新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

ざんねんな鉄道車両事典

提供: chakuwiki
2020年8月4日 (火) 14:49時点における富士見野男 (トーク | 投稿記録)による版 (国内)

移動先: 案内検索

ざんねんなモノ事典 > ざんねんな鉄道事典 > 車両


※編集される方は「Chakuwiki:お願い/ざんねんなモノ事典」をご覧ください。

独立済み

国内

共通

多扉車
  1. ラッシュ時の切り札だったが、今やホームドア化の障害になっている。
    • 京王6000系に至っては4ドア化までしたが、結局(ry
  2. ワイドドア車もだが、座席が少ない点では不評。
    • 京阪5000系は昇降座席を設けて朝以外の着席率を高めたが、コストと特許のせいかほかの車両には採用されず。
普通・快速用2ドア車
  1. 登場当時はフラッグシップ的車両で登場するが、扉が少なく通勤ラッシュ時に遅延が続発したりするなどして3ドアに改造されたり地方線区に転属するケースが多い。
ハイデッカー車両
  1. バブル時代に眺望目的で導入されたが、バリアフリーの時代が求められると採用されなくなり早期廃車の憂き目にあった車両多数。
    • 2010年代以降の導入例は近鉄50000系や80000系くらいじゃないか?
振り子式車両
  1. 急カーブでもスピードを落とさず走行できるというメリットはあるが、その反面揺れやすく、乗り物酔いする人が多い。
  2. 自然振り子車両はコーナーの前に緩和曲線、強制振り子車両はカーブを認識させるための装置を設置する必要があり、トータルコストが速度アップのメリットを帳消しにしてしまう。
フリーゲージトレイン
  1. 新幹線と在来線で異なる軌間の運転に対応し、高速運転に対応できる、夢の車両。
  2. 20年余りにわたり3車種によって様々な試験が行われていたが、開発を事実上断念。
    • 高速化の方が問題と思いきや、在来線で踏切が閉まらないという事態が発生。
  3. 役人の尻拭いとして、近鉄に導入してもらうことになった。
レールバス
  1. 車体をバス同様に製造した、安い車両。
  2. 標準寿命より短く、30年程度でほとんど置き換えられてしまった。
鉄道車両の郵便車
  1. 国鉄分割民営化の犠牲になった。中にはクモユ143のように短期間の使用に留まった車両もあった。
  2. 実は鉄道による郵便輸送は現在ではコンテナによって行われている。
二階建て車両
  1. 定員を増やすため導入されたが、同時に遅延の原因にもなった。
    • 215系がいい例。
  2. どうしても出入り口が平屋部分にしか作れない(2ドア以下限定になる)ので、それを一般路線に乗せるというというのが厳しかった。
    • 元々ダイヤに余裕がある優等列車(東北新幹線MAX、スーパービュー踊り子)や、グリーン車故に乗車が少ない部分(横須賀線、東海道線のグリーン車)などに使う分にはなんとか…。
多層建て列車
  1. かつては多く見られたが、固定編成化や系統分割により大幅に減少。
セミステンレス車両
  1. オールステンレス車両の特許開放と内部の普通鋼部分の電食による劣化が普通鋼製車両より早かったこともあり採用されなくなった。

海外

BN-Holec(KRLジャボタベックKL3-94/96/97/98/99/2000/2001形電車)
  1. インドネシアのジャカルタ都市圏で運用されたベルギー・オランダ産のステンレス製VVVF通勤電車。電子機器の会社「Holec」を名前に使っている。
  2. ジャカルタの架線電圧が不安定である事から故障頻発で性能を生かしきれなかった。
  3. 冷房改造したりして日本からのお古と一緒に活躍させようとしたものの、やはり運用面で色々あって…。
KFW I-9000形
  1. 後述するKRL-Iに次ぐ、PT-INKA社で作られたインドネシア国産のVVVF制御の冷房付きの20m3扉の新車。ドイツ復興金融公庫支援の下、ドイツ産の部品を大いに組み込んだ。
  2. しかし、この車両も故障が頻発してジャカルタ首都圏からの運用離脱となってしまった。
KRL-I形電車
  1. インドネシア初の国産電車としてPT-INKA社で作られたステンレス製20m3扉4両編成の冷房付きVVVF制御車。機材は日本の東芝。
  2. しかし、運用開始してから故障が頻発して紆余曲折を経て運用離脱、休車となった。
KTX-I(KORAIL100000系)
  1. 韓国初の高速鉄道用電車だが一般車の座席の半分が進行方向の反対を向いているのであまり評判が良くない。
    • 向きを変えられるようにする話もあったが流れてしまった。
    • 導入当初の200系新幹線みたいだな。
  2. 映画上映サービスもあったがいまいち受けがよくなく廃止。
中華之星(中国国鉄DJJ2形)
  1. 中国が自力で開発した高速鉄道用車両だったがブレーキや電気系統のトラブルが頻発し実用化を断念した。
    • その後はフランスや日本などの技術を導入したどこかで見たような車両ばかり導入している。
新時速(中国国鉄X2000系)
  1. スウェーデンのお情けで中国へ渡った車両。
    • 1編成しかもらえなかったので替えが効かなかった。
  2. 整備しないので、みるみるボロボロになった。
ソ連国鉄ER200形電車
  1. おそらく東側陣営初の高速鉄道用車両だがどう見ても日本の0系新幹線を野暮ったくしたようにしか見えない。
  2. 首都モスクワとレニングラードを結ぶ特急で俊足ぶりを見せていたが運用は何と週に1往復だけだった。
ペンシルバニア鉄道GG1形電気機関車
  1. アムトラック成立後の塗装が安っぽいおもちゃのように見えてしまう。
    • レイモンド・ローウィによるデビュー当初の流麗な塗装との落差が激しすぎる。
USSLRV
  1. アメリカの路面電車近代化のために計画されたが…。
  2. 製造を請け負ったのは鉄道とは縁がないボーイング社。しかも車体や台車は日本の東急車輛製造に丸投げ。
  3. アメリカに持っていく際に海風に晒したため、導入後1年と持たずに腐食した車体が出た。
  4. そして導入したボストンやサンフランシスコでは故障が続出。
    • 損害賠償などの訴訟合戦に発展したり、他都市では導入が見送られてしまった。
  5. アメリカの鉄道技術の低下ぶりを見せつける結果となった。
    • 一方東急車輛はボーイングの技術を利用した軽量ステンレス車体を開発していくのだった。
X-12型機関車
  1. 史上初の原子力機関車として登場する予定だったが、超大型で線路が耐えれない、事故が発生したときのリスクが高いことから1両も製造されなかった。

関連項目




関連記事