鳥取砂丘で自らが裸になった時の写真を載せたり、弟子を奮発させるために「×××を見るような目で将棋盤を見ろ」と発言したりしている。
    • そのほかにも自らの×××を頻繁に露出するなどざんねんエピソードには枚挙にいとまがない。
    • 本人もざんねんぶりを自覚していたのか、将棋年鑑で「あなたのストレス解消法は?」という質問に「答えたくない」と回答した。
    • 晩年は前立腺がんにかかり、×××に支障が出る前立腺摘出手術を拒否してしまったからかがんが進行し、60代で死去した。
  2. 株式優待で有名な元将棋棋士の桐谷広人は現役時代は米長の尻ぬぐいをさせられていた。

囲碁棋士

藤沢秀行
  1. 飲む・打つ・買うの三拍子揃ったKing of ざんねん。
    • 飲む
      • 酔っぱらうと、×××を連呼。
        • 中国政府のお偉いさんの前でも中国語で連発。
        • 親友の米長邦雄の応援のため将棋タイトル戦の会場に行くも、泥酔しており門前払いを食らう。
          • そして対局場に届くような大声で×××を連発し、その声が公共放送の電波に乗ってしまった。
          • やはり類は友を呼ぶらしい。
    • 打つ
      • 競輪で数十~数百万単位の一点買いを平気で行い競輪場にいる闇金で借金。
      • その借金を棋戦の賞金で返済する日々だった。
      • 時には趙治勲などの自身の弟子を呼び出して彼らに用意してもらった金で借金を返済することもあった。
    • 買う
      • 愛人宅に泊まりに行き、そのまま3年戻ってこなかった。
        • いざ帰ろうとしたら自宅の場所を忘れてしまい、妻に迎えに来てもらった。
      • 子供は本妻との間の子と愛人との間の子で少なくとも合計15人はいたらしい。
        • それを聞いた米長邦雄は「俺とえらい違いだ」と語っている。
  2. あまりにも警察のお世話になるので、地元警察には対策マニュアルが整備されていた。
依田紀基
  1. ギャンブルに酒に女に借金、身を滅ぼす要素をほぼすべてやった男。
  2. 2019年、この人の暴言のせいで棋戦(フマキラー囲碁マスターズカップ)が一つつぶれた。

プロ雀士

二階堂亜樹
  1. 2018年、MリーグでEX風林火山に1位指名されたが・・・。
    • 二階堂亜樹は自分と同じチームである勝又健志と街を歩いているところをフライデーに撮られてしまった。
    • その後、二階堂亜樹は井出康平と離婚したが不倫は否定した。しかし、井出はTwitterで不倫はあったことを言っている。

イベント

ガールズ・ポップ・フェスティバル in 淡路島
  1. 運営がいい加減すぎてしまい、出演キャンセルするアイドルが続出してしまった。
  2. 直前までタイムテーブルが発表されなかった。
  3. メインステージとサブステージの音がかぶりまくった。
NARA MINARA IDOL FES
  1. 奈良のミ・ナーラで行われたイベントだったが、なぜか、主催はMCをやる吉田豪に京都までの新幹線の切符を渡してしまった。
    • 吉田豪は自腹で奈良に行く羽目になってしまった。
  2. 施設閉店時間で出演できなかったアイドルがいた。
ウドーミュージックフェスティバル
  1. 出演者のレベルに比べて観客が全然入らなかった事で伝説と化している夏フェス。
  2. 大人の夏フェス…との事だったが、ほんとどうしてこうなった。
  3. スタッフの観客コントロールもメチャクチャで、前の方なのにシートで場所取りするわ椅子持ち込むわ食べ物持ち込むわ無法地帯だったとか。
  4. おかげに濃霧まで喰らったとか…、もちろんこの回だけで終了してしまったのは言うまでも。
COOL JAPAN YAMANASHI 2013
  1. 「クールジャパン」をテーマにアニメ、特撮、プロレスなど様々なジャンルの展示やイベントを2日間開催したが入場者数はたった500人程度で超ガラガラだった。
  2. ウルトラマンショーの観客が1組の家族だけだったと撮影された動画に書かれた。
  3. トークショーに出演した声優もTwitterで「人の気配がない」と書いてしまった。
  4. そもそも会場が駅から遠く路線バスも無いとされる僻地・・・。
  5. イベントから5年後、同県舞台の「ゆるキャン△」がヒット。早すぎたイベントという感が出てきた。
ニコニコ超会議
  1. 例年豪華な芸能人やアーティストが出演していて、赤字額を自慢するほどだが、サーバー増強などニコニコ動画のサービス改善に予算を回せという非難が絶えない。
    • プレミアム会員数が2016年から減り続け、YouTubeなどとは天と地との差になった遠因と指摘されている。
    • 赤字額はいつの間にか公表されなくなった。
  2. 2019年はリアル、ネットと共に入場者数は過去最高だったと発表されたが…
    • 派生イベントでさいたまスーパーアリーナで開催されていたニコニコ超パーティーはこの年開催できなかった。
    • 2020年は闘会議との統合開催となってしまった。
    • ガラガラではないかとされる動画がいくつか出回った。
  3. 相撲や政党のイベントや出展は度重なるスキャンダルなどで行えない年が多い。
  4. 大会議時代の2011年、ある出演者が当日にニコニコ動画で不具合が起こったことでの批判に対し「ここが盛り上がってればいい」と発言し後日謝罪した。
  5. 主催するドワンゴのエンジニア社員に焼きそばを作らせたことが賛否両論を招いた。

神話・伝承

スサノオ(日本神話)
  1. 海の支配お前ね、と父イザナギから任せられたはいいものの、「母ちゃんに会いてえ!!」と泣き喚いて大しけを起こした。しかも、そもそもスサノオはイザナギが黄泉から逃げかえって顔を洗った時に偶然生まれた子なので母ちゃんなんておらん。
  2. 見かねた姉のアマテラスと神生み合戦を行い改心したかに思えたが、調子をこいてアマテラスの機を壊し、畔を埋め、野グソを行い、ブチ切れたアマテラスが叱責したら腹いせに皮をはいだ馬の死体(当時の日本に馬などいないと突っ込んではいけない)を投げ込んで、その結果アマテラスの部下が一人圧死。何がやりたいんだこのDQN神。
  3. そのあと下界に追放され、ヤマタノオロチをやっつけて英雄になりました。と、ここまではいいが、この後根の国(地底)に居座って、娘の彼氏であるオオクニヌシをいびりまくる小舅になる。最後は髪を柱に結ばれて動けなくなり、娘を奪われる始末。
  4. しかしここまでエピソード豊富だと、「一周回って逆に美味しい」という状態かもしれない。性別さえ定かでないツクヨミさんに比べれば……。
ヤマタノオロチ(日本神話)
  1. 八つの山に聳える巨体を持つ大怪獣…であるが、酒でベロンベロンにされ何もできないうちに首を全て切り落とされ死ぬ。
  2. 息子とされる酒呑童子も酒で酔い潰されて人間に殺される。親子揃って「酒は飲んでも飲まれるな」を体現している妖怪。
四海竜王(中国神話)
  1. 海の支配者と言う扱いにもかかわらず、『封神演義』『西遊記』では哪吒と悟空に大惨敗。後者では紅垓児討伐戦にも参加したが、三昧神火相手に四柱がかりでも水流を蒸発させられてしまう。
インドラ(インド神話)
  1. 雷神であり仏教における帝釈天と同一のメチャ強い神。
  2. しかしプレイボーイが多いインド神話の中でもずば抜けてスケベであり、あまりに問題を起こし過ぎて金玉を切除されたり、全身に1000の×××を生やされたりと、ロクでもない目にばかり遭っている。
  3. 仏教では修羅道で阿修羅軍団をフルボッコにしている扱いだが、インド神話ではアスラ王にボロ負けした神話も残っている。
ウラヌス(ギリシャ神話)
  1. 妻ガイアとの間に生まれた子、ヘカトンケイルとサイクロプスを「キモいから」と言う理由だけで地底に封印し、逆上した妻の手引きで息子のクロノスからチンチンを切り落とされる。こうして空と大地は分かたれたらしい。
クロノス(ギリシャ神話)
  1. 上記の逸話の後、ガイアから「あんたがお父さんをやっつけたようにあんたも子供に反逆されるよ」と言われ、ビビりすぎるあまり妻との間に生まれた子を食べてしまう。(『我が子を喰らうサトゥルヌス』のサトゥルヌスはクロノスのローマ読み)
    • しかも、性欲を抑えきれないあまり馬に変身して女神のピュリラ(姪)を犯してケイロンを産ませ、「あれは俺ではなく馬の子だ」と認知を拒むクズっぷりを発揮。後にこのケイロンがゼウスを育て、ヘラクレスをはじめとするギリシャの英雄たちの師匠となる。
  2. 密かに救出されていた末っ子のゼウスを食おうとして、布にくるまった石を丸呑みしてしまう大ポカを犯す。気づけよ。
  3. 最後はゼウスにこっそり嘔吐薬を飲まされて5人の子供たちをゲロってしまい、その後ティタン戦争に完敗して地獄に落とされる。
  4. ちなみに時の神様ではない
ゼウス(ギリシャ神話)
  1. ギリシャ神の王にして、超が付くスケベ。神話史上一番のスケベかもしれん。
    • それこそ一々書いていてはキリがないレベル。
    • 彼が浮気の記念に作った星座が3つもある。ゼウスの英語読み「ジュピター」は木星だが、木星の四大衛星は全てゼウスの浮気相手の名前である。
      • こうなったのも、後発の豪族たちが「我こそは最強至高神ゼウスの子孫なり」と勝手に名乗っていたのが原因であり、何でもかんでもゼウスの仕業にされていたのが原因である。
    • ただし和姦主義らしく、しつこいしドスケベだが酷い事はあまりしない。レイプ上等の兄ポセイドンよりはマシかもしれない。
    • また法と掟の女神テミス相手に協議離婚を成立させるなど、只のスケベジジィではないらしい。
  2. このおっさんも親父同様に浅知恵に騙されている。
    • 人類の創造主プロメテウスが「美味そうな脂身に包んだ骨」と「不味そうな皮に包んだ肉と内臓」のどちらか一つを贈ると言ったので脂身の方を選び、そのせいで神への捧げものは骨だけでよし、肉と内臓は人間が美味しくいただくようにと決まった。
      • その腹いせに人間から火を取り上げ、プロメテウスがまた太陽から火を奪って人間に与えたら怒って磔にして毎日肝臓をワシに食わせるというえげつない罰を与える。
ポセイドン(ギリシャ神話)
  1. ある意味ゼウス以上に人間臭いというかみみっちいというか…な海の神様。気分屋で短気な所はまさしく荒海の化身というべきか。…どっかのSノオ君のようだ。
    • 大変に嫉妬深く、「アンドロメダはポセイドン様の娘より美しい」と一言発しただけのカシオペア王妃を恨みまくり、アンドロメダを海の怪物の生贄にしろと言い出す。
      • 自分の贈り物(牛)を借りパクしたミノス王に対しては、王妃が牛に恋するように仕向けてミノタウロスを孕ませ、もうお前など用済みだとばかりに牛を火を噴くバケモノに変えて暴れまわらせる。
    • 姪のアテナとは折り合いが悪く、ギリシャ最大の都市で「どちらが君臨するか」をめぐって負けた腹いせにメデューサとアテナの神殿で×××するわ、更にその都市の名前が「アテナイ」になったら怒って津波を起こす。
アレス(ギリシャ神話)
  1. 戦いの神でありながらよく負ける。おい、もうギリシャ神話ネタでいくつあるんだよ。
    • そもそもギリシャ人は防衛戦争(=アテナ)はやむを得ないが侵略(=アレス)は野蛮人のすることという意識があったので、アテナの汚い部分を全てひっ被せられたも同然の存在。だからローマでは「マルス」の名でめちゃめちゃ信仰された。
  2. 兄嫁との不倫中に、兄ヘファイストスが仕掛けておいたトラップに引っかかって晒し物にされる。
    • ちなみに兄嫁のアプロディーテは一度も兄と子を成しておらず、アレスとの間に作った子供ばっかり有名。

音楽

アニソンはざんねんなアニメ・漫画事典#主題歌へ。

イエローマン~星の王子様~(サザンオールスターズ)
  1. 歌詞に『Pleasure』『Treasure』が含まれているため、B'zファンに因縁をつけられた。
    • なお、桑田自身は「遊びで入れただけで皮肉を込めたつもりはなかった」と否定しており、サザンとB'zとの共演NGもないらしい。
おふくろさん(森進一)
  1. NHK紅白歌合戦でも8回披露された曲だが、2006年(第57回)の紅白でイントロの前にフレーズを入れた改変版を歌った事に作詞の川内康範が激怒。
    • 森進一側の対応にも怒りを露にし、「もう森とは生涯二度と会わない」と宣言。
      • 結局川内と森は和解することが出来ないまま、2008年4月に川内が死去。
  2. 2008年11月に、森と川内の長男が記者会見を行い、「今後は川内康範のオリジナル作品のみ歌唱すること」を条件として封印が解除された。
    • 但し川内の長男は「和解ではない。父が付けた封印を私が解いただけ」と説明した。
おめでとうを100回(横山だいすけ&三谷たくみ)
  1. おかあさんといっしょの曲だが、東日本大震災を侮辱する動画に使われていたせいで不謹慎というイメージを植え付けられてしまう。
記念樹(あっぱれ学園生徒一同)
  1. 「どこまでも行こう」の盗作ではないかと疑われ、当曲を作曲した服部克久が「どこまでも」の作曲者小林亜星から告訴された。
    • 司法に委ねられたが、結果としては小林が勝訴したため盗作が認められ、封印を余儀なくされた。
唇にBe my baby/365日の紙飛行機(AKB48)
  1. 表題曲の影が薄い。なぜタイアップのある365日の紙飛行機を表題曲にしなかったのか・・・。
    • その結果、ミリオンセラーを逃す。
      • とはいえ、『365日の紙飛行機』のお陰でミリオンセラー入りしたが、その『365日の紙飛行機』は表題曲ではないのでレコード大賞すら対象外。
  2. 高橋みなみ卒業ソングではあったが、次期シングル『君はメロディー』では高橋を含むOGも選抜入りしたため、存在の意義が問われた。
軽蔑していた愛情(AKB48)
  1. いじめをテーマにした曲だったが、あまりにも悲劇的すぎた。
  2. アイドルには珍しくネガティブすぎた。
娼婦和子(やしきたかじん)
  1. やしきたかじんのデビュー曲。
  2. 自費出版で500枚生産されたが、××××××をテーマにしていたのがまずかったのか、即日発売禁止となってしまった。
TSUNAMI(サザンオールスターズ)
  1. 2000年1月に発売されたサザンオールスターズの44枚目のシングル。
  2. レコード大賞を受賞した名曲なのだが、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)で甚大な津波被害が発生したことで、世情や被災者の感情に最大限配慮する必要があったため、一時期はテレビ・ラジオによる放送を自粛していた。
  3. 2013年にサザンオールスターズが活動を再開してからも、桑田自身が戒めとしてライブで演奏する事を控えている。
    • 2018年に発売されたアルバム『海のOh, Yeah!!』には、ディレクターの提案により1曲目として収録された。
Bakkaみたい(Z-1)
  1. その歌詞の内容故にNHKでは放送禁止された。
悲惨な戦い(なぎらけんいち)
  1. (蔵前)国技館からテレビ中継していた大相撲の取り組み中に、力士の廻しが落ちる(不浄負け)という架空のハプニングの顛末を語ったコミカルな曲だったが、相撲協会のクレームもあったとされ、放送禁止扱いとなってしまった。
  2. ただし、1999年にフジテレビで放送されたドキュメンタリー「放送禁止歌」のインタビューでなぎらは、「相撲協会からのクレームは無く、その前に民放連が自主規制したと思う」と語っている。
    • 「放送禁止歌」を制作した森達也は「贔屓目に見ても選曲や判断のバランスが悪く、この曲が指定されるなら他にも同じ扱いをされる作品もある筈」と疑問を呈している。
不如帰(ほととぎす)(村上幸子)
  1. 発売された時期が昭和天皇の容態が悪化していた時期であり、その歌詞の内容から放送もできなくなる。
  2. その村上自身も再起をかけようとした矢先に病死してしまう。
1/6の夢旅人(樋口了一)
  1. 「水曜どうでしょう」の応援歌として知られるが、樋口が20th Centuryにメロディそのままの「always」として提供したため、ジャニーズ及びエイベックスとの間で権利問題が発生してしまった。
    • そのため「どうでしょうリターンズ」EDのみ採用され、「水曜どうでしょう」本編では使われなかった。
  2. その後、詞はほとんど変えずメロディを作り直した「1/6の夢旅人2002」が発表された。

企業

松竹
  1. 経営陣の内紛が多過ぎる。
  2. かつてはフジテレビの大株主だったのだが現在では全ての株式を売却しておりフジテレビの関わる映画は東宝東映に配給されがち。
バンダイ
  1. 数多くのアニメや特撮でスポンサーとして玩具を発売しているが一部はプレミアムバンダイ限定になる事も多い。
    • その影響でネット上では仮面ライダーシリーズに登場する組織である財団Xとかけて財団Bと呼ばれてしまう。

関連項目




関連記事